JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

READYFORは募金じゃない!?ウユニ塩湖クラウドファンディング3日目の結果報告とリターンの魅力を紹介します!

      2016/06/17


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウユニ塩湖クラウドファンディング3日目の結果

 

1月21日からREADYFORでクラウドファンディングを始め三日が過ぎたので、結果を報告しよう。

三日間でFacebookのいいね!が1080回あり、69名から67万6千円の募金をしていただき、目標金額に対する達成率は67.6%になった。

募金やシェアにご協力してくれた皆さん、ありがとうございます!

また、わかりやすく伝えるために「募金」という表現を使っているが、READYFORでは正しくは「リターン購入」という。

そこで今回は、三日間の結果報告と募金とリターン購入の何が違うのかをリターンの魅力と合わせて紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

クラウドファンディング三日間の結果報告

1月21日9時からREADYFORでクラウドファンディングを始めた。

ちょうど三日が過ぎたので、クラウドファンディングの進捗状況を紹介しよう。

1.ウユニ塩湖環境改善プロジェクトとは?

クラウドファンディング

ぼくたちが始めたのは、「世界一の絶景ウユニ塩湖の環境を守るためバイオトイレを作りたい」というプロジェクトだ。

READYFORはクラウドファンディングサイトとしては日本最大級で、目標金額に達しない場合には全額返金しなければいけないという厳しいルールがある。

プロジェクトについての詳細は、READYFORのページと過去記事を読んでもらいたい。

参考:世界一の絶景ウユニ塩湖の環境を守るためバイオトイレを作りたい|READYFOR

参考:これが世界一美しい絶景?日本人旅行者に人気のウユニ塩湖の「汚い実態」を暴露します

参考:【ウユニ塩湖環境改善プロジェクト】大晦日にウユニ市で30名の日本人旅行者と「ゴミ拾いイベント」を開催しました

参考:クラウドファンディングREADYFORで応援したいプロジェクトに募金する方法&ウユニ塩湖環境改善プロジェクトの宣伝

 

2.クラウドファンディング三日目の結果報告

ウユニ塩湖クラウドファンディング3日目の結果

1月21日から始めたクラウドファンディングは、三日が過ぎた。

ここまでの状況を説明しよう。

・Facebookのいいね!:1080回

・リターンを購入してくれた人:69名

・募金額:67万6千円

・目標金額の達成率:67.6%

※READYFORのページでは、銀行振り込みの一部がまだ反映されていない

 

Facebookのシェアや募金に協力してくれた皆さん、本当にありがとうございます!!

おかげさまで三日間で、67万円6千円の募金が集まった。

個人の皆さまだけでなく、青年海外協力協会(JOCA)や長野県協力隊OB会などの団体にも協力して頂いている。

 

3.100万に達しないと全額返金しなければいけません

皆様のご支援のおかげで67万円6千円の募金が集まったが、このままでは全額返金しなければいけない。

なぜかというと、READYFORでは「目標金額に1円でも届かなかったら全額返金する」というルールがあるからだ。

そのため、今回のプロジェクトの支援金は、0円か100万円のどちらかである。

100万円の募金を受け取り、ウユニ塩湖の環境を守るためにはあと「32万4千円」が必要である。

READYFORの募金額の平均額は「1万円」なので、あと33名の支援者が集まれば目標を達成できる計算になる。

どうか、こちらからご支援をお願いしますm(__)m

→ 世界一の絶景ウユニ塩湖の環境を守るためバイオトイレを作りたい

 

 

 

 

募金じゃない!?購入型クラウドファンディング「リターン」の魅力を紹介

ここまでぼくは「募金」という表現を使ってきたが、READYFORでは正しくは「リターン購入」と呼んでいる。

募金とリターン購入の違いを説明しよう。

1.READYFORのクラウドファンディングは「募金」ではない

8

クラウドファンディングには「購入型」「寄付型」「金融型」という3つの種類があり、READYFORは募金額に応じてリターンを提供するので購入型に分類される。

実は募金というよりも、先行販売や事前購入に近いのだ。

購入型クラウドファンディングとは、ファン(支援者)がプロジェクトへ出資することで、そのリターンとして支援金額に応じた金銭以外の商品やサービスが手に入る、というタイプです。

勿論、クラウドファンディングは、プロジェクトが成功してから商品の制作やサービスの提供を行うため、いわゆる先行販売(事前購入)というカタチに近いです。

引用元:クラウドファンディングの3つの種類「購入型」「寄付型」「金融型」の違いと特徴

 

 

2.リターンの魅力を紹介します!

