JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「ライフハック」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊を卒業しフリーランスになった2015年に買って良かったモノ&もらって役立ったモノ20選

      2016/01/07


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の上で記念撮影

今年も残すところ、あと5日(ボリビア時間で)。

そろそろ、2015年に買って良かったモノを紹介する時期が来た。

昨年は青年海外協力隊として中米パナマ共和国で活動していたので「山刀」や「登山靴」を選んでいた。

参考:国際ボランティア生活の必需品!青年海外協力隊として途上国暮らしを始めた2014年に買って良かったもの5選

 

今年は6月下旬に青年海外協力隊の任期が終了したので日本へ帰国し、しばらくのんびりしたあとベトナム、メキシコ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ボリビアを旅しながら働いた。

そして、ベネズエラとボリビアのプロジェクトのためにAmazonのほしい物リストを公開したところ、たくさんの方から支援品をプレゼントして頂けた。

参考:Amazonのほしい物リストの記事カテゴリ

 

そこで今回は、2015年に買って良かったモノともらったモノの中から特に役立ったアイテムを紹介しよう。

※頂いたアイテムはすべて使わせて頂いていますが、今回は特におすすめのモノだけを紹介します

スポンサーリンク

 

 

 

 

2015年に買って良かったモノ15選

それではさっそく2015年に買って良かったモノから紹介しよう。

01. Nikonのフルサイズ一眼レフカメラD750

望遠レンズ

 

まずは、何といってもNikonのフルサイズ一眼レフカメラD750。

これが今年一番の買い物で、ネットで購入したがそれでも20万円くらいした。

今までは遊びで写真撮影を行っていたが、これからは真剣に取り組もうと思っている。

その気持ちを形にする為にD750を購入したが、まだまだ全然使いこなせていないので、2016年も頑張りたい。

参考:Nikon D750を買った理由「APS-C機のD5100からフルサイズへ買い替えたのは秘境カメラマンになる決意」

 

 

 

02. Nikon単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G

D750と20mm単焦点レンズ

 

風景撮影用にNikonの単焦点広角レンズを購入した。

これも10万円以上したが、ウユニ塩湖で大活躍してくれている。

ウユニ塩湖で写真撮影がしたい人は、広角レンズを用意しよう。

参考:NikonD750に超広角単焦点レンズ20mm f1.8を装着。被写体に寄って撮影するとイイ感じ

朝焼けに包まれるウユニ塩湖

 

日の出前の鏡張りウユニ塩湖

 

ウユニ塩湖の星空観察

 

 

 

 

03. TAMRON 望遠ズームレンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応

望遠レンズを構える

 

野生動物や遠くの被写体を撮影するために、タムロンの望遠レンズを買った。

値段は安いが手振れ補正機能が強力で、コストパフォーマンスが良いレンズ。

主にベネズエラのテーブルマウンテンで活躍してくれた。

望遠レンズで捉えたテーブルマウンテン

 

望遠レンズで捉えたオウム

 

望遠レンズで捉えたワシ

 

 

 

 

 

 

04. 写真管理と編集のAdobe lightroomとフォトショップ

写真管理と編集のために、Adobeのlightroomとフォトショップを購入した。

前から古いモデルを使っていたが、今回最新版に更新した。

RAWの画像管理がとても楽になったし、加工も素早くできるようになったので満足している。 

 

 

05. 写真も動画も保存できる大容量の外付けハードディスク

写真データの保存用に、3つ目の外付けハードディスクを買い足した。

今回は1TBにしたが、大容量なので動画もたくさん保存できて重宝している。

もう一つバックアップ用に購入したいのだが、ボリビアでは売っていなくて困っている。

 

06. 今更気がついたパソコン用のマウスの便利さ

「今更!?」と驚かれるかもしれないが、「マウスって便利だな」と今年になって気がついた。

パソコン作業が超はかどる。

 

 

07. フック付きの旅用洗面道具入れはマジで神グッズ

これは、マジでおすすめ!

ぼくは洗面用具を収納したり、カメラグッズを入れるのに使っているがとても重宝している。 

旅行だけではなくて、普段使いとしても便利なアイテムだ。

 

08. Huawei SIMフリースマートフォン P8 liteが人生初スマホ

HUAWEI P8liteは小型

 

実は今年の7月に、人生で初めてスマホを手にした。

iPhoneやネクサスなどの機種と迷ったが、とても使いやすいしコストパフォーマンスもいいのでHuaweiのP8liteにしてよかったと思っている。

通信量を節約したい人には、SIMフリー携帯がおすすめだ。

参考:見なきゃ損!NifMoのHUAWEI P8liteセットは月額700円で1万5千円割引で買える

 

 

 

09. NifMoのデータ通信専用格安SIMは海外在住者にもおすすめ

docomoのマイクロSIM

 

スマホのSIMは、ニフモのデータ通信専用SIMにした。

ぼくは海外で生活する時間が長いが日本でもすぐに携帯を使いたいので、海外にいる間も日本での契約をそのままにしている。

キャンペーンのおかげで毎月のネット維持費はたったの500円!

