JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

THE JAVA HOUSEはケニアのスタバ!コーヒーが美味しくてWi-Fiが使えてノマドワークにぴったりなカフェ

      2017/03/22


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイロビJAVA HOUSEでノマドワーク

東アフリカのケニア共和国に住み始めて、二ヶ月が経過した。

今回の仕事は9月上旬までの予定なので、残りの滞在期間は二ヶ月ほど。

今はケニアの首都ナイロビ郊外のアパートに住み、ナイロビにある大学で仕事をしているのだが、家でも職場でもインターネットが使えなくて困っていた。

スマホにはケニアの通信会社SafaricomのSIMカードを入れているのでネットが使えるが、使い放題ではなくプリペイド式なので大きなデータ量通信はしたくない。

そこで無料Wi-Fiが使えるカフェを探していたところ「ジャバというカフェがいいよ」と教えて頂いた。

THE JAVA HOUSEはコーヒーが美味しいしWi-Fiが無料で使えて、まるでスターバックスコーヒーのようなカフェだった。

スタバのようにノートパソコンで長時間作業している人が多いので、ケニアでノマドワークしたい人におすすめだ。

そこで今回は、ケニアのジャバハウスを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

ケニアのカフェといえばTHE JAVA HOUSE

ケニアのカフェといえば、一番有名なのはTHE JAVA HOUSEだろう。

他にもArt CafeやDormans Cafeがある。

1.ケニアのジャバハウスとは

ナイロビJAVA HOUSEのロゴ

ジャバハウスの創業者はTara Cronbaugh氏。

1990年にカリフォルニア・バークレー大学を訪問した時に素敵なカフェを見つけて「なぜ、こんないい感じのコーヒーハウスがアイオワ市にはないの?」と自分自身に問いかけ、ジャバハウスのコンセプトが誕生した。

Java House founder Tara Cronbaugh first developed a passion for coffee, or more accurately, coffee house ambience, in 1990 during a visit to her brother at the University of California Berkeley. She was fascinated with how social yet relaxing it was to visit the locally-owned and unique establishments. “Why is there not such a coffeehouse in Iowa City?” she asked herself, and in a sorority room at the University of Iowa, the Java House concept was created.

During the summer of 1993, Tara traveled to Santa Monica and the San Francisco Bay area with her father and sister for a three-week coffeehouse expedition. During that time, they visited more than 50 coffeehouses, including a few where Tara was asked to leave because she was taking too many pictures and asking too many questions.

引用元:THE JAVA HOUSE – About

 

実はケニアのTHE JAVA HOUSEはアメリカ生まれのカフェで、1999年にケニアに一号店ができた。

In 1999, we introduced coffee drinking and gourmet café culture to Kenya. As we grew, we created more spots where people could enjoy the Java experience conveniently.

引用元:THE JAVA HOUSE Africa – Our Story

 

現在はケニアのNairobi(ナイロビ)、Naivasha(ナイバシャ)、Nakuru(ナクル)、Kisumu(キスム)、Mombasa(モンバサ)、Kampala(カムパラ)の各都市に店舗があり、ナイロビ市内のショッピングモールならどこでも入っていると思う。

2.ケニア人中間層と外国人に人気のカフェ

THE JAVA HOUSEを利用している客層は、ケニア人の中間層以上と外国人だ。

大学ではコーヒー1杯が100円くらいで飲めるが、ジャバハウスでは200円以上するので庶民にとっては高いお店だろう。

カフェの利用方法は様々で商談しているビジネスマンもいるし、友人とおしゃべりしている女性グループもいるし、黙々とパソコン作業をしている人もいる。

ぼくはジャバハウスでパソコン作業をしている時に、ケニア人美女からネットワークビジネスの勧誘を受けたことがある(笑)

ナイロビ郊外では外国人はほとんど見かけないが、ジャバハウスではアジア人や欧米人もよく見かける。

「ジャバる」と「ピヨる」を流行らせたいので、ぜひ使ってほしい。

※ジャバる

ケニア共和国でカフェTHE JAVA HOUSEに行くこと。

※ピヨる

パナマ共和国でフライドチキン店PIOPIOに行くこと。

 

3.JKIA空港のTHE JAVA HOUSEで起こった爆破事件

これだけ聞くとジャバカフェは日本のスタバと変わらないように聞こえるが、やはりアフリカのカフェだけあり物騒な事件も起きている。

二年前にはナイロビにあるジョモケニヤッタ国際空港にあるJAVA HOUSEで、爆弾による爆発テロ事件が起きているのだ。

イスラム過激派組織等によるテロ攻撃に対する注意喚起について

1月16日の夜間、ジョモケニヤッタ国際空港(JKIA)のJava Cafeで発生した爆発は、簡易爆弾による可能性が極めて高く、さらに同日夜間、シャウリ・モヨ地区(Shauri Moyo、イスリー地区の南方)で発見された銃撃を受けた放置車両、同車内から発見されたソマリア人男性死体及び簡易爆弾も、JKIAの爆発事件との関連性が疑われています。

