JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

人気記事

農業コンサルタントの仕事依頼ページ【遠隔指導・農園出張指導、国内・海外経験多数、英語・スペイン語対応可能】

初めまして、宮﨑大輔です。

農業コンサルタントの仕事依頼ページをご覧くださり、ありがとうございます。

ここでは農業指導についての過去の実績、サービス内容、申し込み方法をご説明します。

個人的なプロフィールはこちら

 

農業経歴の紹介

まずは私の農業経歴についてご説明します。

1.長野県飯田市の農家の次男として生まれ、幼い頃から農作業を手伝って育つ

リンゴの木の下にシルバーマルチを敷き着色促進

私の実家は長野県飯田市で農業を営んでいます。

山間部で果樹、野菜、水稲を栽培しており、幼い頃から農作業を手伝っていました。

 

2.国立大学信州大学大学院で農学修士号を取得

農業を科学的に学びたいと思い、地元長野県にある国立大学の信州大学農学部に進学しました。

もっと専門的な知識を身につけたいと思い、信州大学大学院農学研究科に進学しました。

大学院ではイチゴの品種改良と栽培マニュアルの作成、全国の農家への指導を行っていました。

2013年3月に大学院を卒業し、農学修士号を取得しました。

現在は、農学博士号を取得するために準備しています。

 

3.リンゴジュースのプロデュースを行う

六本木ヒルズのマルシェで手ぬぐいリンゴジュースを販売中

大学院時代には「農業ビジネスに挑戦したい」と思い、実家のリンゴジュースを「手ぬぐいリンゴジュース」としてプロデュースしました。

直売所で一瓶300円で販売していたリンゴジュースのパッケージを変え、一瓶1,980円で東京の六本木で開催されたマルシェで販売しました。

このためにマーケティング商品開発に挑戦しました。

二ヶ月間で200本のジュースを完売することができましたが、同時に農業ビジネスの難しさも学びました。

 

4.独立行政法人国際協力機構JICAの青年海外協力隊として中米パナマで農業ビジネスの支援を行う

有機肥料の講習会

大学院を卒業後には、JICAの海外ボランティア制度である青年海外協力隊に参加し、中米パナマ共和国に派遣されました。

協力隊の中でも「野菜栽培」という農業指導の職種で採用され、小規模農家支援プロジェクトに参加しました。

電気も水道もない山奥の村で2年間活動を行い、富裕層の中国人をターゲットにした農業ビジネスの立ち上げを支援しました。

 

5.農業コンサルタントとして独立

青年海外協力隊の任期が終了した後は、農業コンサルタントとして独立しました。

なぜかというと、協力隊の任期中から世界中から農業指導の依頼が届いたからです。

現在はフリーランスという立場ですが、株式会社を設立予定です。

 

海外で農業ビジネスを始めたい人は、ぜひ一度こちらの記事をお読みください。

参考:海外で農業ビジネスは成功するのか?野菜栽培と花卉園芸の成功事例と準備手順と注意点

 

 

農業関連の仕事実績

これまでに業務を行った農業関連の仕事実績を簡単にご紹介します。

1.農業系出版物の監修、文章や写真の提供

農業系の出版物の監修を行ったり、文章や写真を提供しています。

週刊誌女性セブンのイチゴ特集を監修

週刊誌女性セブンのイチゴ特集を監修し、文章を提供しました。

参考:無名な一般人のぼくが女性セブンのいちご特集を監修できたのは「隠居系男子メソッド」を一年間実践したから

女性週刊誌女性セブン

種苗会社サカタのタネのパンフレットを監修

種苗会社サカタのタネのパンフレットを監修しました。

参考:苺ソムリエとして世界トップ5の種苗会社サカタのタネ様のイチゴ苗パンフレットを監修しました

サカタのタネのイチゴ苗のパンフレット監修

ポプラ社の農業図鑑にアドバイスを行い、写真を提供

ポプラ社の農業図鑑の作成にアドバイスを行い、写真を提供しました。

参考:苺ソムリエとしてポプラ社の児童向け教育本「めざせ!栽培名人花と野菜の育てかたイチゴ・メロン・ブルーベリー」の制作に協力したよ

イチゴの育て方

 

【追記】TBS朝の情報番組あさチャンにイチゴの専門家として出演

TBSの朝の情報番組あさチャンのイチゴ特集に「イチゴの専門家」として情報提供&出演しました。

参考:TBS朝の情報番組あさチャンのイチゴ特集に農業コンサルタントとして出演しました

 

 

 

 

 

 

