JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

Nikon用純正ストロボSB-700、910とNISSINのDi600、Di866Ⅱを比較!使用口コミレビューと写真作例【Cactusトランシーバーも追加購入】

      2017/01/17


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterをフォローしてください

Twitterアカウント@JIBURlをぜひフォローしてください。現在フォローワー数7,500人

LINEモバイルが3月31日まで超お得なキャンペーン中

格安SIMのLINEモバイルが3月31日まで「3ヶ月間無料・9GBプレゼントキャンペーン」をしているので、今なら超お得に乗り換えられます。詳細はここ→  格安スマホはLINEモバイルが最強

ストロボをつけた一眼レフカメラ

「外付けストロボっているの?」と思っていたが、ついに生まれて初めて一眼レフカメラ用のストロボを買った。

フルサイズ一眼レフカメラと大三元標準ズームレンズが手に入り、おおよその機材は揃ったのでその他のカメラ機材を集めることにした。

「写真撮影がうまくなりたいなら、ライティングをマスターすべし」という格言に従って、ストロボを買うことにした。

外付けストロボの情報を集めてみると、Nikonの純正品以外にもサードパーティーが何社もあって、どれを買えばいいのかわからなくて困った。

そこで今回は、ぼくがストロボを買う時に参考にした情報と、実際に購入したNISSINのDi600について紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

初めて一眼レフカメラ用のストロボを買ったよ

生まれて初めて一眼レフカメラ用のストロボを買ったので、買うに至った経緯や悩んだストロボの候補をご紹介しよう。

1.フルサイズ一眼レフカメラと大経口標準ズームレンズは揃った

カメラ機材を少しずつ買いそろえている。

今のところ、ニコンのフルサイズ一眼レフカメラD750と大経口標準ズームレンズ24-70mm F2.8をメインで使っている。

Nikonのフルサイズ一眼レフカメラD750

NikonのD750はフルサイズ一眼レフカメラの割に軽量で、グリップが深くて持ちやすいし、バリアングル液晶は便利。

 

NIKKOR 大三元 24-70mm F2.8

NIKKORの標準ズームレンズ24-70mm F2.8は通称「大三元」と呼ばれていて、とても綺麗に写るレンズ。

ぼくが使っているのは、手振れ補正(VR)が付いた最新モデルではない。

 

2.ストロボを覚えると写真撮影が面白くなるらしい

カメラとレンズは揃ったので、あとは撮影テクニックを身につけるだけ。 

できるだけカメラを持ち歩くようにして、撮影頻度を増やしている。

カメラ雑誌や本、ネット記事を読んで勉強してみると、「ストロボを使ったライティングを覚えるべき」と書いてあった。

ストロボに関する電子書籍も買って読んでみると、確かにストロボを使った撮影は面白そう。

というわけで、生まれて初めてストロボを買うことにした。

 

3.Nikonの純正スピードライトSB-700とSB-910、NISSINのDi866 MARK IIも候補だった

初めてストロボを買うにあたって、選択肢になった候補たちを紹介しよう。

ガイドナンバー(GN)と呼ばれる数値でストロボの発光量を示すので、その数値が大きいほど強い光を出せるそうだ。

(1)NikonのSB-700:GN28,38

Nikonの一眼レフカメラを使っている人ならば、最初に候補になるのはSB-700だろう。

Nikonのストロボの中では、「サイズは中、発光量も中、値段も中」なので無難な一台。

ガイドナンバー(発光量)は35mm時が28、120mm時が38。

首の角度が買えられるのでバウンス発光もできるし、Nikonの純正製品なのでなんといっても安心感が最強。

Amazonの値段は、3万8千円くらい。

 

(2)NikonのSB-910:GN34,48

SB-700の上位機種がSB-910。

発光量が大きくなるが、サイズも一回り大型化するので持ち運びには不便。

ガイドナンバー(発光量)は、34(ISO 100・m)/48(ISO 200・m)。

Nikonのストロボの中では新商品の「SB-5000」に次いで高価なストロボ。

Amazonの値段は、6万円くらい。

 

(3)NISSINのDi866 MARK II:GN40,60

NISSINというストロボメーカーが出しているDiシリーズの評判が良かったので、こちらも候補に挙がった。

だって、Nikonの純正スピードライトは4万円か6万円もして高くない?