引用元:在ケニア日本大使館

 

 

 

ジャバハウスはコーヒーも料理も美味しいし、Wi-Fiがあるからノマドワークに最適

それではぼくがナイロビでよく通っているジャバカフェを紹介しよう。

1.コーヒーが美味しい、特にカプチーノ系

ジャバカフェといえば、コーヒー類が充実している。

ドリップコーヒーはあまり美味しくないが、エスプレッソを使ったカプチーノ系は美味しい。

そこもスタバに似ていると思う(笑)

お値段は200円から400円くらいで、サイズがシングル・ダブル・トリプルから選べるがシングルサイズで十分。

ナイロビJAVA HOUSEのメニュー

ドリップコーヒーとブルーベリーマフィン。

「ストロベリーを使ったデザートが食べたい」と店員さんに話したら、「ストロベリーはないけど、ブルーベリーならある。同じようなもんだからそれでいいでしょ!」とごり押しされたやつ。

でも美味しかった。

ナイロビJAVA HOUSEのマフィンとコーヒー

カプチーノ系は美味しい。

小さなクッキーを付けてくれるのも嬉しい。

ナイロビJAVA HOUSEのカプチーノ

ストロベリーレモネードみたいなやつも爽やかで美味しかった。

断じてケチャップとハバネロは入っていない。

ナイロビJAVA HOUSEのストロベリージュース

一度頼んでみてほしいのが、巨大アイスコーヒー。

大ジョッキくらいの巨大なグラスに入って出てきた。

ナイロビJAVA HOUSEのアイスコーヒーは1リットル

ぼくのノートパソコンと同じ高さで、容量は1リットルくらいあった。

さすがに飲み切れなかった……

ナイロビJAVA HOUSEの巨大アイスコーヒー

 

2.料理が美味しい、特にサラダ

JAVA HOUSEは料理も美味しいよ。

ハンバーガーはバンズがイマイチだけど、パティとサラダは美味しい。

ナイロビJAVA HOUSEのハンバーガー

ステーキセット的なやつ。

牛肉ステーキとフライドポテトとサラダが付いてきて1,000円くらい。

ナイロビJAVA HOUSEのステーキとコーヒー

たまには美味しい物が食べたいよね。

お肉も美味しいけど、サラダが美味しいのが嬉しい。

ナイロビJAVA HOUSEのステーキ

 

3.Wi-Fiとコンセントがあるのでノマドワーカーにおすすめ

JAVA HOUSEには無料Wi-Fiがあり、パスワードを店員さんに聞けば使うことができる。

長時間パソコン作業をしてもいいようにコンセントがある席もあり、めちゃくちゃ便利!

ケニアでノマドワークしたい人は、ジャバカフェでお仕事しましょう。

ナイロビJAVA HOUSEでノマドワーク

 

 

まとめ

今回はケニアのジャバカフェを紹介した。

ジャバカフェはアメリカ発のコーヒーハウスチェーンで、ケニアの都市には必ずあるお店。

コーヒーも料理も美味しいし、Wi-Fiもあるのでノマドワークしたい人におすすめだ。

 

ケニアの関連記事

ケニアのナイロビ国立公園でサファリツアーに参加したのでライオンやサイ、キリンの写真を公開するよ

「ケニアで丸亀製麺の照り焼きチキンうどんが大ブーム!」という噂は本当か確かめてきた

【ケニア観光】ナイロビのジラフセンターでキリンとディープキスしてきたよ

ナイロビのワニ園マンバビレッジで教わった「ワニの正しい倒し方」を武井壮さんへ伝えたい

ナイロビの象の孤児院「シェルドリック動物孤児院」でミルクを飲む赤ちゃんゾウを見てきたよ

【今だけ】ホテルの宿泊料が2,000円引き!

朗報です、ホテル予約サイトBooking.comが特別セールを始めました!

今だけ、ホテルに宿泊すると2,000円分の特典がもらえます。

ぼくもさっそく沖縄旅行のホテルを一泊予約して、実質2,000円割引で宿泊できることになりました!

2,000円引きになるのは、この下のリンクからだけなので、ぜひお得に宿泊してください。

→ Booking.comの2,000円割引を受け取る

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事