JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

【カメラバッグ口コミ】プロも愛用するAmazonリュック型がおすすめ!撮影道具が全部入るので海外旅行も

      2016/11/10


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonのカメラバッグに一眼レフとレンズとストロボを入れる

最高なカメラバッグを探し求めて半年経ち、ついにぼくは素晴らしいカメラバッグを発見した。

それは、アマゾンベーシックのリュック型カメラバッグである。

「え? ポーター、ハクバ、OUTDOOR、Thule、Manfrottoなどの有名ブランドのカメラバッグじゃないの?」と驚く人も多いだろう。

Amazon Basicのリュック型カメラバッグは58Lも入る大容量で、クッションの配置を自由に変えられて、ノートパソコンも入り、しかも価格が5千円以下とコスパが高い。

ぼくはこのカメラバッグを三ヶ月間使ってみて、これぞ最強のカメラバッグだと実感した。

実はこのリュック型カメラバッグは、有名プロカメラマンも愛用している使えるカメラバッグなのだ。

2台以上の一眼レフカメラと3本以上の交換レンズを持っている人や、海外旅行でカメラバッグを使いたい人におすすめしたい。

そこで今回は、アマゾンベーシックのリュック型カメラバッグを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

プロカメラマンも使用!Amazon Basicのリュック型58Lカメラバッグ

それではアマゾンベーシックのリュック型カメラバッグを紹介しよう。

1.アマゾンベーシックのリュック型カメラバッグの特徴・メリット

こちらがぼくが使っているカメラバッグ。

Amazonで4,000円くらいで買った(値段は変動する)。

このカメラバッグの特徴とメリットを紹介しよう。

(1)58Lの大容量なので何でも入る

IMG_20160327_180618_9148

まずはカバンの容量が58Lもあるので、何でも入ること。

フルサイズの一眼レフカメラ、望遠レンズ、カメラグッズなど何でも入る。

(2)背面にノートパソコンが入る

Amazonのカメラバッグのノートパソコン入れ

カバンの背中側にノートパソコンが入るスペースがある。

厚みもあるので中型のノートパソコンなら楽々入るし、iPadなどのタブレットも入れられる。

(3)カメラバッグ収納スペースの仕切りを自由に変えられる

IMG_20160327_180832_9147

カメラバッグの中央部分にはクッションで囲われた収納スペースがあるが、そこの仕切り板は自由に変えられる。

持ち運びたいカメラグッズによって中の配置を変えられるのは便利。

(4)小物入れがある

Amazonのカメラバッグの小物入れ

カメラバッグは3つの収納スペースに分かれていて、一番外側には小物入れスペースがある。

チャック付きのメッシュ部分もあるし、ジップ付きのポケットもあって使い勝手が良い。

(5)ファスナーが壊されにくい構造

このカバンのファスナーは壊されにくい構造になっている。

大きめのファスナーを採用しているカメラバッグもあるが、それだとドライバーなどでこじ開けやすいので問題だ。

(6)ファスナーのチャックが2個あるので南京錠を付けられる

Amazonのカメラバッグのチャックが2つ

カバンに付いている3つのファスナーはすべて2個のチャックが付いているので、ここに南京錠を付けることができる。

「なぜ、南京錠を付ける必要があるの?」と思うかもしれないが、海外ではカバンのファスナーを勝手に開けられて物が盗まれることが多いので、ここに南京錠を付けるのが重要。

