JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「ライフハック」カテゴリの人気記事

中南米で絶対に使ってはいけないスペイン語フレーズ【スラング・汚い言葉・悪口・侮辱・エロ単語・NGワード】

      2016/07/16


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコ国立人類学博物館の展示物巨大なペニスの石像

絶対に使ってはいけないスペイン語講座

スペイン語圏である中米パナマ共和国に2年間住んでいるので、日常会話程度にはスペイン語が話せるようになった。

赴任直後はスペイン語は挨拶くらいしか話せなかったが、パナマ人の同僚やホストファミリーが毎日教えてくれたので少しずつ上達した。

 

しかし、ぶっちゃけて言うと彼らが教えてくれたのは、スペイン語のスラング、汚い言葉、悪口、侮辱、エロ用語ばかりで、「絶対に他の場所では使ってはいけない!」と言いつつ、たくさん教えてくれた。

パナマの田舎に住んでいる村人は、日本語に訳すのをはばかってしまうほど汚い言葉を日常的に使っていて、都会に住んでいるパナマ人も驚くほどだ。

パナマの村人たちが普段使っている言葉を都会で使うと教養がないとみなされるし、使う相手によってはケンカにもなりかねないので、外国人は絶対に使うべきではない。

 

そこで今回は、中南米を旅行するバックパッカーや、留学希望者へ反面教師として、絶対に使ってはいけないスペイン語をお教えしよう!

いいか、絶対に使うなよ! 絶対だぞ?

スポンサーリンク

 

 

 

 

ベルガ

ぼくの同僚たちが一番よく使う言葉が「ベルガ」だ。

直訳するとペニスだが、嫌な気持ちを表現するときに使う。 

農牧省の同僚たち

 

ぼくの同僚たちはちょっとイラッとしたら、「ベルガ!」と叫ぶクセがある。

はしたないので女性は使ってはいけない言葉とされているが、ぼくの村では女性もガンガン使っている。

 

 

ピンガ

ピンガはベルガと全く同じ意味で、使い方も一緒。

ムカつき度60%の時には、「ピンガ! ベルガ!」と合わせ技を使うこともある。

 

パナマでは「アジャラ ピンガ」と言うこともある(「アジャラ ベルガ」もよく使う)。

日本語に訳すと「ペニス」なので、絶対に使ってはいけない。

 

 

チュウチャ

「チュウチャ」は女性器という意味。 

「チュウチ」という人もいる。

 

日本語のノリだと、「くそ、やっちまったぜ」みたいなシチュエーションで使う。

外国人は使わない方が良い。

 

 

チューレタ

チューレタの本来の意味は「アバラ肉」だが、「やっちまったぜ」みたいなシチュエーションでも使う。

チューレタは、使う年齢層が高めだ。

豚を投げ縄で捕まえる

 

 

カラホ

カラホを直訳するとペニスになる。

スペイン語にはペニスや女性器を指する単語が、星の数ほどあるのだ。 

メキシコ国立人類学博物館の展示物巨大なペニスの石像

 

これはムカついた時に使う。

例えば、ぼくのホストファミリーは、外で飼っている犬が家の中へ入ってこようとしたら、「カラホ!」と叫んでいる。 

直訳すると意味は分からないが、こういう使い方をするのだ。

 

ホームステイすると、スペイン語の辞書にも参考書にも載っていない生きたスペイン語を学べる。

 

 

ホデール

ホデールは、「セックスする、イライラする」という意味の動詞で、「ノー メ ホーダ」で、「俺をイライラさせるな(俺はムカついている)」という意味になる。 

同僚同士がケンカを始めると、「ノー メ ホーダ」を使い出す。

これはかなり強い意味があって、本気のケンカで使う言葉なので、絶対に使ってはいけない。

 

 

プータ

プータは「売春婦」という意味。

町では絶対に口にしてはいけない言葉だが、ぼくの村ではイラッとしたらすぐ「プータ!」と叫ぶ。

この言葉を女性に使うと史上最強の侮辱行為に当たるので、ガチでやめた方がいい。

 

男性に対しては「イーホ デ ラ プータ」で「売春婦の息子」という意味になり、史上最強の侮辱行為になる。

例えば、2006年にドイツで開催されたサッカー・ワールドカップで、フランス代表選手ジダンがイタリア代表のマテラッツィへ頭突きをお見舞いして退場になった事件があったが、このときマテラッツィは「お前の母親と姉は、売春婦だ! 売春婦の息子め!」と言ったと伝えられている。

家族を大切にするラテン文化の人にとって、母親や姉妹を売春婦呼ばわりするのは、本当に失礼で危険な行為なので、絶対にやめよう。

海外女子サッカー32

 

 

マリコン

マリコンとは、「ゲイ」という意味。

最近の日本では「同性愛者の権利を守ろう」という意見が増えているが、カトリック教徒とプロテスタント教徒がほとんどのパナマでは「同性愛=神を裏切る大罪」という意見が主流である。

そのため、同性愛者へ対する世間の態度は冷たく、男性を侮辱する時にはゲイを意味する「マリコン」を頻繁に使う。

 

ただし頻繁に使うため言葉の意味は軽くて、ちょっとイラッとしただけですぐ使う言葉だ。

しかし、悪口の代名詞のような言葉だが、使うのはよくない。

 

 

