JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

ビルバオのおすすめ観光地!世界遺産ビスカヤ移動式吊り橋は近未来感がハンパない

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルバオのビスカヤ橋の夜景

2016年10月から11月にかけてスペイン一周旅行を行い、バスク地方のビルバオにあるビスカヤ橋を観光してきた。

ビスカヤ橋はゴンドラを吊り上げて川の対岸まで人や車を輸送する吊り橋で、世界遺産に登録されている。

ゴンドラに乗ってる川を渡ることができるし、橋の上部を歩いて川を渡ることもできるのでビルバオの人気観光名所になっている。

ぼくは夜景を撮影するためにビスカヤ橋に行って来たのだが、ここでしか撮影できない面白い写真を撮影することができた。

そこで今回は、ビスカヤ橋まで行く方法と写真をご紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

ビルバオの世界遺産ビスカヤ橋

まずはビルバオのビスカヤ橋について簡単に説明しよう。

1.ビスカヤ橋(ポルトゥガレテ橋)

ビスカヤ橋はネルビオン川にかかっている世界最古の運搬橋で、ポルトゥガレテ橋と呼ばれることもある。

ビスカヤ橋(びすかやばし,スペイン語:Puente de Vizcaya)はスペインのネルビオン川に架かっている世界最古の運搬橋である。ビスケー湾に面した港湾都市ビルバオの河口付近にあり、ポルトゥガレテ地区とゲチョ地区を結んでいる。地元では単に「吊り橋」「運搬橋」とも呼ばれ、また左岸の自治体名から「ポルトゥガレテ橋」とも呼ばれている。

引用元:Wikipediaビスカヤ橋

 

2.ビスカヤ橋が吊り橋(運搬橋)になった理由

ビスカヤ橋が運搬橋になったのは、海上交通を妨げないため。

ビスカヤ橋は世界最古の運搬橋であり、世界中の運搬橋のモデルになった。

運搬橋という形式はビルバオに向かう海上交通の妨げになることなく、また長い傾斜路をもつ巨大な橋を造らずにすむ解決策だった。吊り下げられたゴンドラで人や車を運搬するための世界最古の運搬橋であり、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなどの地域で運搬橋のモデルとなった。

引用元:Wikipediaビスカヤ橋

 

3.ゴンドラで人と車を2分弱で川の対岸へ運べる

運搬橋の長さは164m、高さは45m。

ゴンドラは6台の車と300名の人を運ぶことができ、およそ2分弱で川の対岸まで運ぶ。

運搬橋の長さは164m、水面からの高さは45mである。ビスカヤ橋のゴンドラは164mの距離を2分弱かけて渡る。ゴンドラは6台の自動車と300人ほどの人間を運ぶことができる。運行は24時間営業で、8分ごとにゴンドラが行き来している。
運賃はビルバオ都市圏の交通と一体化しているため、バスや地下鉄と同じクレディトランスという交通カードが使用できる。また、観光用の歩道が上部構造に組み込まれており、50mの高さから港や湾を眺めながら歩いて渡ることができる。

引用元:Wikipediaビスカヤ橋

 

4.ビスカヤ橋は世界遺産に登録された

2006年にビスカヤ橋は世界遺産に登録された。

2006年7月13日、ユネスコの世界遺産に登録された。軽量鉄ケーブルの使用が画期的であり、産業革命期の顕著な建築学上の鉄構造物とみなされた。

引用元:Wikipediaビスカヤ橋

 

 

 

ビルバオのビスカヤ橋までの行き方

次にビルバオの市街地からビスカヤ橋まで行く方法をご説明しよう。

1.地下鉄でPortugalete(ポルトゥガレテ)駅まで行く

まずはビルバオの市街地から地下鉄に乗り、ポルトゥガレテ駅まで行こう。

ビルバオの地下鉄は二股になっている路線なので、移動は簡単。

詳しい乗り方はこちらを見てほしい。

参考:マドリードからビルバオまでバスで移動する方法&ビルバオの地下鉄の乗り方

ビルバオの地下鉄路線図

 

