JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

ナイロビのおすすめ観光スポット!ワニ園マンバビレッジでクロコダイルの正しい倒し方を伝授された

      2016/11/09


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

威嚇するクロコダイルの子供

ケニア共和国の首都ナイロビにあるワニ園マンバビレッジへ行って来た。

今回はナイロビ国立公園でのサファリツアー、象の孤児院でのミルク飲み見学の後に行き、ビュッフェ方式のランチも食べてきた。

最初はワニの赤ちゃんを手に乗せて写真が撮れると聞かされていたが、今はそのようなサービスはなかった。

しかし、話が面白いガイドがワニ園の中を案内してくれ、ワニの正しい倒し方を教えてくれた。

この倒し方を、ぼくが尊敬する武井壮さんへぜひ伝えたい。

そして、ナイロビに来た観光客の皆さんには、ワニ園を訪問することをおすすめしたい。

そこで今回は、ナイロビにあるワニ園マンバビレッジとワニの正しい倒し方を紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

ケニアの首都ナイロビの観光地ワニ園マンバビレッジ

ナイロビにある観光スポットマンバビレッジを紹介しよう。

1.ナイロビ国立公園、象の孤児院の次に行ったよ

ぼくはナイロビに住み仕事をしているので、休日にナイロビ観光をしてきた。

まずはナイロビ国立公園へ行き、ライオンやサイなど観察してサファリを楽しんだ。

参考:ケニアのナイロビ国立公園でサファリツアーに参加したのでライオンやサイ、キリンの写真を公開するよ

バッファローのテヘペロ

その後、ナイロビの象の孤児院へ行き、赤ちゃんゾウがミルクを飲む様子を見てきた。

参考:ナイロビの象の孤児院「シェルドリック動物孤児院」でミルクを飲む赤ちゃんゾウを見てきたよ

小象にミルクをあげる飼育員

そして、その後にマンバビレッジへ行き、ワニを見てきた。

一日あればナイロビの動物満喫コースが満喫できる。

ナイロビを訪問した観光客には、キリンにエサやりができるジラフセンターもおすすめ。

参考:【ケニア観光】ナイロビのジラフセンターでキリンとディープキスしてきたよ

キリンとディープキス

 

2.マンバビレッジMamba Villageの場所

ワニ園マンバビレッジは、ナイロビのカレン地区にある。

キリンのジラフセンターも、象の孤児院も同じくカレン地区にあるので、同じ日に順番に巡ると良いだろう。

ちなみにワニ園は、ナイロビ日本人学校のすぐお隣にある。

ナイロビの中心街からは車で20分ほどで、タクシーで行ける。

3.ワニ園の入園料金は1000Ksh

マンバビレッジの入園料は、大人一人1,000Ksh(およそ1,000円)。

窓口でチケットを購入してから入場しよう。

週末だったからかケニア人の家族連れでにぎわっていた。

ワニ園の入場口

 

 

 

ナイロビのワニ園Mamba Villageを遊び倒してきた

それでは、ナイロビのワニ園を観光した様子をお伝えしよう。

実はぼくは青年海外協力隊として2年間住んでいた中米パナマ共和国で、職場の農園にいたワニを捕まえたことがある。

なので、そこまでワニに恐怖心はないし、まぁまぁ好きな方だった。

参考:パナマ運河で捕獲された世界最大のワニ!ほど巨大じゃないけどワニを捕まえた

パナマで捕獲されたワニ

 

1.クロコダイルの子供を見学しよう

マンバビレッジへ入ったら、中にいたガイドが速攻で案内を始めた。

最後にはチップを渡さないといけないので有料ガイドだが、話が面白いしガイドのおかげで楽しめたので、ガイドに案内してもらうことをおすすめする。

まずはクロコダイルの子供がいる檻を観よう。

この日はサファリへ連れて行ってくれたガイドの「マンバビレッジへ行けば、ワニの赤ちゃんを手に乗せて写真が撮れるからね!」という甘い誘いに乗って、ぼくはワニ園へやってきた。

早く赤ちゃんワニの写真を撮りたいなぁと思いながら、檻へ近づいてみる。

ワニを眺めるケニア人

いやいやいやいや、デカいやん!

全然、赤ちゃんワニじゃないじゃん!!

手に乗せるどころか、手を食われるじゃん!!!

