JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

パナマでおすすめの穴場体験型観光地!運河・サンブラス・エンベラ族・コイバ島・ゲイシャコーヒー農園ツアー

      2017/05/21


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナマ運河と観光客

パナマでしかできない8つの体験

中米パナマ共和国に1年半住み、休みの度に国内を旅して回ったことで、パナマの魅力がわかってきた。

しかし、まだ日本人はパナマの魅力に気がついていない!

そこで、今回は日本のみなさんに「パナマ共和国でしかできない8つの体験」を紹介しよう!

スポンサーリンク

 

 

 

1.パナマ運河を通航する船を生で見る!

パナマ運河を通過する大型タンカー

パナマといえば、もちろんパナマ運河だ。

パナマに来たら、まずはパナマ運河を通航する船を見よう!

 

パナマ運河は大西洋と太平洋を結ぶ世界唯一の運河で、 アメリカによって造られた。

しばらくはアメリカに支配されていたが、2000年から運河の支配権がパナマ政府に返還された。

 

パナマ運河は開門式の運河で、水門に少しずつ水を溜めながら船を通過させていく。

パナマ運河の水かさが上がっている

 

パナマシティにあるミラフローレス水門には、観光客向けの展望台や博物館があり、運河通航体験コーナーもある。

パナマ運河通航体験

「運河の通航料」がパナマ政府の大きな財源になっているし、国の独立にも深くかかわっており、パナマを語る上で運河は欠かせない。

 

パナマ運河の詳しい情報

パナマ運河の詳しい情報はこちら。

パナマ観光のプロが教える!パナマ運河の仕組みとミラフローレス水門のおすすめ見学方法

 

 

 

 

 

 

2.世界遺産コイバ島でスキューバダイビングする!

コイバ島で泳ぐウミガメ

世界遺産コイバ島でスキューバダイビングしよう!

 

パナマの南西に位置するコイバ島は、「豊富な生物資源」によりユネスコの世界遺産に指定され、パナマの国立公園にも指定され、人の立ち入りが制限されている。

日本のテレビ局もコイバ島特集番組を放送しており、注目度は高い。

世界遺産コイバ島

 

なんと、太古の昔コイバ島はエクアドルのガラパゴス諸島の近くにあり、その後の地殻変動により離れたらしい。

そのため、コイバ島はガラパゴス諸島並の生態系の豊かさを誇っている。

コイバ島とガラパゴス諸島の関係

 

コイバ島周辺は漁業を禁止しているため、水中生物の種類と数が豊富である。

そのため、スキューバダイビングのスポットとして有名で、たくさんの種類の魚やウミガメ、タツノオトシゴ、イセエビ、クジラなどを見ることができる。

もちろん、シュノーケリングでも十分楽しめる。

コイバ島で泳ぐ魚

 

 

コイバ島の詳しい情報

コイバ島の詳しい情報はこちら。

パナマのおすすめビーチ3選!サンブラス諸島・ボカスデルトロ・サンタカタリーナ(コイバ島)

 

 

 

 

 

3.ボケテ高原のコーヒー農園で超高級ゲイシャ・コーヒーを飲む!

カフェルイスのゲイシャコーヒー

ボケテ高原のコーヒー農園で、超高級ゲイシャ・コーヒーを飲もう!

 

パナマのボケテ高原産のコーヒー品種ゲイシャは、「世界最高のコーヒー」と言われている。

日本ではパナマ産ゲイシャコーヒーは、1杯2,000円から5,000円で販売されているそうだ。

生産量が少ないゲイシャコーヒー

 

日本でもゲイシャコーヒーは飲めるが、できたてのゲイシャコーヒーを飲めるのは、原産地のパナマだけだ。

しかもコーヒー農園に行けば、コーヒーのプロから栽培や焙煎方法をじっくりと教えてもらえるし、テイスティングのテクニックもレクチャーしてもらえる。

焙煎したてのコーヒー豆

コーヒー農園の見学は一生の思い出になり、コーヒーを飲むたびにコーヒー畑を思い出すだろう。

 

 

ボケテコーヒー農園の詳しい情報

ボケテコーヒー農園の詳しい情報はこちら。

パナマ・ボケテ高原のルイス農園のコーヒーツアーで学んだゲイシャ品種の特徴と栽培方法、精製・焙煎技術、値段

中米パナマ・ボケテ高原のレリダコーヒー農園の生産・加工・輸入・テイスティング方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.ボルカンバルー岳の山頂から、太平洋と大西洋を同時に眺める!

