JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

【ウユニ塩湖プロジェクトの活動報告2】青年海外協力隊OBが行った廃棄物問題に対する取り組みを紹介します

      2016/06/17


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウユニ市の学校で記念撮影

昨日は「【ウユニ塩湖プロジェクトの活動報告】青年海外協力隊OB2名がウユニ市の学校で環境教育ワークショップを行いました」という記事を公開し、ウユニ塩湖環境改善プロジェクトでごみ問題に対して行った活動を紹介した。

青年海外協力隊・環境教育のOB2名がウユニ市の学校で環境教育ワークショップを開催し、ゴミの回収方法の調査を行ったのだ。

詳しくは昨日公開した記事を読んで欲しい。

参考:【ウユニ塩湖プロジェクトの活動報告】青年海外協力隊OB2名がウユニ市の学校で環境教育ワークショップを行いました

しかし実際には他にも廃棄物処理に関係した活動を行っていたので、今回はごみ問題に関する活動を追加して紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

クラウドファンディングでウユニ塩湖環境改善プロジェクト

ボリビア人ドライバーと記念撮影

まずは事情を知らない人のために、ウユニ塩湖環境改善プロジェクトについて簡単に説明しよう。

◆2015年12月:宮﨑がボリビアのウユニ市へ入り、環境問題についての調査を行った。

◆2016年1月:ウユニ市長の合意が得られたので、READYFORでクラウドファンディングを開始。一週間で目標金額の100万円達成!

◆2016年2月:宮﨑が日本へ一時帰国。入れ違いで玉置と他1名の青年海外協力隊OBがウユニ市へ入り、ごみ問題の改善活動を行う。

◆2016年3月:玉置が日本へ帰国。クラウドファンディングのリターンの発送を開始。

このような流れでウユニ塩湖の環境改善活動を行っており、これで第一フレーズが終了した。

バイオトイレの建設についてと第二フレーズの計画については、また別の機会に公開するつもりである。

 

 

 

ウユニ市の学校で「分別ごみ箱ワークショップ」を開催

それではウユニ市の廃棄物処理に関わる活動について、昨日の記事に引き続いて紹介しよう。

ボリビア政府(環境省)は3色のごみ箱を使った「ごみの分別表」を作成し、国民へごみの分別を徹底させようとしている。

ボリビアのごみの分別方法

 

ウユニ市では分別用に3種類のごみ箱を用意しているが、ただ色分けされているだけなのでどのごみ箱にどんな種類のごみを捨てたらよいのかがわからない。

日本では数十年前からごみの分別が行われているので、大人も子供もごみの分別を理解しているが、ボリビアでは最近始めたことなのでまだまだごみの分別が認識されていないのだ。

ウユニ市の従来のごみ箱

 

 

 そのため学校でごみの分別についての授業を行い、どのごみ箱にどんな種類のごみを捨てるのかわかるように工夫した。

学校の先生も協力してくれてこれからのウユニ市を担っていく子供たちへ、ごみの分別方法を教育した。

ウユニ市の学校でワークショップ

 

また、分別の仕方が書かれているカレンダーを各教室の壁に貼り付けて、分別の仕方を先生にしてもらった。

いつでもごみの分別を学べるような環境づくりを心掛けた。

ウユニ市の学校で環境教育授業

 

そして、生徒と一緒に色分けされたごみ箱にごみの絵や写真を貼り付けて、一目で分別方法がわかるごみ箱を作った。

視覚的にわかるようにすることが重要。

ウユニ市の学校で分別ごみ箱を作る

 

こんな感じでごみ箱の側面に「入れて良いごみの写真」を貼っていく。

ウユニ市の学校でごみ箱作り

 

ペタッと貼れましたね。

ウユニ市の学校でごみ箱に絵を貼る生徒

 

こちらは生ごみのごみ箱なので、野菜くずの絵が描かれた紙を貼る。

工作は子供も楽しそうに取り組んでくれた。

ウユニの学校でごみ箱に絵を貼る学生

 

子供たちがみんなで作業してくれた。

ウユニ市の学校で分別ごみ箱の改善

 

こちらが完成したイラスト付きのごみ箱。

色分けされただけよりも、ごみの分別方法がわかりやすくなった。

ウユニ市の学校で作った分別ごみ箱

 

最後に完成したごみ箱と生徒と一緒に記念撮影。

完成したごみ箱は学校へ寄付した。

ウユニ市の学校で記念撮影

 

 

 

まとめ

ウユニ塩湖環境改善プロジェクトでは、青年海外協力隊・環境教育OB2名がウユニ市の学校で「ごみ箱ワークショップ」を開催した。

ボリビアで使われている3色のごみ箱にイラストや写真を貼って、ごみ分別の方法がよりわかりやすいように改善した。

工作作業は子供たちも楽しそうに取り組んでくれ、学校にイラスト付きのごみ箱を寄付することができた。

今回の活動にはクラウドファンディングで支援して頂いたお金を使わせて頂きました。

ありがとうございます。

 

ウユニ塩湖プロジェクトの関連記事

【ウユニ塩湖プロジェクトの活動報告】青年海外協力隊OB2名がウユニ市の学校で環境教育ワークショップを行いました

ウユニ塩湖のお土産はコレがおすすめ!ウユニ市で買えるおみやげランキングベスト8

ラパスからウユニ塩湖へ行く方法は飛行機よりも夜行バスTodo Turismoがおすすめ!観光客専用だから安心・安全・快適

ボリビアのSIMカードを買う方法を学べば、スマホでネットがどこでも使えて「ウユニ塩湖なう」とつぶやけるよ

ウユニ塩湖のレストラン情報!観光客におすすめの飲食店とローカルB級グルメ情報

有料note【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技

ウユニに三ヶ月半滞在したことで、穂高ツーリストやブリサツアーズなどの旅行会社のツアーに参加したら見られない最高の星空と出会ってしまいました。

この裏技が広まると旅行会社に迷惑がかかりますし、新しいブームが起きてしまうのでnoteの有料記事にして限定的に公開します。

ウユニ塩湖で最高の星空を見たい人だけ見てください。

→ 【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技|note

【ご連絡】買う人が現れたのでそろそろ販売を中止します。

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事