札幌移住フリーランスのインタビュー記事を公開

「カメラマンの窓口を開けておくこと」世界放浪の旅から帰国しフリーランス・カメラマンになったケンケンさんの道のり

今回はフリーランスのカメラマンをしているケンケンさんにインタビューを行いました。

  • カメラマンの仕事はどう?
  • どうやってカメラマンになったの?
  • カメラマンはどんなことが大変?

こんな疑問がある方は、ぜひ最後までお読みください。

ケンケンさんの紹介

まずはケンケンさんについて紹介します。

  • 名前 ヒロタ ケンジさん
  • あだ名 ケンケンさん
  • 年齢 42歳
  • 今の職業 フリーランスのカメラマン
  • 過去の職歴 会社員→世界放浪の旅→カメラマン

ケンケンさんの経歴です。

年代できごと
2013年8年勤めた会社を辞める
2014年一眼レフカメラを持って世界放浪の旅へ
2016年世界放浪の旅から帰国
千葉県富津市の金谷に移住
2017年50円出張カメラマンを始める
東北と北海道を旅する
2018年カメラマンとしての仕事が来るようになる
2020年房総半島の山奥へ移住

インタビューをする宮崎の経歴

インタビューを行う宮崎のプロフィールと経歴も紹介します。

  • 氏名 宮崎大輔(みやざきだいすけ)
  • 年齢 33歳
  • 職業 会社経営
  • 仕事 いちご農園の栽培、戦略、経営コンサルタント、家庭菜園YouTuberなど
年月できごと
1988年長野県の果樹農家に生まれる
2013年青年海外協力隊として中米パナマへ派遣
2015年日本へ帰国し、独立
2016年千葉県の金谷でケンケンさんと出会う
2018年家庭菜園系YouTuberを始める
2022年友人知人へインタビューを始める

では、ここからはオンラインで行ったインタビューの様子を紹介します。

カメラマンの仕事内容は?

宮崎
宮崎

カメラマンとしての最近の仕事内容を教えてもらえますか?

ケンケン
ケンケン

例えば最近は、マーケティングの会社から依頼を受けて、求人サイト用の撮影の仕事をしていますね。

栃木や埼玉へ行って、工場やオフィス、そこで働く従業員の方の撮影をしています。

ここ2年くらいは「働く人」を撮影することが多いですね

宮崎
宮崎

いろんな会社に行けるのは楽しそうですね!

過去にはどんな仕事をしたんですか?

ケンケン
ケンケン

こんな撮影の仕事をしてきました!

①プロフィール撮影

②結婚式の前撮り

③全国の純喫茶を巡ってクリームソーダを撮影

④全国の神社を巡って鳥居を撮影

⑤狛犬を撮影

何でも撮ってきましたね

得意な撮影ジャンルは何?

宮崎
宮崎

カメラマンの人はケンケンさんみたいに何でも撮影するものなんですか?

ケンケン
ケンケン

知り合いのカメラマンは得意なジャンルを持っていますね

そのカメラマンは料理写真が得意なので、料理写真の仕事がメインです。

でも料理写真しか撮らない訳ではなくて、料理写真以外の仕事もしています

宮崎
宮崎

そうなんですね!

ケンケンさんの得意ジャンルは何ですか?

ケンケン
ケンケン

僕の場合は他人からは「人物写真がいいね」と言われます。

ただ、自分としては人物写真はなかなか納得できないんですよ笑

自分の好きなジャンルは、旅先の風景写真です。

あとは純喫茶の内観を撮るのも好きですね〜

フリーランスのカメラマンの生活はどうですか?

宮崎
宮崎

カメラマンには会社員のカメラマンフリーランスのカメラマンがいますが、ケンケンさんは後者のフリーランスのカメラマンですよね。

フリーランスのカメラマンの生活はどうですか?

ケンケン
ケンケン

フリーランスだと月ごとに売上の上下が激しいですね。

例えば旅をしながら撮影する仕事を引き受けると、その旅の期間は他の仕事は一切できなくなります。

書籍の仕事だとその書籍が発売されてから撮影料が振り込まれるのですが、入金まで1年近くもかかったこともありました。

フリーランスだと仕事をしてから報酬を受け取るまでの期間が長い場合もありますし、収入も不安定ですね…

宮崎
宮崎

そのフリーランスの不安定さにはどう対策しているんですか?