ボルカンバルー岳

ボルカンバルー岳の山頂から、太平洋と大西洋を同時に眺めよう!

実は、「太平洋と大西洋を同時に眺められる場所」は、世界中でボルカンバルー岳の頂上だけだ。

 

ボルカンバルー岳は、パナマ西部のコスタリカとの国境付近に位置していて、標高は日本の富士山とほぼ同じだ。

ボルカンバルー岳の周辺は、コーヒーや高原野菜の産地となっている。

 

登山口から石だらけの登山道を6時間登ると、頂上に到着する。

ボルカンバルー岳の登山道

 

残念ながらぼくが登った時は濃霧で、大西洋も太平洋も見ることはできなかった……

登山する時には、天気が良い日を選ぼう。

日本国旗とパナマ国旗

 

 

 

 

 

 

 

5.カリブ海に浮かぶサンブラス諸島の無人島に行き、超絶キレイなビーチで泳ぐ!

サンブラス諸島の無人島

カリブ海に浮かぶサンブラス諸島の無人島に行き、超絶キレイなビーチで泳ごう。

 

サンブラス諸島は無数の無人島からなる諸島で、先住民族クナ族の自治区でもある。

まったく開発が進んでおらず、自然のビーチそのものが残っている。

 

カリブ海に浮かぶサンブラス諸島の海水は、透明度が高すぎて船が空中に浮かんで見えるほどだ。

知る人ぞ知る、秘境の絶景スポットである。

サンブラス諸島のビーチ

 

また、サンブラス諸島に住む少数民族のクナ族が作る民芸品「モラ」は、お土産やコレクションとして人気が高い。

クナ族の民芸品モラ

 

 

サンブラス諸島の詳しい情報

サンブラス諸島の詳しい情報はこちら。

パナマのおすすめビーチ3選!サンブラス諸島・ボカスデルトロ・サンタカタリーナ(コイバ島)

 

 

 

 

 

6.少数民族エンベラ族の伝統的な暮らしを見学する!

エンベラ族の伝統的な舞い

少数民族エンベラ族の伝統的な暮らしを見学しよう。

 

パナマシティの北部チャグレス川流域では、少数民族エンベラ族が未だに伝統的な暮らしと文化を守って生活している。

彼らの住居は、木とヤシの葉でできている。

エンベラ族の集落

 

村に着くと、古くから伝わる伝統的な舞いや音楽を見せてくれ、木の樹液を使った簡易タトゥーもいれてくれる。

エンベラ族は「観光業」を生業にして生きているのだ。

エンベラ族の楽器を演奏する男性たち

エンベラ族の伝統的なタトゥー

 

エンベラ族などパナマの少数民族は蒙古斑を持ち、顔立ちがアジア系なので、「古代にシベリアを渡ってアメリカ大陸に住み着いたモンゴロイド系」という説が有力である。

 

 

エンベラ族の詳しい情報

パナマのエンベラ族ツアーに参加して感じた「少数民族のジレンマ」

 

 

 

 

 

 

 

 

7.サーフィン世界大会が開催されるサンタ・カタリーナでサーフィンする!

