JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

中米コスタリカのおすすめホステル!首都サンホセにあるHOSTAL PANGEAをお勧めする10個の理由

      2017/03/03


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホスタルパンゲアの屋上

コスタリカのHostal Pangeaがカッコ良すぎる!

2015年2月に青年海外協力隊の任国外旅行制度を利用して、コスタリカをバックパッカースタイルで一人旅した。

ぼくはゲストハウスが好きで、東京、長野、京都、九州各地、インド、パナマ各地のゲストハウスに泊まってきた。

参考:外国人旅行者に人気のおすすめ格安ドミトリー付きホテル!長野県のゲストハウス・バックパッカーズ24宿

参考:JAPAN BACKPACKERS LINK AWARD 2013のゲストハウス大賞の最終結果が発表された!長野県の宿も?

 

そのため、今回の旅行中も中南米でゲストハウスを意味する「ホスタル」に宿泊していた。

中でも首都サンホセで泊まったHostal Pangeaというゲストハウスがカッコ良すぎたので、今回はコスタリカを旅行する旅人のために紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

サンホセのオシャレなホステル Hostal Pangea(ホスタル パンゲア)

ホスタルパンゲアは、コスタリカの首都サンホセにある。

サンホセの町並み

 

サンホセは、日本でいう長野県長野市くらいの小さな町だ。

サンホセの様子

 

こちらがHostal Pangeaのホームページ。

Hostal pangea

参考:Houstal Pangea

 

1.Hostal Pangeaはサンホセの治安が悪い北東地区にある

ホスタルパンゲアは、サンホセの北東部に位置している。

周囲は風俗街で、マリファナ漬けの浮浪者も多い危険な地域である。

ホスタルパンゲアがある通り

 

 

2.セキュリティがめちゃくちゃ厳重

そのため、セキュリティが厳重で外からは中の様子が見えないようになっている。

しかも、入り口の扉は24時間施錠されていて、呼び鈴をならしてガードマンに顔を確認されないと、中に入れないようになっている。

Hostal Pangeaの外観

 

入り口の扉を中から見ると、超おしゃれ。

ホスタルパンゲアの入り口

 

 

3.ホステル自体がアート作品並に、内装がオシャレ

まるでホステル自体が一つのアート作品のようで、とにかくお洒落だった。

ホスタルパンゲアの壁

廊下の壁にも絵が描いてある。

ホスタルパンゲアの廊下

バーにも絵が展示されている。

アートの展示

すべての絵がカラフルなのは、コスタリカにはカラフルな雑貨が多いから、その影響なのだろうか。

サンホセの民芸品市場

 

 

4.中米のホスタルに必須のプールつき

中庭にはプールがあった。

欧米人バックパッカーとラテン人バックパッカーはプールで酒を飲むのが大好きだから、中米のゲストハウスにはプールが必ず付いている。

プール

 

 

5.満足度と利益率を上げる、バーとレストラン付き

このホステルにはこのタイプの宿によくある、旅行者が使える調理スペースはない。

代わりにバーとレストランが併設されている。

宿泊だけでなく、食事と飲酒もホステル内で行ってもらうことで、ホステルの利益率が上がるそうだ。

東京の大人気ゲストハウスtoco.やNui.と同じ手法で、お客さん同士の交流もしやすいし満足度もあがる。

参考:東京蔵前の外国人向けゲストハウス&バーNui.のオーナーに青年海外協力隊に参加する挨拶をした。

ホスタルパンゲアのバー

 

黄色い背景に鳥のマークが、コスタリカのビール「Imperial(インペリアル)」のロゴだ。

コスタリカのバーカウンター

 

インペリアルビールは2種類あるが、どちらも値段が高い割に、全然美味しくなかった。

メキシコのビールの方が種類も多いし、絶対美味しい。

参考:コロナにレモンは間違い!?メキシコビール14種類お薦めの飲み方(塩・ライム・タバスコ・ミチェラーダ)

コスタリカのインペリアルビール

 

 

シルバーでできたカウンターがカッコ良かった。

シルバーカウンター

 

ポールダンス用のステージもあった。

ホスタルパンゲアのポールダンス場

 

 

フリースペースがあって、ここで食事を注文できる。

hostal pangeaのフリースペース

 

夜になると、食事をする人やビールを飲む旅行者で賑わっていたが、ぼくはお金がなくてバナナばかり食べていた。

基本的には、「みんなで酒飲んで騒ごうぜ!!」なノリのバックパッカーが多いが、中には初老の旅人もいた。

俗にいうパーティ・ホステルである。

夜のフリースペース

 

 

そして、一人でパソコンを開き、Wordpressでスペイン語圏向け日本紹介サイトを作っていた。

参考:スペイン語圏向け日本紹介WebサイトJAPÓNes.jpを立ち上げた

パソコン作業

 

 



6.肝心のベッドはイマイチ…、でもセキュリティは厳重

肝心のベッドはイマイチだった。

よくある二段ベッドと一室8名のドミトリー。

Hostal Pangeaのベッド

 

 

一泊1,800円くらいだった。

その代り、部屋はオートロック式で一人一人にカードキーが渡され、セキュリティはよい。

 

 

7.接客態度はとても良い、たぶん

スタッフの接客態度はとても良かった。

ただし、普段「世界一接客態度が悪い」といわれるパナマ人の接客に慣れているからかもしれない。

受付にいけば常にスタッフがいて、対応してくれた。

ホスタルパンゲアの館内

 

 

8.屋上からのサンホセ夜景がマジで最高!ハンモックから一望できる!