ケンケン
ケンケン

月単位で右往左往しないことですね!

フリーランスは不安定が当たり前なので、メンタル的な筋力が鍛えられます。

私の場合は仕事がなくて暇なときには、自宅のDIYをして過ごしていますよ

人生で最も大切なものは?

宮崎
宮崎

その生活は向き・不向きがありそうですね…

ケンケンさんは収入が不安定なことは嫌ではないんですか?

ケンケン
ケンケン

私にとって最も大切なものは、安定した収入ではなく、時間的な自由です。

とにかく時間的な拘束や束縛されることが嫌なんです。

余白を開けておきたいんですよ

宮崎
宮崎

その価値観を持っているのはいつからですか?

ケンケン
ケンケン

会社員を辞めて、2014年から2年ほど世界放浪の旅をしたときですね。

「もう会社員には戻れないな…」と感じました。

会社員時代は平日勤務が当たり前だったので、会社を辞めた直後は罪悪感を感じたくらいです。

「平日の昼間からブラブラ歩いていて良いのか!?」と思いました笑

でも今は通勤すらできないですね…

宮崎
宮崎

世界放浪の旅で価値観が変わったんですね

カメラマンを目指したのはいつから?

宮崎
宮崎

ケンケンさんがカメラマンを目指したのはいつからですか?

ケンケン
ケンケン

世界放浪の旅の最中です。

でも、「どうすればカメラマンになれるのか?」はわからなかったんです。

そのまま2016年に帰国してしまい、悩む日々が続きました

宮崎
宮崎

なぜ帰国後に悩んだんですか?

ケンケン
ケンケン

夢が叶ってしまったからです。

やりたいことが世界放浪の旅だったので、もうそれが叶ってしまって。

次はどうしたらいいんだ…?」と半年くらい悩みました

カメラマンになる道は?

宮崎
宮崎

夢が叶ってしまったことで、次の目標を見失ったんですね。

その状態からどうやってカメラマンになったんですか?

ケンケン
ケンケン

友人が古民家で結婚式を挙げることになり、「その写真を撮影してよ」と頼まれたんです。

報酬はもらえないボランティアでしたが、初めての撮影依頼でした。

写真撮影で喜んでもらえたことで、「自分の写真には価値がある」と思えるようになりました

宮崎
宮崎

なるほど!

そして、カメラマンの仕事を始めたんですか?

ケンケン
ケンケン

いえ、そこから50円で出張して写真撮影をするサービスを始めました。

50円出張カメラマンです

宮崎
宮崎

50円!?

50円出張カメラマンとは?

宮崎
宮崎

50円出張カメラマンのサービスはどんな反響でしたか?

ケンケン
ケンケン

仕事の依頼がたくさん来ました

2017年の2〜3ヶ月で70件くらいの依頼が届きましたね

宮崎
宮崎

大人気ですね笑

でも、なぜ50円だったんですか?

ケンケン
ケンケン

当時、「50円で何でもやる」というホームレス小谷さんが話題になっていたんです。

そのカメラマン・バージョンをしようと考えました

宮崎
宮崎

ロールモデルになる人がいたんですね。

50円出張カメラマンはどんなサービス内容だったんですか?

ケンケン
ケンケン

撮影は2時間くらいで、交通費は別途もらっていました。

移動も合わせて半日くらいの時間を費やしましたね。

面白がってくれて、1万円をくれた人もいましたよ

宮崎
宮崎

半日働いて報酬が50円だと時給が10円以下ですが、生活は大丈夫だったんですか?

ケンケン
ケンケン

当時は千葉県富津市金谷に住んでいて、家賃が無料でシェアハウスに住めていたんです。

固定費を抑えられていたので、お金がマイナスにならなければ良いと考えていました。

50円出張カメラマンをして、とにかく撮影の経験を積みたかったんです。

やりたいことがなくてモヤモヤしていたので、「突破口がほしい!」という気持ちもありました

宮崎
宮崎

なるほど!

撮影の経験を積むために超格安で撮影していたんですね

ケンケン
ケンケン

ただ、貯金は少しずつ減り続けて、焦ってきました。

始めてから3ヶ月を過ぎた頃からしんどいと感じて、50円出張カメラマンはやめました…

50円出張カメラマンをやめてからは何をした?

