JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

【海外旅行の安全対策】外国の危険なタクシーに安全に乗る方法!タクシー強盗・誘拐を防ぐ方法

      2017/03/03


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P7300074_1954

あなたは海外でタクシーに乗ったことがありますか?

 

海外のタクシー強盗

海外では町の中での近距離移動の手段として、「タクシー」が使われることが多い。

なぜならば治安が悪い地域では、町の通りを歩く行為はそれだけで強盗や強姦に襲われる危険性があるからだ。

国によってはリキシャーやトゥクトゥクを使う国もあるが、バス、電車、タクシーを使うのが多いだろう。

その中でも、バスや電車と違い目的地まで送り届けてくれるのがタクシーの強みで、土地勘がない旅行者には有り難い交通手段だが、一方では「タクシー強盗」に襲われる危険性もはらんでいる。

 

南米エクアドルのグアヤキルの邦人タクシー強盗事件

日本でタクシー強盗といえば「客を装った強盗が運転手を襲う」というのが一般的だが、海外で多いのは「運転手が強盗になり客を襲う」という逆のパターンだ。

例えば、今年の一月には南米エクアドルの最大都市グアヤキルで、新婚旅行中の日本人旅行者夫婦がタクシー強盗の被害に遭うという、凄惨な事件が起きてしまった。

新婚旅行の邦人襲われ夫が死亡、妻も重傷 南米エクアドルで銃撃 ― スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/03/kiji/K20140103007319370.html

 

 

 

外国でのタクシー強盗の目的

海外で多発しているタクシー強盗の目的は、主に以下の3つだろう。

1.その場で現金・荷物を奪う

2.誘拐し、キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、金を引き下ろす

3.抵抗したら、殺害して金品を奪う

海外旅行をする人は、タクシー強盗に遭わないように対策をすることと、もしタクシーで襲われたら抵抗しないことが肝心だ。

実はエクアドルの極悪都市グアヤキルにも協力隊員は住んでいるし、青年海外協力隊員もタクシー強盗の危険性にさらされている。

 

 

JICAからも注意喚起

独立行政法人国際協力機構JICAが、駒ヶ根訓練所と二本松訓練所で行っている青年海外協力隊の派遣前訓練では、治安が悪い海外でどのように防犯を行うべきかの講義「海外防犯講習」があった。

その講習ではタクシー強盗、誘拐、レイプ、路上強盗、置き引き、ひったくり、などの具体的な事例とその対策について話を聞いた。

JICAのデータによると、世界中で最も犯罪が多いのは中南米で、青年海外協力隊の中で犯罪に巻き込まれた件数が多いのも、やはり中南米地域であった。

「えっ、中南米ってそんなに危険なの?」と思った方は、世界の危険な50都市をGoogleマップにマッピングした以下のリンク先を見て欲しい。

中南米の治安の悪さが一目で理解できるはずだ。

 

世界で危険な50都市をマッピングしてみたら極端なことになった | 世界新聞
http://sekaishinbun.net/2013/12/01/the-most-violent-cities-in-the-world-2013/

 

 

特に中南米で発生件数が多いタクシー強盗に関しては、パナマに派遣されてからもJICA事務所から注意するように促され、元警察官のパナマ人治安顧問から「タクシー強盗に遭わない方法」を教わった。

そこで今回は、海外に住んでいる人や旅行する人がタクシーを利用するときの参考になるように、JICAの駒ヶ根訓練所で教わった方法と、元警察官のパナマ人から教わった方法をまとめて26個の対策を紹介しようと思う。

スポンサーリンク

 

 

 

海外でタクシー強盗に遭わないための26対策

まずは安全にタクシーを呼ぶ方法と捕まえる方法から紹介する。

 

タクシーの捕まえ方

1.店で呼ぶ

道を走っているいわゆる流しのタクシーを捕まえて乗るのではなく、タクシー会社に電話してタクシーを手配すべき。

流しよりは危険性が低い。

 

2.番号を聞き、確認する

タクシーを電話で呼ぶ場合も、派遣されるタクシーの車体番号を聞き、到着したタクシーが本当に派遣されたタクシーか確認する。

タクシー無線を傍受して来た偽物の可能性もある。

 

3.道ではなく、屋内で待つ

タクシーを呼んでからは、屋外ではなく屋内で待つべき。

屋外にいると強盗に襲われる可能性がある。

 

4.最悪、道で拾う

タクシー会社の電話番号がわからない、店でも呼んでくれないという場合には、道で流しのタクシーを拾う。

しかし、出来るだけタクシー会社から派遣してもらうべき。

 

5.無許可の個人タクシーは危険

白タクと呼ばれる無許可の個人タクシーも存在するが、危険性が高いので利用しない。

タクシー車両ではなかったり、車体番号がないので見た目で判別できる。

 

6.すぐに乗らない

タクシーを呼び止めたら、すぐに乗ってはいけない。

まずは観察する。

 

7.運転手の人相とヤク中でなにか、酔っぱらっていないかを確認する

人相が悪かったり、ヤク中だったり、酔っぱらっていないかを確認する。

嫌だと思ったら乗らない。

 

