JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

【高級リゾートで節約旅】メキシコ・カンクンを100ペソで楽しむ方法!美味しくて安いタコス屋・無料ビーチへの行き方

      2017/05/21


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100ペソ

100ペソ(800円)で超高級リゾート地カンクンを楽しめるか?

ぼくは青年海外協力隊の任国外旅行の終盤に、メキシコの超高級リゾート地カンクンを訪れた。

カンクンはセレブなアメリカ人が休暇を過ごすことで有名な観光地で、高級リゾートホテルが立ち並び、物価が高いことで有名だ。

しかし、旅の終盤であったため、旅の資金が底を着きかけていた。

そこで「たった100ペソ(800円)で超高級リゾート地カンクンを楽しめるか?」を試してみた。

ルールは以下の3つ。

 

ルール1.所持金は100ペソだけ

所持金は、100ペソだけ。

100ペソ

現在のレート(2015年2月)だと、日本円でおよそ800円だ。

日本なら1食のランチを食べただけで、消えてしまう金額だ。

しかも、高級リゾート地カンクンのレストランでは、100ペソでは1食も食べられない!

 

ルール2.カンクンのセントロを出発して帰って来る

カンクンは、庶民が暮らすセントロ地区と、セレブが滞在するホテルがあるホテル地区の2か所に分かれている。

ぼくはセントロ地区の格安ホテルに滞在していたので、セントロを出発してセントロに帰って来ることにした。

 

ルール3.朝・昼・夜の三食きちんと食べる

お金を節約するために食事を我慢することは嫌だったので、三食きちんと食べることにした。

 

という訳で、上記3つのルールに従って、カンクンを100ペソで遊びつくすツアーが始まった。

スポンサーリンク

 

 

 

 

まずは、朝ご飯を食べよう!

まずはセントロ地区で朝ご飯を食べることにした。

メキシコの料理といえば、タコスだ!

そこで、安くて1個だけでお腹一杯になれるタコスを探した。

 

そして、見つけ出したのがこちらのお店「El Polilla(意味は蛾)」。

El Polilloは、セントロ地区のNadar通りにある。

朝9時頃に行くと、すでに地元民のお客さんで大繁盛していた。

カンクンのEl Polilla

このお店は「肉の煮込み料理専門店兼、立ち食いタコス屋」で、専門店ならではの超美味しい煮込み肉を使ったタコスが食べられる。

こちらで注文すると、店員さんが手のひら一杯の豚肉煮込みを、2枚重ねのトルティーヤの上に乗せてくれる。

カンクンの格安煮込み肉のタコス屋

ぼくが注文した「山盛り煮込み豚肉のタコス」は、1個15ペソ(120円)。

辛いサルサとライムを絞って食べる。

肉が大盛りのカンクンのタコス

どれくらい山盛りかというと、直径12cmほどのトルティーヤで挟むとはみ出てくるほどだ。

トルティーヤで挟めないほどの大盛りタコス

朝食には、1個食べれば十分だ。

 

■残金85ペソ(680円)

 

 

 

バスでカンクンのビーチに行こう!

朝食を食べたら、カンクンのホテル地区にあるビーチに行こう!

「カンクンのビーチは世界一美しい」と評されるほど、綺麗なビーチが広がっている。

ホテルに併設されているビーチはホテル宿泊客が使っているが、無料で使えるパブリックビーチが10か所も存在している。

こちらがホテル地区のパブリックビーチの場所を示す地図。

カンクンのパブリックビーチの地図

 

セントロ地区からホテル地区までは、路線バスが走っているので、バスを利用してパブリックビーチを目指そう。

バスのフロントガラスに「R1」もしくは「R2」と書いてある路線バスが、セントロ地区とホテル地区を往復している。

カンクンの路線バス

どこまで乗っても、バスの乗車賃は10ペソ(80円)だ。

セントロ地区から乗り、ホテル地区の「交番と消防署付近のバス停」で降りよう。

カンクンの交番と消防署

消防署の隣の道から、パブリックビーチ(Playa Marlin)に入ることが出来る。

このビルの手前の道に入って行こう。

パブリックビーチへの入り口

パブリックビーチを目指す地元民の後に続こう。

カンクンのパブリックビーチに行く方法

この通路を通ると、パブリックビーチ(Playa Marlin)に行くことが出来る。

カンクンのホテル地区のパブリックビーチに行く道

もう少しで、カンクンの無料ビーチに到着だ!