海外生活が長い人には格安SIMが断然おすすめだ。

 

 

 

10. ボリビアの電話&ネットSIM ENTELでウユニ塩湖なう

ボリビアで二ヶ月以上生活する予定なので、ボリビア国内で使えるSIMカードを購入し、スマホに挿入して使っている。

HuaweiのP9liteはSIMカードのスロットが2個ついているので、日本のニフモのSIMカードもそのまま入れたままにできる。

ボリビアのSIMカードを用意したおかげで、ウユニ塩湖の真ん中になる塩のホテルでもインターネットを使うことができるし、ボリビア人とも電話連絡することができる。

 

 

 

 

11. ベネズエラのテーブルマウンテンで役立つ蚊帳付きの帽子

パソコンで記事を執筆する宮崎

 

地味に便利だったのが、蚊帳付きの帽子だ。

ベネズエラのカナイマ国立公園内には「プリプリ」という凶悪な吸血虫が生息していたが、この蚊帳付きの帽子のおかげで被害を最小に食い止めることができた。

これからアマゾンに行く予定の冒険家には、Amazonでぜひ蚊帳付きの帽子を用意して欲しい。

 

 

 

12. ウユニ塩湖で役立つTHE NORTH FACEのダウン

車の上で記念撮影

 

ウユニ塩湖の星空ツアーは超寒いと聞いていたので、ボリビアの首都ラパスでTHE NORTH FACEのダウンを購入した。

おかげでウユニ塩湖の夜のツアーでも全然寒さを感じることはなかった。

写真映えを気にする人は、赤色や黄色などの目立つ色のダウンを着よう!

参考:【保存版】ウユニ塩湖ツアーで必ず役に立つおすすめ持ち物リストまとめ14選【鏡張り&星空&トリック写真の道具】

 

 

 

13. 自己啓発本の中でも一番おすすめ!夢をかなえるゾウ3

ぼくは自己啓発本が好きで片っ端から読んでいたが、夢をかなえるゾウシリーズが一番おすすめだ。

その夢をかなえるゾウシリーズの最新作が、「3ブラックガネーシャの教え」。

ぼくが青年海外協力隊になりその後フリーランサーとして独立できたのは、この本のおかげといっても過言ではないので、夢を叶えたい人にはぜひ読んでもらいたい。

 

 

 

14. Kindleで読んでいるヴィンランド・サガ全巻

これまでこのブログに漫画については一切書いてこなかったが、実は青年向け漫画は結構好き。

中でも今年ハマったのは、ヴィンランド・サガだ。

Kindleで1から16巻まで全巻購入し、読みふけっている。

途中から全然違うストーリーになってびっくりしたが、すごく面白いのでぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

15. 世界中を旅しながら働く必需品!クレジットカード2枚

楽天クレジットカード

 

青年海外協力隊時代にはパナマの銀行口座を持っていたが、 今は日本の口座しか持っていないので海外で生活するためにはクレジットカードが必須。

今年は楽天カードと三井住友カードの2種類を作成した。

どちらのカードもこれから海外旅行へ行く人にはおすすめだ。

参考:海外旅行中に日本の銀行口座からお金をおろす方法は、クレジットカードとネットバンクの併用がおすすめ!

参考:クレジットカードを作りたいニート自営業者へおすすめ!楽天Masterと三井住友VISAカードは審査に通りやすい

参考:3ヶ月以上海外を旅行する人へ!半年間の海外旅行の保険代10万円を無料にする秘訣は三井住友VISAクラシックカードA

 

 

以上の15個が、2015年に買って良かったモノ。

続いては、もらって役立ったものモノ5個を紹介しよう。。

 

 

2015年にもらって役立ったモノ5選

それでは、2015年にもらって役立ったモノ。

01. アウヤンテプイ・トレッキングにピッタリなGoPro

ロープ登りをGoproで撮影

 

ずっと欲しかったGoProを、長野市戸隠で活動中の地域おこし協力隊の栗原さんからプレゼントして頂いた。

ベネズエラのエンジェルホールがあるテーブルマウンテン・アウヤンテプイを5日間かけて登頂した時には、常に肩にGoProを装着して動画撮影を行った。

その動画を見返してみると、むちゃくちゃ楽しい!