2.新規農業ビジネス立ち上げの支援

これまでに日本や海外で新規農業ビジネスの立ち上げを支援してきました。

(1)日本の沖縄県の完全閉鎖型LED利用植物工場

沖縄県で完全閉鎖型のLEDを利用した植物工場の立ち上げを支援しました。

(2)日本の長野県のイチゴ農園の立ち上げ支援

長野県でイチゴ農園の立ち上げを支援しております。

(3)中国でのイチゴ植物工場

中国でのイチゴ植物工場立ち上げのコンサルティングをしております。

(4)ケニアのBOPビジネス農業プロジェクト

東アフリカのケニア共和国で、途上国向けビジネス(BOPビジネス)の農業プロジェクトの立ち上げを支援しています。

(5)ルワンダの企業のイチゴプロジェクト

ルワンダでも企業のイチゴプロジェクトのコンサルティングを行っています。

(6)ボツワナの企業の農業プロジェクト

ボツワナでも農業プロジェクトのコンサルティングを行っています。

 

3.既存の農園のコンサルティング

すでに運営されている農園のコンサルティングも行っています。

(6)ベトナムの大規模イチゴ農園

ベトナムの大規模イチゴ農園と顧問契約を結び、栽培指導を行いました。

 

4.途上国の貧困地域に対しての国際協力活動

途上国の貧困地域に対しての国際協力活動を行っています。

ベネズエラのカナイマ国立公園に住む少数民族の無電化村

南米ベネズエラのカナイマ国立公園に住む少数民族の村で、野菜栽培を指導しました。

参考:ベネズエラのカナイマ国立公園に暮らすペモン族の村で47日間農業を教え、テーブルマウンテンに登頂したよ

ペモン族の子供と記念撮影

ボリビアのウユニ市環境汚染問題

南米ボリビアのウユニ市で環境汚染問題に取り組みました。

参考:ウユニ塩湖環境改善プロジェクトの活動報告ページ【クラウドファンディング成功】

 

 

 

農業コンサルタントのサービス内容

農業コンサルタントのサービス内容を説明します。

1.顧問契約を結び遠隔指導【月額5万円】

顧問契約を結んで頂くと、インターネットを利用した遠隔指導が可能です。

農園立ち上げのアドバイス、トラブルが発生した場合の対応、日々の農作業指示、データ分析をすることができます。

連絡方法はメール、チャット、Line、スカイプなど何でも対応可能です。

月額5万円です。

 

2.現地訪問型栽培指導【日当3万円】

直接栽培指導が必要な場合には、私が現地に出向き栽培指導します。

植物の生育や栽培施設を調査し、栽培の安定化、収量の増加、品質の向上に向けてアドバイス致します。

交通費、宿泊費、日当3万円を負担して頂きます。

※顧問契約を結んでいただき日々の指導を行い、定期的に訪問指導をするのが効果的ですし、すでに複数の農園がこのように組み合わせて契約しています。

 

3.その他

顧問契約や出張指導以外にも、仕事を引き受けることができます。

出版物の監修、文章や写真の提供

農業系出版物の監修や、文章・写真の提供も可能です。

世界中で撮影した農産物や農園の写真と、栽培指導や見学した経験を持っています。

国際協力活動

企業ではなくNGOなどの非営利組織の場合には、農業ビジネスではなく国際協力活動も可能です。

青年海外協力隊やJICAプロジェクトの経験を生かして、国際協力を行うことができます。

 

 

農業コンサルティングの特徴

私の農業コンサルティングの特徴をご説明します。

1.修士号を生かした科学的なデータに基づく指導が可能です

実は農業指導をする人の中には、エセ科学を使って詐欺まがいのことをする人が多いです

私は農学修士号を生かし、科学的に信頼できるデータを使った指導が可能です。

熱帯気候での栽培経験もありますし、科学的な分析とご提案を行います。

農業の世界で横行している「詐欺まがいのエセ科学」や「宗教まがいの指導」は絶対に致しません!

