JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

いちごの旬の季節はいつ?苺が一番美味しい時期は冬だけど夏でも食べられる

      2018/01/18


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コスタリカのイチゴ

こんにちは、苺ソムリエとしてイチゴ栽培の指導をしている宮崎です。

突然ですが、イチゴの旬はいつなのか、あなたは知っていますか?

例えば、同じフルーツであるバナナやパイナップルは一年中売っていますよね?

でも、限られた時期にしか売っていない果物もあります。

例えば、サクランボは春、スイカは夏、リンゴは秋、みかんは冬しか売っていません。

では、苺がスーパーの店頭で販売されている時期は、いつでしょうか?

・春でしょ!

・冬から売っているよね!?

・最近は秋から見かけるなぁ〜

いろんなご意見があると思いますが、今から詳しくご説明します。

それから、「苺が一番美味しい時期」も気になると思うので、合わせて解説しますね。

スポンサーリンク

 

 

苺の旬は初夏?冬?それとも春?

無数のイチゴと白苺

イチゴがスーパーで売られるのは12月から5月

イチゴは日本ではスーパーの店頭に、12月から5月まで並んでいます。

スーパーにより、多少時期は異なりますが、およそこれくらいの時期でしょう。

こちらに、大田市場のイチゴの月別取扱収量のグラフを用意しました。

これを見て頂ければ、イチゴが日本に流通している時期は12月から5月までだと納得してもらえるでしょう。

みなさんご存知の通り、冬から春の半年間は、誰でも美味しいイチゴが食べられます。

そのため、最近のイチゴの旬は「冬から春」と言えるでしょう。

 

本来、イチゴの旬は春だった

しかし、本来はイチゴが実を成らす時期は、おもに4月から6月の春でした。

日本でも30年ほど前には、冬の季節にイチゴが収穫できることは珍しかったんです。

なので、昔はイチゴの旬は「春だけ」でした。

 

日本で冬からイチゴが収穫できる理由

では、なぜ今では冬でもイチゴが収穫できるのでしょうか?

実は、日本のイチゴ栽培農家では、大型暖房機と二重ビニールハウスを使って春のような環境を作り出し、苺を冬に栽培しているので、現代はイチゴの旬をあまり感じられません。

人工的な春」を作り出すことで、イチゴに春だと勘違いさせているんですね。

そのために、実は夏に「人工的な冬」も作り出しています。

真夏にイチゴの苗を作り、その苗を決まった時間と日数だけ真っ暗な冷蔵庫に入れることで、イチゴに冬だと勘違いさせているんです。

【本来の季節】

夏→秋→冬→春

【イチゴが感じている季節】

冬→春→春→春

このように、農家が人工的な環境を作ることで、イチゴに季節を勘違いさせて、本来なら収穫できない季節にイチゴを収穫しています。

 

では、なぜ冬からイチゴを生産しているのか?

では、なぜわざわざイチゴを冬から生産しているのでしょうか?

だって、人工的な環境を作らなくても、春になれば天然の環境でイチゴが収穫できますよね。

わざわざイチゴを冬から生産する理由は、「日本人が初物好きだから」と「クリスマスケーキ用にイチゴが必要だから」です。

日本人は初物好き

日本人は季節の食べ物を大切にする文化があり、初めて食べる初物を有難がる風習があります。

そのため、5月に収穫されたイチゴよりも、4月のイチゴの方が価値が高くなります。

具体的にいうと、出荷された時期が早ければ早いほど、市場の卸価格が上がります。

そのため、昔は5月にしか出荷されていなかったイチゴですが、4月から、3月から、2月から、1月からとどんどん早く出荷されるようになり、ついには12月から出荷されるようになりました。

12月にはクリスマスケーキ用にイチゴの需要が高まる

また、みなさんご存知の通り、12月24日のクリスマス・イヴと25日のクリスマスには、日本中でクリスマスケーキが食べられています。

そして、クリスマスケーキにはイチゴが欠かせませんよね?

そのため、12月には日本中でイチゴの需要量が爆発的に増えるんです!

クリスマスケーキ用の需要に応えるためにも、日本ではイチゴが12月から収穫されています。

 

11月からは収穫できないの?

じゃあ、いっそのこと11月から収穫した良いんじゃない!?

と思われる方もいるでしょう。

実際、そのような動きは始まっていて、今では早い地域では11月から果実の収穫を始めています。

ただし、今の農業技術と経営的に考えてみると、11月以上の収穫前倒しはあまり得策ではありません。

 

 

6月から11月までのイチゴは、どこから来る?

日本のスーパーにイチゴが出回る時期は、12月から5月だと説明しました。

ただし、ケーキ屋さんに行くと、一年中、苺のショートケーキが売っていませんか?

