JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

世界一周Youtuberにおすすめ!Gopro(ゴープロ)はコンパクト・防水・壊れにくいので海外旅行に最適なビデオカメラ

      2017/03/03


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキューバダイビング

青年海外協力隊に防水ビデオカメラ「GoPro」をおすすめする3つの理由と問題点

ぼくは「防水防塵コンパクトデジカメ」と「一眼レフカメラ」の2台を持って、中米パナマ共和国へやってきて2年間青年海外協力隊として暮らした。

防水コンデジと一眼レフの2台持ちでも十分満足した写真撮影ができたが、さらに撮影条件をよくする方法を思いついた。

それは、アウトドア向けビデオカメラGo proだ。

「もし今から青年海外協力隊に参加するとしたら、ぼくはGo proを必ず持って行く!」

そこで今回は、ぼくがGo proをおすすめする理由と問題点を紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ウェアラブルカメラGoProとは?

Go proとは、防水防塵機能付きの小型ビデオカメラである。

静止画、動画、録音、タイムプラスが撮影できる。

ちなみに読み方は「ゴープロ」。

GoPro(ゴープロ)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオの企業Woodman Labsが所有する探検での撮影向けのヘルメットカメラといったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。

プロからアマチュアに至るまで幅広く使われており、またワニやサメ、ホッキョクグマの口の中を撮影するときにも使用されている。

引用元:Wikipwdia

 

とりあえず、これらの動画を見てもらえばGoProの魅力を一発で理解してもらえるはずだ。

ゴープロのカッコイイ動画集


1.防水・防塵・耐久性カメラ

GoProは機種によるが防水能力は水深40mで、防塵性・耐久性も高い。

gopro-top

参考:Go pro

 

 

2.アウトドア・マリンスポーツ・スポーツで本領発揮

Go proはアウトドア、マリンスポーツ、スポーツで本領を発揮するカメラだ。

スキー、スノーボード、スキューバダイビング、シュノーケリング、マウンテンバイク、バイク、スカイダイビング、パラグライダーなどで使用されている。

ダイバーの記念撮影

 

最新のGo proは水深40mまで使えるので、水中カメラとしても使える。

コイバ島で泳ぐウミガメ

 

パナマでスキューバダイビングしたときにGoProを持っていれば、素敵な海中の動画を撮影して、もっとたくさんの人にパナマの魅力をお伝えできたはずなのに……

悔しい、GoProほしい。

スキューバダイビング

 

サーフィンするときにもGoProを使っていれば、パナマの波に乗った感動を世界中の人に伝えることができたのに……

悲しい、GoProほしい。

ボカスデルトロでサーフィン

 

 

 

3.アクセサリが豊富

Go proシリーズは、まずは本体がサーファー向け、アドベンチャー用などの用途別に分かれている。

さらにスキューバダイビング用のアクセサリや、マウンテンバイク用のアクセサリなど、使用するシチュエーション別にアクセサリが豊富に揃っているので、自分の使い方に合わせてカスタマイズすることができる。

アクセサリを使い分ければ、山でも、川でも、海でも自分の好きなように動画撮影ができるのだ!

gopro-accesary

 

自撮り棒もあるので、自分を写しながら写真を撮影できるのも、青年海外協力隊にはおすすめの機能だ。

活動紹介のために「ボランティア自身が写っている何気ない活動風景の写真」を欲しいと言われることがあるが、そんな写真は他のボランティアと一緒に活動してない限り撮れない。

ボランティア活動中の写真をたくさん撮りたい人は、「自撮り棒」を必ず買って持って行こう。

 

 

 

 

 

青年海外協力隊に「GoPro」をおすすめする3つの理由

次に、ぼくが青年海外協力隊にGo proをおすすめする理由を説明しよう。

1.これからは動画がアツい!

まず、これからは動画を使うことで情報を分かりやすく伝えることができるからだ。

ぼくは2年間ブログを通して「文章」と「写真」で、パナマの情報やボランティア活動の様子を発信してきたが、動画も使うこともできれば情報発信の幅はさらに広がると思う。

 

脚が美しいミニスカ美女軍団

 

 

文章と写真と動画の分かりやすさは、【文章:写真:動画=1:10:10,000】くらい違うと思う。

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるが、「百見は一動画に如かず」だ。

実際、海外情報を動画で発信している人や計画している人は多い。

 

例えば、台湾にワーホリに行く前原さんは、Go proではないが動画を使って台湾の観光情報を発信をするそうだ。

参考:外国人にも伝えたいなら英語より動画じゃない?ネットで動画サイトをやりたいブロガーのぼくが狙っている機材を5つ紹介します

 