カンクンの無料ビーチPlaya Ballenas

ついに、世界一美しいカンクンの海岸に到着したー!

青い空、透き通る海、白い砂浜!!

カンクンの無料で楽しめる綺麗なビーチ

海の透明度と青さが素晴らしく綺麗だ。

カンクンのパブリックビーチ

海で泳いでもいいし、砂浜で遊んでもいい。

カンクンの白い砂浜

ホテルの前のビーチでも自由に遊ぶことが出来るが、パラソルやベンチを使うにはお金がかかる。

カンクンのホテル前のビーチ

一通り遊んだら、そのまま海岸を南に向かって歩いて行こう。

カンクンの絶景ビーチ

南に向かうと、ハードロック・ホテルの手前から道路に戻ることが出来る。

この辺りは「Playa Bellenas」というパブリックビーチだ。

ハードロック・ホテルの横の道路

 

■残金75ペソ(600円)

 

 

カンクンのホテル地区でお昼ご飯を食べよう!

海で遊んだ後は、お昼ご飯を食べよう。

せっかくビーチに来たのでシーフード料理が食べたいが、ホテル地区の高級レストランでは、一食で100ペソ(800円)以上する。

そこで、ホテル地区にある格安シーフード・タコス屋さんを探してみた。

 

見つけたのがこのお店。

カンクンのシーフードタコス屋

コンビニの駐車場の一角を利用している小さなタコス屋「Tacos de Mariscos(意味は魚介類タコス)」。

カンクンの魚介類タコスのお店

このタコス屋さんは、目の前にあるストーン・クラブで有名な高級シーフード料理レストラン「Crab House」の系列店だそうだ。

そのため、超美味しいシーフードタコスが格安で食べられる!

カンクンのクラブハウスの前のタコス屋

ここでは、ミックスシーフードタコスを注文した。

具材は魚、エビ、イカ、タコが乗って、なんと1個25ペソ(200円)。

カンクンのシーフードタコス屋のミックスタコス

魚、エビ、イカのフライと、煮込まれたタコが乗っていた。

そしてキャベツとタマネギ、マヨネーズソースがかかっていて、めちゃくちゃ美味しかった!

格安シーフードミックスタコス

 

■残金50ペソ(400円)

 

お昼ご飯を食べ終わったら、また路線バスに乗ってホテル地区の中心地へ行こう。

乗車賃は10ペソ(80円)。

カンクンのホテル地区を走る路線バス

 

■残金40ペソ(320円)

 

 

 

カンクンのホテル地区を観光しよう!

「Coco Bongo」というクラブの手前のバス停で降りよう。

カンクンの有名クラブCoco Bongo

Coco Bongoはカンクンで一番人気があるクラブである。

深夜には超盛り上がるらしい。

カンクンの夜のココボンゴ

周辺にはお土産屋さんがたくさんあるので、見て回るのも良いだろう。

カンクンのホテル地区のお土産屋

オシャレなカフェやレストランもたくさんある。

カンクンのホテル地区の商業施設

 

 

 

カンクンのビーチで、「メキシコ流ビール」を飲もう!

喉が乾いたら、ビーチでメキシコ流ビールを飲もう!

