JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

青年海外協力隊になりたい人におすすめの選択肢(開発コンサル、JICA職員、ワーホリ、留学、転職)

      2018/02/13





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「青年海外協力隊になりたいです」

そういう人は、青年海外協力隊のことをどれほど理解しているだろうか?

「青年海外協力隊のことは経験しないとわからない」と協力隊OBのぼくは今だから思う。

・青年海外協力隊を選んだことは正しかったのか?

・青年海外協力隊以外の道に進んだ方がよかったのでは?

・協力隊経験者のリアルな意見は?

青年海外協力隊に参加する前に、協力隊経験者のリアルな体験談(※JICAのポジショントークではない)を知りたかった。

また、青年海外協力隊になりたい人には、協力隊以外にも選択肢があることを伝えたい。

そこで今回は、青年海外協力隊になりたい人が知っておくべきことを紹介しよう。

【追記】

YouTubeで青年海外協力隊の体験談を語っています。

→ 【青年海外協力隊の体験談・試験対策】合格率を上げるコツは?面接で聞かれる質問は?

青年海外協力隊に興味がある人は、ぜひチャンネル登録してください。

スポンサーリンク

 

 

青年海外協力隊以外の選択肢

まずは、青年海外協力隊に興味がある人に、協力隊以外の選択肢を伝えたい。

JICAボランティアも素晴らしい経験ができるが、参加する目的によっては他の手段も選択肢になる。

1.ボランティアがしたいから青年海外協力隊になりたい人

・ボランティアがしたいから

・人の役に立ちたいから

・困っている人を助けたいから

こんな理由で青年海外協力隊になりたい人は、日本でボランティアすることも選択肢に入れてほしい。

開発途上国でボランティアすることにも意義はあるが、日本でもボランティアをすることはできる。

 

 

2.海外に住みたいから青年海外協力隊になりたい人

・とにかく海外に住みたい

・日本で働きたくない

・外国が大好き

そんな人は、青年海外協力隊だけではなく、留学やワーキングホリデーも選択肢にいれてみよう。

留学やワーホリは国際協力ではないが、その分自由に海外で活動ができる。

海外に住みたいだけの青年海外協力隊志望者は留学かワーホリしよう | JIBURi.com
海外に住みたいだけの青年海外協力隊志望者は留学かワーホリしよう | JIBURi.com

 

 

3.キャリアアップのために青年海外協力隊になりたい人

・海外の実務経験をキャリアアップに生かしたい

・日本の会社から転職したい

・海外の会社で働きたい

そんな人は、外資系企業や海外駐在員を狙ってみてはどうだろうか?

ボランティアではなく「ビジネスマン(ウーマン)」として海外で勝負するのも、やりがいがあることだと思う。

 

 

4.国際協力がしたいから青年海外協力隊になりたい人

・この世界から貧困をなくしたい

・国際協力を仕事にしたい

・国連やJICAで働いて大きな仕事がしたい

そんな人は青年海外協力隊ではなく、JICA職員や開発コンサルタントを目指そう。

政府開発援助(ODA)の中心は、青年海外協力隊ではなく国際機関のプロジェクトなので、そちらで活躍してほしい。

 

 

 

日本には青年海外協力隊の情報が不足している

ぼくは青年海外協力隊の任期が終了してからおよそ2年が経過するが、今でも青年海外協力隊の情報は不足していると感じる。

日本人の税金を使って行われている事業なのに、青年海外協力隊のことを正しく理解している人はほとんどいない。

・海外青年隊は自分でお金を払って貧しい国へ行って、お給料が1円ももらえないのよね?

・JICAで一生働けていいわね〜

・青年海外協力隊のくせに首都で働くなんて、ダメな隊員だ!

・英語がペラペラじゃないと、なれないんですよね!?

・貧しくて可哀想な人のために奉仕していて偉い!

