JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

無電化村に滞在した感想|ぼくらが住んでいる場所は空の一部なのだ。

      2015/07/23





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テントウムシを手の甲に乗せて、人差し指を立てると指の先まで登っていく。

指の先端に着いたと思うと、バッと羽を広げてそこから空に飛び立つ。

しばらくは僕ら人間の目線と同じ高さを飛んでから、もっと高く遠くへ飛んでいく。

 

人間は「空を見上げる」という言葉を使う。

でも実は僕らが住んでいる場所は、すでに”空の一部”なのだ。

スポンサーリンク

 

 

 

 

高校生の頃にこんな文章を読んだ。

誰が書いた文章か、どこで読んだのかはもう忘れてしまったが、内容は10年近くたってもまだ覚えている。

 

テントウムシの話を久しぶりに思い出した。

今週は前回と同じ無電化の集落に滞在し、そこで朝日や青空や星空を眺めていたからだ。

 

PC190246_894

山からお日様が顔を出す瞬間を待ち構えている。

お日様より早起きするのは、なんだか気持ちが良い。

 

 

PC190250_893

電気がある集落まで行くには、この道を6時間歩かないといけない。

半径数十キロに渡って、電気がない。

電気がなければもちろん浄水施設もないので、住民は湧水を飲んでいる。

 

 

 

夜になると、目に見える明かりはすべて星だけになる。

目線の高さから頭の上まで、星だらけ。

星空を見上げるというよりは、「星空の中に立っている」という感覚になる。

 

 

”空を眺める”なんて普通に生活していたら、なかなかしない。

非日常の空間にいるからこそ、当たり前のことに目を向けることができる。

青年海外協力隊の生活そのものも非日常であるが、集落で滞在調査を行ったことで、「当たり前と思っていたことが当たり前ではない」と気づくことが出来た。

この体験について、書き残そうと思う。

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

スペインワーホリ体験者に日本語とスペイン語で質問してみた

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ





海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「JICA青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

SNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

FacebookやTwitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【フリーランス向け有料マガジン】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数
・地方自治体との地方創生プロジェクト

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom

ウェブメディアFINDRESでトラベルフォトグラファーとして「世界の都市をパチリ」を連載。

  同じカテゴリの記事