ぼくたちのウユニ塩湖プロジェクトでも、支援額に応じて6種類のリターンを用意している。

そこでリターンの魅力を紹介しよう。

(0)ブログに名前の掲載とサンクスメール

logo-jiburi

3000円の支援者には、このブログにお名前を掲載し、サンクスメールを送ることになっている。

このリターンはモノやサービスを提供するものではないが、一番お手軽に支援してもらうために設定した。

 

(1)ウユニ塩湖のアロマ塩

READYFORの平均募金額である一万円の募金者には、3000円のリターンの他に「アロマ塩とキヌアクッキーを送る」ことになっている。

こちらがウユニ塩湖の塩でできたアロマ塩。

いろんな匂いがあり、女性に人気だ。

塩グッズ

 

もう少し大きいお風呂用アロマ塩もあり、こちらも香りの種類がたくさんある。

お風呂用の塩

 

ちなみに「ウユニ塩湖の塩入りチョコレート」も売っているので、おみやげにピッタリだ。

塩チョコレート

 

 

(2)キヌア商品

一万円の支援者には、キヌア商品を送る予定。

キヌアとは日本で大ブームが起きている雑穀で(正確には雑穀ではないが)、栄養バランスが素晴らしいので「スーパーフード」と呼ばれている。

キヌア

 

キヌアはボリビアが原産国なので、ボリビア人の食卓には欠かせない食べ物だ。

ボリビアではスープに入れたり、ご飯のように炊いて食べるのが一般的で、ポップキヌアはヨーグルトと和えても美味しいそうだ。

キヌア

 

こちらがキヌアクッキー。

キヌアだけのシリアルやチョコレート入り、塩味などいろんな種類のキヌアクッキーが売っている。

キヌアクッキー

 

 

(3)少数民族のフェアトレード商品

3万円の支援者には1万円のリターンの他に、少数民族のフェアトレード商品を送る。

ボリビアは少数民族が集まってできている国家で、たくさんの少数民族が生活している。

ラパスの路上

 

他の中南米諸国と比べても少数民族の割合が多いので、今でも少数民族の文化が残っておりとても面白い国だ。

ボリビアの幸運人形

 

 

その代わりボリビアは「南米最貧国」で、子供の物乞いや路上生活者がたくさんいる。

少数民族の所得向上のために活動している団体がいくつかあり、フェアトレード商品の販売を通して少数民族の女性を支援している。

ウユニのフェアトレード商品

 

その少数民族の女性支援グループが販売しているフェアトレード商品を送る。

例えば、このようなフェルト生地のかわいいアイテム。

フェアトレード商品

 

帽子や手袋などの防寒グッズもある。

もちろんすべてが少数民族の女性による手作り商品だ。

ボリビアのフェアトレード商品

 

お財布や小銭入れもある。

普通のお土産よりも値段は高いが、その分女性への支援になる。

フェアトレード商品

 

ちなみにぼくはこの小銭入れを使っている。

かわいくない?

フェアトレード商品

ボリビアではたくさんのお土産が売っているが、実はそれらは中南米諸国ならどこでも売っているような大量生産商品である。

大きな企業が製造し、中南米の各国に販売しているのだろう。

 

(4)絶景写真集

5万円の募金をしてくれた人には、3万円のリターンの他に「絶景写真集」を送る。

ウユニ塩湖で撮影した綺麗な写真を中心にする予定だ。

例えば、ウユニ塩湖の星空。

ウユニ塩湖の星空

 

ウユニ塩湖の朝焼け。

ウユニ塩湖の初日の出

 

ウユニ塩湖の朝。

ウユニ塩湖の朝焼け

 

ウユニ塩湖。

ウユニ塩湖の塩

 

ウユニ塩湖の星空。

ウユニ塩湖の星空

 

