JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

ベネズエラのギアナ高地登山4日目は下山編!頂上で珍しい植物を見てから3つの断崖絶壁を一気に駆け下りた

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウヤンテプイトレッキング4日目の午後

2015年11月に南米ベネズエラのギアナ高地で、アウヤンテプイトレッキングに挑戦した。

カナイマ国立公園にあるカバック村から3日かけてテプイの頂上まで歩き、そして2日かけて下山した。

1日目、2日目、3日目の様子はこちらを読んで欲しい。

参考:ベネズエラでアウヤンテプイトレッキング1日目!大雨の中バックパックを背負い真っ暗闇の中を歩いた

参考:カナイマ国立公園でアウヤンテプイに登山2日目!5分で息が切れる急斜面を2時間登り土砂降りの雨の岩場を綱渡り

参考:ベネズエラのギアナ高地トレッキング3日目!7本のロープで断崖絶壁をよじ登りついにテプイの頂上へ

ついに4日目からはトレッキングが下山に突入した。

3日間の登山で体は疲労困憊状態だったが、果たして無事に下山できたのだろうか?

それでは、アウヤンテプイトレッキングの4日目の様子をご紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

南米ベネズエラのギアナ高地でトレッキングに挑戦

まずは簡単にトレッキングの様子をおさらい。

カバック村を出発してから1日目、2日目、3日目の宿泊地はこれらの場所。

treking

1.アウヤンテプイ・トレッキング1日目

トレッキング初日はカナイマ国立公園にあるカバック村から、一つの断崖絶壁を登って森の中でテントに泊まった。

参考:ベネズエラでアウヤンテプイトレッキング1日目!大雨の中バックパックを背負い真っ暗闇の中を歩いた

写真を撮る本庄さん

 

2.アウヤンテプイ・トレッキング2日目

2日目は二つの急斜面を登ってから、巨大な石の下のすき間にテントを張って寝た。

参考:カナイマ国立公園でアウヤンテプイに登山2日目!5分で息が切れる急斜面を2時間登り土砂降りの雨の岩場を綱渡り

アウヤンテプイトレッキング2日目に歩いた草原

 

3.アウヤンテプイ・トレッキング3日目

3日目は断崖絶壁を7本のロープを使って乗り越えて、アウヤンテプイの頂上にある巨大な石の下にテントを張って寝た。

参考:ベネズエラのギアナ高地トレッキング3日目!7本のロープで断崖絶壁をよじ登りついにテプイの頂上へ

アウヤンテプイの頂上で集合写真

 

 

 

アウヤンテプイ・トレッキング4日目は3つの断崖絶壁を駆け下りた

そして、トレッキング4日目はアウヤンテプイの頂上から始まり、初日に泊まった森まで歩くことになった。

1.早起きして頂上で日の出を眺める

トレッキング4日目は、アウヤンテプイの頂上にある巨大な石の下で目が覚めた。

いつも通り早く目が覚めたので、日の出を見ることにする。

アウヤンテプイの頂上の宿泊地

テプイの地平線から少しずつ明るくなってきた。

今はアウヤンテプイの頂上にいるので、視界はすべてテーブルマウンテンの最も高い台地部分である。

アウヤンテプイの日の出前

普段は下界にいてテプイから登ってくる朝日を眺めていたので、自分がテプイの頂上にいて朝日を眺めるのは不思議な気持ち。

アウヤンテプイの日の出

アウヤンテプイの頂上はこんな雰囲気。

 