屋上からのサンホセの夜景が最高だった。

ここが屋上、椅子だけカッコ悪い。

屋上スペース

 

カラフルな一人用ハンモック。

一人用ハンモック

 

夜になると、ガラス張りのバースペースがイイ感じに光る。

ホスタルパンゲアの屋上

 

そして、サンホセの夜景が望める。

ホスタルパンゲアの夜の屋上

 

ビール片手にハンモックに揺られながら、夜景を眺められるなんて最高だ!

Hostal Pangeaは、ハンモックでビールを飲みながら夜景が一望できるホステルなのだ!

サンホセの夜景

 

 

9.旅行者向けの気が利いた小道具がある、「オーナーわかってるわぁ」

旅行者向けに気が利いた小道具があった。

例えば、4台の無料パソコン。

しかも、椅子がなくて立ち作業が必須なので、ダラダラと一人に占領されることもない。

ホスタルパンゲアのパソコンコーナー

 

ソファやイス、ハンモックなどのくつろげるアイテムがたくさんあり、しかもその近くにはコンセントがたくさん用意されている。

もちろん無料Wi-Fiも飛んでいるので、ゆっくりとネットサーフィンが楽しめる。

ホスタルパンゲアのソファ

 

デポジット(預入金)を払えば、コインロッカーも使える。

ロッカールーム

 

 

10.規模がデカい!200名以上泊まれる巨大ホステル

Hostal Pangeaはとにかく規模がデカい!

ツインルームなどもあるがだいたいが一部屋8名ドミトリーで、36部屋以上ある。

なんと、200名以上収容可能なのだ!

ホスタルパンゲアは巨大

 

そのため、ホステル内は広くて迷いそうになる。

ホスタルパンゲアの館内写真

 

規模がデカいのでいろんな旅人と出逢えるが、自分から交流しようと思わなければ全く話す機会はない。

自分の好きなように過ごせるホステルである。

 

 

 

コスタリカで6つのホステルを経営する「Costa Rica Hostel Network」

Hostal Pangeaは「Costa Rica Hostel Network」という組織が運営しているホステルだ。

costaricahostelnetwork

参考:Costa Rica Hostel Network

 

Costa Rica Hostel Networkは、コスタリカ国内で6つのホステルを経営しているホステル会社である。

スタッフ曰く、経営者はコスタリカ人男性だそうだ。

ぼくはサンホセで利用したHostal Pangeaが気に入ったので、他の町でもCosta Rica Hostel Networkグループのホステルに宿泊することにした。

 

 

 

フォルトゥーナ町にあるArenal Backpackers

タバコン温泉に行くために立ち寄ったフォルトゥーナで、Arenal Backpackersに宿泊した。

参考:コスタリカの最高級リゾートスパ!タバコン温泉で体験できる7つの快楽

参考:日本人は知らない!中米コスタリカの大自然の中の高級リゾートスパ・タバコン温泉に無料で入る裏技

アレナルバックパッカーズ

 

このゲストハウスもセキュリティが厳重だった。

四方をすべて高い柵と鉄条網で覆われ、唯一の入り口も24時間閉鎖されており、入るためにはインターンフォンでスタッフに連絡しないといけない。

アレナルバックパッカーズの入り口

 

フリースペースは、大きな丸太のテーブルやクッション付きの椅子がたくさんあり、とても快適だった。

アレナルバックパッカーズのフリースペース

 

椅子とテーブルがイイ感じ。

ゲストハウスのフリースペース

 

ここもドミトリーに泊まったが、なんとテントスペースもあった。

中米のホステルにはテントゾーンがたまに存在している。

自然派なバックパッカーに需要があるのだろう。

Arenal Backpackersのテント

 

もちろん、中米のホステルに必須のプールは付いていた。

DSC_0074_5268

 

そして、ここも調理スペースはなく、レストランで料理とお酒を売っていた。

ホステル内で食事とお酒を提供し、お客の満足度を上げながらもしっかりお金を稼ぐ、その経営手腕が素晴らしい。

このシステムのおかげで、カナダ人美女バックパッカーと一緒にお酒を飲んで仲良くなれたので、このホステルのことが好きになった。

参考:かわいい女性だらけ!世界三大美女国コスタリカで「Sexy巨乳美女図鑑」を作った

アレナルバックパッカーズのレストラン

 

儲かっているからか、敷地内に新しい宿泊棟を建設中だった。

アレナルバックパッカーズの外観

 

ここも、「楽しく酒飲んでパーティーしようぜぇ!」な雰囲気のホステルである。

お酒を飲んで楽しく騒ぎたいならおすすめする。

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

中南米でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

 

まとめ

コスタリカの首都サンホセに行くなら、ぜひHostal Pangeaに泊まってみてほしい。

アート作品のようなオシャレな雰囲気だがセキュリティは厳重だし、屋上のハンモックで夜景を見ながら飲むビールは最高だ。

コスタリカでは、Costa Rica Hostel Network系列のホステルがおすすめである。

 

おすすめの記事

長野県須坂市を満喫!ゲストハウス蔵Kuraに泊まり、カフェLa Vie Lenteでスリランカカレーを頂いた!

京都のゲストハウスらんたん!和なごみな空間と素敵な眼鏡のオーナー

青木優さんが始めたMATCHAが日本と海外を繋げるならば、僕は信州と海外を繋げたい。

水曜どうでしょうを完全再現!中米・コスタリカで幻の鳥ケツァールを激写する!(ツガイの画像&望遠鏡とカメラを使った写真撮影のコツ)

綺麗なビーチ&野生動物&森林浴が一度に楽しめる!コスタリカで最も人気があるマヌエル・アントニオ国立公園の3つの魅力

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事