JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

合格率50%以下の難関テスト!青年海外協力隊の二次試験の人物判定面接で、JICA試験官(精神鑑定士)から受けた忘れられない質問

      2017/05/24


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの嫌いな人はどんな人ですか?」

こんな質問をいきなりされたら、あなたは何と答えるだろうか。

青年海外協力隊の二次試験の面接試験で、ぼくはいきなりこの質問をされた。

二次試験の面接では専門知識とボランティアについて聞かれるだけかと思っていたが、そうではなかったのだ。

青年海外協力隊の面接では人物鑑定もされている。

そこで今回は、青年海外協力隊の二次試験の面接について紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

青年海外協力隊の二次試験で受けた質問

ぼくは青年海外協力隊の二次試験の面接で受けた質問が衝撃的過ぎて、今でも忘れられない。

二次試験の面接のために対策をしていたが、この質問にはそれが全く通用しなかった。

それは「あなたの嫌いな人はどんな人ですか?」という質問だ。

「なぁんだ、普通じゃないか!?」と思うかもしれないが、ぜひあなたも面接を受けている気になって答えて欲しい。

ぼくはその面接でこう答えた。

 

「自分のことが正しいと思っていて、それを相手に押し付ける人が嫌いです」

 

その時期に、ちょうどそういう人との関係がうまくいってなかったから、そう答えた。

すると、面接官はこう言い放った。

 

 

 

 

なるほど。

では宮﨑大輔さん、

あなた自身がそういう人間だということですね。

 

青年海外協力隊として、

相手に自分の意見を押し付けて、

活動がうまくいくと思いますか?

 

 

 

予想外の返し方にぼくは固まってしまった。

 

まさか「あなたが嫌いな人は、あなた自身の欠点を示している」と指摘されるとは思っていなかった。

 

とにかく、面接官の「あなたの嫌いな人はどんな人ですか?」という質問とそれに対する「では、あなたはそういう人間なんですね」というツッコミが衝撃的過ぎて、今でも忘れられない。

 

 

 

人物判定の面接

これは青年海外協力隊の二次試験で受けた「人物判定」と「技術判定」という二種類の面接のうち、人物判定面接で受けた質問だ。

その試験官は実は精神鑑定士らしく、受験者の精神を鑑定するらしい。

おそらく嫌いな人を尋ねた質問もその目的で、さらにそれに対する反応もチェックされていたと思う。

 

なぜなら、試験中ずっと面接官はぼくの目を凝視し続けていたからだ。

メモを取る時でさえ、手元を見ずにペンを走らせていて、怖かった。

精神に問題があるとみなされると落とされるので、どうやらぼくは問題がなかったらしい。

青年海外協力隊は発展途上国で二年間も暮らすという稀な条件を体験するので、精神的なストレスで心の病気になってしまうことがある。

 

精神的な問題で日本に一時帰国したり、途中で辞退したり、酷いと自殺する隊員もいる。

参考:自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難?青年海外協力隊の問題・実態10個

そのような事例を減らすために、二次試験で精神鑑定を行うのだろう。

そして、この面接では対策が通用しない。

人物判定のプロに見抜かれてしまうからだ。

 

 

技術判定の面接

二次試験では技術判定の面接もあり、ぼくは野菜栽培に関する技術面接を受けた。

技術判定の面接では、3名の専門家が面接官を務めていて、うち一人は東京農業大学の教授だった。

その教授とは、のちにぼくの母校の信州大学で再会することになる。

農学の世間はせまい。

 

面接での質問は農業経験に関するものや、「こんなときあなたならどうする?」というような質問、熱帯という気候の農業に関する質問など難解なものがあった。

これらの質問に答えるためには大学の農学部で農業全般の勉強をして、さらに農業に関わる研究をして専門性を身につけた人で、さらにさらに「熱帯農業」や「発展途上国の農業」の勉強をした人じゃないと答えられない。

参考:家庭菜園をしたい人、農業の勉強をしたい人が絶対に読むべき厳選7記事

参考:農業関係者へ!国内と海外の農場視察をする時に注意すべき3点

学校菜園のセロリ

 

しかし、はっきりいってぼくの受け答えは100点満点だったと思う。

ぼくは実家が農家で、野菜栽培に関する農学修士を持っていたし、さらに青年海外協力隊事情にも詳しい熱帯農業の専門家から、事前に面接対策を教えてもらっていた。

その専門家から教えてもらった質問が面接でも出てきて、難なく答えることができた。

参考:ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。

要するに二次試験対策が必須だが、これについてはまたまとめようと思う。

 

 

青年海外協力隊の二次試験

ぼくが青年海外協力隊を受けた時の野菜栽培の二次試験の突破率は、わずか50%以下だった。

それは人物判定で落とされたのか、技術判定で落とされたのかはわからないが、書類審査である一次試験を突破した半分以上の受験生が二次試験で落とされた。

 

これから青年海外協力隊を受ける人は、二次試験対策も力を入れた方がいいと思う。

参考:JICAボランティアになりたいなら、採用試験を受ける前にググりなさい!

 

職種にもよると思うが野菜栽培の場合は「面接くらいなんとかなるでしょ!?」ではたぶん通らない。

これから青年海外協力隊を受験する人には、二次試験対策に励んで欲しい。

 

【追記】青年海外協力隊についてガチで詳しく解説しよう

青年海外協力隊について、経験者がガチで詳しく解説する記事を書いた。

青年海外協力隊に興味がある人には、ぜひ一度読んでほしい。

参考:JICA青年海外協力隊とは?ボランティア経験者がガチで徹底的に解説する

 

 

本気で青年海外協力隊になりたい人が読むべき記事まとめ

本気で青年海外協力隊になりたい人のために参考になる記事をまとめた。

青年海外協力隊になりたい人は、必ずこの記事を全部読んでほしい!

→ 青年海外協力隊になりたい人が絶対に読むべき厳選記事

→ JICAボランティアの派遣前訓練の記事一覧

→  JICAボランティアの実態・給料の記事一覧

→ 青年海外協力隊の参考本の記事一覧

→ 青年海外協力隊の恋愛の記事一覧

 

青年海外協力隊から日本帰国後の再就職に不安がある人へ

青年海外協力隊の任期終了後に日本へ帰国してから、再就職できるか不安な人はこちらの記事を読んで欲しい。

→ 青年海外協力隊が帰国後再就職を成功させる方法!転職漫画エンゼルバンクを読んで転職サイトに登録しよう

→ 海外で働きたいなら必見!リクルートエージェントに登録したら海外の求人・転職情報が500件も見つかったよ

 

このブログに初めて訪問した方へ厳選10記事

このブログを始めて訪問した方は、こちらの厳選10記事を読んで下さい。

→ 初訪問の方に!JIBURi.comで最初に読んで欲しい10個の厳選記事

 

青年海外協力隊になりたい人が読むべき本

青年海外協力隊になりたい人が読むべき本を紹介しよう。

これからJICAボランティアを受験しようと考えている人は、事前に国際協力に関する本を熟読し理解を深めてほしい。

参考:青年海外協力隊が夢という人に!必ず国際ボランティア活動の役に立つおすすめの25冊の本

参考:国際協力の参考資料!青年海外協力隊が3回以上読み返したお薦めの本と電子図書29冊

参考:ボランティアの参考書!青年海外協力隊が2014年にKindleで読んだ19冊の電子書籍

参考:途上国の人々との話し方を読んで、青年海外協力隊として8カ月間メタファシリテーションを試みた。

参考:開発フィールドワーカーは農村で活動する青年海外協力隊が読むべき本

 

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事