JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「農業技術」カテゴリの人気記事

イチゴの育て方を勉強したい人におすすめな本【苺の基礎知識・農家の知恵・養液栽培・LED植物工場】

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のおすすめ記事3本

★ウユニ塩湖へ行く人は必見だよ→ 昨年ウユニに三ヶ月滞在した僕が教える持ち物リスト!便利な道具&鏡張り撮影のカメラ
★ノマドワーカーにおすすめアプリ→  昨年海外を9ヶ月間旅しながらノマドワークした僕がおすすめする便利なアプリ25選
★ケニアの「マサイ族キャバクラ」に行ったことある?→  昨年書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

苺の断面写真

日本にイチゴの季節がやってきた。

日本の自然条件だとイチゴは4月頃に花を咲かせ、5月頃に収穫することができる。

ぼくは苺ソムリエとしてイチゴ関係の雑誌や本、カタログの監修をしていて、海外へ日本式のイチゴ栽培を広める仕事をしている。

最近では「家庭菜園でイチゴを育てたい」という人や「イチゴ農園を始めたい」という新規就農希望の人から相談を受けることも増えてきた。

しかし、ぼくの体は一つしかないので全員にイチゴの育て方を教えることができない。

そこで今回は、イチゴの育て方を学ぶのに適した本を紹介しよう。

これらの本を買って読めばイチゴを栽培する時の役に立つだろう。

スポンサーリンク

 

 

 

イチゴ栽培の勉強に役立つ本

それではイチゴ栽培の勉強に役立つ本をジャンルごとに紹介しよう。

1.イチゴの基礎知識

まずは「イチゴ」という植物の基礎を学べる本を紹介する。

いきなり裏技的な農法を学ぶのではなく、最初は基礎を学ぶことが重要だ。

イラストとグラフでわかりやすい本

この本は論文からの引用で成り立っており、科学的な根拠がしっかりしているので信用して良い本。

しかも綺麗なイラストやグラフ、図をたくさん使っているので、とてもわかりやすい。

イチゴ栽培初心者にまず最初に買ってもらいたい一冊だ。

 

論文からの引用なので科学的根拠がある本

日本のイチゴは、ぼくが大学院生時代に読み込んだ本。

論文からの引用で成り立っているので、科学的な根拠があり信用できる本。

イチゴの整理生態から栽培技術までほぼすべてがまとまっている名作。

ただし、書き方が論文っぽいので素人には難しいかも。

 

歴史的名著「農業技術体系」の最新版

農学の世界には「農業技術体型」という素晴らしい教科書があるのだが、そのイチゴの最新版がこちら。

ぼくにイチゴ栽培を教えてくれた岡山大学の吉田教授がほとんどの部分を書いている。

書いてある内容は最新のイチゴ栽培技術なのだが、農家の人が理解するには難しいと思う。

 

 

イチゴについてのすべてがまとまった辞典

イチゴ大辞典はその名の通り、イチゴのすべてが書かれた辞典。

これが一冊あればイチゴに関する情報はすべて手に入る。

しかし、大きいし重いので持ち運びは困難。

 

2.農家向けの栽培テクニック

イチゴの基礎知識を学べたら、農家向けの栽培テクニックも勉強しよう。

農家が考えていることがわかる本

冬にイチゴを育てる促成栽培イチゴ農家向けの本。

ただし、この本は科学的な根拠がないので記述内容は信用できない。

農家の知恵を学ぶ程度の気持ちで読もう。

 

厄介な炭そ病について学べる本

イチゴの病気で厄介なのが「炭そ病」という病気。

この本は炭そ病についてまとめられているので、炭そ病で悩んでいる農家は読んでみよう。

 

3.養液栽培&養液栽培&高設栽培

養液栽培や養液土耕栽培、高設栽培について勉強したい人にはこちらの本がおすすめ。

高設栽培に特化した本

土耕栽培から高設栽培へシステムを変更したい人は、この本を読んでみよう。

高設栽培についてわかりやすくまとめられているので、初心者でも理解できるだろう。

 

養液栽培について一番参考になる本

養液栽培や養液土耕栽培について勉強したいなら、養液栽培のすべてがおすすめ。

日本施設園芸協会が作成した本なので科学的な根拠があり、内容が信用できる。

イチゴの養液栽培をしたい人は必読。

 

「養液栽培のすべて」の古い版

「養液栽培のすべて」の古いバージョンが養液栽培の新マニュアル。

実は主な内容は変わっていないので、この本でも十分勉強できる。

 

4.完全閉鎖型LED利用植物工場

最近流行の完全閉鎖型LED利用植物工場について勉強したい人は、この本を読もう。

植物工場について一番内容が濃い本

完全閉鎖型LED利用植物工場についてはいろんな本が出版されているが、一番おすすめなのはこの本。

本を書いているのは千葉大学の古在教授で、植物工場の世界では世界一有名な人。

論部ベースの本なので科学的な根拠があるし、書き方もわかりやすい。

植物工場系の本の中ではこれが一番だと思う。

 

 

 

まとめ

ぼくが読んだイチゴ関係の本の中でおすすめしたい本を紹介した。

これからイチゴ栽培に挑戦したい人はぜひ読んで勉強してほしい。

もちろん、ぼくの頭の中にはこれらの本に書かれた内容がすべて入っている(細かい数字は覚えてないけど)。

 

→ イチゴ栽培のコンサルティング依頼はこちら

 

イチゴ関連の記事

無名な一般人のぼくが女性セブンのいちご特集を監修できたのは「隠居系男子メソッド」を一年間実践したから

次世代イチゴ生産システム・品種(植物工場研究会)と第21回日本イチゴフォーラム(園芸学会)に参加しました

【海外イチゴ栽培コンサルティング】外国で日本式の高品質イチゴ農園を始める時に注意するべき12のこと

苺ソムリエ直伝!イチゴの甘い果実の見分け方&おすすめの品種と美味しい食べ方、苗作り&簡単な育て方

イチゴの旬はいつなのか?実は冬でも初夏でもない。苺が好きだった祖母との思い出

Amazonが期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「農業技術」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / フォトグラファー / ライター / ブログコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 「宮﨑大輔はどんな人?」と思う人は5つのインタビュー記事を読んでみたら?

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 2016年に書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け4カ国で農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
農業コンサルタントの顧問契約&出張指導

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

ブログのコンサル

PR記事の作成

shigoto_9042


SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「農業技術」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事