JIBURi.com

88世代の宮﨑大輔が海外旅行,クレジットカード,転職,いちご,カメラなどのおすすめ情報を紹介します

サイト内検索

ベネズエラのカラカスの治安はやばい!旅行中にひったくり強盗が現れ集団リンチ殺人が起きそうな危険な状態に

      2019/10/10





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひったくり犯がボコボコにされている

ベネズエラで目の前でひったくりが起き、犯人がボコボコにされた

今、ぼくは世界一危険な町であるベネズエラの首都カラカスに滞在している。

今日の15時頃ホテルの近くの公園でベンチに座って休んでいた。

すると、隣に座っていたカップルのカバンがひったくりに奪われた。

犯人は通りすがりの男たちによって取り押さえられた。

そして、殴ったり蹴ったりされてボッコボコにされていた。

ここはまるで北斗の拳の世。

今後ベネズエラの首都カラカスを訪れる人には、十分気を付けてもらいたい。

そこで今回は、ひったくり事件について紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

ベネズエラの首都カラカスは世界一危険

ベネズエラの首都カラカスは、世界一危険な都市に認定されたことがある。

Wikipediaによると、カラカスの殺人発生率は東京の100倍以上で、世界最悪だそうだ。

ベネズエラに派遣されていた青年海外協力隊OBは

「首都カラカスは、北斗の拳の世界そのままだった」と言っていた。

カラカスの治安は非常に悪く、人口当たりの殺人事件発生率は東京の100倍を超える。
2008年は10万人当たりの殺人事件発生率が130人となり世界最悪、2012年でも10万人当たり119人と世界3位の数字を記録している。

引用元:Wikipediaカラカス

 

 

 

ベネズエラのカラカスでひったくり事件に遭遇

先ほど、ひったくり事件に遭遇し、改めてカラカスの治安の悪さを実感した。

1.カラカスの中では治安がいい地域

ぼくはカラカスの地下鉄アルタミラ駅の近くのホテルに滞在している。

アルタミラ駅の近くには各国の大使館がある。

カラカスの中では比較的治安がいい地域らしい。

治安がいい地域といっても、「世界一危険なカラカスの中では」の話。

東京と比べたら北斗の拳の世界の方が似ているだろう。

ここがアルタミラ駅の入り口になっている公園。

カラカスの大きな公園

 

2.挙動不審な男が近づいてきて、隣のカップルのカバンを奪って逃げた

今日の15時頃、このアルタミラ駅の公園のベンチに座っていた。

すると挙動不審な若い男が近づいてきた。

十代後半の男がフラフラとしながら、でも確実にぼく目指して歩いてくる。

「これは怪しい、ってかヤバい……」と感じ、男の方を観察した。

すると、ぼくの目の前で方向転換した。

 

「なんだ、気のせいだったのか」と思い、男が進んだ方向を眺める。

すると、となりのベンチに座っていたカップルのカバンを奪って逃げた。

彼はひったくり犯だったのだ!

おそらくぼくのカバンを狙っていた。

しかし、ぼくが男に気がついたので、隣のカップルにターゲットを変えたのだろう。

間一髪だった。

 

しかも、実は二人組だったらしく、もう一人の男も逃げ出した。

一人が陽動係で、もう一人が実行係だったのだろう。

「え、えええ!?」

と状況が飲み込めないでいると、すぐに近くにいた男たちが犯人を追いかけ始めた。

カップルの男性だけでなく、通りすがりの男たちも次々と犯人の後を追う。

犯人は二手に分かれて逃げた。

そして、犯人一人につき5名くらいの男が追いかけた。

 

そして、犯人の一人にタックルをかまして捕まえた。

この辺りでぼくもようやく状況が飲み込めてきた。

目の前で犯罪が起きたことが生まれて初めてだった。

なので、頭がついて行かなかった。

状況はわかったが怖いので、犯人には近づかないようにした。

 

3.犯人は群衆にボコボコにされた

そして、男たちが犯人に覆いかぶさり、ボッコボコに殴り始めた。

犯人もすきを見て逃げ出そうとするが、10名くらいの男たちが取り囲んでそれを許さない。

次第に公園中から男たちが30名以上集まった。

みんなで犯人を殴ったり蹴ったりしてボコボコにしていた。

ひったくり犯がボコボコにされている

 