カガダ

カガダの意味は、ウンコ。

「ケ カガダ」いうと文字通り、「くそ!」という意味になる。

スペイン語の辞書にも載っているし、参考書にも載っている言葉だがパナマ人はあまり使わない。

もしかしたら、スペインでは使うのかもしれない。

 

 

ペッラ

ペッラとは本来「雌犬」を示す言葉なのだが、そこから「売春婦、ビッチ」みたいな意味で使われる。 

ネイティブスピーカーは雌犬を示したいときにもあまり使わず、使う時は侮辱行為として使うことが多い。

女性がいる前では使うべきではない。

ポジェーラを着た犬

 

 

ミエルダ

ミエルダはウンコという意味。

ムカついたら「ミエルダ!」 と叫ぶ。

 

ぼくは有機肥料の材料として牛糞や馬糞を使うので、「ミエルダ」という言葉をよく使う。

本来は堆肥を示す「エスティエルコ」を使うのが普通だが、山奥に住む村人は堆肥という言葉を理解できないので、誰でも知っているウンコという意味の「ミエルダ」をあえて使っている。

馬の糞

 

 

スエグロ

スエグロとは「義理の父親」という意味で、全然悪い意味ではない。

しかし、義理の父親でもない男性に向かって、「スエグロ」というと「お前の娘とヤッたぜ!」という意味にとられる場合もあるので注意しよう。 

ぼくは知らずにこの失敗を犯してしまい、パナマ人の友人に怒られたことがある。

熟年男性

 

 

オーホ デ ポージョ

パナマの田舎だけかもしれないが、「オーホ デ ポージョ(鶏の穴)」というと「肛門」を意味する。

「ダー メ オーホ デ ポージョ」というと、「お前の肛門を使わせろ!」という意味になるので、絶対に使ってはいけない。

仲が良い人同士なら、冗談で使うことはある。

庭で生ゴミを食べる家畜

 

 

ピチャ

ピチャはペニスという意味。

強調したいときは「エスタ ピチャ」と使い、他人をからかう時に使う。

 

 

などなど、汚い言葉は、他にもまだまだたーーーーくさんあるが、このくらいにしておこう。

あとは、スペイン語圏に行って、自分で覚えて欲しい。

それから、スペイン語は国と地域によって、全然意味や使い方が違うので、ここに書いた内容が他の国でも通用するとは限らないので注意してほしい。

例えば、南米にはペニスと女性器を表す単語を、パナマとは逆の意味で使う国もあるらしい。

 

 

パナマには「友人同士でからかい合う文化」がある

パナマでこんなにたくさんのスラングが、日常的に使われている理由について説明しよう。

それは、パナマには友人同士で面と向かって悪口や侮辱する言葉を言い合って、からかい合う文化があるからだ。

そのため、友人関係ではここで紹介したような汚い言葉を平気で使う。

 

しかし、たまに本気でケンカをすることもあり、その場合もここで紹介したスラングや罵声を使う。 

特に外国人である日本人はすぐに現地人と友人関係も築けないと思うので、汚い言葉は使わない方が良い。

 

ただし、現地人と友人関係ができた後は、冗談として悪口を言い合うと、本当の友達として認めてもらえるだろう。

【追記1】スペイン語を勉強する時には電子辞書が必須!

スペイン語を勉強するときに最初に買うべきなのは、スペイン語用の電子辞書!!

ぼくはスペイン語を勉強し始めてから数週間後に電子辞書を買ったのだけど、勉強の進むスピードが10倍早くなって驚いた。

紙の辞書よりも電子辞書の方が絶対に良いよ!!

ぼくが使っているのはカシオのEX-wordのスペイン語バージョンで、こちらが最新モデルだ。

【追記2】スペインに簡単に語学留学する方法

留学オンライン予約サイト【ラングペディア】を使うと、スペインの語学学校を日本語で検索できるし最安値でスペイン留学ができる。

スペイン留学したい人は利用してみよう。


【追記3】スペイン語を覚えるためにはスペイン語圏の恋人を作るのがベストかも!?

新しい語学を身につけるための最強な裏技は、その言語を話す恋人を作ること!

なので、スペイン語をマスターしたい人はスペイン語圏の異性と付き合ってみよう。

「そんな出会いないよ!!」という人は、マッチ・ドットコムを使ってみよう。

このサービスはスペインや中南米でも展開しているのでスペイン語話者もたくさん登録していて、異性とチャットをしたり知り合うことができる。

ぼくもこれを試してブログに書こうと思っている!

 

 

 

まとめ

絶対に使ってはいけないスペイン語を紹介した。

絶対に使うなよ? いいか絶対にダメだぞ!

 

おすすめの記事

スペイン語ネイティブスピーカーが挨拶で使う、体調・気分を尋ねる問いかけ10パターンと返事の仕方

中南米でスペイン語留学をしよう!語学学校でスペイン語でスペイン語を学ぶ前に覚えるべき用語集

忙しい人におすすめ!外国語の習得にかかる時間が半減する5つの効率的な学習方法

誰でも簡単にできる!初心者がゼロから半年で「スペイン語の文法・単語・挨拶」をマスターする効率的な勉強法

スペインでは通じない!?スペイン語の中南米パナマ訛り&方言、コスタリカの挨拶

合わせて読むと役立つかも!?

DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの?
海外で働きたいなら英会話能力は必須!DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられます。今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「スペイン語学習方法」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「ライフハック」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事