2.ポルトゥガレテ駅から川に向かって坂道を下る

ポルトゥガレテ駅に着いたら、川に向かって坂道を下ろう。

ぼくは夜景を撮影するために夜にビスカヤ橋へ向かった。

ビルバオの夜道

ポルトゥガレテ駅からビスカヤ橋までは坂道で、エスカレーターがある。

屋外で野ざらしの状態でエスカレーターがあって驚いた。

ビルバオの街

坂道が長いのでエスカレーターが何本もある。

ビルバオの橋に向かう道

 

3.ビスカヤ橋に到着

川まで付けばビスカヤ橋はもう目の前。

スペインのビスカヤ橋

こちらがビスカヤ橋。

スペインのレトロな吊り橋

 

Googleマップで位置を見てみよう。

 

 

 

川沿いでビスカヤ橋の夜景を撮影してみた。

ビルバオで夜景を撮影する様子

街灯が明るくて橋はライトアップされていないので、けっこう難しかった。

スペインの移動式吊り橋

 

4.帰りは対岸のAreeta(アレータ)駅から帰ろう

ビスカヤ橋の観光が終わったらポルトゥガレテ駅まで戻ってもいいし、対岸のアレータ駅から帰ってもいい。

ぼくは対岸までゴンドラで移動して、アレータ駅から地下鉄に乗った。

ビルバオの地下鉄路線図

 

 

夜のビスカヤ橋を渡ってみた

ビスカヤ橋を渡ってみることにした。

ビスカヤ橋の足元にチケット売り場がある。

ビルバオの吊り橋のチケット売り場

ゴンドラでの通行料金は0.4€(およそ50円)。

ビスカヤ橋のチケット

チケット売り場の隣にゲートがあるので、そこから入場する。

するとゴンドラは車部分と人部分に分かれているので、人部分に乗る。

ビスカヤ橋の室内

こちらがゴンドラの人用スペース。

スペインにある移動式吊り橋

こちらが車用の運搬スペース。

スペインの吊り橋が移動中

ひとつのゴンドラに6台の車が入る。

ビスカヤ橋を渡っている車

川を移動中のゴンドラの様子。

ビスカヤ橋を渡る人

ゴンドラの移動時間はわずか2分弱なので、立ったまま移動する。

ビスカヤ橋の人用ユニット

移動中のゴンドラからの眺め。

移動中は揺れはなく、スーと移動していた。

川を渡っている途中

あっという間に対岸に到着。

対岸に着いたらあとはゴンドラから降りるだけ。

ビスカヤ橋から降りる人

こちらがさっきまで乗っていたゴンドラ。

ビスカヤ橋の人用スペース

到着したらすぐに車も出発した。

ゴンドラが道路に接続し、人と車を運搬している。

ビスカヤ橋の乗車場所

ゴンドラは24時間運航で、常にスタッフが働いている。

ビスカヤ橋の乗り込み口

到着したらすぐに次の運搬の準備が始まった。

ビスカヤ橋に乗り込む車

待っていた人と車がゴンドラへ乗りこむ。

ビスカヤ橋に入る車

ビスカヤ橋は観光スポットだが、地元住民にとっては生活にかかせないインフラ。

ビスカヤ橋に乗る車

ビスカヤ橋はふんだんに鉄が使われていて、巨大な鉄骨で組み立てられている。

ビスカヤ橋の鉄骨

ゴンドラは橋で上部から吊られている。

ビスカヤ橋の車のスペース

このゴンドラの近未来感がすごくない?

ビスカヤ橋の車の入り口

ゴンドラを吊り上げている鉄線がカッコイイ。

ビスカヤ橋の正面

出発時刻になるとゲートが閉められる。

ビスカヤ橋の入り口

ゴンドラのゲートが閉まるとすぐに出発する。

吊り橋のゲートが閉じる

 

 

 

ビスカヤ橋の対岸からゴンドラを撮影したよ

ビスカヤ橋の対岸からゴンドラを撮影した。

ゴンドラは8分間隔で川を往復している。

人が乗っている吊り橋

鉄線で吊られた状態で川を渡るゴンドラ。

ビルバオのビスカヤ橋の夜景

水面にもゴンドラの証明が反射して、めっちゃカッコ良くない!?