 

NISSINのストロボで最強なのは、Di866 MARK2。

ガイドナンバー(発光量)は、ISO100・mで最大GN:60(105mm) 、40(35mm) 、31(24mm) 。

発光量はNikonのSB-910よりも大きい。

Amazonの値段は、3万3千円。

メリットは値段が安く発光量も大きいことで、デメリットはサイズが大きいし純正品ではないこと。

 

もちろんキヤノン用も売っている。

 

(4)NISSINのDi600:GN32,44

NISSINのDi866 MARK2の下位バージョンが、Di600。

ガイドナンバー44(ISO100)、32(ISO100)でSB910と同じくらい。

サイズもSB910と同じくらいで持ち運べる大きさ。

Amazonの値段は、1万7千円くらい。

 

キヤノン用も同様。

 

(5)ストロボ比較まとめ

4つのストロボ候補を発光量と値段で並べてみた。

まずは発光量について、Nikonの純正品の上位ストロボである「SB-910」に注目してほしい。

発光量はGN34,48で、サードパーティーであるNISSINのDi600(GN32,44)とほぼ同じ。

【 発光量が多い順 】

1.Di866 MARK2(GN40,60)

2.SB-910(GN34,48)

3.Di600(GN32,44)

4.SB-700(GN28,38)

 

次に値段で比較してみると、SB-910は6万円なのに対してほぼ同じ性能のDi600は1万7千円。

6万円ー1万7千円=4万3千円もお得!

【 値段が安い順 】

1.Di600(1万7千円)

2.Di866 MARK2(3万3千円)

3.SB-700(3万8千円)

4.SB-910(6万円)

 

というわけで、コスパを考えてNISSINのDi600を買うことにした。

NISSIN以外にもストロボを販売しているメーカーはあるが、基本的な機能が付いていない場合もあるので、ぼくはNISSIN一択でNikonの純正品と比較した。

とにかく安いストロボが欲しい場合には、NISSIN以外のサードパーティーを選ぶのもありだと思う。

Nikonとほぼ同じ性能でコスパがよいストロボが欲しい場合には、NISSINがおすすめ。

 

 

 

 

最初のクリップオンフラッシュは、ニッシンの外付けストロボDi600を買ったよ

生まれて初めてのクリップオンタイプのフラッシュとして、ニッシンのDi600を買った。

1.NISSINのDi600を購入した理由

もう一度、ニッシンのDi600を選んだ理由を整理しておこう。

(1)ちょうどよい発光量

まずはガイドナンバーが、44(ISO100)と32(ISO100)でNikonのSB910と同じくらいだったから。

これは外付けフラッシュとしては十分な光量だと思う。

(2)持ち運びに便利なサイズ

次にストロボのサイズが上位機種のDi866  MARK2よりも小さく、持ち運びに便利だから。

カメラバッグの中に常に入れておくためには、このくらいのサイズがよいと思う。

(3)初めてのストロボとしては買いやすい値段

そして、値段が他のストロボと比べて安いので、初めて買うストロボに最適だから。

まずはコスパがよいDi600を使って、ストロボの使い方をマスターしたら、他のストロボの購入も検討したい。

 

2.新しいカメラ機材ストロボDi600を紹介するよ

そんなわけでDi600を買ったのでご紹介しよう。

新しい仲間だよ。

ストロボDi600の箱

 

箱の中にはストロボ本体と土台と説明書が入っていた。

この土台を使えばカメラから離れた場所からも使える。

NISSINのストロボDi600と取扱説明書

 

