JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

海外で働きたいけど英語が話せない人へ!英会話が苦手でも就職・転職できる方法

      2018/06/10





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウユニ塩湖で星を見上げる

海外で働くために英語を習っているあなたへ伝えたいことがある。

本気で海外で働きたいならば、英会話を習う前に専門性を身につけましょう。

ぼくは英語が話せないし日本での社会人経験もゼロなのに、海外で働けている。

ぼくよりも英語が上手くビジネスマナーも持っている日本人は山ほどいるが、彼らは海外で働きたくても働くことができない。

それは、ぼくが専門性を身につけていて、彼らが専門性を持っていないからだ。

そこで今回は、海外で働きたい人のために英語力よりも専門性が重要な理由を説明しよう。

スポンサーリンク

 

 

「海外で働きたいので英語を勉強しています」は間違い

「将来海外で働きたいので、今は英語を勉強しています」という人はだいたい間違っている。

海外で働くためにまずすべきことは英会話教室に行くことではない。

なぜ、ぼくは英語学習を否定するのか?

理由1.世界の52.5億人は英語を話さないから

ウユニ市の王女

ひとつめの理由は、世界人口70億人のうち52.5億人は英語を話さないからだ。

実に75%もの人が英語を話さない。

「海外で働いてみたいな~」と憧れている人のほとんどは、【海外=欧米=英語】と考えている。

確かにヨーロッパやアメリカだけを考えれば英語が第二言語として通じる国は多いが、全世界を考えればその割合は高くない。

もしあなたが働くことになった国が中国ならば中国語が必要になるし、フランスや西アフリカ諸国ならばフランス語が必要になるし、スペインや中南米ならばスペイン語が必要になる。

何の目的意識もなく英語を勉強するよりは、「○○国で働きたいから、そのために○○語を学ぶ!」と働く国と学ぶ言語を決めた方がいい。

【海外=英語】と考えている人は、グローバルな考えが持てていない証拠だ。

 

理由2.英語が話せる人ならすでに17.5億人もいるから

ベネズエラ人のバックパッカー

「でも、海外でビジネスに使う言葉は英語でしょ?」という人もいるだろう。

確かにグル―バルスタンダードな言語は英語だろう。

しかし、英語を話せる人ならこの世界にすでに17.5億人もいる。

今から英語を勉強するということはこの1,750,000,000人とライバルになり、競争しなければいけないということだ。

英語のネイティブスピーカーには英語力では敵わないだろうし、第二言語として英語を使っている外国人や日本人との勝負も厳しいだろう。

英語を勉強することは、レッドオーシャンに飛び込むことを意味している。

 

理由3.海外で働けない理由は英語力不足ではないから

ウユニ塩湖で星を見上げる

三つ目の理由は、あなたが海外で働けない理由が英語ができないからではないからだ。

きっと理由はほかにある。

例えば、あなたがサラリーマンで勤めている会社に海外支店がなければ一生外国では働けないだろうし、自営業者でも外国まで届く営業力がなければ海外では働けない。

海外で働けない理由を、安易に語学力のせいにしてないか?

もちろん語学力は仕事をする上で重要な基礎能力だが、仕事の出来は言葉だけで決まるわけではないだろう。

 

※ただし最低限の英語は必要なので、学生は英語を勉強すべし

ボリビア・ウユニのカルナバルの子供

ただし、「じゃあ、英語は必要ないんだね!」と安易に考えないでほしい。

日本以外の国で生きていくためには、最低限の英語は必須だ。

英語が話せないよりは話せた方がいいに決まっている。

なので、もしもあなたが中学生や高校生ならば今は頑張って英語を勉強しよう。

将来、どこの国で働くにしても英会話能力は基礎能力として生きるはずだ。

英語などの新しい言語を勉強したい人は、こちらの過去記事を読んで欲しい。

参考:新しい言葉を覚えるコツ!外国語学習の習得にかかる時間が半減する5つの効率的な学習方法

 

仕事が忙しいサラリーマンはDMM英会話がおすすめ

会社で働いてて時間がない人には、どこでも英会話練習ができて無料体験が可能なDMM英会話がおすすめ。

無料体験してみる→ DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

 

 

 

海外勤務を目指すならまずは専門性を身につけるべき

海外で働きたい人が身につけるべきは英語力ではなく、圧倒的な専門性だ。

自分をレアカード化できれば、それだけで世界で通用する人材になれる。

理由1.専門性があればわざわざ日本人を雇う理由になるから

南米ベネズエラのアウヤンテプイの頂上

ぼくが専門性を大切だというのは、専門性があればわざわざ日本人を雇う理由になるからだ。

もし海外で英語が話せる人材を雇いたければ、ぶっちゃけわざわざ日本人を雇う必要はない。

ネイティブスピーカーのアメリカ人でもいいし、人口が多いインド人でもいいし、人件費が安いフィリピン人でもいい。

「なぜ、わざわざ外国で日本人を雇わなければいけないのか?」という問いに対して、明確な理由になるのは「なぜならば、この日本人にしかできない仕事だからだ」という答えだ。