また、GoProを活用して旅のリアルやワクワクをお届けする世界一周動画ブログ「ボク旅、キミ旅。世界一周」では、海外旅行用のビデオカメラとしてGo proをお薦めしている。

参考:GoProを旅の防水カメラにおすすめする5つの理由と弱点

 

 

 

2.防水・防塵・耐衝撃・コンパクトで途上国向き

Go proはアウトドア向けカメラなので、防水、防塵、耐衝撃機能付きで超頑丈なカメラだ。

途上国では突然のスコールや、砂漠から舞い込む砂埃、舗装されていない道を走るオンボロバスが当たり前なので、電子機器は非常に壊れやすい。

 

そこで、ぼくはオリンパス製の防水防塵コンデジを持って行ったが、なんと防水カメラなのに水没して壊れてしまった!

レンズが水没した防水デジタルカメラ

参考:防水コンデジの罠!水没した防水カメラを復活させる方法&故障する原因

 

 

発展途上国に2年間も暮らす青年海外協力隊は「毎日キャンプ・24時間サバイバル生活」なので(田舎に派遣された場合は)、 電子機器もアウトドア向けの頑丈な物がおすすめだ。

そういう観点からも、超頑丈なGo proは圧倒的にお薦めできる!

川を歩いて渡る

 

しかも、Go proは小型なので持ち運びも便利で、強盗に襲われる可能性も低い。

一眼レフは見るからに高額なカメラだとわかるし、大きすぎてカバンに入らない場合もあり、首から下げていると強盗のターゲットになりやすい。

しかし、Go proはポケットにも入るほどの超小型だし、強盗も高額なカメラだとは気づかないだろう。

カスコビエホとカメラマン

 

 

 

 

3.未来のYoutuberを発掘できる

ぼくはパナマの無電化集落で自分で動画を撮影したり、子供にデジカメを渡して動画を撮影してもらっている。

子供が撮る動画は迫力満点でめっちゃ面白いからだ!

 

子供に折り紙をプレゼント

 

途上国の子供たちは、未来のYoutuberになれる可能性を秘めていると思う。

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰ってからパナマが恋しくなっても、この動画を見ればパナマを思い出せるだろう。

ちなみに、手作りシーソーはディズニーランドのアトラクションよりも楽しい。

手作りシーソーで子供と遊ぶ

 

 

 

 

 

Go proを途上国で使う時の問題点・デメリット

しかし、Go proもメリットだけではなく、問題点もある。

次はGo proのデメリットを紹介しよう。

1.各種アクセサリを買うと値段が高い

まず、高性能な機種を買おうとすると本体価格が4万円以上する。

これだけなら安い一眼レフと同じ値段だが、Go proの場合には各種アクセサリが豊富に揃っているので、ついつい買いたくなってしまうし、アクセサリがないと上手に撮影できないそうだ。

そのため、完全にすべての道具をそろえると、10万円近い金額になってしまう。 

gopro-maunt

 

2.途上国では部品が手に入りにくい

また、日本や先進国ではGo proグッズが売っているが、発展途上国ではあまり手に入らない。

そのため、もしアクセサリが壊れたら新品を日本から送ってもらう必要があるし、本体が故障した場合にはわざわざ日本へ送り返す必要があるだろう。

ちなみにパナマは発展しているので、首都ではいたるところでいろんな種類のGo proが売っているし、地方都市の電気屋さんでもGo proが売っている。

 

首都パナマシティ

 

 

 

 

3.動画をYoutubeアップするには、高速インターネット回線が必要

一番の問題は撮影した動画をYoutubeやVimeoにアップロードするためには、高速インターネット回線が必要なことだ。

ぼくが住んでいる村のネット速度は比較的早いが、停電とネット接続の断裂が頻繁に起こるので、動画のアップロードに失敗することが多い。

 ノートパソコン

 

それと、通信量制限も問題になる。

ぼくのWi-Fiは通信量の制限が決まっているが、なぜか上限以上に利用できているので動画をアップできるが、もし上限に達すると使えなくなったり、データ通信料に応じて料金を支払う場合には料金が高額になる。

青年海外協力隊が生活する地域ではネット回線が遅かったり、そもそも存在しないことも多いので、Go proを持って行っても録画はできても発信はできないかもしれない。

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

海外でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

 

まとめ

GoProほしい。

【追記】GoProをプレゼントしてもらいました。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したらGoPro+3を頂いた!栗原さんありがとうございます

 

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事