外国人サーファー

サーフィン世界大会が開催されるサンタ・カタリーナでサーフィンしよう。

 

コイバ島の近くの海岸サンタ・カタリーナでは、サーフィン世界大会が開催されるほど良い波があり、サーフィンスポットとして世界的に有名だ。

サンタ・カタリーナのサーフショップ

 

初心者から中級者向けのサーフィンスポットは、いつも地元のサーファーと旅行者のサーファーで賑わっている。

サンタ・カタリーナのビーチ

上級者向けの岩場のポイントもあり、日本からわざわざサーフィンに訪れるサーファーもいる。

サンタ・カタリーナは、サーファー憧れの場所なのだ。

 

サンタカタリーナの詳しい情報

サンタカタリーナの詳しい情報はこちら。

パナマのおすすめビーチ3選!サンブラス諸島・ボカスデルトロ・サンタカタリーナ(コイバ島)

 

 

 

 

 

 

 

 

8.「高層ビル群と地下鉄が走る首都」と「電気も水道もない集落」に行き、世界トップクラスの格差社会を体験する!

大都会パナマシティの高層ビル群

「高層ビル群と地下鉄が走る首都」と「電気も水道もない集落」に行き、世界トップクラスの格差社会を体験しよう。

 

パナマの首都には高層ビル群もあるし、キレイな地下鉄も走っていて、まるで東京バリの大都会だ。

首都だけ見たら、とても開発途上国とは思えないほど近代化している。

メトロのホーム

 

しかし、田舎に行くと「電気も水道もない集落」があり、一日に2ドル以下の生活を送る貧困地域が存在する。

山奥の集落に住む子供

 

貧困地域の住民は、川の水を溜めて無処理で飲むため、80%以上の子供は寄生虫に感染しているそうだ。

参考:海外の無電化集落に暮らす究極のミニマリストから学ぶ!シンプルライフを送る12個の方法

無電化集落の飲み水

 

パナマは「国内の経済格差」を表すジニ係数が、世界トップクラスに悪く(ワースト14位)、まるで先進国と途上国がくっ付いたような国だ。

 

そして、パナマの首都の急激な経済発展を支えているのは、もちろんパナマ運河だ。

パナマ運河は、パナマにとって「金のなる木」なのだ。

パナマ運河と観光客

 

 

パナマシティの詳しい情報

パナマシティの詳しい情報はこちら。

海外のマイクロブルワリー!パナマシティのクラフトビールパブLa Rana Dorada(ラ・ラナ・ドラーダ)が美味すぎる!

パナマシティの新観光名所!JICAの援助でできた水産市場と魚介類レストラン街が素晴らしい!

なんと、中米初の地下鉄が2014年に開通!パナマシティの新しい交通手段メトロ電車に乗る方法

パナマ共和国の寿司屋が面白すぎる「揚げバナナ寿司&オレオ天ぷら、ヘイッお待ち!」

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

中南米でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「予約せずに直接宿に行けばいいや~」と考えたバックパッカーの多くが強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

まとめ

パナマでしかできない8つの体験は以下の通りだ。

1.パナマ運河見学

2.コイバ島でスキューバダイビング

3.コーヒー農園でゲイシャコーヒーを飲む

4.ボルカンバルー岳から太平洋と大西洋を眺める

5.サンブラス諸島の無人島で泳ぐ

6.エンベラ族の伝統的な暮らし見学

7.サンタ・カタリーナでサーフィン

8.首都と田舎で格差体験

 

なんと、パナマには海も、山も、街もある!

パナマは雄大な大自然がそのまま残りながら、パナマ運河により経済発展している国なのだ。

まさに、経済発展と環境保護の両立ができている(ごみ処理、下水処理など問題も残されているが)。

こんな面白い国はほかにない!

体験してみたくなった人は、ぜひ中米パナマ共和国にお越しください。

おすすめの記事

絶景ウユニ塩湖の日本人ガイドツアー!パナマの中南米専門旅行会社Only One Travel(オンリーワントラベル)が素敵すぎる!

パナマの観光情報まとめ!旅行者向け観光地を10エリアごとにまとめてみました

パナマシティ旅行者必見!JICAの援助でできた水産市場と魚介類レストラン街が素晴らしい!

パナマシティ旅行者へ!世界遺産カスコ・ビエホ(カスコ・アンティグオ)の観光情報

海外旅行初心者は必ず見るべき!格安航空券検索サイト「スカイスキャナー」で簡単に安い飛行機チケットを買う方法

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事