JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

八幡屋磯五郎好きの長野県民あるある!おいしいのはおソパ?です。

      2015/12/26


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PB140027_857

タイトルを読んだだけでこの写真を思い浮かべることが出来る人間は、地球上を隅々まで探してもそうはいないはずだ。それは、二つの条件を満たす必要があるからだ。一つ目はスペイン語が理解出来ること、二つ目は長野県民であることだ。この条件を満たしている人間は、僕が何を書こうとしているかすでにわかっているはずだ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

まず、「おそぱ(sopa)」とはスペイン語でスープのことである。パナマでは豆のスープや「サンコーチョ」という鶏肉のスープが国民食になっていて、みんなスープが大好きである。僕もパナマ料理の中でサンコーチョが一番好きだ。サンコーチョには骨付きの鶏肉が入っているので、スープには超濃厚な鶏エキスが染み出していて、ニンニクやクラントロー(パクチー)、オレガノなどの香味野菜の香りが食欲をそそる。日本に住む日本人に作っても、大人気間違いなしだ。

P7170029_858

サンコーチョ!

 

次に、「『おいしいのは○○○です。』という言葉の○○○には何が入るでしょう?」と長野県民に尋ねたら、100%同じ答えが返って来るはずである。いや、こんな具合に120%の答えが返って来ると思う。

 

 

 

「おいしいのはお蕎麦です。 八幡屋磯五郎。」

  DSC_0088_856

 

長野県には八幡屋磯五郎という七味唐辛子屋があり、長年テレビCMを流しているのだが、そのCMの最後に登場するコピーが「おいしいのはお蕎麦です。」なのである。このCMを知らない長野県民は長野県民を名乗る資格がない、と言ってもいいほど長野県では超有名だ。ちなみに「使われない日もあります。」バージョンもあり、どちらも八幡屋磯五郎のホームページから視聴できるのでぜひ見て欲しい。長野県の気風を表した素晴らしいCMだ。

WS000070_859

 

根っからの長野っ子の僕は、もちろんパナマにも八幡屋磯五郎の七味唐辛子を持参した。善光寺がデザインされたブリキの缶がカッコイイ。長野県民の食卓には、八幡屋磯五郎の七味唐辛子が欠かせない。冬の寒さが厳しい長野県には七味唐辛子の辛い暖かさが欠かせないのだ。パナマ料理では辛味は 嫌われていて料理に唐辛子を使い機会は少ないが、七味唐辛子の誕生秘話を見るとパナマの山奥の集落でも生かせそうな商品開発の例である。

 

 

長野県では七味唐辛子を蕎麦にかけていたが、パナマではラーメンにかけている。辛味がないパナマ料理ばかり食べていると、無性に辛い食べ物が食べたくなるのだ。幸いにもパナマではインスタントラーメンが売っているので、小腹が空いたときに自分で作って食べているのだが、するとホストファミリーから「あら、スープを食べているのね」と声をかけられる。パナマではラーメンもスープに分類されるのだが、僕はそれに違和感を感じてしまう。日本食の中でラーメンが「ラーメン」というジャンルを形成していると気づいた。数ある日本食の中でも、ラーメンというジャンルの重要度はかなり高い。ラーメンより大切なものなどあるのだろうか、いやない。

 

 

本当に大切なものは、失ってから初めて気が付くものだ。今はまるで僕の心にぽっかりと空の丼が空いているようだ。

 

 

 

 

あぁ~ ラーメンが食べたい!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事