土台につけるとこんな感じ。

NISSINのストロボDi600を買ったよ

 

背面の操作パネルはボタンが4つでわかりやすい。

NISSINのストロボDi600の背面

 

首はこんな感じに曲がる。

NISSINのストロボDi600の側面

 

発光部分はここ。

NISSINのストロボDi600のフラッシュ

 

乾電池4本で動く。

NISSINのストロボDi600の乾電池

 

ここがカメラとの接続部分。

NISSINのストロボDi600の接続部

 

カメラとストロボの接続部。

丸いところをクルクルと回して固定する。

カメラとストロボの接続部

 

設置するとこんな感じ。

けっこうデカいね。

Di600を付けたD750

 

ストロボの発光部には2枚のシートが入っていて、引っ張り出せるようになっている。

ストロボの発光部には2枚の板が入っている

 

透明なシートは広角撮影用のワイドパネル。

光を柔らかくする効果もある。

二枚の板がストロボに隠されている

 

こんな感じにセットする。

ストロボの白板

 

これで広角域の撮影ができる。

ディフューザー的な効果も少しある。

近距離用のワイドパネル

 

白い板はキャッチパネルで、バウンス撮影の時に使う。

モデルの表情が明るく写るそう。

バウンスのための白板

 

ストロボは横にねじることができる。

ストロボは左右にも曲がる

 

光を横に放ちたいときや、縦持ちのときに使える。

縦持ちようのストロボ配置

 

これが標準姿勢。

ストロボをつけた一眼レフカメラ

 

 

3.スピードライトの使用用途

スピードライトは何に使うのか? 

それはね……

可愛い外国人メイドさんの撮影

海外のメイドカフェで、可愛い外国人メイドさんをもっとかわいく撮るためだよ!

参考:おい、メシ食えよ!台湾・台中のメイドカフェはマンガで覚えたヤンキー語を話すツンデレ美女メイドがいて最高に萌える

台中のメイドカフェの美女メイド

 

外国人コスプレーヤーの撮影

海外のコスプレイベントで、外国人コスプレーヤーを綺麗に撮影するためだよ!

参考:メキシコの海外オタク・コスプレイベントの熱狂ぶりがヤバかった!かわいい外国人コスプレーヤーの過激セクシー衣装

3人組のコスプレーヤー

 

NISSINのストロボDi600を使って撮影した写真作例

これらの写真撮影にはニッシンのストロボDi600を使った。

 

 

 

※追記:Cactus ワイヤレスライティングトランシーバーV6ⅡとCactusストロボR60を買いました

Cactus ワイヤレスライティングトランシーバーV6Ⅱを2台と、CactusストロボR60を買った。

 

 

 

まとめ

生まれて初めてストロボを買った。

ぼくが選んだのはNikonの純正品ではなく、NISSINのストロボDi600。

これからドンドン使ってライティングをマスターしたい。

Di600はコスパがよくてNikonの純正スピードライトとほぼ同じ性能なので、一台目のストロボにおすすめ。

 

 

ストロボ撮影の教科書

まだストロボを持っていない人は、まずはストロボの教科書を読んでみよう。

ストロボの必要性が理解できるし、どんなストロボを買うべきかもわかる。

プロの技を身につける ストロボテクニック完全マスター

 

クリップオンストロボの実践ライティング

 

カメラの関連記事

一眼レフカメラを初めて買いたい人は必見!1台目はNikonの初心者向け中級機種がおすすめ

【レンズを割った体験談】初心者カメラマンの一眼レフにレンズフィルターは必要!この故障写真を見よ

カメラ&旅行好きバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフ・デジカメを安全に持ち歩き撮影する裏技

【初心者向け一眼レフ選び決定版】初めての一眼レフカメラは何を買ったらいい?おすすめはレンズセットではなく入門機ボディと単焦点レンズ

一眼レフカメラのレンズ汚れが気になる人は「ハクバのレンズペン」を使うと簡単に掃除できるよ

プロカメラマンが教える!ウユニ塩湖で鏡張り・夕陽・星空・トリック写真を上手に撮影する方法&必要なカメラ機材

Nikon D750を買った理由「APS-C機のD5100からフルサイズ一眼へ買い替えたのはプロカメラマンになる決意」

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


カメラ初心者向け講座

写真撮影テクニックを学びたい一眼レフカメラ初心者はStreet academyに無料登録してみよう!