(7)2か所のベルトで体と密着させることができる

カメラバッグの腰ベルト

カバンの背負い紐には胸と腰にベルトが付いているので、カバンを体と密着させることができる。

長い距離を歩くときに体に負担がかからないし、カバンの揺れを抑えられるのでカメラ機材にも優しい。

(8)カバンの内側が全体的にクッション素材でできている

Amazonのカメラバッグを開放した様子

これはカメラ専用のカバンなので、カバン全体がクッション素材で囲われている。

普通のカバンにクッション性ボックスを入れてカメラバッグにすることもできるが、カメラバッグは始めから全体がクッション素材でできているので安心。

(9)仕切りを調節すればビジネスバッグとしても使える

カメラを入れる部分の仕切りを調整すればファイルなども入るので、ビジネスバッグとしても使える。

実際にぼくはこのカバンを普段の仕事に使っている。

(10)一泊二日くらいの旅行に使える

58Lも入る大容量なので、一泊二日くらいの旅行用にも使える。

カメラ機材を減らせば、着替えなども入る。

(11)飛行機の機内持ち込みの時に、サブバッグにカウントできる

Amazonのカメラバッグとスーツケース

見た目は普通の背負い式リュックなので、飛行機に乗る時には機内持ち込みできるし、サブバッグとして持ち込める。

なので、ぼくはこのカメラバッグと小型のスーツケースを持ち込んでいる。

(12)めちゃくちゃ安くてコスパ最強

このバッグの値段は変動するのだが、だいたい4,000円前後。

カメラバッグメーカーのこのカメラバッグと似たタイプの商品は3万円以上するので、これはめちゃくちゃ安い。

(13)デザインがシンプルなので目立たないし、飽きない

このカバンは外観が黒一色で、内側の色がオレンジ色かグレー色を選べる。

外側のデザインがシンプルなので目立たないし、飽きない。

(14)カメラバッグっぽくないので安全

カメラバッグメーカーが売っているカメラバッグは、大きなロゴが付いていていかにもカメラバッグっぽいデザインをしている。

しかし、このカバンはロゴが小さいしデザインもカメラバッグっぽくないので、海外などの治安が悪い地域でも安心して使える。

(15)バッグカバーが付いている

このカバンにはバッグカバーが付いている。

雨の時にはこのカバーを付ければ、中身を雨から守ることができる。

(16)プロカメラマンも使っている

実は、プロカメラマンもAmazon Basicのカメラバッグを使っている。

この記事を読んだことがぼくがこのカメラバッグを知ったきっかけだ。

 

(17)上部の持ち手が意外と便利

Amazonのカメラバッグの持ち手

カバンの上部にある持ち手が意外と便利。

最初はこんなのいる?と思ったけど、使ってみると非常にいい感じ。

(18)横に三脚を付けられる

Amazonのカメラバッグに三脚を付ける

カバンの横に三脚を付けられる。

高さもちょうどいい感じ。

 

2.コスパ最強!その他のAmazon Basicのカメラバッグ

Amazon Basicはこれ以外にもいくつかのタイプを販売しているので、ついでに紹介しよう。

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック

肩にかけて使うタイプの小型バッグ。

Amazonベーシック ショルダーバッグ 一眼レフ用 Lサイズ ブラック(内装色オレンジ)

一眼レフと交換レンズが入るショルダーバッグ。

Amazonベーシック カメラリュック 21.1L 一眼レフ用 ブラック

容量が21Lのカメラリュック。

カメラ機材が少ない人は、こちらがおすすめ。

Amazonベーシック 一眼カメラケース ブラック(内部グレー) ショルダーストラップ付属

肩掛けタイプの一眼レフカメラケース。

 

3.大容量リュック型カメラバッグはこんな人におすすめ

大容量リュック型カメラバッグはこんな人におすすめ。

・海外旅行で使えるカメラバッグが欲しい人

・カメラバッグっぽくないカメラバッグが欲しい人

・一眼レフカメラを二台持っている人

・交換レンズを3本以上持っている人

・コスパが高いカメラバッグが欲しい人

 

逆にこんな人にはおすすめしない

逆におすすめしないのはこんな人。

・カラフルな一眼レフカメラ用カメラバッグが欲しい人

・小さなカメラバッグが欲しい人

・ノートパソコンを持っていない人

 

 

 

アマゾンベーシックのカメラバッグの使い方

ここからは、ぼくのカメラバッグの使い方を紹介しよう。

1.ぼくが持ち歩いているカメラグッズ

これがぼくが持ち歩いているカメラ機材。

一眼レフカメラは一台で、交換レンズが3本。

あとはGoProとメンテナンスグッズ。

Amazonのカメラバッグに入れている物

 

一眼レフカメラNikon D750

一眼レフカメラはNikonのD750。

参考:Nikon D750を買った理由「APS-C機のD5100からフルサイズ一眼へ買い替えたのはプロカメラマンになる決意」

標準レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

標準レンズは 24-70mm f/2.8。

参考:【人気レンズと比較レビュー】ニコンの大三元標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを中古で買ったよ

広角レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G

広角レンズは20mm・F1.8。

参考:NikonD750に超広角単焦点レンズ20mm f1.8を装着!被写体に寄って撮影するとイイ感じでおすすめ

望遠レンズTamron70-300mm F4-5.6

望遠レンズはTamronの70-300mm。

参考:TAMRON望遠ズームレンズSP70-300mmF4-5.6は手振れ補正とコスパが最高なので週末カメラマンにおすすめ

ストロボ ニッシンデジタル スピードライト Di600

ストロボは、ニッシンのデジタルスピードライトDi600。

参考:Nikon用ストロボSB-700、910、Di600、Di866Ⅱを比較!一眼レフカメラD750用にNISSINの外付けフラッシュを買ったよ

トラベル用三脚 Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段

三脚は、Manfrottoのコンパクト三脚Befree4段。

参考:Manfrotto三脚Befreeはコンパクト40cm・軽量1.4kg・自由雲台・4kg耐重で旅行用に最適!フルサイズ一眼レフカメラと大三元レンズも使えるよ

バッテリーグリップ

バッテリーグリップは福人くんからもらったもの。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したら大学生からプレゼントが届いた!福人さんありがとうございます