もしあなたが英語が話せても専門性がなければ、人件費が安い現地人や英語がもっと上手に話せるネイティブスピーカーに職を奪われるだろう。

賃金が格安のただの労働者でいいなら話は別だが。

 

「じゃあ、どうやって専門性を身につけたらいいの?」という人は、こちらの過去記事を読んで欲しい。

参考:「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」を読んだら海外ノマドフリーランサーが生き残る秘訣が書かれていた

 

 

理由2.需要があれば世界中からオファーは来るから

ボリビア・ウユニのカルナバル

専門性に需要があり 「この仕事は彼にしか頼めない!」と代替不可能な存在だと思われれば、日本だろうが海外だろうが世界中どこでも仕事の依頼が来る。

逆に日本でしか通用しないビジネススキルやビジネスマナーしか持っていないと、海外では活躍できないだろう。

例えば、ぼくは社会人経験はゼロだがイチゴ栽培について専門的な知識を持っているので、日本・アジア・アフリカからコンサルティングの依頼が来ている。

依頼主はぼくに社会人経験が全くなくても、英語が話せなくても一向に構わないという。

なぜならば、ぼくの専門性に魅力を感じて仕事の依頼をしてくれたからだ。

海外で働くための一番の近道は、世界で通用する専門性を身につけることである。

 

具体的な海外で働く方法は、こちらの過去記事を読んで欲しい。

参考:海外で働く方法!資格も社会人経験もない新卒でも外国で就職して仕事を得られる5つの方法&海外求人情報サイト

 

 

理由3.英語が話せなくても通訳をつけてもらえるから

雲に覆われたウユニ塩湖の夜

極論、英語などの日本語以外の言語が全く話せなくても、通訳を付けてもらえば海外で働くことはできる。

JICAでは英語やフランス語、スペイン語が堪能な専門家が多いが、中には語学が出来ない専門家もいて通訳が活躍している。

英語しか出来ない人は英語圏でしか働けないが、専門性があれば通訳を使って世界中で働くことができる。

医療、農業、ITなど分野は何でもいいが圧倒的な専門性があれば、語学の壁は乗り越えられるのだ。

 

※通訳や翻訳者は語学の専門性を持っている

「でも、通訳や翻訳者は専門性がないでしょ?」と考える人もいるだろうが、通訳や翻訳者は語学の専門性を持っている。

通訳や翻訳者は少し英語が話せる、少し中国語が話せるというレベルではない。

すべての分野の語彙をカバーし、わかりやすく言い替える力も必要になる。

通訳や翻訳者は「圧倒的な語学力」という専門性を持っているのだ!

 

 

海外勤務に関連するTwitterまとめ

最後にこの記事を書くときに参考にしたTwitterのつぶやきをまとめておこう。

 

 

 

 

 

【追記】海外の企業に就職・転職する具体的な手段

海外の企業に就職や転職したい人は、リクルートエージェントに登録しましょう。

こちらの過去記事で、実際にぼくが登録したときの手順を紹介しています。

→ 転職して海外で働きたい人はリクルートエージェントに登録して求人情報をみよう

 

【追記】海外就職・海外移住したい人には転職サイトの利用をおすすめする

「海外で働きたいけど、会社を辞めるのは怖い」と思っていませんか?

そんな人には、「お試し転職活動」がおすすめ。

仕事を辞めて転職するのはリスクがあるので、

仕事を続けながら転職活動をして、もし海外で働ける会社に採用されたら転職する

くらいのお気軽さでやってみよう。

お試しで転職活動をするなら、まずは転職エージェントサイトに登録しよう。

働きながら自分で採用情報を集めるのは大変だし、転職エージェントを使えば面接日の調整や給料交渉もしれくれるからだ。

転職サイトに登録すると言っても「無料」なので安心してほしい。

実際にぼくも転職サイトに登録したので、詳しくはこの記事を読んで欲しい。

→ 転職して海外で働きたい人はリクルートエージェントに登録して求人情報をみよう

 

日本人の平均年収と海外駐在員の平均年収

・日本全体の平均年収は400万円

・首都圏の平均年収は600万円

・外資系企業の平均年収は800万円

・海外駐在員の平均年収は1,000万円〜2,000万円

今の会社の収入に満足していない人は、転職することで年収を上げることができるかもしれない。

もちろん転職したからといって年収が上がるとは限らないが、会社で働きながら転職活動をすれば、ノーリスクで「今の給料が適正な金額なのか?」を調べることができる。

会社で働きながら「お試し転職活動」がおすすめ

そのためには、会社で働きながら転職サイトにお試しで登録すればよい。

・もし、転職活動がうまくいかなかったら、どうしよう??

・内定をもらったら、必ず転職しないといけないの??

・自分のスキルやキャリアは、雇用市場でどう評価されるの??