ウユニ塩湖の朝。

朝焼けに包まれるウユニ塩湖

 

これも朝。

日の出前の鏡張りウユニ塩湖

 

 

綺麗な写真だけはなく、ごみ問題の写真やバイオトイレ建設の様子も含める予定だ。

列車の墓場のゴミ

 

(5)100%アルパカセーター

10万円の支援者には、5万円のリターンに加えて100%アルパカセーターを送り、ウユニ塩湖まで来た場合にはガイドを行う。

ボリビア名物といえばアルパカで、アルパカの毛を使ったセーターの人気は高い。

お土産屋さんに行けばどこでも100%アルパカセーターと書かれたセーターが売っているが、実はほとんどすべてが偽物である。

ラテン諸国では「売るためなら嘘をついても許される」という考えがあり、ほとんどアルパカの毛が含まれていないセーターもアルパカセーターとして売られている。

そのため、信用できるお店で高品質のアルパカセーターを購入する予定だ。

 

(6)ガイド・通訳・カメラマン

ウユニ塩湖まで来て頂ければ、ウユニ塩湖のガイドを行う。

塩湖ツアーはもちろん、バイオトイレ建設やごみ問題の改善活動にも参加して頂ける。

ウユニ塩湖の調査

 

経験豊富で腕が確かなドライバーを手配できる。

ボリビア人ドライバーと記念撮影

 

写真撮影もお任せください。

望遠レンズで撮影

 

なんなら、ふんどしで撮影も可能。

宮崎大輔プロフィール

 

 

3.ぜひリターンを購入してください!

このようにウユニ塩湖プロジェクトでは、魅力的なリターンを用意しているのでぜひ購入して欲しい。

3000円の支援ではブログに名前を記載してサンクスメールを送るだけになってしまうが、一万円以上のリターンを購入して頂ければウユニ塩湖関連商品を送ることができるので、間接的にウユニ市民への支援にもつながる。

READYFORの支援額の平均は一万円だそうで、ぼくたちのプロジェクトでも一万円のリターン購入が人気。

目標金額までは32万4千円が不足しているので、ぜひご支援をお願いします。

 

 

 

まとめ

ウユニ塩湖プロジェクトがクラウドファンディングを始めてから三日が過ぎたので、結果を報告した。

69名から67万6千円の募金をして頂けて、本当に感謝しています!!

ありがとうございますm(__)m

ウユニ塩湖関係の魅力的なリターンを用意しているので、ぜひリターンを購入してください。

引き続きご支援をお願いします。

 

こちらからREADYFORのプロジェクトページへ行けますよ!

→ 世界一の絶景ウユニ塩湖の環境を守るためバイオトイレを作りたい

 

ウユニ塩湖の関連本

若者が旅をする文化を作る団体TABIPPOが作ったウユニ塩湖写真集。

 

TABIPPOが作成したウユニ塩湖のガイドブック。

 

人気映像アーティストの旅する鈴木さんが作成したウユニ塩湖の写真集。

 

ウユニ塩湖の絶景写真と名言集。

 

 

関連記事

ウユニ塩湖クラウドファンディング一日目の結果報告!プロジェクトを支援してくれた皆様ありがとうございます

青年海外協力隊OBのぼくがREADYFORでクラウドファンディングに挑戦する3つの理由

クラウドファンディングREADYFORで応援したいプロジェクトに募金する方法&ウユニ塩湖環境改善プロジェクトの宣伝

【ウユニ塩湖環境改善プロジェクト】大晦日にウユニ市で30名の日本人旅行者と「ゴミ拾いイベント」を開催しました

有料note【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技

ウユニに三ヶ月半滞在したことで、穂高ツーリストやブリサツアーズなどの旅行会社のツアーに参加したら見られない最高の星空と出会ってしまいました。

この裏技が広まると旅行会社に迷惑がかかりますし、新しいブームが起きてしまうのでnoteの有料記事にして限定的に公開します。

ウユニ塩湖で最高の星空を見たい人だけ見てください。

→ 【本当は教えたくない】ウユニ塩湖で最高の星空を超格安で撮影する裏技|note

【ご連絡】買う人が現れたのでそろそろ販売を中止します。

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事