予備のバッテリー

Nikon D750用の予備バッテリー。

PLフィルター

PLフィルター。

シャッタースピードを遅くしたり、色彩を濃くするときに使う。

掃除用ブロワ―(大と小)

お掃除用ブロワー。

レンズペン

ハクバのレンズペン。

参考:一眼レフカメラのレンズ汚れが気になる人は「ハクバのレンズペン」を使うと簡単に掃除できるよ

雨除け用レインカバー

一眼レフカメラ用の雨除けカバー。

一眼レフカバー

普段はカメラをカバーで包んでいる。

乾燥材

レンズは乾燥材と一緒に保管してカビを防いでいる。

熱帯地方は湿気が多いので。

GoPro 3+ シルバーエディション

GoPro 3+シルバーエディション。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したらGoPro+3を頂いた!栗原さんありがとうございます

予備バッテリー×2個

GoProの予備バッテリー。

3way自撮り棒

GoPro用の3way自撮り棒。

参考:Amazonのほしい物リストを公開したら3つもプレゼントが届いた!ヨウさんありがとうございます

 

カメラグッズが多いよ! 多すぎるよ!!」と思っただろうが、これが全部カバンに入る。

それでは使い方をお見せしよう。

Amazonのカメラバッグとその中身

 

2.カメラバッグの収納と使い方

買った当初は仕切りがこのような配置になっていたが、これを自分の使いやすいように変えた。

IMG_20160327_180832_9147

仕切り板を使わないときは、壁に貼っておくと便利。

Amazonのカメラバッグを開放した様子

例えば、カメラを一番底に入れるスタイルはこんな感じ。

Amazonのカメラバッグに一眼レフとレンズとストロボを入れる

これは見やすくするために機材をそのまま入れているが、普段はカバーで包んだりクッション性の袋に入れている。

IMG_20160419_191034_9146

 

一眼レフカメラを一番上に入れるスタイルも可能。

この方が取り出しやすい。

Amazonのカメラバッグに一眼レフとレンズを入れる

カバンの小物入れに平べったい系アイテムを入れている。

Amazonのカメラバッグにカメラグッズを入れる

メッシュ素材の小物入れには、バッテリーやGoProを入れている。

AmazonのカメラバッグにバッテリーとGoProを入れる

横のポケットにはレンズペン。

 

Amazonのカメラバッグのサイドポケットにレンズペンを入れる

 

 

3.カバンの外側の使い方

チャックに南京錠を付ける

海外の治安が悪い地域では、カバンのチャックに南京錠を付けておかないと中身が盗まれる。

このカバンはチャックが2個付いているので、南京錠を付けられる。

意外とこういうカメラバッグはない。

Amazonのカメラバッグのチャックが2つ

これで安心だね!

Amazonのカメラバッグに小型南京錠を付ける

普段は施錠していないけど、南京錠を付けているだけで「防犯に気を付けているオーラ」は出ている。

Amazonのカメラバッグに南京錠を付ける

 

横に三脚を付ける

カバンの横に三脚を付ける場所がある。

ワンタッチで楽々付けられるので、三脚を持っている人は使おう。

Amazonのカメラバッグの三脚ホルダー

マンフロットの三脚を付けてみた。

ケース付きだと安全だけど大きい。

Amazonのカメラバッグにマンフロットの三脚を付ける

ケースを外すともっとコンパクトになる。

Amazonのカメラバッグに三脚を付ける

 

 

まとめ

今回は、Amazon Basicのカメラリュック 58Lを紹介した。

このカメラバッグは値段が4,000円くらいと激安で、一眼レフカメラと交換レンズとカメラグッズとノートパソコンを収納でき、しかも収納スペースが広くて使いやすい。

プロカメラマンも愛用しているほどの実用的なカメラバッグなので、カメラとレンズをたくさん持っている人や海外で使いたい人におすすめ。

ぼくも超気に入っているので、しばらくこのカメラバッグを使い続ける予定だ。

 

Amazonベーシック カメラリュック 58L 一眼レフ用 ラップトップ収納可 ブラック

カメラグッズの関連記事

青年海外協力隊のカメラは防水・防塵コンデジと一眼レフの2台持ちが絶対おすすめ。

カメラバックパッカー必見!治安が悪い海外でも一眼レフを安全に持ち歩き撮影する裏技

世界一周・青年海外協力隊に防水ビデオカメラGoProをおすすめする3つの理由と問題点

【人気レンズと比較レビュー】ニコンの大三元標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを中古で買ったよ

Nikon用ストロボSB-700、910、Di600、Di866Ⅱを比較!一眼レフカメラD750用にNISSINの外付けフラッシュを買ったよ

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


カメラ初心者向け講座

写真撮影テクニックを学びたい一眼レフカメラ初心者はStreet academyに無料登録してみよう!

Facebook認証が使えるのでたった30秒で登録できるよ。


「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事