こんな不安を抱えている人には、悩む前に会社を辞めずに転職活動を少しだけ始めてみよう。

転職サイトには無料で登録できるし、非公開の求人情報が見れるようになるので、損はまったくない。

転職しようかな、どうしよう……」と悩むのは、まずは”転職についての正しい情報“を手に入れてからにしよう。

あなたの市場価値“すらわかっていない状態で悩むのは、時間がもったいないよ。

転職についてアレコレと悩む前に、まずは転職サイトに登録してプロの転職カウンセラーに話を聞いてもらいましょう!

リクルートエージェントの詳細を見たい人はこちら。

公式サイトを見てみる→ 【リクルートエージェント】

 

マイナビジョブ20’Sは株式会社マイナビが運営している「第二新卒専用」の転職サイト。

年齢が24~29歳の人を欲しがっている求人情報だけを集めているので、転職を考えている20代に最適なのだ。

しかも20代の転職市場を熟知した「キャリアアドバイザー」が、一人一人の求職者を担当し入社までをサポートしてくれる。

・適性診断

・キャリアカウンセリング(あなたの市場価値はどれくらいなのか?)

・求人紹介

・面接対策

・履歴書・職務経歴書の添削

・面接日などの日程調整の企業とのやり取りを代行

(実は転職サイトを使わないと、面接日を自由に決められないので、働きながら転職活動をする場合には転職サイトが必須です)

・内定後の入社交渉の代行

・非公開求人の閲覧

上記のサービスを全て無料で受けられるので、登録しないのはめちゃくちゃ損!

就職活動の準備をするために、マイナビはめちゃくちゃ使えるサービス。

あえてマイナビに登録しないで転職活動しても、デメリットはあってもメリットはない。

なので、ぼくも登録します!!

公式サイトを見てみる→ マイナビジョブ20’S

 

【転職のコツ】選択肢を増やすために2個以上の転職サイトに登録しよう

転職サイトによっては紹介できる転職先の会社が違うので、選択肢を増やすために複数の転職サイトに登録しよう。

そして、その中から自分に一番合った会社に転職することが大切。

一番多い失敗が一つの転職サイトにしか登録せず、なかなか転職できなかったり転職して年収を下げてしまうこと。

登録は無料なので、2個以上の転職サイトに登録しましょう!

20代の人は転職業界ツートップの

●リクナビの【リクルートエージェント】

●マイナビのマイナビジョブ20’S

の両方に登録するのが吉。

大学生の就職活動と同じです。

 

 

【追記】西日本に住んでいる人におすすめの転職サイト

海外就職を狙っている人で、かつ西日本に住んでいる人におすすめなのがJAC Recruitment

【JACリクルートメントの特徴】

1.英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職に強い

2.アジアでの就職に強い

3.経理・財務・人事などの文系職種、メディカル業界で多くの実績

4.業界・職種別スペシャリストによるサポート

5.関西でのシェアが高い

6.年収600万円から2,000万円に特化

JACリクルートメントは大阪、京都、神戸に拠点があるので、特に関西や西日本でのシェアが高い。

なので、西日本に住んでいる人で海外就職の情報が欲しい人は、ぜひJACリクルートメントにも登録しておこう。

◆公式サイトを見てみる→ JAC Recruitment

 

 

 

まとめ

海外で働きたい人はやみくもに英会話を習うのではなく、まずは専門性を身につけよう。

そのあと、働く国を決めてそこで必要な言語学習に取り掛かろう。

しかし、まだ専門性が決まっていない中学生や高校生は、まずは英語を勉強するのがおすすめだ。

 

【追記】専門性を得るために具体的に何をしたらいいの?

「専門性を得るために具体的に何をしたらいいの?」という質問に対する回答記事を書きました。

→ 海外で働きたい人は英会話教室でTOEICを受けずに大学院で修士号を取得しよう! 

 

関連記事

新しい言葉を覚えるコツ!外国語学習の習得にかかる時間が半減する5つの効率的な学習方法

転職したい人におすすめ!転職求人サイトMIIDASに社会人経験ゼロの27歳が無料登録したら年収565万円でした

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」を読んだら海外ノマドフリーランサーが生き残る秘訣が書かれていた

海外旅行の航空券代・ホテル代・食費を節約する方法と裏技をバックパッカー歴5年のぼくが伝授します!

海外で働く方法!資格も社会人経験もない新卒でも外国で就職して仕事を得られる5つの方法&海外求人情報サイト

効率的にスペイン語をマスターしたい人におすすめの記事まとめ

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

スペインワーホリ体験者に日本語とスペイン語で質問してみた

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ





海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「ライフハック」カテゴリの人気記事ランキング

SNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

FacebookやTwitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【フリーランス向け有料マガジン】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数
・地方自治体との地方創生プロジェクト

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom

ウェブメディアFINDRESでトラベルフォトグラファーとして「世界の都市をパチリ」を連載。

  同じカテゴリの記事