JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

ケニアの大豆農家を支えたい!薬師川智子さんがクラウドファンディングに挑戦[PR]

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大豆栽培をとおして、ケニアの小規模農家のくらしを支えたい!

全ての人が公平にチャンスをつかめる社会づくりに貢献したい」薬師川智子さんはこう話す。

ぼくが薬師川さんと会ったのは東アフリカのケニア共和国・首都ナイロビ。

彼女は青年海外協力隊としてケニアで活動後に、再びケニアに戻り大豆農家を支援する会社「Alphajiri Limited」を起業した。

そんな薬師川さんが「READYFORでクラウドファンディングに挑戦する!」という。

なぜケニアで起業したのか? また、なぜこのタイミングでクラウドファンディングをするのだろうか?

そこで今回は、薬師川智子さんの活動とクラウドファンディングの内容についてご紹介しよう。

※「すぐにREADYFORのページを見たい!」という人は、以下のリンクをご覧ください

↓ ↓ ↓


ケニアの大豆農家の安定した収入を守る卸業務を拡大したい!(薬師川智子) - READYFOR (レディーフォー)

ケニアの大豆農家の安定した収入を守る卸業務を拡大したい!(薬師川智子) – READYFOR (レディーフォー)

 

スポンサーリンク

 

 

ケニアで起業した薬師川智子さん

まずはケニアで起業した薬師川智子さんの紹介をしよう。

1.青年海外協力隊OGの薬師川智子さん

ケニアで活動した青年海外協力隊OGの薬師川智子さん

薬師川さんは日本で社会人経験を積んだ後に、JICAの青年海外協力隊に参加しケニアに派遣された。

協力隊時代の仕事は「ケニア人農家に大豆栽培と大豆の加工を教えること」で、ケニア西部のミゴリで活動していた。

青年海外協力隊時代にGround Power Companyを設立

ボランティアとしての活動に限界を感じた薬師川さんはケニアで会社Ground Power Companyを設立し(JICAも了承済み)、ビジネスとして農家を支援していくことに。

※ちなみに現役のJICAボランティアが起業したなんて、聞いたことがない。

2014年の末、私は青年海外協力隊員として、ケニアの西の果て、ミゴリに赴任する事になりました。私の任務は、ケニア大豆農家組合のもとで「大豆栽培と大豆の加工を教える」ことでした。

引用元:ケニアに骨を埋める覚悟を決めた、私のストーリーといま

ケニアの新聞に取り上げられた薬師川さん

ケニアの新聞に掲載された薬師川さんの活動

サプライチェーンの重要性に気が付く

企業としての活動を行う中で「大豆の栽培や加工だけでなく『サプライチェーンの改善』が必要」という結論にたどり着く。

今までのケニアには日本でいう商社やJAのような役割を担う組織がなかったため、「農家とメーカーを繋げる存在」が不足していたのだ。

農家の方々は恒常的に、農産物を生産しても安定したマーケットを自ら見つけられないことに困っていますが、そもそも小農が農産物を生産するだけでは買い手のニーズには応えられていないし、応えられる仕組みがケニアには欠けているのです。

つまり農産物(特に大豆)を”必要な時””必要な量””一定の品質で”仕入れるために機能する商社や農協がケニア国内に欠けていることで(あっても、国内流通においては非常に脆弱な組織、もしくは個人的なブローカーしか存在しない)、サプライチェーンが確立されていないということです。引用元:ケニアに骨を埋める覚悟を決めた、私のストーリーといま

yakushigawa5

 

2.サプライチェーンを改善するためAlphajiri Limitedを起業

Alphajiri Limitedを起業した薬師川さん

ボランティアとしての任期が終了した薬師川さんは一旦は日本へ帰国したが、すぐさまケニアへ引き返し大豆のサプライチェーンを改善する会社を立ち上げた。

それが現在のAlphajiri Limited。

Alphajiri Limitedを設立


Alphajiri Limited

Alphajiri Limited

 

薬師川智子さん記事一覧|アントレ AFRICA JAPAN

薬師川さんの活動はアントレ AFRICA JAPANに掲載されているので、ぜひ読んでみよう。

3.ケニアで大豆の物流改善に挑むAlphajiri

yakushigwa2

Alphajiriが目指しているのは、大豆生産を通してケニアの農村に安定した収入を継続的に届けること。

そのために大豆のサプライチェーンの改善に取り組んでいる。

種子の販売、栽培指導、集荷、調製、買い取り、輸送、加工といったすべての工程にサービスを提供しているのだ。

Alphajiri Limitedのビジネスモデル

Alphajiriの契約農家の軒数は始めはわずか50軒だけだったが、今ではおよそ6倍の300軒にまで増えている。

これはAlphajiriの活動が地元農家に受け入れられ、良い効果を与えている証拠だ。

しかし、その結果ある弊害も起きており、薬師川さんがクラウドファンディングに挑戦する理由になっている。

 

 

薬師川さんがREADYFORでクラウドファンディングに挑戦

それでは、ここからは薬師川さんのクラウドファンディングについて紹介しよう。

1.クラウドファンディングに挑戦する理由

yakushigawa3

大豆栽培をとおしてケニアの小規模農家のくらしを支えたい!

