JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

一人旅の満足度は、移動距離の長さではなく「出逢いの数」に比例する。

      2016/05/28


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人旅に出よう

昨日は平日だったが仕事は休みだった。

おとといが祝日だったが出勤したので、昨日が振り替え休日になったのだ。

僕の配属先は土日は毎週休みだが、平日に休みがあることは滅多にない。

そのため、この貴重な休日をどう過ごそうか前の晩から悩んだ結果、ようやく朝になってある答えに行きついた。

スポンサーリンク

 

 

 

 

一人旅に出よう。

 

僕は一人旅が好きで、学生時代は四国一周、九州一周、インドなどを一人で旅した。

ただパナマに来てからは、生活に慣れるのに精一杯で「旅に出たい」とは思ったことがなかった。

 

今回も遠くにお出かけがしたい訳ではなく、距離は近くでいいから一人旅をしたいと思った。

朝ご飯を食べると、リュックににカメラと水筒と折り畳み傘を詰め込んで家を出た。

家を出る時に「どこに行くの?」とママから尋ねられたので、僕はただ「あっちの方角」と西の空を指さした。

予想外の返答の仕方にママは笑い出し、つられて僕も笑った。

 

家を出るとひたすら西に向かって歩いた。

西の方角には車で行ったことがある集落がある。

歩いて行ったことはないが、1時間半ほどで着くと思った。

車でそこを通ったときに窓から見えた景色は素晴らしく、ぜひゆっくり眺めたいと思った。

DSC_0002_651

 

親子と出逢う

すると同じ方角に進む親子と出会った。

中学生くらいの娘とその父親で、世間話をしながら一緒に歩く。

 

すると、その父親から道沿いに建つ民家に導かれ、一緒にテラスにお邪魔する。

父親が何かを話すと、木の実を加工して作った器に、なみなみと何かが注がれて出てきた。

「さぁ、飲め」と父親と促される。

どうやら酒らしい。

そういえばこの民家に来る前の世間話で、「グァラポ(サトウキビ汁を発酵させて作る自家造酒)は好きか?」と尋ねられていた。

 

1235028_726100150740242_139110531_n

以前、飲んだグァラポ

 

サトウキビの発酵酒グァラポ

以前に一度飲んだことがあったので、ためらわずに一口飲む。

前回と同様にかなり雑な味がする。

強い酸味と苦味と甘さがごちゃ混ぜになって口内を暴れまわり、独特の発酵臭も鼻を貫く。

 

しかもグァラポのアルコール度数は、ワインと同じくらいの高さではないかと感じる。

グァラポは伝統的なお酒だが、今ではパナマ人でもド田舎に住む農民しか飲まないらしい。

僕は伝統的なお酒に興味があるので、飲ませてもらえるのはとても嬉しいのだが、木の実の器には1リットル以上のグァラポが入っている。

さすがに飲み切れず、一緒に来たおじさんにも勧める。

 

おじさんは器を受け取ると嬉しそうにグイッと一気飲みし、空の器を家の住人に返す。

家の主人が現れて、挨拶をかわす。

「日本から来たボランティアで、カニャサスに住んでいる」そう伝えると「カニャサスはどうだ?いい村だろ?」と主人から尋ねられる。

「とても静かな村で気に入っているよ、まるで僕の故郷みたいだ」と答えると、嬉しそうに笑った。

 

そんな挨拶をかわしていると、またグァラポが出てきた。

また飲む。

そして、主人にも勧める。

次はおじさんにも勧める。

こうして回し飲みするのがこのお酒を飲むときの「流儀」なようだ。

 

3人で飲むとすぐに空になり、またおかわりがやって来た。

また3人で回し飲みする。

さすがに酔いがまわってきた。

これ以上飲んだら旅を続けられないと思い、家の住民に別れを告げ、親子ともここで別れる。

一人旅の途中で「沈没」はしたくない。

 

少年との出逢い

一人で歩いていると道端に座っていた少年から「川に泳ぎに来たのか?」と声をかけられる。

僕は川の存在など知らなかったが、「そうだよ、川はどっちにある?」と尋ねてみる。

少年はただ「あっちの方角」と西の空を指さした。

予想外の返答の仕方に僕は笑い出し、つられて彼も笑った。

 

そんな訳で、彼と一緒に川に行くことになった。

川までの道中でいろんな話をしていて、将来の夢を訪ねてみると「タイル職人になりたい」と言っていた。

職人のかっこ良さをわかるとは、なかなか渋い男だ。

 

DSC_0015_656

 

川に着き一緒に泳いでいると、通りすがりの馬使いの兄弟が乱入して来た。

彼らはタイル職人を夢見る少年の友達らしい。

彼らも服を脱ぎ、半ズボンのまま一緒に川で遊ぶ。

道の下のトンネルがスライダー代りになると教えてもらい、何回も滑った。

DSC_0062_652

 

DSC_0069_654

 

ずっと遊んでいたかったが、真っ黒い雨雲が近づいてきたので、帰ることにする。

少年たちに別れを告げ、来た道を引き返す。

 