宮崎
宮崎

50円出張カメラマンをやめてからは何をしたんですか?

ケンケン
ケンケン

金額を決めずにドネーション(募金)という形で、撮影の依頼者に撮影料を決めてもらうことにしました。

でも、そうしたら依頼がピタッと止まってしまったんです…

宮崎
宮崎

金額を決めるという行為はすごく大変な行為なので、お客さんにやらせるとサービスの離脱を招くらしいですね

ケンケン
ケンケン

貯金がドンドン減っていきました。

残り100万円、残り50万円、残り30万円…

焦ってきたので…

宮崎
宮崎

焦ってきたので…?

(転職活動かな?)

ケンケン
ケンケン

旅に出ることにしました!

宮崎
宮崎

なぜ?笑

東北と北海道を働きながら撮影しながら旅する

ケンケン
ケンケン

お金がないことを理由にしてやりたいことをやらないのは良くないと思ったからです。

所持金が3万円で、青春18きっぷを使って、東北から北海道を目指しました。

無料で滞在できる場所に泊まって、ボランティアをしました。

働きながらいろんな場所で写真を撮りましたね。

Twitterで写真撮影の仕事を募集して数万円を稼げたので、そのお金を使ってフェリーに乗って、北海道へ向かいました

宮崎
宮崎

冒険っぽい

ケンケン
ケンケン

北海道ではジャガイモ農家やタマネギ農家の家で、住み込みでアルバイトをしました。

旅人から季節労働者に変わったんです笑

写真を撮りながら、アルバイトと旅を続けました。

こんな生活を3〜4ヶ月続けて、旅をしながらついでに移住先を探していたんですが見つからず、金谷に帰ってきました

宮崎
宮崎

撮影&移住先探しの旅から帰宅したんですね。

ケンケンさんがさらに落ち込んでしまいそうで心配です…

突如カメラマンとしてのキャリアが始まる

ケンケン
ケンケン

旅から帰宅したら、なんと出版社から仕事の依頼が届きました!

全国の純喫茶を巡ってクリームソーダを撮影する仕事です。

これがカメラマンとしての初仕事でしたね。

2017年に依頼が来て、実際に仕事をしたのは2018年でした

宮崎
宮崎

おぉ!

ついにカメラマンとしてチャンスを掴んだんですね!

なぜ、出版社はケンケンさんに仕事を依頼したんですか?

ケンケン
ケンケン

僕のブログの世界放浪の旅の写真を見て、依頼してくれたそうです。

料理や風景などいろいろ撮れる人を探していて、僕を見つけてくれました

宮崎
宮崎

ブログがきっかけだったんですね!

ケンケン
ケンケン

そして、他にもカメラマンの仕事が来るようになりました!

いろんな写真の依頼が来るようになったのが、2018年です

宮崎
宮崎

なぜ、カメラマンの仕事が突然来るようになったんですか?

ケンケン
ケンケン

それは僕のことをカメラマンとして認知してくれたからだと思います。

カメラマン宣言をしてから1年くらいの時間が経っていました。

その間、TwitterやFacebookに写真を投稿していたので、それを見た知り合いが仕事の依頼をしてくれるようになりました。

知り合いには助けてもらいましたね。

知り合いから僕がカメラマンとして認知されるまで、1年くらいかかったんだと思います

宮崎
宮崎

仮にもしも、このときにカメラマンの仕事が来ていなかったら、どうしていたと思いますか?

ケンケン
ケンケン

カメラマンの仕事がなければ、アルバイトをしていたと思います。

例えば、当時は千葉県の役場が募集してた遺跡発掘のアルバイトをしていました。

会社員としての再就職は考えていなかったですね。

お金がなくても生きていける、どうにかなる!」と気がついたので

宮崎
宮崎

その考えは無敵ですね

ケンケン
ケンケン

2017年に最初の所持金3万円で旅を始めたことで、お金がなくても旅をしながら生きていけることを学びました。

お金の心配がクリアーできたんです!

「お金がなくても生きていける」と思っている状態で、仕事の依頼が来るようになり「①お金がなくても生きていけるけど、②さらにお金がある!」という状態になって最高でしたね

宮崎
宮崎

それは最高だ!

