JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

ウユニ塩湖のレストラン情報!観光客におすすめの飲食店とローカルB級グルメ情報【美味しいリャマ肉バーベキュー】

      2017/03/03


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リャマ肉バーベキュー

ぼくは南米ボリビアのウユニ市に30日間滞在し、環境改善プロジェクトを実施している。

一ヶ月間もウユニに滞在しているので、ウユニ市の美味しくて安いレストランと不味くて高いレストランを把握できた。

特におすすめは「リャマ肉の炭火焼BBQ」なので、これからウユニ塩湖へ行こうとしている日本人旅行者には、ぜひウユニ塩湖名物リャマ肉バーベキューを食べてもらいたい。 

逆に駅前通りにある観光客向けのレストランは、Wi-Fiはあるが値段は高く味も不味いのでおすすめしない。

ウユニ塩湖ツアーに参加する観光客にはウユニ塩湖だけではなく、ウユニ市も楽しんでもらいたいので、今回はおすすめのB級グルメ情報を公開しよう。

スポンサーリンク

 

 

ウユニ市のおすすめB級グルメランキング

さっそくウユニ市のおすすめB級グルメをランキング形式で紹介しよう。

1位 サラダバー付きリャマ肉バーベキュー

今回は、いきなり第一位から紹介。

第一位はサラダバー付きリャマ肉バーベキュー。

リャマ肉バーベキュー

 

ウユニ駅の歩行者用の道を1分ほど進むとダカールラリーのモニュメントにぶつかる。

その前の大通り(RN5)を右手方向に通りを3本ほど通過して5分ほど歩くと、サラダバー付きリャマ肉バーベキューのお店が5軒ほど並んでいる。

すぐ手前にも似たお店があるが、それは観光客向けのバーベキューレストランで値段が高いのでおすすめしない。

お店は一階建ての民家のような雰囲気で観光客向けのレストランではなく、現地人向けの食堂だ。

営業時間は12時前後と17時半以降。

バーベキュー店

 

お店の前では炭火焼コーナーがあり、店の主人が鶏肉や牛肉、リャマ肉を焼いている。

メニューは①鶏肉、②牛肉(スペアリブか骨付きカルビ肉)、③リャマ肉(スペアリブか骨付きカルビ肉)、④ウインナーが基本。

スペアリブは「チューレタ」、骨付きカルビ肉は「コスティージャ」と呼ぶ。

バーベキューを焼く

 

気になるお値段は、リャマ肉のスペアリブが15ボリーバル(260円)、リャマ肉の骨付きカルビが20ボリーバル(347円)だ。

すべてのメニューに①ご飯と②フライドポテトと③サラダバーが付いているので、ボリューム満点で激安だ。

お店の入り口で注文しお金を支払い、サラダバーを取ってから席に着こう。

リャマ肉バーベキュー

 

 

こちらがサラダバー。

お店によって多少野菜の種類は異なるが、キャベツ、レタス、タマネギ、トマト、ニンジン、キュウリ、赤カブ、ニンジンが基本。

サラダバーの隣にお皿があるので、好きなだけよそってよい。

手前にある液体はドレッシングのように見えるが、実は肉用の唐辛子ソースなので間違えてかけないようにしよう。

サラダバー

 

お店によって多少肉の味付けやサラダバーの種類が違うが、システムは同じだ。

取り放題のサラダ

 

テーブルに塩とサラダ油と酢が置いてあるので、お好みでかけて食べよう。

肉が焼けて出てくるまでに5分ほどかかるので、野菜を食べて待っていよう。

ウユニ市に滞在中は野菜不足になりがちなので、ここのサラダバーは最高に嬉しい。

サラダ

 

お店によってはこんな感じ。

マヨネーズが置いてあるお店もある。

サラダ

 

 

こちらがリャマ肉の骨付きカルビ肉、見ての通り超巨大!!

牛肉や鶏肉も注文できるが、せっかくウユニ市に来たのならば「ウユニ塩湖名物のリャマ肉」を食べよう(勝手に名物認定しました)!!

観光客向けのレストランでもリャマ肉ステーキを食べられるが、値段が3倍くらいするし不味い。

現地人向けのバーベキュー店は値段が三分の一で、しかも美味しいので絶対におすすめする!