パブリックビーチ(Playa Gaviota azul)へは、ココボンゴの隣の道から入れる。

ココボンゴの隣を通るパブリックビーチへの道

ここのビーチも超キレイだし、人が多くて楽しい。

ココボンゴの隣のパブリックビーチ

近くのコンビニでキンキンに冷えた「Sol Clamato」を買おう。

値段は、1缶20ペソ(160円)だ。

カンクンのビーチでSol Clamato味を飲む

Clamato味とは、トマトジュースとタマネギ、トウガラシなどが入ったメキシコ流のビールである。

メキシコにはミチェラーダ(Michelada)というビール・カクテルがあるが、それに近い味がする。

メキシコのビールカクテル、ミチェラーダ

ミチェラーダには、チリソースやウスターソース、レモン果汁が入る。

日本人が知らずにビールだと思って飲むと吐き出してしまうと思うが、せっかくメキシコに来たのだから、思い切って飲んでみよう!

メキシコに行けない人のために、Clamatoビールの味を簡単に説明すると、「ビールにチゲ鍋の汁を入れた味」がする。

 

■残金20ペソ(160円)

 

ビールを飲み終わったら、路線バスに乗ってセントロ地区まで帰ろう。

乗車賃は10ペソ(80円)。

 

■残金10ペソ(80円)

 

 

 

セントロで夕飯「タコス・パストール」を食べよう!

セントロに戻ったら、夕飯にタコス・パストールを食べよう。

おすすめはパストールが2個が10ペソ(80円)で売っている「El Poblano(意味は田舎の)」。

セントロ地区に数店舗ある。

カンクンのタコス屋El Poblano

タコス・パストールとは、メキシコ人が夕飯に食べるタコスである。

メキシコ人は夕飯を軽めに済ませる習慣があるのだ。

香辛料に漬けこんだ薄切り豚肉を重ねて塊にして、大きなナイフでそぎ落としながら焼き、その肉を使ったタコスが「Tacos al Pastor」である。

日本だと、ケバブ屋のイメージが強いだろう。

肉の上にはパイナップルが刺さっているが、実はこれも後で重要になってくる。

タコス・パストールの豚肉を切る

これがメキシコ人の伝統的な夕食Tacos al Pastorだ。

細かく切ったパイナップルと一緒に食べるのが特徴。

カンクンのtacos al pastor

ジューシーで香辛料が効いた豚肉と、シャキシャキの野菜、そして辛いサルサがトルティーヤの中で一体となって、口の中を踊り出す!

1個40円とは思えないほど、うんまい!

 

■残金0ペソ(0円)

 

以上で、超高級リゾート地カンクンを100ペソ(800円)で楽しむツアーは終了だ。

見事に100ペソを使い切り、一日中楽しめた。

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

中南米でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com

まとめ

100ペソ(800円)だけで超高級リゾート地カンクンを楽しめるか試してみた。

■交通費30ペソ(240円)

■食費50ペソ(400円)

■ビール代20ペソ(160円)

三食ともタコスを食べても、どれも個性的で全然飽きることがなく、しかも400円と超安かったので、ぼくの中で「タコス最強説」が誕生した。

ちょうど100ペソで一日中カンクンを楽しめたので、高級リゾート地カンクンを節約して楽しみたい旅行者は、参考にしてみてほしい。

 

関連記事

海外旅行の航空券代・ホテル代・食費を節約する方法と裏技をバックパッカー歴5年のぼくが伝授します!

メキシコ・カンクン近くの綺麗なおすすめビーチランキング!イスラムヘーレス・コスメル島・プラヤデルカルメン・トゥルム遺跡

メキシコのLCC格安航空会社interjet(インテルジェット)の使い方と注意点・カンクン&コスタリカ編

メキシコ・カンクンのラーメン屋「火ろ屋」の鶏白湯魚介ラーメン&名物カラコル貝の刺身飯がうますぎた!

世界遺産で○○できる!?メキシコのトゥルム遺跡が欧米人旅行者に人気な秘密&カンクン・セノーテからの行き方

スペイン・中南米旅行で必ず役立つスペイン語例文フレーズ「トイレはどこ?いくらですか?日本人です」

中南米に2年間住んだぼくが初めてのラテンアメリカ旅行にパナマをおすすめする5つの理由

キシコシティのコロナビール直営のバーSalón Coronaの「コロナ黒生ビール」を飲まずに死んじゃダメ!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事