日本人からこんなトンチンカンな言葉をいただくことが多い。

せめて青年海外協力隊を目指す人には、リアルな青年海外協力隊のことを知ってほしい。

そんな後悔を感じて、協力隊を志していた4年前の自分のために、この記事を書いている。

 

1.青年海外協力隊はボランティアではない

まず、青年海外協力隊はボランティアではない。

JICAでは「ボランティアという言葉の意味は、無報酬で働くことではなく、”率先的に働くこと”です。なので、生活費や国内手当を支払ってもボランティアなのです」と説明している。

でも、日本人がイメージするボランティアは「無報酬で働くこと」だろう。

実際には青年海外協力隊は自己負担金0円だし、生活費(毎月3万円から5万円くらい)も国内手当(2年間で200万円)ももらえるので、ボランティアとはよべないと思う。

青年海外協力隊のお金に関することは、こちらの記事にまとめてあるので読んでほしい。

 

 

2.40歳から69歳ならシニア海外ボランティア

「JICAのボランティアには、若者しかなれない」

と勘違いしている人も多いけど、実際には20歳から69歳まで(49年間)が募集年齢だ。

40歳から69歳までは「シニア海外ボランティア」といい、青年海外協力隊の2倍の生活費をもらいながら働ける。

シニア海外ボランティアについては、こちらの記事で詳しくまとめたので、30歳以上の人にはぜひ読んでほしい。

参考:給料540万円!JICAシニア海外ボランティアとは?年齢40歳以上TOEIC330点から応募できる |

 

 

3.青年海外協力隊に合格する裏技

「青年海外協力隊は合格するのが難しい」

という勘違いをしている人も多い。

しかし、ぼくは社会人経験ゼロ、留学経験ゼロ、ボランティア経験ほぼゼロ、TOEIC500点台なのに、一発で合格した。

なぜかというと、”青年海外協力隊に合格する裏技”をしっていたからだ。

青年海外協力隊は攻略法さえしっかり理解すれば、合格する確率をあげることができる。

参考:本当は教えたくない!青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する。新卒で社会人経験なしなのにJICAボランティアに採用された方法 

 

 

4.JICAボランティアの負の一面

「青年海外協力隊は素晴らしい制度だ!」

と褒めるだけの人もいるが、負の一面も理解している人は少ない。

日本人の若者を一人で途上国に派遣すれば、それはいろんな問題が発生するに決まっている。

協力隊志望者には、JICAは絶対にアピールしないマイナス面についても、理解したうえで青年海外協力隊に参加してほしい。

青年海外協力隊の問題点については、こちらの記事を読んでほしい。

 

 

5.JICAの派遣前訓練の様子

JICAボランティアは途上国に派遣される前に、派遣前訓練を受けるがそのことが知られていない。

世界一の語学学校」とよばれたり「婚活学校」とよばれる訓練生活について、ぜひ日本人に知ってもらいたい。

ぼくはできるならばもう一度訓練所に入って、駒ヶ根マジックか二本松イリュージョンを起こしたい。

また、この派遣前訓練がJICAボランティアの最終試験になっているので、辞退やクビなどの問題が起こることもある。

 

 

参考:【特別寄稿】宮﨑大輔に支えられた、カルロスの青年海外協力隊、辞退までの道のり 

 

 

6.青年海外協力隊一年目の様子

途上国に派遣されれば、「私たちのために来てくれてありがとう!」と住民から感謝されると思っている人がいるが、そんなことはほぼない。

・金をよこせ!

・新しい機械と車を買え!

・必要ないから国へ帰れ!

とぼくはいわれた。

そんな状況でも環境のせいにせずに、結果を出さないといけないと思う。

ぼくの協力隊一年目の感想はこちら。

 

 

7.青年海外協力隊の葛藤

「青年海外協力隊は途上国の貧しくて可哀想な人を、日本人のように幸せに変えてあげるべき」

と考えている日本人が多い。

でも、本当にそうだろうか?

途上国の住民は不幸で、先進国の住民が幸せなのだろうか?

