JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

青年海外協力隊・野菜栽培隊員の活動報告!往復5時間も山道を歩いて山奥の集落に行くのは正直しんどいです

      2016/02/02


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P7170117_1879

歩いて集落へ

今日は初めて山奥の集落まで歩いて巡回指導に行った。

朝7時に家を出発したら、雨が降り出したのでびしょ濡れになりながら歩いた。

山奥の集落までの道はこんな感じ↓

P7170099_1881

ここを通っている時に土砂崩れが起きたらたぶん生き埋めになる、まさにデスロード。

しかも頻繁に土砂崩れが起きているので、通る時は気を付けなければいけない。

道沿いに焼畑農業の畑があるので、稲の生育をチラ見しながら歩いた。

ここ二週間ほど雨が降らず、どこの集落も水不足で困っていたので、陸稲の生育も心配だったが今日の雨で復活しそうだった。

P7170103_1882

 

2時間半で学校に到着

学校に着いたのは9時半、およそ2時間半の道のりだった。

ホットコーヒーを頂いて雨で冷え切った体を温めていると、子供たちもおやつの時間になり集まってきた。

P7170117_1879

子供たちが飲んでいるのは、「クレーマ」という温かくて甘い小麦粉汁。

ビタミン類も入っていて栄養満点らしい。

クレーマはパナマの朝ごはんには欠かせない飲み物で、ぼくも毎朝飲んでいる。

子供たちにもパナマ政府から支給され、毎日飲んでいる。

 

しかし子供のマグカップをよく見ると、クレーマの上に何か浮いている???

P7170114_1883

 

子供たちは、クレーマの中にクッキーを入れて飲んでいた。

このクッキーもパナマ政府から支給されたもので、ビタミン類が混ぜてある。

P7170115_1880

 

男の子たちが先週の新聞を読んでいた。

彼らはサッカーW杯ブラジル大会の記事を読みながら、「どこのチームが優勝するかな?」と話していた。

ぼくはドイツが優勝したなんて言えなかった。

P7170119_1884

 

学校菜園で農作業

その後は集まった農民たちと一緒に学校菜園で農作業。

カボチャの種を播くおじさんたち。

一見やる気がなさそうに見えて、実は意外と働いてくれる憎めないおじさんたち。

P7170131_1888

相棒が実験中のキュウリ。

とてもよい生育を見せている。

P7170127_1885

そして、そこから収穫出来たキュウリ。

大きなバケツ一杯に巨大なキュウリが収穫出来た。

パナマでは日本で主流のタイプとは別のタイプのキュウリが栽培されている。

実は日本でも昔はこのタイプのキュウリが主流だった。

P7170124_1886

 

15歳の少年と歩いて帰る

学校の先生たちは乗合ジープに乗って、町に帰って行った。

本当は月曜から金曜まで授業をしなければいけないが、山奥の集落の学校で働いている先生は住んでいる町に帰って授業をしない日がある。

なので、山奥の集落に暮らす子供は町の子供たちに比べて授業を受けられない。

パナマは義務教育の制度が整っているが、それが完璧には機能していない。

P7170134_1878

 

ぼくは15歳の少年と一緒に村の中心地まで歩いて帰った。

2時間半の間ずっと日本について説明したので、彼は日本オタクと呼べるほど日本に詳しくなったと思う。

人口、国家、国旗、風習、恋愛、食べ物、紙幣、移動手段などなど。

 

歩いて集落に通うことについて

ぼくは派遣されてから一年経ったが、今日まで集落まで歩いて通ったことはほとんどなかった。

なぜなら、ぼくが活動している集落は村の中心地から遠いからだ。

一番近い今日行った集落でも片道2時間半、往復で5時間かかるし、なんと一番遠い集落は片道6時間、往復で12時間かかる!

往復5時間歩くのでも、正直しんどい。

足にはマメができるし、筋肉痛にもなる。

しかも、雨季の間は昼頃からスコールが発生してとてもじゃないが歩けないし、仮に無理やり歩くと土砂崩れに巻き込まれて危険だ。

そのため、今までは歩きでの巡回指導はしないようにしていた。

しかし、最近は歩きで集落を回る機会が増えてきて、楽しくなってきた。

それは景色が綺麗だし、いい運動になるし、道中に村人と触れ合えるからだ。

そんな訳でこれからは少しずつ、徒歩による巡回指導も行っていこうと思う。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事