2.散策して石と植物の写真を撮る

日の出を眺めてから、テプイの頂上を散策することにした。

奇妙な形の石

アウヤンテプイは数億年前に形成された岩石が露出しているそうだ。

少しずつ台地が風化・浸食されたが、浸食されなかった部分が残って今のテーブルマウンテンが出来上がった。

そのため、アウヤンテプイの頂上には浸食されてできた奇妙な形の石がたくさんある。

アウヤンテプイの頂上にある巨石

自然の力って凄いね。

アウヤンテプイ頂上の変な石

水と風の力だけで、こんな不思議な石が生まれた。

ギアナ高地で風化した石

アート作品みたいな石も。

アウヤンテプイの頂上にある奇妙な石

小人の集まりのような石群もあった。

アウヤンテプイの頂上に並ぶ奇石

こんな形に浸食されるなんて。

ギアナ高地の奇妙な石

これはゾウみたいな石。

アウヤンテプイのゾウみたいな石

なんといっても、熊の石は見事。

アウヤンテプイの熊の石

テントを張っている石もカッコイイね。

アウヤンテプイの巨大な石とテント

テプイの頂上にだけ生息している固有種の植物

テプイは下界から孤立した「陸の孤島」なので、ここにしか生息していない固有種が多い。

珍しい植物がたくさんいたので、写真を撮ってきた。

早朝のアウヤンテプイの頂上

頂上は岩盤の上に水が溜まり、そこに植物が生えていた。

テーブルマウンテン頂上の水たまり

白い花を咲かせる低木。

アウヤンテプイに咲く小さな花

これは食虫植物。

テプイの頂上は土がほとんどなく肥料分がないので、虫から栄養分を補給する食虫植物が多い。

アウヤンテプイの食虫植物

食虫植物の群生が朝日を浴びて綺麗。

アウヤンテプイの朝日

赤くて小さな実を付けた花。

テーブルマウンテンの奇妙な花

湿気が多いのでコケ類が多かった。

アウヤンテプイに生えている苔

ピンク色の花。

テーブルマウンテンの花

空に向かって真っすぐ伸びる草。

テーブルマウンテンの頂上に咲いていた花

ニョッキっとした草。

テーブルマウンテンの頂上の植物

石から生えていたふさふさの何か。

テーブルマウンテンの頂上の苔

石に生えていた白い何か。

ギアナ高地の石についている白いツブツブ

岩盤のくぼみには砂が溜まっていて、草むらになっていた。

アウヤンテプイの草原地帯

いろんな植物が生えていた散策が楽しい。

アウヤンテプイの頂上の植物

ピンと張った草。

アウヤンテプイで伸びる草

赤と白の可憐な花。

アウヤンテプイの可憐な花

日陰に生えたシダ類。

アウヤンテプイの頂上に生えていたシダ類

チクチクした草。

アウヤンテプイのトゲトゲの草

シンビジューム系の緑色の花。

アウヤンテプイの頂上に生えていた緑色の花

おもちゃみたいな紅色の花。

アウヤンテプイの頂上に生えていた赤い花

フワフワしたやつら。

アウヤンテプイの頂上に生えているフワフワ

日本の山にも生えていたような気がするけど、何かは知らない。

アウヤンテプイの白いフワフワ

すごくかわいい。

アウヤンテプイのフワフワ

毛みたいなやつも生えていた。

ギアナ高地の木に生えた白い毛

この花は美しい。

ギアナ高地に咲く白と赤の花

黄色いシンビジューム系の花。

ギアナ高地に咲く黄色い花

群生している花。

ギアナ高地に咲く花たち

朝日を浴びた赤い花。

ギアナ高地で光を受ける花

白くて花弁が大きい花。

ギアナ高地で咲く花

花や植物が好きな人にはたまらない場所だった。

 

アウヤンテプイの頂上は亀裂に注意

ただし、アウヤンテプイの頂上は奈落の底に落ちる亀裂がそこら中に走っているので、散歩中は気を付けよう。

アウヤンテプイの頂上の岩盤

岩盤には浸食によってできたと思われる亀裂がある。

アウヤンテプイの頂上にある亀裂

深すぎて底は見えない。

テーブルマウンテンの亀裂

頂上はこのような亀裂だらけなので、気を付けて歩こう。

トレッキング中はこのような亀裂をジャンプして飛び越える。

ギアナ高地の頂上の裂け目

 

