JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

須坂市の仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会に出場したら、体は汚れたけど心は綺麗になった!

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterをフォローしてください

Twitterアカウント@JIBURlをぜひフォローしてください。現在フォローワー数7,500人

LINEモバイルが3月31日まで超お得なキャンペーン中

格安SIMのLINEモバイルが3月31日まで「3ヶ月間無料・9GBプレゼントキャンペーン」をしているので、今なら超お得に乗り換えられます。詳細はここ→  格安スマホはLINEモバイルが最強

優勝チームのダイブ

須坂市の仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会に出場したら、体は汚れたけど心は綺麗になった!

2015年8月23日に長野県須坂市で開催された「仁礼(にれい)の里泥んこソフトバレーボール大会」に出場したら、全身泥だらけになって体はめちゃくちゃ汚れたけど、美しい自然の中で子供のように自由に体を動かしたことで心は綺麗になった。

須坂市の泥んこバレー大会は、須坂市ならではの地域の魅力を生かした素晴らしいイベントだと思う。

しかし、仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会のことを知っている人は長野県民でも少ない。

そこで今回は、仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会のことをみなさんにご紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

 

須坂市の仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会

仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会は、長野県須坂市仁礼町で開催される泥んこバレー大会である。

1.仁礼の里泥んこバレーボール大会

仁礼の里泥んこバレーボール大会は、今回で12回目を迎える歴史ある泥んこバレー大会だ。

遊び心ある「どろんこバレーボール大会」を通して、色々な地域の皆さんとの交流を図り、仁礼の里を知ってもらい、親睦を図り地域の人々が気軽にスポーツを楽しみ、長く続けていける環境づくりを形成することを目的とする。

引用元:仁礼の里泥んこバレーボール大会公式HP

 

全国的に水田を使ったスポーツ大会は流行っているが、仁礼の里泥んこバレーボール大会は出場チーム数は12チームと規模は小さいが歴史は長い。

例えば、長野県伊那市では泥んこサッカー大会「どろかっぷ」を水田で開催しており、出場チーム数は40チームで今年で10回目を迎える。

参考:FIFA非公認どろんこサッカー全国大会泥カップが長野県伊那市で開催!

 

 

2.ゲストハウス蔵チームで出場

仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会には、須坂市のゲストハウス蔵の方から誘って頂いて、ゲストハウス蔵のメンバーとして出場することになった。

ゲストハウス蔵は長野県須坂市になる蔵をリノベーションしてできた簡易宿泊宿で、オーナーは東京の品川宿で修業を積んでおり、とても素敵な宿だ。

参考:長野県須坂市を満喫!ゲストハウス蔵Kuraに泊まり、カフェLa Vie Lenteでスリランカカレーを頂いた!

参考:旅人と地域の人を繋ぐゲストハウス品川宿がおすすめ!

guest house kura

 

 

3.今年の写真スライドがさっそく公開されている

仁礼の里泥んこソフトバレーボール大会の公式ホームページには、さっそく今年(8月23日)の写真スライドが公開されていた。

この動画を見ればなんとなく雰囲気がわかると思うので、ぜひ見て欲しい。

 

 

 

泥バレー大会の泥だらけな写真

ここからは写真を使いながら、泥んこバレー大会の様子をご紹介しよう。

1.須坂市仁礼地区の会場の様子

須坂市仁礼地区は、長野県の北東にある中山間地だ。

会場の入り口には、竹でエントランスが作られていた。

第12回仁礼の里・泥んこソフトバレー大会

 

ここが荷物置き場兼、観客席。

水田

 

一枚の水田が、二面分のバレーボールコートになっていた。

会場

 

会場の周りにはひまわりが咲き終わっていて、夏の終わりを感じさせる。

ひまわり

 

周囲には水田があり、水稲が栽培されている。

稲

 

開会式はゆる~い雰囲気で始められた。

第12回仁礼の里・泥んこソフトバレー大会開会式

 

