いちご栽培の試験ハウスを動画で紹介!

長野駅に一年三ヶ月ぶりに行ったらイメチェンしすぎてて浦島太郎気分を味わえた!アルクマくんだけは相変わらずだね

アルクマと記念撮影

一年三ヶ月ぶりに長野駅へ行ったら

一年三ヶ月ぶりに長野市の長野駅に行ってみたら、駅がリニューアルしておりイメチェンしすぎていて、浦島太郎になったような気分を味わえた。

調べてみると、長野駅は2015年3月7日にリニューアルオープンしていたらしい。

ぼくが中米パナマ共和国に住んでいる間に、長野県はどんどん進化しているので、新しい発見があって面白い。

そこで今回は、新しい長野駅を写真を中心にご紹介しよう。

 

 

 

 

長野駅東口

まずは長野駅の東口を紹介しよう。

東口はリニューアルしておらず、地味なままだった。

 

長野駅東口

 

 

長野駅西口

しかし、西口の変貌ぶりには驚いた。

大学時代に地味な女子のクラスメイトが、ある日突然、髪を茶髪に染めて化粧をしてミニスカートをはきだしたことがあったが、長野駅はその時以上のイメチェンぶりで驚いた。

 

長野駅

 

リニューアル前の写真がないのが残念だが、以前はもっとダサかった。

駅に野生の熊が侵入して事件になるくらい、田舎だった。

 

長野駅の看板

 

しかし今では、都会っぽさを醸し出している。

壁はガラス張りで、木の支柱が目立っていた。

 

長野駅正面

 

天井にも木材が使われていて、自然を大切にしている雰囲気が出ていた。

「和」なイメージも強かった。

 

長野駅の天井

 

支柱には大きな提灯が飾られていた。

「縁」と書いてあって、カッコイイ!

提灯

 

提灯はたくさん並んでいた。

鳥のフンで少し汚れていた。

 

提灯たち

 

 

向かいの平安堂(長野県民のTSUTAYA)からは、歩道橋が2階まで伸びていた。

平安堂とか、めっちゃ懐かしい。

 

長野駅の2階入り口

 

長野駅はリニューアルしていたけど、長野駅前は全然変わってなかった。

 

 

旧MIDORI

 

 

もしかしたら、これから変わっていくのかもしれない。

 

長野駅の駅前

 

駅前のバス乗り場は綺麗になっていた。

 

長野駅前のバス停

 

 

 

駅構内

駅の中も探検してみた。

待ち合わせにぴったりな広場があった。

 

長野駅の広場

 

改札口には、「おいでなして!NAGANO」と書かれていたが、南信地域出身のぼくにはイマイチ理解できない言葉だ。

おそらく意味は、「ようこそ!」とか「いらっしゃい!」だ。

南信地域では「おいでなんしょ!」と言う。

 

おいでなして!

 

駅には外国人旅行者も何組かいて、めちゃくちゃ話しかけたくなった。

一日の予定をすべて放棄して、ガイドをしてあげたい衝動にかられた。

 

長野駅の構内

 

新幹線が金沢まで伸びていることに衝撃を受けた。

金沢新幹線が開通したことは知っていたけど、実際に目の当たりにすると驚いた。

 

 

 

 

新幹線料金表

 

改札には、「うしにひかれて善光寺参り」のデザインが描かれていた。

 

うしにひかれて善光寺参り

 

湯田中温泉のスノーモンキーも描かれていた。

スノーモンキー

 

 

 

お土産物屋さんORAHO

お土産物屋さんが連なるブースは、「ORAHO(おらほ)」という名前だった。

これは、長野弁で「ぼくの家」という意味。

 

 

 

お土産物売り場

 

いい感じなバーまであったので、今度ぜひ飲みたい。

 

発酵バー


 

アルクマくんと記念撮影

駅ビルのMIDORIには、ファッションブランド店や無印良品、東急ハンズ、飲食店などが入っていた。

長野市はどんどん都会化している。

 

MIDORIに来たら、ぜひ長野県のゆるキャラであるアルクマくんと記念撮影を撮ろう。

アルクマくんは、相変わらずゆるい雰囲気のままでほっとした。

一年三ヶ月という歳月が過ぎても、変わらない人は変わらないでいてくれる。

アルクマと記念撮影

 

 

 

まとめ

一年三ヶ月ぶりに長野駅に行ってみたら、リニューアルしていて超オシャレな駅に変わっていた。

まるで浦島太郎になったかのような気分になったが、アルクマくんはイメチェンしてなくてほっとした。