ケンケン
ケンケン

しかも全国の純喫茶を撮影する仕事は、僕の好きな旅をしながらお金がもらえるという仕事でした。

③旅をしながらお金がもらえるなんて、さらに最高ですよね!

車中泊をしながら撮影の仕事をして、「旅を仕事に」を実現した瞬間でした

宮崎
宮崎

今はコロナ禍なので状況が変わりましたが、コロナ前は「旅を仕事に」や「旅をしながら仕事を」という仕事や働き方が流行っていましたね

なぜニューヨーク・タイムズに写真が掲載された?

宮崎
宮崎

そういえば、ケンケンさんの写真がアメリカのニューヨーク・タイムズに掲載されたそうですが、なぜですか?

ケンケン
ケンケン

金谷に住んでいた頃に同じコミュニティにアメリカ人がいました。

その人から「祭りの風景や神輿の写真を撮ってくれ」と依頼されたんです。

そのアメリカ人は元ニューヨーク・タイムズの記者で、アメリカ人が日本の伝統的なお祭りを体験するという記事をニューヨーク・タイムズに寄稿しました。

その記事に私の写真が使われたんです

宮崎
宮崎

貴重な経験ですね!

時系列でいうと、どのタイミングだったんですか?

ケンケン
ケンケン

こんな感じです。

【2016年】2年間の世界放浪の旅から帰国、夢が叶って悩む

【2017年】50円出張カメラマンと東北北海道の旅をして、ニューヨーク・タイムズに写真が掲載

【2018年】純喫茶の仕事を行い、いろんな仕事が舞い込むようになる

カメラマンになりたい20〜30代の人へメッセージ

宮崎
宮崎

これからカメラマンになりたい20〜30代の人へメッセージをお願いします

ケンケン
ケンケン

僕はカメラマンを名乗っていますが、「カメラマンになるぞ!」とはなっていません。

持っているスキルの中でお金に変えられるものを活かそう!」と考えると、それが写真撮影でした。

なので、別に仕事がカメラマンじゃなくてもいいと思う自分もいます

宮崎
宮崎

ケンケンさんにとって、カメラマンは手段であって目的ではないんですね。

目的は時間に縛られない自由なライフスタイルを送ることで、そのための手段としてカメラマンをしていると。

ケンケン
ケンケン

そうですね、それからカメラマンは山奥暮らしにも合っていると思います。

通勤する必要がなくて場所に縛られないので。

しかも旅気分で出張しなら仕事ができるので、自分に合っています

宮崎
宮崎

天職ですね!

カメラマンの仕事を獲得するためには何が大切だと思いますか?

ケンケン
ケンケン

窓口を開けておくことだと思います。

「カメラマンをやっていて、仕事を募集している」といろんな人に伝えましょう

宮崎
宮崎

経験を積むために50円出張カメラマンはおすすめしますか?

ケンケン
ケンケン

50円出張カメラマンはおすすめしませんね笑

写真の価値を下げるな」という批判も受けたので。

僕自身はやってよかったと思いますが、安売りのしすぎも良くないですね

宮崎
宮崎

たしかに同業者の人から怒られそうですね

ケンケン
ケンケン

僕はカメラマンですが、文章を書く仕事をすることもありますし、動画編集の仕事もします。

固定概念に囚われず、思うように生きて欲しいですね

https://twitter.com/piroken1980/status/1329397858986913798

ケンケンさんに伺ったカメラマンの実体験まとめ

今回はフリーランスのカメラマンをしているケンケンさんに、カメラマンを始めた理由やその方法を教えてもらいました。

カメラマンになるまでの経緯や悩みなど、これからカメラマンになりたいと思っている人の参考になると思います。

YouTubeでも観れます

インタビューの様子はYouTubeでも観れます。

ラジオ感覚で何かをしながら聞いてみてください。

山奥暮らしの話も聞いてみた

ケンケンさんには、山奥暮らしの話についてもお話を伺いました。

ケンケンさんのブログやSNS

ケンケンさんのブログやSNSはこちらです。

ケンケンさんのブログ

https://hirokenji.com/

ケンケンさんのTwitter

ケンケンさんのInstagram

ケンケンさんのYouTube

他の人にもインタビューしています

他にもいろんな人にインタビューしています。