JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「日本国内の旅行・イベント」カテゴリの人気記事

押上駅コーキングスペース!スカイツリーの真下にあるゲストハウス東京ヒュッテは備品が揃っていて清潔で快適

      2016/11/11


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ヒュッテの建物

ゲストハウス東京ヒュッテは備品が揃っていて快適

2015年8月に東京押上駅の近くにあるゲストハウス東京ヒュッテに一週間ほど宿泊した。

ゲストハウス東京ヒュッテはスカイツリーのほぼ真下にある簡易宿泊所で、コワーキングスペースも併設されている特殊なホステルだ。

こちらの宿に宿泊するのは初めてだったが、ホテルとしての備品が揃っていたので快適に過ごすことができた。

そこで今回は、ゲストハウス東京ヒュッテをご紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コワーキングスペース併設のゲストハウス東京ヒュッテ

ゲストハウス東京ヒュッテは、コワーキングスペースが併設された高機能なゲストハウスである。

部屋のタイプは男女混合ドミトリー、女性ドミトリー、個室があり、1泊3200円からとリーズナブルな値段で、東京スカイツリーのすぐ近くに泊まることができる

tokyohutte

 

 

1.入り口

東京ヒュッテの建物がこちら。

ビルをリノベーションして作られたようだ。

押上駅から徒歩5分ほどの場所にあり、非常にわかりやすい。

東京ヒュッテの建物

 

スカイツリーからの距離は、こちらの写真を見てもらえばわかってもらえると思う。

スカイツリーからも徒歩5分ほどなので、見上げればいつでもスカイツリーを見ることができる。

スカイツリーに近い東京ヒュッテ

 

今回は東京ヒュッテに一週間ほど泊まっていたので、毎日スカイツリーを見上げて見飽きてしまった。

しかし、東京観光に来た外国人にとっては、毎日スカイツリーを眺められるのは最高の特典だろう。

スカイツリー

 

こちらが東京ヒュッテの入り口。

緑が多くて、素敵な雰囲気だ。

東京ヒュッテの玄関

 

コワーキングスペースの入り口も兼ねているので、ゲストハウスっぽくない外観だ。

木製のベンチもいい感じ。

東京ヒュッテの入り口

 

 

 

2.コワーキングスペース

ゲストハウス東京ヒュッテの特徴は、1階にコワーキングスペースが併設されていることだ。

ドリンクメニューが提供されていて、宿泊客でなくてもWi-Fiを使うこともできる。

東京ヒュッテの看板

 

こちらがコワーキングスペースの様子。

宿泊客は無料で利用できるので、外国人バックパッカーがお酒を飲んだり話したりしていた。

ゲストハウスの宿泊客とコワーキングスペースの利用客が交流できる「場」である。

コワーキングスペース

 

 

3.ドミトリーのベッドスペース

こちらがドミトリーのベッドスペース。

2段ベッドだが、完全に独立した個室のような構造になっていて、プライバシーが守られる。

ゲストハウスは好きだけど、ドミトリーは苦手という人でも使いやすいと思う。

二段ベッド

 

上段のベッドスペースに入るためには、こちらの四角い足場に足をかけて登る。

まるで簡単なアトラクションのようで、ぼくはこの足場がとても気に入った!

階段

 

 

ゲストハウス東京ヒュッテの凄いところは、ベッドスペースに荷物置き場が用意されているところだ。

普通のゲストハウスではベッドスペースには、ピッタリサイズのベッドが置かれているが、こちらの宿ではあえて荷物を置けるスペースを用意している。

ゲストハウスを利用する旅人はバックパックやスーツケースなど大きな荷物を持った人が多いので、この気遣いはとても嬉しい。

カバン置場

 

ベッドスペースには、ハンガー、卓上ライト、扇風機、コンセントが用意されていた。

ひとつひとつのベッドにここまで備品を揃えている宿は珍しい。

そして、カーテンを使えば完全に外の目を遮断できる。

ベッドスペース

 

さらに、枕元には貴重品ロッカーが用意されていた。

南京錠まで用意されていて、チェックインの際に部屋とゲストハウスの入り口のカギと一緒に南京錠のカギも渡された。

サイズは小さかったが、貴重品ロッカーが自分のベッドスペースにあるのは安心できる。

貴重品ロッカー

 

 

4.備品

宿泊客が利用できる備品は他にもあった。

アイロン、ポット、冷蔵庫、ドライヤー、フリードリンクが用意されており、ぼくはアイロンを使ってワイシャツのしわ伸ばしをした。

東京ヒュッテはとにかく備品が揃っていて、快適に過ごすことができた。

備品

 

 

5.屋上

東京ヒュッテには屋上があり、自由に使うことができる。

そして、ここからの眺めが最強だった!

屋上

 

ドドーーーン!と目の前に東京スカイツリーがそびえ立っている。

この屋上をビアガーデンとして解放したら、めちゃくちゃ繁盛すると思う。

宿泊客と一緒にビールを飲みながら、お喋りするのも楽しそうだ。

スカイツリー

 

 

6.洗面所

洗面所も綺麗。

女性スタッフがいるからだろうか、館内はどこも完璧に清潔だった。

洗面所

 

 

7.バススペース

ユニットバスも広くて清潔だった。

シャンプーとボディソープも完備している。

バススペース

 

 

8.雰囲気

利用客の多くが外国人だった。

宿泊費が3000円以上なのもあってか、貧乏旅行者というよりオシャレな服装の旅行者が多かった。

スタッフさんの雰囲気もいいし、館内も清潔でとても過ごしやすい宿だった。

東京に滞在するときには、ぜひまた利用したいと思うようなゲストハウスだ。

近所にはめちゃくちゃ個性的なラーメン屋さんもあったので、またの機会に紹介しようと思う。

追記

ロックンロールなラーメン店について書きました。

参考:押上駅近くのラーメン屋竹末東京のロックンロールパフォーマンスがヤバい

 

 

まとめ

押上駅の近所にあるゲストハウス東京ヒュッテは、設備が整っていて清潔な素敵なゲストハウスだった。

スカイツリー観光に行く人には、ぜひ利用して欲しいおすすめの宿である。

▼東京ヒュッテの詳細>>>

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「全国のゲストハウス宿泊レポート」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事