生態系の破壊に注意

この辺りはトレッキングのキャンプ地になっているので、生態系の破壊が始まっていた。

これは柑橘類の木。

おそらく観光客かガイドが持ち込んだ種から生えたのだろう、種の持ち込みには気をつけたい。

アウヤンテプイの頂上の生態系を破壊する柑橘類

 

3.テプイの頂上で朝ご飯

散歩が終わったら、お楽しみの朝ご飯の時間。

その前にまずは朝コーヒー。

アウヤンテプイの頂上でコーヒーを飲む

朝ご飯は、オムレツとボージョだった。

ボージョとは、トウモロコシの粉を練ったものを棒状にしてお湯で茹でた食べ物。

ぼくはあんまりボージョが好きではないけど、テプイの頂上で食べると不思議と美味しく感じた。

アウヤンテプイトレッキング4日目の朝食

ここで衝撃的な知らせが届く。

欧米人グループの荷物持ちをしていたペモン族の一人が突然亡くなったという。

原因は不明だが事故に遭ったわけではないそうだ。

遺体をテプイの麓まで運ぶ方法がなくて困っているという。

遺体を担いで断崖絶壁を下るのは大変だし、ヘリコプターはお金がかかり過ぎる。

結局どうしたのかわからないが、事件になっていた。

4.出発準備

朝食を食べたら、出発準備。

一般的にはアウヤンテプイ・トレッキングは7日間かけて行われる。

なので、一緒に登ってきた欧米人グループは、今日はテプイの頂上を散策してもう一泊する。

しかし、ぼくたちは5日間という短期間コースにしたので、今朝から下山を始める。

体力に自信がない人は日程に余裕を持たせよう。

朝食前から洗濯物を石の上に並べて乾かしたので、久しぶりに乾いた衣服を着ることができた。

アウヤンテプイの頂上で服を乾かす

登山靴はつま先が開いてしまった。

仕方がないのでこのまま歩く。

ボロボロになったトレッキングシューズ

テプイの頂上を流れる川の水は鉱物が溶け出しているので茶色い。

でも水はこれしかないのでこれを飲む。

アウヤンテプイの頂上の水は茶色い

準備ができたので4日目も出発!

アウヤンテプイの頂上で自撮り

 

5.アウヤンテプイの最高地点へ戻る

まずは宿泊していた場所から、アウヤンテプイの最高地点まで戻る。

直線距離は大したことないのだが、大きな亀裂をさけたり崖のアップダウンがあるので、1時間半くらいかかった。

テプイの頂上には石が積んであり、道しるべになっている。

トレッキング中に休憩する本庄さん

写真を撮る本庄さん。

本庄さんはアルゼンチンの写真専門学校に通っていたので、写真が上手だしスペイン語がペラペラ(2年間パナマに住んでいたぼくよりも)。

アウヤンテプイで写真を撮る本庄さん

テプイの最高地点に着いたのだが、4日目は霧に包まれていて視界ゼロ。

3日目には綺麗な景色が見れたのだが、あれは運が良かったようだ。

アウヤンテプイで発生した霧

テプイは標高が高い山なので、天候が変わりやすい。

頂上で発生した霧の様子はこちらの動画をどうぞ。

 

テプイの頂上は霧や雨が多いので、水分が多い。

蜘蛛の巣には水滴が着いていた。

アウヤンテプイで水滴がついたクモの糸

水滴も綺麗ですね。

アウヤンテプイでクモの巣についた水滴

最高地点の近くには、こんな感じの植物が生えていた。

ニョッキっとしてるね。

アウヤンテプイのニョキニョキした植物

白とピンクのコントラストが綺麗な花。

アウヤンテプイの白と紅色の花

いろんな植物が群生している場所。

アウヤンテプイの生態系

今はこの頂上にいるので、3日目に7本のロープを使って登った断崖絶壁を今度は降りなければいけない。

実はぼくたちがここに登る直前にロシアの軍人グループが登頂したのだが、彼らはパラシュートを持ち込んでここから飛び降りてパラシュートで下界に降りたらしい。

帰りは歩かなかったロシア軍人がうらやましい!