リャマ肉バーベキュー

 

 

こちらがリャマ肉のスペアリブ。

スペアリブの方が骨付きカルビよりも小さいが柔らかくて食べやすいので、女性におすすめ。

少しだけクセがあるがラム肉よりも食べやすい。

リャマ肉ステーキ

 

こちらはリャマ肉の骨付きカルビ肉。

ぼくはこのリャマ肉バーベキューにはまってしまい、二日に一回のペースで通っている。

ご飯の上に肉が乗っているので、ナイフとフォークで肉を切る時にご飯をこぼさないように注意しよう。

リャマ肉バーベキュー

 

このリャマ肉バーベキューのお店には、ビールは置いていない。

置いてあるのはコカ・コーラやファンタと、地元のジュースである。

CASCADAは「滝」という意味で、フルーツ果汁のジュース。

ウユニのジュース

 

Del Valleは「谷から」という意味で、こちらもフルーツ果汁のジュース。

炭酸入りもある。

ウユニのジュース

 

というわけで、ぼくが一番おすすめするウユニ市のB級グルメは、リャマ肉バーベキューである。

問題はバーベキューを扱う5軒ほどの店は、完全に現地人向けの食堂なのでスペイン語しか通じないことだ。

スペイン語を話せない人が行くと現地人の迷惑になるので、少しでもスペイン語を勉強してから行ってほしい。

参考:英語しか話せない旅人へ!中南米旅行で必ず役立つスペイン語フレーズまとめ【空港・レストラン・ナンパ】

 

 

 

2位 スープ・ご飯・メイン・パン・バナナ付きのセットメニュー

第二位は、アルムエルソとセナと呼ばれるセットメニュー。

アルムエルソとはスペイン語で「昼食」、セナは「夕食」という意味だが、、ボリビアでは「スープとご飯とメインとパンのセットメニュー」を意味している。

ちなみに、日本人のアルムエルソという発音だと通じないので、「アゥムエルソ」と発音しよう。

 

お昼の時間帯にはアルムエルソが提供され、夜にはセナが提供される。

ウユニ市内にはアルムエルソとセナを提供するレストランがたくさんあり、看板に「ALUMUERZO」や「CENA」と書いてあるので好きなお店を選ぼう。

値段は12ボリビアーノ(207円)から16ボリビアーノ(277円)ほど。

アルムエルソやセナを注文すると、まずはパンとスープが付いてくる。

スープ

 

ボリビアでは食事といえば、前菜のスープが欠かせない。

牛肉ダシのスープが一般的だが、たまにキヌアスープもある。

スープ

 

ご飯や芋が入っていることも多い。

スープ

 

マカロニスープも多い。

ウユニのスープ

 

こんな感じに提供される。

スープを食べ終わった頃に、メイン料理とご飯が提供される。

メイン料理は鶏肉や豚肉、牛肉から選ぶことになるので、スペイン語を勉強しておこう。

スープのランチ

 

このメイン料理は、牛肉焼き。

ご飯ではなくポテトサラダと一緒に出てきた。

焼き牛肉の昼食

 

これは牛肉煮込みとご飯。

スープを一皿飲んだ後なので、お腹が満腹になる。

牛肉煮込み



お店によってはデザートとしてバナナが提供されることがある。

これも食べると超満腹になる。

ランチについてくるバナナ

 

お店によっては料理をお持ち帰りにすることもできる。

その場合には「パラ・ジェバール・ポルファボール(お持ち帰りでお願いします。)」と言おう。

ウユニの市場の食堂弁当

 

アルムエルソとセナを提供しているお店は、ウユニ市中に点在している。

食堂や街はずれにある地元住民向けの食堂は、値段は安いがスペイン語しか通じない。

逆に駅前通りにある観光客向けのレストランは、値段が高く不味いが英語が通じるお店も多い。

どちらのレストランを利用してもよいが、せっかくなので片言のスペイン語を覚えてローカルのお店に行くことをおすすめしたい!

 

 

3位 鶏肉の丸焼き

第三位は鶏肉の丸焼き。

ウユニ市の街中にはこのような「鶏肉丸焼き窯」が置かれた食堂がある。

窯の中に入った鶏肉は自動的に少しずつ回転しながら、じっくりと丸焼きにされる。

ウユニ市の鳥の丸焼き

 

①一匹丸ごと、②半分、③四分の一からサイズが選べるが、通常は四分の一で十分だ。

半分は「メディオ」、四分の一は「クアルト」と言う。

ご飯とフライドポテトが必ず付いてくる。

鶏肉ソテー

 