まず、薬師川さんの活動の根底には「大豆栽培をとおしてケニアの小規模農家のくらしを支えたい!」という想いがある。

そのために、種子の販売、栽培指導、集荷、調製、買い取り、輸送、加工などのサービスを300軒以上の農家に提供している。

作業の機械化が必要

しかし、これまでの人力だけに頼った人海戦術では業務に限界がきており、「作業の機械化」が必要になった。

特に必要なのは大豆の集荷・選別作業に使うための①選別機械、②選別テーブル、③台秤

ケニアの大豆の運搬

 

ケニアの大豆の貯蔵施設

 

ケニアの大豆の重さを測定

 

ケニアで大豆ビジネスを行う薬師川さん

今の2倍の農家をサポートするためにクラウドファンディングに挑戦

Alphajiriはすでに300軒の農家と契約を結んでいるが、「機械化が達成すれば今の2倍である600軒の農家と契約を結べる」という。

もちろん自己資金だけで設備投資ができればいいが、起業一年目の会社では資金調達が難しく自己資金だけでの機械化は難しい……

そこで機械化のための資金をクラウドファンディングで募集することにした。

yakushigawa1

2.クラウドファンディングが達成することで得られるメリット

大豆栽培をとおして、ケニアの小規模農家のくらしを支えたい!

クラウドファンディングが達成すると、誰が、どのようなメリットを受けられるのだろうか?

ケニア人農家がメリットを受けられる

①ケニアの大豆農家(ケニア在住のケニア人)

②大豆農家を支援する薬師川さん(ケニア在住の日本人)

③薬師川さんを支援するクラウドファンディング・サポーター(日本在住の日本人)

今回のクラウドファンディングは、間接的にケニア人大豆農家を支援するプロジェクト

「途上国の農業に貢献したい!」、「アフリカの発展に貢献したい!」という気持ちを持った人にはピッタリだ。

農産物のサプライチェーンが強化される

Alphajiriの設備が機械化されれば、それはケニアの大豆サプライチェーンの強化に直結する。

ケニアの農村部はまだまだインフラが不足していて、それが農村の発展を妨げている。

なので大豆のサプライチェーンが強化されることは、小規模農家にとって喜ばしいことだ。

ケニアで大豆農家を支援するAlphajiri Limited

 

あなたのリターン購入がケニアの大豆農家への支援になる

READYFORを通じてこのプロジェクトを支援すれば、それはケニアの大豆農家への支援になる。

このプロジェクトについてもっと詳しく知りたい人は、READYFORのプロジェクトページを読んで欲しい!

yy

 

READYFORの公式ページで詳しく見てみる。

→ ケニアの大豆農家の安定した収入を守る卸業務を拡大したい!

 

3.クラウドファンディングは一時的な資金として有効

ここまで読んだ人の中には「ビジネスなのに資金調達をクラウドファンディングに頼っているようではダメじゃない!?」という意見の人もいるだろう。

しかし、ぼくは一時的な資金を集める方法としては有効だと思う。

ぼくも今年の2月にクラウドファンディングを行い、南米ウユニ塩湖の環境改善プロジェクトを立ち上げた。

参考:ウユニ塩湖環境改善プロジェクトの活動報告ページ【クラウドファンディング成功】

およそ120万円の募金が集まったおかげで環境教育とゴミ拾いをすることができ、現在もバイオトイレの建設準備を進めている。

ちなみに2016年12月から中南米へ渡り、バイオトイレ建設のためにウユニ塩湖へ戻る予定(今回の活動は自己資金で行う)。

クラウドファンディングの募金は途上国で活動している人にとっては、立ち上げ資金や設備拡充資金として非常に有り難い。

日常的な運営費用をクラウドファンディングを集めるのは「ビジネスモデルの破たん」を意味しているのでおすすめしないが、立ち上げ資金などならば有効だと思う。

例えば、クラウドファンディングで集まったお金をそのままケニアの農家へ配ってしまったら一過性の支援にしかならないが、そのお金を農家を支援するための設備投資費へ回せば継続的な支援を行うことができるからだ。

 

 

まとめ

今回はケニアで起業した薬師川さんとクラウドファンディングを紹介した。

READYFORのプロジェクトページにはより詳しく説明が書いてあり、魅力的なリターンの紹介もあるのでぜひ見てみよう!

READYFORの公式ページで詳しく見てみる ↓↓↓

 

 

※今回はAlphajiri LimitedのPR記事です。

【今だけ】ホテルの宿泊料が2,000円引き!

朗報です、ホテル予約サイトBooking.comが特別セールを始めました!

今だけ、ホテルに宿泊すると2,000円分の特典がもらえます。

ぼくもさっそく沖縄旅行のホテルを一泊予約して、実質2,000円割引で宿泊できることになりました!

2,000円引きになるのは、この下のリンクからだけなので、ぜひお得に宿泊してください。

→ Booking.comの2,000円割引を受け取る

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事