ただし、テプイからパラシュートで滑降することは法律で禁止されている。

treking

 

6.断崖絶壁を7本のロープで下る

3日目に苦労して登ってきた道を引き返す。

4日目は特に霧が濃かった。

アウヤンテプイで発生した霧

こんな感じで急な岩場をロープを使って降りていく。

ゴム製のグローブが必須。

 

そして、3日目に通った断崖絶壁まで戻ってきた。

アウヤンテプイの断崖絶壁

この断崖絶壁を乗り越えたなんて、凄いな。

テーブルマウンテンを見上げる

そして、次は2日目に宿泊した巨石を目指して下る。

アウヤンテプイトレッキングの帰路

 

7.2日目に宿泊した巨石まで下る

2日目に宿泊した巨石まで下る。

結局この日は1日目に宿泊した場所まで下ったので、この写真の一番遠くに見えている場所よりももっと遠くまで歩いたことになる。

アウヤンテプイトレッキングの帰り道

前日に必死に登った急斜面の岩場を、今度は下っていく。

下りは呼吸は乱れないが、膝と足首に疲れがたまるし、足を踏み外すことがあって危険。

アウヤンテプイトレッキングの難所

途中には紫色の変な実があった。

そして、下りになってから疲れすぎて一眼レフカメラを出せなくなっていたので、代わりにGoproを使って撮影していた。

アウヤンテプイの謎の実

下りも手を使って上向きの四つん這い状態で進む。

手を使わないと斜面が急過ぎて降りれないのだ。

アウヤンテプイトレッキングの岩場

 

8.巨石で昼食を食べる

疲労で足がガクガクし始めた頃に、ようやく2日目に宿泊した巨石に到着した。

アウヤンテプイの巨石

疲労困憊でもう歩けない。

トレッキング中は道なき道を歩いているので、ズボンも登山靴も泥だらけ。

トレッキングで汚れたズボンと靴

ズボンは山道で何かに引っかけて破れてしまった。

足に怪我はなかったが、丈夫なズボンを履いた方がいいと思う。

アウヤンテプイトレッキングで穴が開いたズボン

あまりにも疲れすぎて、本庄さんに撮影してもらったぼくの顔がヤバイ(笑)

歩いたことで足の疲労がすごいし、重たいバックパックを担いでいるので上半身もバキバキ。

トレッキング4日目の完全に疲れ切った私

昼食はネジネジツナパスタだった。

テプイ飯といえば、これだよね。

体がカロリーを欲していたので、これにマヨネーズとケチャップをかけて食べた。

アウヤンテプイトレッキング4日目の昼食

この時に、ぼくたちには二つの選択肢があった。

【プラン1】今日はこの巨石に泊まって、明日一気にカバック村まで帰る

【プラン2】今日のうちに1日目に泊まった森まで一気に降りて、明日カバック村まで帰る

そして、プラン2を選択したので、2日目と3日目に二日間かけて登った距離を一日で降りることになった。

treking

 

9.1日目の宿泊所を目指して、二つの急斜面を一気に駆け下りた

巨石から1日目の宿泊地まで歩いただのが、あまりにも疲れすぎてぼくはまったく写真を撮っていない

しかし、本庄さんは撮影してくれていた!