こちらの組み合わせ表に基づいて、試合が進められた。

第12回仁礼の里・泥んこソフトバレー大会の組み合わせ

 

 

 

2.地元産のトウモロコシとスイカは無料

会場内では地元須坂産のトウモロコシとスイカが無料でふるまわれ、子供向けに金魚すくいも行われた。

スイカ

 

トウモロコシは大きな釜で茹でられた。

トウモロコシを茹でる

 

そして、おじさんたちが協力して、引き上げてくれる。

トウモロコシを運ぶおじさん

 

茹でたてのトウモロコシは素朴な甘さで、とても美味しかった。

トウモロコシ

 

泥だらけになって冷えた体は、このカマドで温めた。

カマド

 

カマドの周りには子供や大人、おじいちゃんが集まっていて、いい雰囲気だった。

焚き火を囲む人

 

 

 

3.泥んこバレー大会の試合

ここからは、泥んこバレー大会の試合の様子を紹介しよう。

(1)ゲストハウス蔵チーム

ぼくが所属したゲストハウス蔵チームは、ゲストハウスのスタッフや近所に住む外国人、地域おこし協力隊など個性的なメンバーだった。

ひとりひとりデザインが違う手書きのTシャツを着て出場した。

ゲストハウス蔵

 

初戦に臨むゲストハウス蔵チーム。

入場するゲストハウス蔵チーム

 

練習中の様子。

まだこの時は綺麗だった。

練習中のゲストハウス蔵

 

練習が終わるとすでに全身泥だらけのメンバーもいた。

円陣を組んで気合を入れる!

エンジンを組むゲストハウス蔵チーム

 

バレーボール経験者はひとりしかいなかったが、なんとか逆転で勝利することができた。

ゲストハウス蔵チーム

 

しかし、二回戦は負けてしまい、あえなく予選リーグ敗退が決まった……

ゲストハウス蔵チームが初出場だった昨年度は準優勝したそうなので、今回の予選リーグ敗退はとても残念だった。

 

(2)泥んこバレーを激写!

ここからはぼくが撮影した泥んこバレー大会の様子を見せよう。

水田の中では素人でもダイビングキャッチができる。

ダイビングレシーブ

 

上半身裸で参加しているチームもあった。

第12回仁礼の里・泥んこソフトバレー大会の様子

 

試合が進むと、全員泥だらけになる。

泥んこバレー大会

 

試合中には泥に足を取られ、こけることもしばしば。

泥まみれの大人

 

ジャンピングキャッチが決まると歓声が起きた。

飛び込む人

 

この泥んこバレー大会には、「負けたチームは全員でヘッドスライディングをしなければいけない」という鬼のようなルールがある。

負けたチーム

 

ヘッドスライディングを終えた選手たちは、まるでゾンビのように泥の中をさまよい歩く。

全身泥だらけの大人

 

泥だらけの人間が別の人間を運ぼうとしてい光景は、おそろしい!

泥人間

 

かと思いきや、思いっきり楽しそうな笑顔をしていた!

泥んこバレー大会は、大人が子供のようにはしゃぎまわれるイベントなのだ!!

泥と遊ぶ大人

 

試合の合間の休憩時間に、ひとりで土手に座っている女性がいた。

審判の休憩

 

審判のおばちゃんが見つめる先は何なのか。

審判

 

予選リーグが終わり、決勝戦と3位決定戦が行われた。

決勝戦には、まさかのチャイナドレス姿の美女が3人もいた!!

決勝戦までチャイナドレスを温存していたということは、絶対に決勝戦に進出する確信があったというわけだ。

泥んこレシーブ

 

決勝戦はハイレベルで、お互い互角の試合運びだった。

審判は絶対

 

しかし、次第にチャイナドレスチームが得点を重ねていく。

かわいいし強いぞ、チャイナドレス美女!