群衆が50名を超えて、

「犯人を地下鉄の駅の入り口へ突き落して殺せ!」

というコールも起き始めていたが、警察官がやってきて鎮めた。

もう一人の犯人は地下鉄の駅へ逃げ込んだが、こちらも追いかけた男たちに捕まった。

同じようにボコボコにされていた。

2名の犯人は警察官に羽交い締めにされて、連行されていった。

 

犯人を捕まえた男たちはハイタッチして手柄を喜んでいた。

ぼくは周囲に集まっていた群衆と少し距離を取り、近くにいた人たちと

「いやー、やっぱりこの辺も危ないねー」

と話していた。

 

 

 

ベネズエラのカラカスで事件を目撃して

カラカス、怖い\(^o^)/

4日からは「カラカスよりも治安が悪い街」へ移動するので、今まで以上に安全には気を付けたい。

 

【YouTubeで旅ハック】飛行機の機内に持ち込むべきアイテム

2018年に年間52回も飛行機に乗った私が「飛行機の機内に持ち込むべきアイテム」を厳選しました。

これから飛行機に乗る予定がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

【追記】中南米旅行でのお金の持ち歩き方

中南米へ行きたい人、中南米へ旅行する予定がある人へ。

中南米11カ国に3年以上滞在した私の経験から、安全なお金の持ち歩き方をまとめました。

ぜひ読んでみてください!

 

 

 

ペモン族の子供と民族衣装ふんどしで記念撮影

追記:ベネズエラの少数民族の村に47日間滞在して、テーブルマウンテンに登頂したよ

少数民族の村に47日間滞在し、テーブルマウンテンに登頂したので、ぜひ読んでみてほしい。

一生忘れられない時間になった。

参考:ベネズエラのカナイマ国立公園に暮らすペモン族の村で47日間農業を教え、テーブルマウンテンに登頂したよ

参考:ベネズエラでアウヤンテプイトレッキング1日目!大雨の中バックパックを背負い真っ暗闇の中を歩いた

参考:カナイマ国立公園でアウヤンテプイに登山2日目!5分で息が切れる急斜面を2時間登り土砂降りの雨の岩場を綱渡り

参考:ベネズエラのギアナ高地トレッキング3日目!7本のロープで断崖絶壁をよじ登りついにテプイの頂上へ

参考:ベネズエラのギアナ高地登山4日目は下山編!頂上で珍しい植物を見てから3つの断崖絶壁を一気に駆け下りた

参考:ベネズエラの世界遺産カナイマ国立公園でトレッキング最終日!5日間で最も辛い思いをしながら歩き続けた

 

 

【追記】海外旅行向けのおすすめクレジットカード・ランキングBEST5

→ 海外旅行におすすめなクレジットカードランキング!海外旅行保険とキャッシングが付いて世界一周や学生の留学にも便利

海外旅行におすすめなクレジットカードランキング

 

追記:JICAボランティアの経験から学んだ「安全対策」をまとめました。

2016年7月1日にバングラデシュでテロ事件が発生し、JICAプロジェクトで働いていた日本人コンサルタントの命が失われました。

そこで、青年海外協力隊の派遣前訓練と任国で学んだ安全対策方法をまとめました。

これから海外旅行する人には、ぜひ一度目を通してもらいたいです。

あなたの命を守るために。

参考:青年海外協力隊の2年間でJICAから学んだ海外で身を守る安全対策まとめ

 

ベネズエラの強盗事件の関連記事

海外旅行で危ない海外のタクシーに安全に乗る方法・タクシー強盗・誘拐を防ぐ対策

世界一治安が悪いが物価は安いベネズエラは天国かそれとも地獄か?裏両替の換金レート情報

カメラバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフを安全に持ち歩き撮影する裏技

世界の火薬庫と呼ばれるほど治安が悪い中南米!青年海外協力隊の配属先で盗難事件

海外旅行の航空券代・ホテル代・食費を節約する方法と裏技をバックパッカー歴5年のぼくが伝授します!

「海外旅行」カテゴリの人気記事ランキング

 Twitterでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

Twitterでお友だちにシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー9,268人のTwitterを見てください→

  同じカテゴリの記事