下味がついているので、そのままで十分美味しい。

中南米のレストランでは、牛肉や豚肉料理は不味い可能性があるが、鶏肉は不味い可能性が低いので安全である。

鶏肉焼き定食

 

駅前通りの一本隣(駅から見て左手方向)には、鶏肉の丸焼き屋さんが4軒ほど並んでいる。

どこのお店もだいたい同じようなクオリティだ。

ウユニの鳥焼きランチ

 

 

値段は12ボリーバル(207円)くらい。

鶏焼きランチ

 

ウユニ市で食べる物に迷ったら、鶏肉の丸焼きを選んでおけば無難だろう。

値段も安いし不味い心配もない。

丸焼き窯を見ているのも楽しい。

 

 

 

4位 屋台のハンバーガーとチョリパパ

第4位は屋台のハンバーガー。

ウユニ市内には小型のキャビンで、ハンバーガーやチョリパパ(ウインナー&フライドポテト)を売っているおばちゃんがたくさんいる。

キャビンは駅前にもあるし、教会の隣にも何軒も並んでいる。

市場の近くでも路上販売しているおばあちゃんがいる。

 

例えば、この炙り豚肉のハンバーガーは、8ボリーバル(138円)くらい。

市場の前の肉バーガー

 

駅前通りのキャビンでも6ボリーバルのチョリパパや、8ボリーバルのハンバーガーが売っている。

小腹が空いた時のおやつやビールのつまみに最適である。

屋台のハンバーガー

 

とにかく食事を安く済ませたいときや、軽くすませたいときには、キャビンで売っているハンバーガーやチョリパパを利用しよう。

おばちゃんたちは夜遅くまで営業しているのも嬉しい。

 

 

 

5位 フライドチキン

第五位は、フライドチキン。

もはやフライドチキンはどこでも食べられるのでおすすめではないが、たまに恋しくなるときがあった。

駅前のダカールラリーのモニュメントの隣にフライドチキン屋さんがあり、いつでもフライドチキンが食べられる。

嬉しいことにサラダバー付き!

ウユニのランチ

 

値段は12ボリーバルくらい。

ボリビア料理に飽きたら、フライドチキンでも食べて気を紛らわそう。

 

 

 

 

6位 駅前通りの観光客向けのレストラン

最下位の第六位は、観光客向けのレストラン。

ウユニ駅前の通りに観光客向けのレストランが集まっていて、値段が高くて味が不味い。 

一品が50ボリーバル(865円)からという感じ。

 

これはボリビア名物のピケ・マチョ。

美味しいけど観光客向けにアレンジされていた。

ピケ・マチョ

 

ウユニ市には韓国人旅行者が多いので、韓国料理を提供するレストランが二軒ある。

日本人旅行者も韓国人に負けないほど多いが、日本料理を出すお店は一軒もない。

韓国料理を出すレストラン

 

駅前のレストランで食べたスパゲティは、お湯が切れていなくて茹で汁に浸かっていた。

ウユニのスパゲティ

 

唯一おすすめなのは、駅前通りの小屋で売っているハンバーガーとサンドイッチ。

値段は20ボリーバルほどするが、味は美味しい。

ウユニ市のサンドイッチ

 

小腹が空いたときにハンバーガーがお世話になった。

チーズバーガー

 

駅前通りのレストランでもハンバーガーが売っているが、30ボリーバル以上するのに全然美味しくない。

ハンバーガー

 

ウユニ駅前のレストラン街には観光客向けのお店しかなく、値段は高いが味は不味い。

英語が通じたり、Wi-Fiが使えたり、まともな接客を受けられるメリットはあるが、せっかくウユニに来たのだからぜひローカルレストランに言ってもらいたい。

ただし、飲食店でビールが飲めるのは観光客向けのレストランくらいなので、ビールが飲みたい人は駅前のレストランへ行こう。

 

 

 

 

【番外編】ウユニ市のおすすめスイーツ

ここからは、番外編のウユニ市で食べられるスイーツを紹介しよう。

駅から見て左斜め前に5分ほど歩くと、スイーツが売っている小屋が連なっている場所がある。

そこではフルーツシェイクやアイスクリーム、パフェを食べることができる。

 

これはマンゴーシェイク。

値段は3ボリーバルほど。

マンゴーシェイク

 

 

これはアイスクリーム。

3ボリーバル。

アイスクリーム

 

地元の子供や女性たちが集まってスイーツを楽しんでいるので、そこに混ざってみよう。

もう少し本格的なアイスクリーム屋さんが教会の斜め前にあるので、そこもおすすめだ。

 