登るのに苦労した急斜面はハイペースで一気に下り、あとは平地を歩くだけになった。

アウヤンテプイトレッキング4日目の休憩

急斜面を下り切り、最後の力を振り絞って平地を歩く。

下りは登りよりも楽だったが、さすが4日目にはこれまでの疲労が蓄積していて辛い。

すでに足の裏は豆が潰れているし、全身の筋肉が悲鳴を上げている。

アウヤンテプイトレッキング4日目の午後

上の写真を見て気がついた人もいるかもしれないが、4日目からガイドが一名増えた。

欧米人グループで荷物持ちをしていた少年で、脱ぎ癖があるガイドの弟(13歳くらい)だった。

ペモン族では12歳くらいから荷物持ちとして働き始め、13歳から15歳くらいで結婚・出産する(第二次成長とほぼ同時)。

近代社会から見ると完全に児童労働低年齢出産だが、彼らは伝統的にそうして彼らの価値観ではこれが当たり前。

ぼくは大学で文化人類学の授業を取っていたので、こういうことを詳しく調べたい。

参考:ジェンダーで学ぶ文化人類学を読了!ジャイカ国際協力の女性参加型開発の参考図書

10.1日目の宿泊所に到着

途中で雨が降り出したが、なんとか日没と同時に1日目の宿泊所に到着できた。

すでに真っ暗だったので、写真は翌日に撮影したもの。

この日はこの小屋で食事を取り、小屋の外にテントを張った。

アウヤンテプイトレッキング4日目の宿泊地

 

11.夕飯を食べる

4日目の夕食は、ツナ缶のトマトケチャップ煮と白米。

日本人にとっては貧乏飯かもしれないけど、テプイで食べると絶品!

アウヤンテプイトレッキング4日目の晩御飯

 

12.テントで寝る

小屋はガイドがハンモックを張っていたので、雨が降っていたがテントは小屋の外に張った。

この写真は5日目の朝に撮影したものだが、このテントで本庄さんと四晩寝ていた。

夜は冷えるのでありったけの衣服を着て耐えた。

アウヤンテプイトレッキングで使っていたテントで自撮り

 

13.4日目の感想

トレッキング4日目の感想を簡単にまとめよう。

テプイ頂上の植物は面白い

テプイの頂上には独特な植物がたくさん生えていて興味深かった。

先に固有種を勉強してから行けば、名前がわかってより楽しめたと思う。

下りは楽だけど、疲労の蓄積がヤバイ

復路は下り坂だったので、登りよりも楽だった。

しかし、4日間の疲労が蓄積していたので、かなり辛かった。

ペモン族の文化に興味が出てきた

もともとペモン族は「アウヤンテプイに登ると災いが起こる」と考えていて、誰も登らなかった。

しかし、近年は観光客がトレッキングをするために来るので、ペモン族がガイドや荷物持ちとしてテプイに登っている。

ペモン族の現金収入源は観光業なのだ。

そして、ペモン族は12歳くらいから荷物持ちとして働き始めるし、13歳から15歳くらいで結婚と出産をする。

昔はふんどし一枚で生活していたが、最近は洋服を着ている。

しかし、一部の部族はまだジャングル奥地で暮らし、ふんどし一枚の生活を続けているそうだ。

ペモン族やテプイのことをもっと知りたくなった。

(そこで、2016年10月以降に再びカバック村に滞在して農業指導ができるように、現在調整中である。今度はカバック村の隣の村の学校から農業指導の依頼が来ているので。)

 

 

まとめ

今回はアウヤンテプイトレッキング4日目の様子をお伝えした。

テプイの頂上で独特な植物を観察してから、一気に1日目の宿泊地まで駆け下りた。

4日間の疲労が蓄積して本当に疲れ切っていたので、写真を撮る気力も失っていた。

しかし、まさか5日目にはもっと辛い思いをすることになるとは……

つづく。

追記:トレッキング5日目の様子を紹介

5日目の記事はこちら。

→ ベネズエラの世界遺産カナイマ国立公園でトレッキング最終日!5日間で最も辛い思いをしながら歩き続けた

 

ベネズエラの関連記事

ベネズエラでアウヤンテプイトレッキング1日目!大雨の中バックパックを背負い真っ暗闇の中を歩いた

カナイマ国立公園でアウヤンテプイに登山2日目!5分で息が切れる急斜面を2時間登り土砂降りの雨の岩場を綱渡り

ベネズエラのギアナ高地トレッキング3日目!7本のロープで断崖絶壁をよじ登りついにテプイの頂上へ

ベネズエラのカナイマ国立公園に暮らすペモン族の村で47日間農業を教え、テーブルマウンテンに登頂したよ

ベネズエラの首都カラカスの治安は東京の100倍危険!目の前でひったくりが起き犯人がボコボコにされた

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事