いちご栽培の試験ハウスを動画で紹介!

青年海外協力隊の上司からクビ&日本に強制送還宣告!二股をかけようとして、告白したらあっさりと振られた。

国際協力の意義に悩む日々

国際協力の意義について「なんだかなー」と思いながらも、モヤモヤ悩んでばかりもいられない。

悩める期間は2年間しかないので、立ち止まって悩まずに全力ダッシュしながら悩まなければ。

 

 

 

 

 

二股をかけよう

そこで、二股をかけようと決意した。

二人の女性を同時に愛すことが出来れば、二倍楽しめる。

しかし、今回は女性のことではなく、プロジェクトの話だ。

僕は【VERASAN】というプロジェクトのために派遣された。

しかし、プロジェクトの巡回で山奥の集落に行こうとしても、雨季は大雨が降り道が通れなくなったり、車が故障して行けないことが多い。

そのため、巡回に行けるのは週に1回だけだ。

巡回に行けず、事務所で待機しているだけの日が多い。

 

※山奥の集落へ行くためには、こんな道を1時間半通る↓

集落への道 from daisuke miyazaki on Vimeo.

 

別のプロジェクトにも協力しよう

そこで、別のプロジェクトにも手を出そうと考えた。

そのプロジェクトは【Caja de Ahorro】と言う。

このプロジェクトの内容はVERASANとほぼ同じで、違う点は「資金源」と「名称」ぐらいである。

しかもこのプロジェクトを担当している職員は、僕の出木杉くんだ。

 

所長に直訴

そこで、僕の上司である所長に直訴することにした。

まずは企画書を練り、21歳の同僚にスペイン語をチェックしてもらった。

彼は普段から僕の活動に興味を示しており、快く協力してくれた。

次に出木杉くんに提案内容をチェックしてもらった。

企画書の甘い点をいくつか突っ込まれたが、大筋は賛成してくれた。

 

WS000047_533

スペイン語が下手なため企画書には図を使った。

 

 

所長に告白

ついに所長に告白をすることにした。

その日、僕はかなり緊張していた。

なぜなら所長は仕事の鬼だからだ。

彼は「仕事しろ!仕事しろ!」といつも同僚たちを怒鳴っている。

 

そして、僕に対してもなかなか厳しい。

前回JICAの調整員が所長に会いに来ると知った時は「ダイスケは全くに役に立っていないから、すぐに日本に送り返してほしい、とJICAに伝えてもいいか?」と聞かれた。

その時は笑いながら冗談っぽく言っていたが、彼の眼はマジだった。

 

ガチガチに緊張しながら、必死にスペイン語で告白した。

そしてあっさりと振られた。

 

振られた理由を簡単にまとめると「VERASAN対象集落以外の集落に調査に行くことは構わないが、Caja de Ahorroは担当させない」ということだった。

恋愛に例えると「二股はダメだけど、ナンパするのは構わない」という感じだった。

なかなか器が大きい彼女である。

 

僕はVERASANプロジェクトでまだ何も成果を出していないので、断られたことは当たり前と言えば当たり前だ。

しかし告白したことで「VERASANの巡回に行けていないこと」と「活動に対してやる気があること」は所長に伝えることが出来たと思う。

 

そんなわけで、二つのプロジェクトを担当することは出来なかったが、自由に集落の調査を出来ることになった。

今後は巡回がない日は自力で行ける範囲の集落に、遊びに行こうと思う。

少しずつ住民と距離を縮めていきたい。

 

全力ダッシュではなく、ゆっくりと。