2020年に「買ってよかったもの」を発表!

職場で窃盗・放火・不法侵入事件が発生したので、見た目は凶暴な番犬を飼い始めました

番犬パンキー

職場で番犬「パンキー」を飼い始めた

2015年4月15日から、職場で犬を飼い始めた。

最近、職員で窃盗・放火・不法侵入などの事件が発生したので、所長が知人から番犬をもらってきたのだ。

その犬の名前はパンキーといって、見た目は凶暴そうだが中身は甘えん坊のかわいい犬だ。

今回はパンキーの紹介をしよう。

 

 

 

 

窃盗・放火・不法侵入事件が発生

ぼくの青年海外協力隊・野菜栽培隊員としての配属先は、農牧省カニャーサス村支所である。

この事務所は二つの建物とヤシの葉でできた小屋、そして展示圃場がある。

農牧省カニャーサス村事務所

 

1.昔から窃盗事件が多かった

この事務所では昔から、農機具や車の部品が盗まれるなど窃盗事件が起きていた。

犯人は村人の可能性もあるし、残念ながら同僚たちの可能性もある。

過去には馬に野菜が食べられる事件も発生した。

参考:世界の火薬庫と呼ばれるほど治安が悪い中南米!青年海外協力隊の配属先で盗難事件

 

2.最近は放火・不法侵入事件が発生した

そして、最近は放火・不法侵入事件まで発生してしまった。

休み明けの月曜日に事務所に出勤すると、展示圃場の枯草が燃えており、誰かが火をつけた形跡があった。

 

そして、別の週にはビール瓶が割られ、ガラス破片が畑に散らばっていた。

農作業は素手で行っているので、農地にガラス破片が混入することはとても危険だ。

割れたビール瓶

 

どうやら、何者かがビール瓶に石を投げて遊んでいたらしい。

名探偵コナンのように名推理で犯人を見つけたいと思ったが、無理だった。

石を投げてビール瓶が割られた

 

農牧省の敷地内は鉄条網で囲っているが、それでも侵入してくる人がいて迷惑していた。

 

 

 

見た目は凶暴な番犬を飼い始めた

そこで、所長が知人から番犬をもらってきた。

とても凶暴そうな見た目の大型犬で、名前はパンキー。

ぼくの新しい同僚だ!

番犬パンキー

 

1.見た目は凶暴、中身は甘えん坊

最初は噛みつかれるのではないかとビビっていたが、次第におとなしい犬だと気がついた。

観察していると、人を見つけては遊んでほしそうにすり寄っていく。

パンキーは外形は凶暴そうだが、中身は甘えん坊だった。

 

2.首輪を外して自由に遊んでいる

貴重品が保管されている事務所を守ってもらうために、パンキーの首に首輪を付けて入り口に鎖で繋いだ。

しかし、野菜の苗に水やりをするために休日に事務所へ行ってみると、パンキーの姿はなく首輪と鎖だけが残されていた。

パンキーの首輪

 

心配になり事務所周辺を探してみると、パンキーは日陰の砂場で昼寝をしていた。

昼寝するパンキー

 

普段のパンキーは放し飼いの鶏を追いかけ回し、近所の放し飼いの犬と遊んでいる。

おかげで近所に住むパンキーの友達犬が、事務所へ来るようになった。

パンキーの友達の犬

 

 

3.番犬としての効果はまだ不明

パンキーの番犬としての効果はまだ不明だが、村の中ですでにその存在は知られている。

「農牧省ででかい犬を飼い始めたらしいな! めっちゃ怖くて中に入れなかったよ」と村に住むおじさんに話しかけられた。

おそらく彼は、農牧省の展示圃場になっているレモンを盗む「レモン泥棒」だ。

これまでに数回、レモンを採っている場面に遭遇したことがある。

レモンの木

 

レモン泥棒を躊躇させる効果はあったので、これからも事務所を守ってほしい。

最近は事務所の中でも近所の犬と追いかけっこを始めて、所長に怒られているが。

パンキーと近所の犬

 

特にこれから始まる雨季では野菜栽培が始まるので、毎年野菜泥棒がやって来て困っていた。

野菜栽培の準備をしているので、パンキーに野菜を守ってもらいたい。

普段は寝てばかりいるが……

昼寝するパンキー

 

まとめ

配属先の農牧省事務所で、番犬パンキーを飼い始めた。

パンキーは見た目は凶暴、中身は甘えん坊のかわいい犬だ。

新しい同僚をよろしくお願いします。

おすすめの記事

中南米で感じる仕事の遅さ、効率の悪さ、時間のルーズさ!時間泥棒は誰だ?

なんと、あの出木杉くんが所長代理に就任!青年海外協力隊の配属先に変化が…

残業ゼロで30日間有給休暇が取れる!日本とパナマの労働条件の違い

「日本に帰れ!」の一言がなかったら、今頃ぼくは日本に帰っていただろう。

なぜ、途上国で生活保護を受けている女性から1ドルを握らされたのだろう?