クロコダイルの群れ

ガイドが竹の棒でワニの体を突っつくと、「シャーーーーーーーーーーーー!」という声を出しながら口を開けて威嚇してくる。

子供なのにすでに迫力満点で、超怖い。

口を開けるクロコダイル

怖すぎて檻に近づけないし、ケニア人の子供は半泣き状態。

今は赤ちゃんワニがいないらしく、結局ワニを手に乗せることはできなかった。

ワニに怯える子供

 

2.陸ガメと記念撮影しよう

ワニゾーンを抜けると、陸ガメゾーンがあった。

ぼくは子供の頃はニホンイシガメとミドリガメを飼育するほどカメ好きだったので、けっこう嬉しかった。

ワニ園の陸ガメ

ガイドから「陸ガメを持って記念撮影しろ」と言われたので、持ってみたがめちゃくちゃ重かった。

人生の大先輩をいきなり持ち上げてすみません。

ワニ園で陸ガメと記念撮影

ガイドが頭の上に、子供の陸ガメを乗せてきた。

貴重な陸ガメをこんな扱いをしていいのかわからないが、カメ好きにはたまらないシチュエーション。

陸ガメと記念撮影

 

3.巨大なクロコダイルを観察しよう

次は、大人のワニがいるゾーンへ。

このワニ園に居るワニは、クロコダイルだそう。

アリゲーターは口先が尖がっていて、クロコダイルは広い。

ワニの飼育場所はけっこう狭い。

ナイロビのワニ園

熱帯樹木と池がある檻の中で、ワニがたくさん飼育されていた。

ワニは基本的には日向ぼっこしているので、ガイドが棒で突っついて怒らせないといけない。

ワニは昼寝していたのに攻撃されて迷惑そうだった。

ナイロビにあるワニ園

肥満のおじさんが昼寝している光景にも見えてくる。

ただし、大人のワニは大人の人間よりも大きくて、すごく怖い。

ワニの檻

ワニは3mくらいあって、肉食恐竜みたい。

鱗とか爪とか牙とか、攻撃力が高すぎる。

ナイロビワニ園のクロコダイル

ガイドが棒で突っつくもんだから、ワニがトゲトゲの尻尾を振り回したり、「シャーーーーーーーーーー!」という声を出しながら牙を見せて怒っていた。

ぼくも棒でワニをつんつんさせてもらったが、くっそ怖くておしっこ漏らしそうだった。

ナイロビワニ園のワニ

こんなに怖いワニの卵がこちら。

鶏卵2個分くらいあって、サイズは大きい。

触ってみると、卵の殻に内側にある内膜が硬くて驚いた。

ワニの卵

 

4.ダチョウにエサをあげよう

ワニを見飽きたら、屋外へ行こう。

アフリカ大陸をかたどった池の周りに、ダチョウやラクダが飼育されている。

まずは、ダチョウへエサやりをした。

ナイロビのワニ園のダチョウ

このダチョウは羽の色が灰色なので、全部が雌だそう。

そこら辺に生えている雑草を近づけるとパクパク食べてくれる。

ぼくの母校の信州大学農学部ではダチョウの研究をしていたので学内でダチョウが飼育されていて、ぼくは雑草を食べさせていた。

アフリカに来てダチョウへエサを与えながら、大学時代を思い出していた。

ナイロビのダチョウ

 

5.ラクダに乗ろう

マンバビレッジにはラクダが飼育されているので、お金を払えばラクダに乗馬できる。

たまにナイロビ郊外で道をラクダとラクダ乗りが歩いているを見るので、意外と一般的なサービスなのかもしれない。

エジプトとか砂漠なら乗ってみたいけど、ケニアでは別に乗ってみたいと思わなかった。

ナイロビのワニ園のラクダ

 

6.レストランのビュッフェ方式のケニア料理ランチを食べよう

動物を見飽きたら、ご飯を食べよう。

マンバビレッジはレストランが併設されていて、ビュッフェ方式のランチを食べることができる。

お値段は一人1,500Ksh(1,500円)。

ナイロビのワニ園の昼食

この日のメニューは、ケニア風プラフのピラウ、ケニア風マッシュポテトのムキモ、ケニア風サラダのカチュンバリ、ケニア風焼肉のニャマチョマなど。

ケニア料理がたくさんあり、どの料理も美味しかった。

屋外のテーブルで食事をとったのだが、野良猫が大量に集まって来て驚いた。

ワニ園のビュッフェ方式ランチ

特に美味しかったのは、ニャマチョマと呼ばれるケニア風焼肉。

牛肉、ヤギ肉、鶏肉などを焼くらしいが、今回は鶏肉だけだった。

鶏肉がジュ―シューに焼けていて、付け合せのケニア風サラダのカチュンバリとの相性も良かった。

ワニ園のニャマチョマ

そして、ケニアビールのタスカーとの相性も抜群!

