2020年に「買ってよかったもの」を発表!

田んぼでサッカーでまちおこし!長野県伊那市の泥んこサッカー大会どろカップ

長野県伊那市の泥んこサッカー大会どろカップ

今週末の9月7日(土曜)に長野県伊那市で【どろカップ】が開催される。

どろカップとは、田んぼで行われるミニサッカー大会で、参加者は全員泥まみれになる。

主催は伊那市商工会議所で、スポーツ大会というよりは、まちおこしの要素が強いイベントだ。

042_332

 

→【どろカップ公式ホームページ】

044_331  046_329

 

 

 

 

DOROCUP(泥カップ)サッカー大会に森信蹴で3回出場した

僕は「森信蹴(しんしんしゅう)」というチームで2008年、10年、12年の3回出場している。

09年は参加するつもりだったが申し込みが遅れ参加できず、11年は台風のため大会自体が中止になった。

08年および10年は【3位】という結果を残しているため、森信蹴は「どろカップの古豪チーム」と言っても過言ではないだろう。

 

062_330

 

泥んこサッカー大会に出場するチームメンバー

チームのメンバーは、大学生時代に在籍していた社会人フットサルチームのメンバーと、その繋がりで毎年個性的なメンバーが集まる。

そして、今年も森信蹴はどろカップに参加する。

もちろん、僕は参加できない。

とても残念だ。

実は、協力隊に応募するときには「協力隊に参加することは、どろカップに参加することよりも意味があるのか??」と相当悩んだ。

協力隊への参加を悩ませるほど、どろカップは魅力的だ。

 

056_335

 

長野県伊那市のどろカップが世界進出!?

しかし、泥を噛んでただ悔しがっているだけではない。

僕は【どろカップ@パナマ】を開催するつもりだ。

そのために、どろカップの写真を何枚も印刷しパナマに持参し、知り合うパナマ人全員にどろカップの魅力を力説している。

そして「一緒にどろカップを開催しないか?」と誘っている。

 

もちろん反応は、泥のように冷たい。

「泥だらけになってサッカーするなんて、日本人って頭おかしいな」と毎回言われる。

しかし、パナマ人はサッカーが大好きだから、可能性はゼロではないと思う。

 

田んぼでサッカーをする楽しさと伊那市の魅力

そもそも、日本人でも「田んぼでサッカー?何が楽しいの?」と思う人がほとんどだろう。

そう思う人は、ぜひ一度どろカップを観戦しに行ってほしい。

 

必ずその魅力にひかれ、「来年は参加しよう!」と思うことだろう。

今年も会場は、長野県伊那市である。

そして、ぜひ森信蹴を応援してほしい。

 

→【どろカップ公式ホームページ】

 

074_333

 

066_334

 

僕は伊那市とパナマでの、どろカップ同時開催を目指しています!

おしまい。