JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

まるで日本人!?カウンターパートの「○○力」に驚かされた話

      2015/07/06


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話す相棒

カウンターパートのまるで日本人のような「○○力」に驚かされた話

先週、農業技師を集めた会議で農業技術のプレゼンを行った。

会議には仕事上の相棒であるパナマ人のカウンターパートも一緒に出席したのだが、そのときに驚くべき出来事が発生した。

今回はこのエピソードを紹介しようと思う。

 

スポンサーリンク

 

農業技師の会議へ参加したときの出来事

先週、パナマ国ベラグアス県の農業技師を集めた会議に、カウンターパートと一緒に参加した。

今回の会議では、ぼくが住んでいるカニャーサス郡の農業問題を紹介し、その解決方法を説明した。

 

ちなみにカウンターパートは、めちゃくちゃ優秀な男である。

彼の優秀さについては、こちらの過去記事を読んで欲しい。

参考:JICAボランティア同士のカップル、結婚の秘密!青年海外協力隊の新人隊員は、先輩隊員に恋をする。

 

1.参加者からの質問に困ってしまった

ぼくが紹介した農業問題のひとつに、キャベツの生育が悪いという問題があった。

プレゼンではキャベツの生育が悪い理由は気温が高いことではなく、施肥が足りていないからだと説明した。

その証拠として、ぼくがカニャーサス郡で行ったキャベツの追肥実験のデータを紹介し、追肥を行うことでキャベツの直径が1.4倍になることを示した。

また農民が実践しているキャベツを結球させるためにヒモで縛るという行為は、キャベツの生育を抑制させるので推奨できないと伝えた。

 

キャベツ畑

 

すると、この説明を聞いた別の郡で働く農業技師からこんな質問を受けた。

「なぜ、今までカニャーサス郡の農業技師たちは、キャベツに追肥を行うことを教えなかったんだ!? なぜ、ヒモなんて使っているんだ!?」

 

喋り出すパナマ人

 

ぼくは質問の意味を理解したが、返答に困ってしまった。

なぜならば、①カニャーサス郡の農業技師は農業の知識が何もないので、そもそも「追肥」という行為を知らない。

しかも、②農民にキャベツをヒモで縛るという馬鹿げた行為を教えていたのは、カニャーサス郡の農牧省支所の所長なのである。

この2つの事実を会議の場で公表することは、明らかにカニャーサス郡で働く同僚たちのメンツを潰す行為であり、パナマ人にとってはメンツを潰されることが一番の屈辱である。

 

受け答えするボランティア

 

そこで、ぼくはこの質問に対して真っ向からは返事をせずに、「農民は焼き畑農業をしているので施肥という概念を持っていないこと、農民はキャベツの光合成についても知らないこと」を理由として答えた。

しかし、この的をあえてズラした返答では質問をした農業技師は満足せず、「彼は俺のスペイン語を理解していないようだから、代わりに君が答えてくれ!」とぼくのカウンターパートへ話しかけた。

 

 

2.カウンターパートの助け舟

会議室にいたおよそ50名の農業技師が、カウンターパートの発言に注目した。

すると、ぼくのカウンターパートは意外なことを話し始めた。

 

話す相棒

 

カウンターパート:「いや、理解していないのは、君の方だ!」

他の郡の農業技師:「えっ?」

 

カウンターパート:「ダイスケは、君の質問の意味を理解したうえで、あえてあのように答えたんだよ」

他の郡の農業技師:「なぜ、理解したのにそのまま答えを言わないんだ?」

 

カウンターパート:「彼は気を使っているんだよ。これが日本人なのさ」

他の郡の農業技師:「???」

 

彼のおかげでこの質問は決着し、別の職員が他の質問をしたので会議はそのまま進行した。

ぼくはカウンターパートが「ぼくが気を使って答えなかったこと」を察していたことに驚いた。

まさか、自由奔放に生きているパナマ人が「他人の気持ちを察する気持ち」に気づくとは思わなかったからだ。

 

 

3.会議終了後の会話

そこで、会議が終了してからカウンターパートに、先ほどの質問での出来事について話しかけてみた。

 

スライドを写すのは壁

 

宮﨑:「さっきはありがとう。まさか、君がぼくが気を使ったことに気がつくとは思わなかったよ」

カウンターパート:「はっはっは。君と2年間も一緒に過ごしたからね。君からは農業技術だけではなく、他人を気遣う気持ちや他人との関係性の築き方を学んだよ。日本人はパナマ人とは全然違うね」

 

宮﨑:「君は日本人みたいなパナマ人だな(笑)」

カウンターパート:「はっはっは」

 

ぼくのカウンターパートは、ぼくと2年間一緒に活動したことで、今ではぼくが考えていることがわかるらしい。

結婚したら最高のパートナーになれそうだ、おじさんだけど。

今回の会議では左遷になりそうなカウンターパートの能力を伝えたくて彼を巻き込んだが、結局はぼくが彼に助けられてしまった。

参考:青年海外協力隊の帰国直前に50名の農業技師へ野菜栽培のプレゼンをした真の目的

 

 

 

 

まとめ

パナマ人のカウンターパートを助けようと思ったら、逆に彼に助けられた。

ぼくのカウンターパートは、「他人の気持ちを察する力」を身につけていた。

農業技術以外にも伝えることができて嬉しく思うし、ぼくも彼からたくさんのことを学ばせてもらった。

彼と一緒にコンビを組んで活動できたことを感謝している。

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事