8.車の損傷度

タクシー車両の損傷度を確認する。

傷だらけの車の場合、事故をよく起こす運転手である可能性が高い。

 

9.事前に相場を調べておく

タクシー料金の相場を調べておく。

値段交渉でぼられたり、ケンカのもとになる。

 

10.料金の安すぎには危険

利用料金が相場と比べて安すぎる場合には、注意が必要である。

運転手の狙いを確かめる必要がある。

 

11.降車時に支払いでケンカしないために交渉した金額を紙に書き残す

料金を紙に書き、物的証拠を作るべき。

言った・言わないでケンカになることがある。

 

12.タクシーの登録番号を確認し、紙にメモしてポケットへ

車体に書かれている会社の登録番号を紙にメモし、ズボンや服のポケットに入れる。

強盗に遭った場合に役に立つし、抑止力になる。

 

P7300083_1956

これでタクシーを捕まえる方法は終わり。

次は安全にタクシーに乗る方法だ。

 

タクシーの乗車の仕方

13.車内の運転手照明写真が本人か確認する

車内にある証明書を見て、運転手が本人かを確認する。

他人の車を盗んで乗っている可能性がある。

 

14.助手席ではなく、運転手から遠い後部座席に座る

座る場所は助手席ではく、後部座席の運転手から遠側。

運転手に襲われた場合に逃げやすいように。

 

15.ドアが内側から開くか確認

後部座席のドアが内側から開くか確認する。

開かないと、もしもの時に逃げにくい。

 

16.窓が開くか確認

後部座席の窓が開くか確認する。

ドアが開かない場合は、窓を開けて手を外に伸ばし、外からドアを開けて逃げる。

 

DSC_0103_2012

タクシーに乗車する方法は以上。

次はタクシーの車内での立ち振る舞いについて。

 

 

 

車内での会話

17.友人にタクシーの登録番号を電話する。

友人にタクシーに乗ったことと登録番号を電話する。

誘拐された場合と抑止力のために。

 

18.必要以上に個人情報を与えない

運転手に必要以上に個人情報を教えない。

日本人と言うと金持ちと思われ、ターゲットにされる。

 

19.ヤバい場所では、常に電話し続ける

犯罪が多発している地域では、タクシーに乗っている間中、誰かに電話し続ける。

連絡を取っていることが、犯罪の抑止力になる。

 

20.ヤバいと思ったら、すぐに降りる

運転手の挙動が不審、車の進行方向がおかしいと感じたら、車を止めさせてすぐに降りる。

ヤバいと思ったら、早めに逃げるべき。

 

21.すぐに降りられるようにカバンは常に隣に置く

すぐにタクシーから降りて逃げられるようにカバンは常に隣に置く。

出来るだけトランクには荷物を預けない。

P7300080_1955

 

車内での会話、立ち振る舞いは理解してもらえただろうか?

最後に、もしタクシー強盗に襲われてしまったら…。

 

 

 

タクシー強盗に襲われたら

22.すべての指示に従い、抵抗しない

すべての指示に大人しく従う。

ナイフ、拳銃を隠し持っている可能性があるので、絶対に抵抗しない。

 

23.ドアを開けて逃げる

財布やカバンを渡したら、ドアを開けて逃げる。

常にドアを開ける準備をしておく。

 

24.ドアをロックされたら、窓を開けて外に手を伸ばし、ドアを開ける

後部座席のドアをロックされたら、窓を開けて外に手を伸ばし、ドアを開けて逃げる。

常に窓を開けられるにしておく。

 

25.貴重品は分けて持つ

財布やカバンは奪われる可能性があるので、セキュリティバッグなどにお金やパスポートのコピーを入れておく。

貴重品は三か所以上にに分けて持つ。

 

26.警察署に行く

タクシー強盗に襲われたら、すぐに警察に行く。

早いほど犯人の逃走範囲が狭くなるし、自分の身も守らないといけない。

 

P7300074_1954

 

以上で、海外でタクシー強盗に遭わないための26対策は終わりだ。

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

海外でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

 

まとめ

今回の対策は、世界一危険なラテンアメリカを対象に考えられた対策なので、海外でも比較的安全な国でこれだけの対策を行おうとすると、煩わしく感じるだろう。

なので、自分が旅行するもしくは滞在する国や地域の治安状況に合わせて、必要な対策を実施してもらいたい。

ただし、海外では安全対策のし過ぎはない。

くれぐれも安全には気を付けて、海外旅行や海外生活を楽しんでもらいたい。

 

 

 おすすめの記事

海外旅行で交通費・宿泊費・食費を節約する秘訣と裏技をバックパッカー歴5年のぼくが伝授します!

海外旅行初心者は必ず見るべき!格安航空券検索サイト「スカイスキャナー」で簡単に安い飛行機チケットを買う方法

無料でできる!方向音痴でも海外旅行先で絶対に迷子にならず安全に旅する方法

初めてのエスタ申請!アメリカ電子渡航認証システム(ESTA)の申請のやり方と有効期限内に確認・更新する方法、再申請の手順

メキシコのLCC格安航空会社interjet(インテルジェット)の使い方と注意点・カンクン&コスタリカ編

旅行者へおすすめ!メキシコシティの空港で夜間でも安全に格安でタクシーを使う方法

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事