 

2.一般的な栽培、有機農法、水耕栽培、植物工場が指導可能です

農業といってもいろいろな栽培方法があります。

一般的な栽培方法の他にも有機農法や水耕栽培、養液土耕栽培、完全閉鎖型植物工場などがありますが、すべて対応可能です。

日本の有機農業研究会に所属していましたし、養液土耕栽培LED栽培の研究を行っていました。

現在も減農薬栽培水耕栽培の植物工場の指導を行っています。

参考:施設園芸農業のメリット&デメリット!日本と海外の点滴灌漑&養液土耕&LED水耕栽培&植物工場(太陽光利用型・完全閉鎖型)

 

3.最も得意なのはイチゴですがトマトなどの野菜全般が指導可能です

私が最も得意とする作物はイチゴ(一季成りと四季成りの両方)です。

イチゴに関する知識と栽培経験は世界トップレベルです。

驚かれるかもしれませんが科学的にはイチゴは野菜に分類されるので、イチゴ以外の野菜栽培も指導が可能です。

例えば、トマトの水耕栽培メロンの施設栽培などです。

しかし、水稲や小麦などの作物はあまり詳しくないので、指導ができません。

参考:苺ソムリエ直伝!イチゴの甘い果実の見分け方&おすすめの品種と美味しい食べ方、苗作り&簡単な育て方

参考:【海外イチゴ栽培コンサルティング】外国で日本式の高品質イチゴ農園を始める時に注意するべき12のこと

 

4.特別な農業資材や機械は不要ですので、コストを抑えられます

農業資材を販売する会社が農業コンサルティングも行う場合がありますが、それは農業資材の抱き合わせ販売が目的です。

必要がないのに高価な資材や高価な肥料を買わされますので、詐欺に注意してください。

私が行う栽培指導は科学的に裏付けされた栽培方法なので、特別な肥料や農薬は使用しません

なので、農業資材会社に依頼するよりもコストを下げることができます。

タダより高いものはない!

 

5.アジア、中南米、アフリカで業務経験があり、英語とスペイン語で業務が可能です

私はアジア、中南米、アフリカで農業指導の経験が3年以上あります。

安全対策を身につけているので、治安が非常に悪い中南米やケニアでも長期滞在して業務が可能です。

使用可能言語は日本語、英語、スペイン語ですので、通訳を必要としません

企業の社員を派遣するよりもリスクを小さくし、雇用コストを削減することができます。

 

 

農業コンサルティングを農家や農業系企業に依頼するのはおすすめしません

農業系ビジネスを立ち上げるときには、農家や農業系企業にコンサルティングを依頼するのはお勧めしません。

1.農家のコンサルティングを勧めない理由

農家にコンサルティングを依頼することを勧めない理由は、農家は科学的な指導ができないからです。

日本の農家は経験と勘を頼りに栽培を行っており、科学的に正しくない間違った考えも持っています。

また自分の土地に合った栽培方法は知っていますが、他の気候や土地での栽培方法は知りません

例えば、北海道の農家が沖縄県でもうまく栽培できると思いますか? 無理ですよね。

しかし、科学的な知識を持ち世界中で栽培経験がある私ならば可能です。

農家にコンサルティングを依頼して失敗している事例をいくつも知っているので、気をつけてください!

なので、日本の農家にコンサルティングを依頼するのはお勧めしません。

 

2.農業系企業のコンサルティングを勧めない理由

農業系企業にコンサルティング依頼することもお勧めしません。

なぜかというと、農業系企業は自社製品を売りつけてくるからです。

最新式の養液機械、収量が増える肥料、よく効く農薬などなど胡散臭い資材をセットで買わされます。

コンサルティング費用が安くても、高価な機材や肥料を買わされるとコストが高くつきますし、必要がない資材を使うと栽培がうまくいきません。

農業系企業からの「栽培指導は無料でするから」という提案を受けて機械を買ったはいいが、全然栽培がうまくいかなくて困っている農園がたくさんあります。

なので、農業系企業にコンサルティング依頼をすることは勧めません。

 

3.私に依頼して頂ければ、間違いありません!

苺ソムリエ

私に依頼して頂ければ、間違いありません!

科学的に信頼できるデータを使って栽培指導をしますし、怪しげな農業資材を売ることもありません。

まずは一度、お問い合わせください。

 

お客様の声

海外の事例

コンサル指導してきた海外のイチゴ農園で、すでに良い結果が出ています。

 

国内の事例

国内のイチゴ生産でも良い結果が出ています。

 

申し込み方法

農業関連の仕事依頼は、以下のお問い合わせフォームからお願いします。

・所属先

・ご依頼内容

を明記してください。

こちらから折り返しご連絡いたします。

※メールアドレスの入力ミスが多発しています。一週間以内に返信がない場合には、送り直してください。

 

お名前*

メールアドレス*

ブログ・サイト URL

件名

メッセージ本文

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
お名前とメールアドレスは必須項目*です。

うまく送れない場合には、こちらのメールアドレス(shinshu.daisuke [a] gmail.com)まで [a] を@に変えてご連絡ください。

よろしくお願いします。

公開日:
最終更新日:2017/10/19