Facebook認証が使えるのでたった30秒で登録できるよ。


「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / フォトグラファー / ライター / ブログコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながらビジネスをしている現代版ノマドワーカー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 「宮﨑大輔はどんな人?」と思う人は5つのインタビュー記事を読んでみたら?

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 2016年に書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け5カ国で農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
農業コンサルタントの顧問契約&出張指導

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

shigoto_9042


SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly

Twitterのフォローワー数1万人を目指しています!フォローしてください。


Instagram

note_9254

youtube-logo

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事BEST10

カメラ&旅行好きバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフ・デジカメを安全に持ち歩き撮影する裏技
カメラ&旅行好きバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフ・デジカメを安全に持ち歩き撮影する裏技
一眼レフカメラを初めて買いたい人は必見!1台目はNikonかCanonの初心者向け中級機種がおすすめ
一眼レフカメラを初めて買いたい人は必見!1台目はNikonかCanonの初心者向け中級機種がおすすめ
【初心者向け一眼レフ選び決定版】初めての一眼レフカメラは何を買ったらいい?おすすめはレンズセットではなく入門機ボディと単焦点レンズ
【初心者向け一眼レフ選び決定版】初めての一眼レフカメラは何を買ったらいい?おすすめはレンズセットではなく入門機ボディと単焦点レンズ
【レンズを割った体験談】初心者カメラマンの一眼レフにレンズフィルターは必要!この故障写真を見よ
【レンズを割った体験談】初心者カメラマンの一眼レフにレンズフィルターは必要!この故障写真を見よ
プロカメラマンになる方法は?アマチュアカメラマン・写真家・フォトグラファーとの違い、使用機材、平均収入、お金を稼ぐ方法を徹底的に調べた
プロカメラマンになる方法は?アマチュアカメラマン・写真家・フォトグラファーとの違い、使用機材、平均収入、お金を稼ぐ方法を徹底的に調べた
Nikon超広角単焦点レンズ20mm f1.8レビュー!小型軽量フィルター可で持ち運びしやすいので風景・星空撮影用におすすめ
Nikon超広角単焦点レンズ20mm f1.8レビュー!小型軽量フィルター可で持ち運びしやすいので風景・星空撮影用におすすめ
【Nikon大三元標準ズームレンズの口コミ・レビュー】AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを中古購入!風景・ポートレート・旅行用におすすめ
【Nikon大三元標準ズームレンズの口コミ・レビュー】AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを中古購入!風景・ポートレート・旅行用におすすめ
【カメラバッグ口コミ】プロも愛用するAmazonリュック型がおすすめ!撮影道具が全部入るので海外旅行も
【カメラバッグ口コミ】プロも愛用するAmazonリュック型がおすすめ!撮影道具が全部入るので海外旅行も
水没した防水防塵カメラを復活させる方法&故障する原因&水に濡れたオリンパスTough TG-1を乾燥材とジップロックで直した
水没した防水防塵カメラを復活させる方法&故障する原因&水に濡れたオリンパスTough TG-1を乾燥材とジップロックで直した
【使用レビュー】SIGMA標準ズームレンズ17-50mmF2.8は明るく広角なので屋内でも使いやすくて一眼レフ初心者におすすめ
【使用レビュー】SIGMA標準ズームレンズ17-50mmF2.8は明るく広角なので屋内でも使いやすくて一眼レフ初心者におすすめ

  同じカテゴリの記事