少年少女グループとの出逢い

すると、すぐに別の少年少女のグループに絡まれる。

日本から来たボランティアだと伝えると、「チャオって日本語でなんて言うの?」と日本語に興味を持ちだした。

石、家、木、電柱、カバン、帽子、靴、服、道、川など目につく物や挨拶の日本語訳を質問してくるので、すべて日本語に翻訳してあげた。

彼らの目的地である小聖堂に着いたので、「最後にあと一つだけ、日本語を教えてあげるよ」と言うと「あと一つだけか…何がいいかなぁ」と悩み始めた。

その様子が最高に可愛くて、歩いてきた疲れが吹き飛んだ。

 

ちょっとしたアイデアが浮かんだので、あえて最後の一つを僕が選んだ。

 

DSC_0081_648

 

僕  「じゃあ、最後はアミーゴの日本語を教えてあげるよ。『友達』って言うんだ」

子供 「ともだち…?」

僕  「だって俺たちは、もう友達だろ?」

子供 「もちろんさ!友達だ!」

 

その様子がめっちゃ可愛くて、もう少し一緒に遊んでいたくなったけど、我慢して一人で進むことにする。

一人旅の途中で「沈没」はしたくない。

彼らと別れると、背後から懐かしい日本語が聞こえた。

 

「さよなら、ともだち」

 

 

2回目の伝統酒グァラポ

帰り道でまたグァラポを飲むことになった。

行きで一緒に飲んだ家の主人にまた誘われたのだ。

僕は「お酒の誘いは絶対に断れない」という洗脳を日本で受けたのだが、パナマに来てからもその洗脳は解けていない。

 

主人とその友人らしきおじさん達と一緒にグァラポを飲む。

その様子を見て、近所のギャルやおばさんたちが笑っている。

気が付くと、いつしか人だかりが出来ていた。

東洋人顔のよそ者が、パナマ人でもド田舎に住んでいる農民以外は飲みたがらない伝統酒を飲んでいるのが、相当笑いのツボらしい。

 

その時、すでに時間は午後2時頃になっていたが、今日は朝食を食べて以来グァラポしか口にしていない。

空きっ腹にグァラポは正直キツイ。

ここは素直に「この酒はうまいけど、もうキツイわ…」と主人に言うと「そうか、わかった。じゃあ、セコ(市販のサトウキビの蒸留酒)を用意するわ」とノリノリで主人が答える。

こりゃまずいと思い、「また別の日に、一緒に飲もう!」と言い残し、なんとかその家を離れる。

 

車を運転するおじさんとの出逢い

「楽しい旅だったなぁ」と 思い返しながら家に向かって歩いていると、背後から車が近づいてきた。

そして、少しずつスピードを落としていき、僕の隣に停まった。

運転席の窓が開き、運転手の顔が見える。

知らないおじさんだった。

その運転手が親指を後ろに向けながら口を開く。

 

「乗ってくか?」

 

僕は「ありがとー!」と叫び、荷台に飛び乗る。

カニャサスでは、同じ方向に歩いている人を車の荷台に乗せてあげるのが運転手のマナーなのだ。

 

一人旅の感想

車の荷台で心地良い風を感じながら、旅の記憶を頭の中に蘇す。

今回は「徒歩で半日」という超短距離の一人旅だったが、九州一周やインド一人旅にも似た満足感を感じていた。

「この満足感は何なのか?」と車の荷台で考えてると、ちょうど家に着く頃に「ある仮説」が生まれた。

 

一説によると…

 

一人旅の満足度は、移動距離の長さではなく「出逢いの数」に比例する。

合わせて読むと役立つかも!?

おすすめホテル予約サイトランキング

ホテルは予約サイトを使った方が安く泊まれるので、おすすめの予約サイトをご紹介します。

1位 Expedia

最近ぼくが一番使っているのはExpediaです。

現地支払いできて安心

・毎日いずれかのホテルで特別割引セールをしている

・ ホテルを利用する度に7%割引コードがもらえる


2位 Agoda

Expediaで良いホテルが見つからなかった時は、Agodaでも探します。

・登録されているホテルの軒数が多い

マイルが貯まる

3位 Booking.com

ExpediaでもAgodaでも良いホテルが見つからなければ、Booking.comを使います。

お得な割引セールがある


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホを常に使いたいですよね?
一ヶ月以内の短期旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトの海外用ポケットWi-Fi」を持って行った方がお得で便利です。

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「パナマ」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

Amazonが期間限定セール中!


  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / 世界を旅するフォトグラファー / 海外秘境ライター / 旅人限定のブログコンサル / CFコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
【農業コンサルタント】遠隔指導&出張指導

【海外旅行&秘境ライター】執筆・寄稿依頼

【世界を旅するフォトグラファー】撮影依頼&写真の利用

【旅をキャリアに生かしたい人専門】ブログのコンサル

【成果報酬制】クラウドファンディングコンサル

【月間25万PV】PR記事作成の依頼

shigoto_9042

SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事