JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

途上国貧困地域の衛生・医療問題で気づいた。国際協力専門員の強みとJICAボランティアの弱み

      2015/05/09


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村の問題

最近、国際協力の世界で活躍している日本人の専門家の方とメッセージのやり取りをさせて頂く機会があった。

その方からのアドバイスがあまりにも的確だったので、ぼくは専門家のチカラというものを思い知らされた。

専門家はぼくが活動しているのがパナマの何という村で、村人はどんな生活をしていているのかを知らなかったが、それでもその村の子供が抱えている問題をズバリと言い当てた。

どんな問題かというと「子供の頭にヒトヒフバエという頭皮に住み着く虫がいて、子供が痒みと痛みで苦しんでいる」というものだ。

専門家からアドバイスを頂いた直後に村に行き調査してみると、まさにその症状で苦しんでいる子供がいた。

この男の子は頭皮に虫が見つかり、薬で治療していた。

P7090045_1873

ぼくがこの問題に気づけたのは、専門家からのアドバイスがあったおかげだ。

実際、ぼくはその村に10回も滞在しているのに、全くその問題に気が付いていなかった。

この一件から、専門家の強さとボランティアの弱さを思い知らされた。

 

専門家の強さ

専門家は国際協力分野の大学教授だった。

そのため、国際協力に関する圧倒的な知識と長年の経験を持っている。

だからこそ、ぼくが活動している村のことを知らなくても、知識と経験からその村の状況や問題を想像することができた。

そして、解決策を講じ問題を解決できる。

まるで預言者のように。

 

ボランティアの弱さ

その点、ボランティアは弱い。

国際協力に関する知識は浅く、経験も十分ではない。

そのため村の状況を正確に把握することができず、問題を予想することができない。

解決策を作成することができず、問題を解決できない。

まるで子供のようだ。

 

ランチェスター戦略

国際協力の分野で活動する専門家は強者であり、ぼくたちボランティアは弱者である。

しかし、弱者には弱者なりの戦い方がある。

最近ビジネスの世界で注目を集めているのが、ランチェスター戦略だ。

ランチェスター戦略とは、シェアが低い、規模が小さい、技術レベルが低いなどの弱い立場にある企業が結果を出すための手法である。

ランチェスター戦略によれば、ジブンの強みを生かすことで弱者も結果を出すことができるはずだ。

では、ぼくたちボランティアの強みは何だろうか?

 

ボランティアの強み

ボランティアの強みの一つは、現場にいることだ。

専門家は日本や途上国の都市に住んでいることが多いが、ぼくたちボランティアは村に住んでいる。

専門家よりもより現場に近い場所に暮らし、現場に多く足を運ぶことができる。

現場にいるのは、ボランティアである。

ボランティアが結果を出すには、現場にいることを生かすべきだと思う。

 

まとめ

そこで現場にいる強みを生かすために、村で頭皮の問題の調査を始めようと思う。

村に通い子供や親、学校の先生から子供の頭皮の問題について、聞き取り調査をする予定だ。

少し子供たちの手を調べてみると、イボがある子供が多く見つかった。

P7100111_1875

今後は保健・衛生関係の問題も調査してみようと思う。

まずはさっそく明日の巡回指導から始めよう、現場にいる強みを生かして!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事