人と車を乗せた吊り橋

吊り橋から長い鉄線が伸びていて、ゴンドラを吊り上げている。

スペインの近未来的な吊り橋

吊り橋のユニットが移動することで、ゴンドラが川を往復している。

スペインの吊り橋

あっという間に川の中間地点へ。

ビルバオの吊り橋

周辺に住む人にとってはビスカヤ橋は川を渡るための大切な移動手段。

ビルバオのビスカヤ橋

少し待っていると、今度は対岸からこちらへやってきた。

ビルバオの橋

これが世界遺産に登録されているレトロな乗り物だなんて思えない。

川を渡る人と車

吊り橋の上を歩いて渡ることもできる(ぼくは高い所が苦手なので挑戦しなかったけど)。

ビスカヤ橋の構造

だって、高くない?怖くない?

ビスカヤ橋の鉄骨

シャッターを開きっぱなしにしたら、ゴンドラの光が線になった。

ビスカヤ橋の全体

離発着所はこんな感じ。

ビスカヤ橋を渡るユニット

 

 

川の夜景写真も撮ってみた

対岸の夜景をぼかしてみた。

光のボケ

川でボートの練習をしている人たちが。

川を走るボート

めっちゃカッコイイ!!

ボートの練習

ポルトゥガレテ駅方面の夜景。

ビスカヤ橋の全景

丘の上の夜景。

ビスカヤ橋付近の夜景

川沿いは静か。

ビスカヤ橋の川

対岸の夜景。

ビスカヤ橋の対岸

 

 

ビルバオ・グッゲンハイム美術館にも行って来たよ

ビスカヤ橋の撮影が終わった後に暇だったので、ビルバオ・グッゲンハイム美術館へ行って来た。

ビスカヤ橋からは地下鉄で移動しよう。

グッゲンハイム美術館の夜景

本当は川の対岸から撮影したかったけど、面倒くさいからやめた(笑)

グッゲンハイム美術館の川

巨大なクモのオブジェ。

グッゲンハイム美術館のクモ

複雑な建物。

夜のグッゲンハイム美術館

巨大な犬のオブジェ。

パンジーで作られた犬のオブジェ

よく見てみると、お花でできている。

パンジーでできた犬

この巨大な犬はパンジーでできていた。

パンジー

こちらがビルバオ・グッゲンハイム美術館の入り口。

グッゲンハイム美術館の入り口

グッゲンハイム美術館の裏側。

グッゲンハイム美術館の夜景

橋の反射。

グッゲンハイム美術館

 

 

まとめ

今回は、ビルバオのビスカヤ橋に行く方法と撮影した写真をご紹介した。

ビスカヤ橋はゴンドラに乗ることができるし、橋の上を歩くこともできる。

特に夜景は近未来的な雰囲気がカッコイイので、ぜひ行ってみてほしい!

合わせて読むと役立つかも!?

おすすめホテル予約サイトランキング

ホテルは予約サイトを使った方が安く泊まれるので、おすすめの予約サイトをご紹介します。

1位 Expedia

最近ぼくが一番使っているのはExpediaです。

現地支払いできて安心

・毎日いずれかのホテルで特別割引セールをしている

・ ホテルを利用する度に7%割引コードがもらえる


2位 Agoda

Expediaで良いホテルが見つからなかった時は、Agodaでも探します。

・登録されているホテルの軒数が多い

マイルが貯まる

3位 Booking.com

ExpediaでもAgodaでも良いホテルが見つからなければ、Booking.comを使います。

お得な割引セールがある


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホを常に使いたいですよね?
一ヶ月以内の短期旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトの海外用ポケットWi-Fi」を持って行った方がお得で便利です。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「スペイン」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事