6月から11月まではイチゴがないはずなのに、このイチゴはどこから来るのでしょうか。

6月から11月までは海外産の輸入イチゴが多い

もう一度、こちらのグラフを見ていただくと、6月から11月まではイチゴが海外から輸入されていることがわかります。

そうなんです、実は日本はイチゴを海外から輸入しているんです。

といっても、国内でイチゴが採れなくなる6月から11月まで限定ですが。

「えー、輸入イチゴよりも国産のイチゴが食べたいよ!」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

安心してください、実は夏と秋に収穫できるイチゴもあるんです。

 

6月から11月まで出荷される夏秋イチゴもある

実は、6月から11月まで収穫できる特殊なイチゴもあります。

それは夏から秋に収穫できるので「夏秋(かしゅう)イチゴ」と呼ばれています。

なぜ、夏と秋に収穫できるかというと、このタイプのイチゴは普通のイチゴとは、花を咲かせる仕組みが違うからです。

普通のイチゴは「一季成り性イチゴ」というタイプで、夏秋イチゴは「四季成り性イチゴ」というタイプです。

夏秋イチゴは、特に夏場の気候が涼しい北海道や東北地方、長野県で生産されています。

さらに詳しい情報は、こちらの記事を読んで下さい。

参考:夏いちごとは?夏秋イチゴ(四季成り性)の品種と栽培方法、産地についてプロが徹底解説

 

6月から11月には、輸入イチゴと夏秋イチゴが使われている

というわけで、6月から11月には輸入イチゴと夏秋イチゴが使われています。

でも、このことはほとんどの日本人は知りません。

なぜかというと、夏と秋に使われるイチゴはケーキ屋さんなどの業務用だけなので、スーパーなどの一般人が買う場所では売られないからです。

そのため、普通の日本人にとってのイチゴの旬は、冬と春だけなんですね。

ただし、思い出してみてください。

・夏や秋が誕生日の人の誕生日ケーキにも、苺が使われていませんでしたか?

・夏や秋に結婚した人のウエディングケーキにも、苺が使われていませんでしたか?

おそらくみなさんは、知らないうちに輸入イチゴや夏秋イチゴを食べています。

 

 

じゃあ、いちごが一番美味しい時期はいつなの?

実は日本ではいちごが、一年中生産されているとわかってもらえたと思います。

では、いちごが一番美味しい時期はいつなのか、気になりますよね?

一番美味しい時期も解説しましょう。

いちごが一番美味しい時期は、1月

ずばり、いちごが一番美味しい時期は1月です。

なぜなのか、その理由を解説します。

春夏秋冬でもっとも美味しい時期は冬

まず、春夏秋冬の中で苺がもっとも美味しい時期は、冬です。

なぜかというと、いちごは果実が実ってから収穫されるまでの日数が長ければ、長いほど甘くなるからです。

この収穫されるまでの日数は、気温が低ければ低いほど長くなります。

なので、かんたんに説明すると、夏よりも春や秋の方が美味しく、冬が一番美味しくなります。

これは、どんな品種でも変わりません。

ただし、植物工場で室温を一定に保った場合には、季節の変化はなくなります。

12月から2月の中で一番美味しい時期は1月

そして、冬の12月から2月の中で、一番美味しい時期は2月です。

なぜかというと、12月は栄養が蓄えられているので株は元気なのですが、気温が少し高いので収穫までの日数が短くなります。

また、2月は気温は低いですが、それまでの収穫により株が消耗していることが多く、日照不足が原因で光合成が妨げられることもあります。

そして、1月は株が元気なままで日照不足にもならず気温が低いので、苺にとってベストなコンディションなのです!

というわけで、苺が一番美味しい時期は1月です。

 

 

海外ではイチゴは一年中生産される

ちなみに、海外の多くの国ではイチゴは一年中生産されています。

なぜかというと、一年中いちごが栽培しやすい場所で育てられるからです。

海外では季節の気温と日長の差がない地域があるので、一年中収穫できるんです。

例えば、熱帯地域にある高標高地域がこれに当たります。

 

 

【追記】イチゴについてよく聞かれる質問に回答します

イチゴについてよく聞かれる質問を、動画で回答します。

なぜ、日本のイチゴは世界一美味しいのか?」についても解説しているので、ぜひご覧ください。

 

新鮮な苺の見分け方と、おいしい食べ方を紹介しています。

 

 

イチゴのことが知りたい人は、こちらの記事にすべてが載っています

この世界に存在するイチゴに関する情報のすべてが、こちらの記事に載っています!

→ 苺ソムリエ直伝!イチゴの甘い実の見分け方&おすすめの品種と美味しい食べ方、苗作り&簡単な育て方

→ 【海外イチゴ栽培コンサルティング】外国で日本式の高品質イチゴ農園を始める時に注意するべき12のこと

 

 

まとめ

苺の季節はいつなのか?

この問いの正解は、これです!

・昔の旬は、冬だけ

・今の旬は、冬と春

・ただし、実際には今の日本では苺が一年中収穫されているし、輸入もされている

・海外では苺は一年中収穫できるのが当たり前

これだけ詳しい苺の旬の時期情報は知られていないと思うので、ぜひ周りの人にも教えてあげてください。

 

おすすめの記事

パイナップルのオシャレで簡単な切り方&美味しい熟度の見分け方&育て方

果物農家が教える!珍しくて美味しい中南米の熱帯フルーツ図鑑 in メキシコ・コスタリカ・パナマ

カシューナッツの栄養素と美味しい焙煎方法&カシューアップルの味と利用方法※アレルギーも

空心菜の栄養価&家庭菜園向けの簡単な栽培方法・挿し木増殖&おすすめの沖縄風ニンニクシーチキン炒めのレシピ

 

イチゴの本

日本のイチゴ―生理生態特性と作型・栽培技術

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

なぜ、私は海外で中国人と間違えられるとムカつくのか?

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「農業技術」カテゴリの人気記事ランキング

SNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

FacebookやTwitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【ブログに書けない情報はnoteで】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom



  同じカテゴリの記事