そんな価値観のズレを体験して、ぼくは葛藤した。

でも、この経験のおかげで真実に気がつけたと思う。

 

 

8.青年海外協力隊OBが任地へ戻って調査した結果

・青年海外協力隊が帰国したあとの任地は、いったいどうなるのか?

・ボランティアが帰ったあとも活動は続くのか?

・ボランティアが任地へ戻ったら、どんなリアクションをするのか?

そんなことを確かめるべく、ぼくはおよそ一年後に自費で、パナマ共和国の無電化村に帰ってみた。

そこで自分のボランティアを振り返ったことで、ボランティア活動に大切なことを学ぶことができた。

この記事は青年海外協力隊に興味がある人には、ぜひとも読んでほしい!

 

 

 

9.青年海外協力隊OBOGの進路

青年海外協力隊の任期が終わった後に、何をするか?

これはJICAやJICAボランティアの頭を悩ませる問題だ。

協力隊OBOGの多くが再就職か公務員か大学院へ進学するが、中には途上国へ戻り起業したり働く人もいる。

そんな3名の協力隊OBOGにインタビューを行ったので、ぜひ読んでみてほしい。

青年海外協力隊の後の進路を考える参考になるはずだ。

【追記】YouTubeで青年海外協力隊の体験談を語っています

YouTubeで青年海外協力隊の体験談を語っています。

青年海外協力隊に興味がある人は、ぜひチャンネル登録をお願いします。

【青年海外協力隊の体験談・試験対策】合格率を上げるコツは?面接で聞かれる質問は?

 

【追記】スマホアプリで英会話学習とTOEIC対策ができる!

●英語を勉強したいけど、時間がなくて独学やオンライン英会話が続かない人

●高額な英会話スクールやTOEICの参考書代を節約したい人

こんな人に朗報です!

リクルートが運営するスマホアプリ「 スタディサプリ ENGLISH 」を知っていますか?

【スタディアプリENGLISHの特徴】

・アプリをインストールすれば、すぐに使える

移動時間や空き時間に、サクッと勉強できる

・カリキュラムがしっかりしていて、独学よりも絶対に成長できる

・英会話コースは月額980円(一日あたり31円

・TOEIC対策コースは月額2,980円(一日あたり96円

・TOEIC対策コースは、英会話コースが無料で使える

・6ヶ月や12ヶ月分を先払いすると、もっと値段が安くなる

・利用者にはTOEICのスコアが200点アップした人

7日間も無料ですべての機能が使える

 

スタディサプリENGLISHを使っている様子を動画で紹介

実際にぼくがスタディサプリENGLISHを使っている様子を、動画で撮影しました。

 

【スタディサプリENGLISHの体験談】

実際にぼくも英会話コースの有料会員になり、使ってみました。

ちょっとした空き時間に勉強できるし、カリキュラムが本格的なので、すごく役に立っています。

おすすめは一日あたりたった31円で勉強できる、英会話コースです。

英会話を身につけて、外国人との交流や海外での仕事に繋げましょう!

スキルアップのための自己投資と考えれば、一日あたり31円は格安ですね。

●実際にぼくが使ってみた体験談はこちら→ スキマ時間を使ってスタディサプリENGLISHで英会話を学ぶ方法

 

7日間も無料で試せるので、まずはインストールして試してみてください!

今なら無料で試せるので今すぐインストールしないと、損ですよ〜。

●公式サイトを見てみる→ スタディサプリ ENGLISH

 

まとめ

今回は、青年海外協力隊になりたい人に伝えたいことをまとめた。

青年海外協力隊以外にも選択肢はあるし、協力隊を選んだとしても、実態を理解するべきだ。

今回の記事は、4年前に青年海外協力隊になろうとしている自分自身のために書いたものだ。

これから青年海外協力隊になりたい人には、ぜひ読んでみて考えてもらいたい。

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

スペインワーホリ体験者に日本語とスペイン語で質問してみた

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ





海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「JICA青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

SNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

FacebookやTwitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【ブログに書けない情報はnoteで】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom



  同じカテゴリの記事