得点した

 

このチームは、相手のアタックには2枚のブロックを並べていた。

戦略もガチだった。

泥アタック

 

そして、優勝したのはチャイナドレスチーム。

2位になったチームもヘッドスライディングへ向かう。

負けたチームはダイブ

 

「2位になったのに、なんで飛び込まないといけないんだーーーーー!」

泥んこバレー大会の様子

 

とりゃー

泥んこバレー大会の敗者

 

バッシャーン

負けたら泥へダイブ

 

びたーん

泥へダイブ

 

ぺちょーん

泥へダイブ

 

1位と2位の差は、まさに天国と地獄。

優勝したチームと2位

 

こちらは3位決定戦。

両チームが一緒にダイビングすることになった。

肩を組む

 

みんなで仲良くビッターーーン!

ってあれ???

ダイブ

 

「お前も飛び込めよ!」

ダイブしない人

 

優勝したチームも汚れたくなったようだ。

このまま背後へ倒れ込む。

優勝したみなさん

 

バッシャー(そいや!!)--ン!

優勝チームのダイブ

 

全然関係ない大人が背後でダイビングしていた(笑)

大の大人がこんなあほなことをしてしまうぐらい、泥んこバレーは大人を子供心に戻してくれるのだ。

優勝チーム

 

 

 

4.泥を洗い流す放水車

全身が泥だらけになったら、会場の隣で待ち構えているおじさんにお願いすれば、放水車の温泉を体にかけてくれる。

温かいお湯で全身を洗えるのでとても気持ちがいい。

伊那市の泥んこサッカー大会にはない、素晴らしいサービスだ。

泥を流す放水車

 

優勝賞品は、こちらの水田で採れたお米。

2位は冬瓜、3位はスイカだった。

泥んこバレー大会の景品

 

 

5.10名以上のカメラマン

仁礼の里・泥んこソフトバレー大会には、10名以上のカメラマンが集まっていた。

平均年齢は50歳くらいで、みなさん趣味で写真撮影をされている方のようだった。

日本では気安く写真撮影ができないので、このようなイベントに集まるのだろう。

泥んこバレー大会のカメラマンたち

 

シャッターチャンスになると、カメラマンが集まって一斉に写真を撮っていた。

ぼくは唯一のプレイヤー兼、カメラマンとしてバレーも写真撮影も頑張った。

泥んこバレー大会のカメラマン

 

 

 

体は泥だらけに汚れたけど、心は綺麗に洗い流された

水田の中でバレーをしたので体中が泥まみれになり、耳や鼻の穴の中まで泥が入っていた。

こんなに体が汚れる機会は珍しいが、代わりに心は綺麗になった気がした。

普段は難しい顔をして悩んでいる大人たちが、泥んこになりながらバレーをするというアホな行為をすることで、まるで子供に戻ったかのようなはつらつとした表情を見せていたからだ。

全国的に水田でのスポーツ大会が流行っているのは、ストレス社会で苦しむ日本人のストレス解消になるからかもしれない。

「泥だらけになるなんて、絶対に嫌だ!」と思う人も多いと思うが、勇気を出して挑戦してみると意外と楽しい。

仁礼の里・泥んこソフトバレー大会は、来年もお盆の次の週の日曜日に開催するそうなので、ストレスに悩んでいる人はぜひ参加してみてほしい!

 

 

まとめ

須坂市の「仁礼の里・泥んこソフトバレー大会」にゲストハウス蔵チームとして出場した。

予選リーグで敗退してしまったが、綺麗な景色の中で泥んこになりながらバレーをできて、とても楽しかった。

ストレスに悩んでいる大人でも泥んこバレーをすれば子供心に戻れるので、ぜひ参加して欲しい!

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / フォトグラファー / ライター / ブログコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながらビジネスをしている現代版ノマドワーカー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 「宮﨑大輔はどんな人?」と思う人は5つのインタビュー記事を読んでみたら?

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 2016年に書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け5カ国で農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
農業コンサルタントの顧問契約&出張指導

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

shigoto_9042


SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly

Twitterのフォローワー数1万人を目指しています!フォローしてください。


Instagram

note_9254

youtube-logo

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事