 

 

【番外編2】ウユニで買えるお菓子

ここからは、ウユニ市で買えるお菓子を紹介しよう。

コカ・コーラ、ポテトチップス、チョコレートなど通常のお菓子は何でも売っているが、特におすすめしたいものを紹介する。

 

まずは、麦芽糖炭酸飲料のマルタ。

マルタは中南米とアフリカで販売されているソーダで、初めて飲んだ時には不味すぎてビビるが、5回くらい飲むと病みつきになってしまう飲み物だ。

参考:が、がまんできないっ!海外の麦芽糖ノンアルコールビール「マルタ(Malta)」中毒にご注意ください

マルタ

 

 

次は、カトゥンというチョコレート菓子。

「チョコレート味の小さな舌」という説明のお菓子で、かわいい猫ちゃんが目印。

日本にはないお菓子で、超美味しい!

チョコレート

 

 

最後は、リャマ肉ジャーキー。

香りは臭く、食感は硬いが、味は美味しい。

ビールのツマミにピッタリだ。

乾燥リャマ肉

 

 

クリスマスに路上で売っていた「ドゥルセ・デ・ヌエス(甘いクルミ)」。

見た目は完全にタコ焼きで笑った。

ウユニ風タコヤキ

 

 

ホットケーキのような味で、練乳をかけて食べる。

素朴な味。

ドゥルセデヌエス

 

 

 

黄色いのがボリビア名物サルテーニャ。

パイ生地の中に煮込みスープが入っていて、一口食べるとスープが溢れてくるので啜ってから食べよう。

小籠包のような食べ方が正解。

ボリビア名物サルテーニャ

 

 

 

【例外】ウユニ塩湖の塩で作った塩ラーメン

最後に例外として、ウユニ塩湖の塩で作った塩ラーメンを紹介しよう。

旅人育成団体タビイクツアーの参加者が、ウユニ塩湖の塩を使って塩ラーメンを作ってくれた。

インスタントラーメンではなく、鶏肉の足や野菜を二日間煮込んで出しを取った本格的な塩ラーメンで超美味しかった!

次はウユニ塩湖の塩で、ソルティドッグを作りたい。

塩ラーメン

 

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

中南米でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

 

まとめ

今回はウユニ市のおすすめB級グルメをランキング形式で紹介した。

1位 サラダバー付きリャマ肉バーベキュー

2位 スープ・ご飯・メイン・パン・バナナ付きのセットメニュー

3位 鶏肉の丸焼き

4位 屋台のハンバーガーとチョリパパ

5位 フライドチキン

6位 駅前通りの観光客向けのレストラン

これからウユニ塩湖へ行こうとしている日本人旅行者には、ぜひ参考にしてもらいたい!

 

ウユニ塩湖の関連記事

クラウドファンディングREADYFORで応援したいプロジェクトに募金する方法&ウユニ塩湖環境改善プロジェクトの宣伝

ラパスからウユニ塩湖へ行く方法は飛行機よりも夜行バスTodo Turismoがおすすめ!観光客専用だから安心・安全・快適

【保存版】ウユニ塩湖ツアーで必ず役に立つおすすめ持ち物リストまとめ14選【鏡張り&星空&トリック写真の道具】

カメラ好き必見!ウユニ塩湖ツアーで鏡張り・夕陽・星空・トリック写真を撮影する方法

100%行った気分になれる!穂高ツーリストのウユニ塩湖ツアーに3回参加して撮影した星空・鏡張り・トリック写真80枚を大公開

これが世界一美しい絶景?日本人旅行者に人気のウユニ塩湖の「汚い実態」を暴露します

緊急連絡!ダカールラリーが開催されるため1月7日、8日はウユニ塩湖に立ち入り禁止です

【ウユニ塩湖環境改善プロジェクト】大晦日にウユニ市で30名の日本人旅行者と「ゴミ拾いイベント」を開催しました

有料note【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技

ウユニに三ヶ月半滞在したことで、穂高ツーリストやブリサツアーズなどの旅行会社のツアーに参加したら見られない最高の星空と出会ってしまいました。

この裏技が広まると旅行会社に迷惑がかかりますし、新しいブームが起きてしまうのでnoteの有料記事にして限定的に公開します。

ウユニ塩湖で最高の星空を見たい人だけ見てください。

→ 【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技|note

【ご連絡】買う人が現れたのでそろそろ販売を中止します。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事