 

GoProは写真以上に想い出を残してくれるので、世界中で動画を撮影しようと思う。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したらGoPro+3を頂いた!栗原さんありがとうございます

 

 

 

02. バックパッカー旅行に最適な大容量モバイルバッテリーEC Technology 22400mAh

登山で活躍したモバイルバッテリー

 

ヨウさんにもらった大容量モバイルバッテリーEC Technology 22400mAhは、バックパッカー旅行や登山で活躍してくれている。

これさえあればスマホの充電は一週間くらいまかなえるので、スマホを充電する場所がない長期のトレッキングツアーや夜行バスを乗り継ぐバックパッカー旅行に持って行くととても都合が良い。

スマホ、タブレット、デジカメのバッテリー、充電式乾電池などなんでも何回も充電できる。

電気が安定していない場所に住む青年海外協力隊や、アウトドアが好きな人にお勧めしたい。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したら3つもプレゼントが届いた!ヨウさんありがとうございます

 

 

 

03. 縦持ち撮影しやすくなるバッテリーグリップ

d750に外付けバッテリーを装着

 

福人くんにもらったバッテリーグリップはD750に付けている。

バッテリーグリップにはシャッターボタンが付いているので、カメラを「縦持ち」して撮影が超やりやすくなる。

メイドさんの写真を撮る

 

しかも、バッテリーをもう一つ入れられるし、乾電池もバッテリー代わりに使えるようになる。

しかも、しかも、リモコンまで付いているので遠隔でシャッターが押せる!

参考:Amazonのほしい物リストを公開したら大学生からプレゼントが届いた!福人さんありがとうございます

 

 

04. 何でもこれ一つで充電できるマルチ充電器

万能マルチ充電器

 

OKINOTEさんに頂いた「万能充電器」はもしもの時のバックアップに最適だ。

旅の最中に充電器が壊れてしまった場合、なくしてしまった場合にこれが一つあればどんな電子機器も充電できる。

携帯電話、デジカメ、GoPro、一眼レフカメラのバッテリー、充電式乾電池などなんでも充電できる。

いざという時のために一個持っておくと安心できる。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したら沖縄からプレゼントが届いた!OKINOTEさんありがとうございます

 

 

 

 

05. 木の皮でできたペモン族のふんどし

ふんどしカメラマン

 

ベネズエラのギアナ高地に暮らす少数民族ペモン族は、木の皮でできたふんどしが伝統衣装である。

これはぼくが滞在していた村で一緒に農作業をしていた男性から、村の滞在最終日にプレゼントしてもらったものだ。

農業技術を教えた感謝のしるしとして、彼らの民族衣装を頂けた。

ベネズエラのペモン族へ農業指導

 

嬉しくてさっそくふんどしを着用したら、ペモン族のみんなに超ウケていた(笑)

一緒に「レインスティック」という雨乞いに使う民族楽器と、ヤドクガエルの毒を塗って狩りに使う「弓矢」ももらった。

彼らとの関係性を深めるためにふんどしが役に立ったので、これからペモン族の集落に泊まり込む人にはぜひふんどしを使ってほしい。

参考:ふんどしウルルン滞在記!南米の少数民族の村で47日間農業を教え、テーブルマウンテンに登頂したよ

 

※ただし、ふんどしを着用するためには、ムダ毛処理が必須である

参考:アンダーヘアーをツルツルに剃って300日経過!海外のムダ毛・陰毛処理、脱毛方法を紹介

 

 

 

まとめ

以上の20個が、ぼくが2015年に買ったりもらったりして良かったモノだ。

振り返ってみると、だいたいがカメラ用品とサバイバルグッズだった。

今年は最初の半年間が青年海外協力隊で、少しだけ日本に滞在し、その後南米で働いているので主に途上国向けのアイテムばかりになったのだ。

途上国で生活する人やサバイバル生活が好きな人にはどれもお薦めできる物なので、気になる物があったらぜひ使ってみてほしい。

 

海外でフリーランサーとして働く方法

(1)すでに特別なスキルがある人は、海外で働くために無料会員登録できるDMM英会話で最低限の英会話を身につけよう。

(2)WEB系の能力がある人は、今すぐにフリーランスWebクリエイター大募集!【ギークスジョブ】に登録して、海外でも働く環境を整えよう。

(3)海外で働けるような特別なスキルがない人には、まずはネットで手軽にプログラミングが勉強できるオンライン・プログラミング学習を利用してスキルを獲得し、海外でも仕事が受託できるようになろう。

 

おすすめのアイテム記事

国際ボランティア生活の必需品!青年海外協力隊として途上国暮らしを始めた2014年に買って良かったもの5選

初めてヒッチハイクしたい旅人必読!日本(九州一周)と海外のヒッチハイク旅行で成功率が安全に倍増したコツと持ち物

現役ボランティアが教える!青年海外協力隊79個の持ち物リストとパソコン・スマホ情報

旅行の準備に!ダイソー・セリア・キャンドゥ100均(100円ショップ)で買える世界一周(海外旅行)に便利な持ち物グッズ

このブログで一番売れている本は○○!本と電子書籍の売上ランキングベスト10を公開します

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「ライフハック」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事