青空の下で飲むビールは最高。

ケニアのタスカビール

 

 

 

クロコダイルの正しい倒し方を武井壮さんへ伝えたい

ぼくは大学院生時代から武井壮さんが大好きで、尊敬している。

参考:2020年東京オリンピックに向けて、インバウンドのため長野県で外国人向けホテル・ゲストハウスを開業

参考:武井壮の走力なら長野駅から10秒54で到着する味噌ラーメン専門店みそ家の味噌ラーメンはたっぷり野菜とプリプリ麺でおすすめ!

そんな武井壮さんはワニの倒し方について、「口を開ける力が弱いから口に輪ゴムをはめて、鼻を指で押さえて窒息させる」と言っている。

果たして、そんな方法でワニは倒せるのか?

ケニアのワニ園でガイドをしている彼に「ワニを倒す方法を教えてくれ!」と質問してみたら面白い話を聞けたので、ぜひ武井壮さんへも伝えたい。

 

1.尻尾と同じサイドに立たないと死ぬから気を付けて!

まずワニの武器は牙だけでなく、実は尻尾が危険らしい。

ワニは威嚇する時に尻尾を片側へ寄せて、敵が近づくとこのトゲトゲした尻尾を反対側へ高速で振って、敵を攻撃する。

なので、ワニが尻尾を右側に寄せたらこちらも体を右側に移動させ、尻尾を左側に寄せたらこちらも左側に移動させないと危険だそうだ。

とりあえず、尻尾の動きに合わせて移動すれば、尻尾の攻撃は避けられるらしい。

威嚇するクロコダイルの子供

 

2.口を開けて威嚇を始めたら、眉間を撫でると大人しくなるよ!

ワニは威嚇する時には、口を開けて「シャーーーーーー」と声を出しながら牙を見せてくる。

この状態になると臨戦態勢で、いつでも噛みつける状態になる。

こんな時は超危険なので近寄ってはいけない。

口を開けるクロコダイル

ワニが口を開けて威嚇する姿勢を取ったら、目と目の間にある眉間エリアを棒で撫でると一気に大人しくなる。

ワニはここが急所なので、ここを触られると威嚇をやめるそうだ。

実際に棒でここを撫でてみると、驚くほど簡単にワニが大人しくなった!

怪我をしたワニ

 

3.眉間には頭蓋骨に穴が開いているので、そこに鋭利な棒を突き刺すと殺せるよ!

じゃあ、どうやったらワニを倒せるのか?

ワニの皮膚は硬い鱗に覆われているので、通常の攻撃は効かない。

しかし、ワニにはたった一か所だけ皮膚が弱い急所がある。

それは、眉間!

ワニの頭蓋骨を見てみると、眉間には穴が開いている。

ワニの頭蓋骨

ワニを殺したい場合には、この眉間の穴に鋭利な棒を突き刺すしかない」とガイドは語ってくれた。

この穴に棒をグサッと刺せば、脳まで貫通できるそうだ。

ワニの急所

 

4.武井壮さん、ワニの正しい倒し方はコレですよ!

ぼくの尊敬する武井壮さんへ。

ワニの倒し方は輪ゴムで口を縛ってから、鼻を押さえることではない。

ワニの正しい倒し方は、尻尾の位置に合わせて体を移動させて尻尾攻撃を回避し、眉間を棒で撫でて大人しくさせ、威嚇をやめたら眉間の穴を目がけて棒を脳まで突き刺すことだ。

武井壮さんのために、これからも動物の正しい倒し方を調査したい。

 

 

 

まとめ

今回はナイロビのワニ園マンバビレッジを紹介した。

マンバビレッジはナイロビのカレン地区にあり、ナイロビ国立公園やジラフセンター、象の孤児院から近いので観光しやすい。

ワニ園ではワニの生態について勉強できるし、陸ガメやダチョウ、ラクダもいる。

レストランではケニア料理が食べられるし、家族連れでも十分楽しめると思う。

ナイロビを訪問した観光客の皆さんへ、他の観光スポットと合わせて訪問することをおすすめしたい。

 

ナイロビ観光の関連記事

ケニアのナイロビ国立公園でサファリツアーに参加したのでライオンやサイ、キリンの写真を公開するよ

「ケニアで丸亀製麺の照り焼きチキンうどんが大ブーム!」という噂は本当か確かめてきた

【ケニア観光】ナイロビのジラフセンターでキリンとディープキスしてきたよ

ナイロビの象の孤児院「シェルドリック動物孤児院」でミルクを飲む赤ちゃんゾウを見てきたよ

ケニアに来る前に読んだアフリカ関連の本&電子書籍まとめ

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事