2020年に「買ってよかったもの」を発表!

青年海外協力隊の帰国後の進路希望調査票をJICAへ提出「帰国後の選択肢は、就職でも進学でもなく起業」

青年海外協力隊の希望調査票に起業を書いた

青年海外協力隊の進路希望調査票へ「起業」と書いて提出した

日本への帰国まで残り2ヶ月になったので、JICAから青年海外協力隊の進路希望調査票が送られてきた。

そして、ぼくは帰国後の進路希望に「起業」と書いて提出した。

今回は進路希望調査票について、少し紹介しよう。

 

 

 

 

青年海外協力隊の進路希望調査票

青年海外協力隊は帰国の3ヶ月前に、帰国準備ハンドブックと関連書類を受け取る。

その一つが、進路希望調査票である。

1.進路を決めるキーワード

進路希望調査票の内容はとてもシンプルだ。

まずは、進路を決めるキーワードを選ぶ。

【やりがい・給料・国際協力】みたいな言葉が並んでいて、自分の価値観に従って選ぶ。

 

2.進路の方向性

次にあるのが、進路の方向性という項目で、実はこれが最後の項目だ。

(1)就職

就職希望の人は、就職項目の中から希望する業界を選択する。

一般的な就職活動と同じように【公務員・教職員・民間企業】という項目があるが、青年海外協力隊らしく【開発コンサルタント・JICA専門家・ボランティア調整員】などの項目も用意されている。

 

(2)進学

進学希望者はどんな分野に行きたいかとその目的を書くだけだ。

進学希望者への調査は、なぜかとてもあっさりしている。

 

 

3.起業したい人は、何を選べばいいのだろう?

ぼくは就職でもなく進学でもなく「起業」を選びたかったのだが、起業という選択肢はなかった。

JICAとしては青年海外協力隊OBのフリーター率を下げるために、就職か進学をしてもらいたいのだろう。

選択肢は完全に、【就職 or 進学】だった。

 

じっくりと進路希望調査票を眺めていると、就職という項目の中に「その他()」という選択肢があることに気がついた。

そこで、その他を選択してカッコの中に起業と書いてJICAへ提出した。

 

就職 その他(起業)

って、ちょっとダサい。

青年海外協力隊の希望調査票に起業を書いた

 

 

あと2ヶ月後には、日本へ帰国してしまう。

今はパナマでこのまま暮らしたいという想いと、日本へ早く帰りたいという想いが交錯している。

少なくとも後悔しないような2ヶ月間にしたい。

 

 

まとめ

青年海外協力隊の進路希望調査票へ「起業」と書いて提出した。

あと2ヶ月で日本へ帰国する。

おすすめの記事

青年海外協力隊帰国後の進路!大学院社会人博士課程に進学

2020年東京オリンピックに向けて、インバウンドのため長野県で外国人向けホテル・ゲストハウスを開業

人生でやりたい100のリスト【死ぬまでに達成したい100個の夢と成し遂げた目標】