JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

長野県飯田市のランチなら信濃屋のみそカツ定食がおすすめ!甘辛いみそダレが中京圏の人には懐かしい美味しさ

      2017/01/19


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みそカツ定食

長野県飯田市の信濃屋のみそカツ定食が絶品!

長野県飯田市の信濃屋という定食屋さんの「みそカツ定食」が絶品である。

ぼくは子供の頃から、信濃屋のみそカツ定食を食べて育ってきた。

もちろん、ぼくだけではない。

信濃屋は、飯田市民に愛されている昔ながらの定食屋さんである。

今日のお昼に、青年海外協力隊から帰国し2年ぶりに信濃屋のみそカツ定食を食べてきたので、ぜひ皆さんにも感動を伝えたい。

スポンサーリンク

 

 

飯田市民に愛される定食&焼肉店「信濃屋」

信濃屋は飯田市民に愛される定食&焼肉店である。

飯田市内には「桜町店」と「中央通り店」の2店舗があるが、ぼくのいきつけは桜町店だ。

 

 

ここが信濃屋・桜町店。

正面の駐車場は狭いので、一杯だったら裏手にある駐車場へ止めよう。

 

信濃屋の看板

 

 

こちらが信濃屋の正面入り口。

ちなみに、「信濃」とは長野県の古い名称であり、「信州」と共に頻繁に使われている。

 

信濃屋の入り口

 

 

 

 

1.定食メニュー

信濃屋のメニューは幅広い。

軽食、カレー、ラーメン、うどん、蕎麦などなんでもあるので、子供からお年寄りまで家族揃って楽しめるお店なのだ。

 

信濃屋のメニュー

 

その中でもおすすめなのは、みそカツ定食(930円)である。

初めて信濃屋を訪れる人には、必ずみそカツ定食を注文して欲しい。

 

定食のメニュー

 

一緒に居合わせた常連のおじさんは、メニューを一切見ずにお茶が届けられた段階で、「みそカツ定食ね」と注文していてカッコ良かった。

みそカツ定食は、常連に愛されている定番メニューなのだ。

みそカツ定食といえば愛知県名古屋市の名物料理だが、長野県南部に位置する飯田市は名古屋の影響を強く受けているので、みそカツを好んで食べる。

 

 

2.焼き肉

信濃屋には焼肉メニューもあるので、家族で焼肉を楽しむこともできる。

マトンやラム肉を扱っているのは、山岳地帯の飯田市では昔から羊肉が食べられていたからだ。

 

焼肉メニュー

 

 

3.実は、精肉店だった!?

信濃屋の定番メニューがみそカツ定食で、焼肉メニューもあることから気づいた人もいるかもしれないが、実は信濃屋はもともと精肉店だったそうだ。

だから、肉系のメニューが充実している。

肉屋のトンカツが不味い訳がない!

 

 

 

おすすめは、みそカツ定食

信濃屋を訪れたのは2年ぶりだったが、注文したのはもちろんみそカツ定食だ。

10分ほどで、夢にまで見たみそカツ定食が登場した。

白米、お味噌汁、トンカツとサラダ、みそだれ、冷奴、そしてお漬物もついてきた。

「定食」って素晴らしい!!

みそカツ定食

 

大きなトンカツが7切れに切られ、綺麗に並べられていた。

トンカツはキツネ色で、香ばしく揚げられていた。

そして背後には山盛りの千切りキャベツとキュウリ、トマト、レモン、パセリ。

 

キツネ色にあがったトンカツ

 

トンカツは薄めのロースで、余分な油はそぎ落とされている。

別に有名なプレミアム豚ではない。

しかし、なぜだろう。

レモン汁を少しだけたらして一口くちに含むと、香ばしい衣と甘い油が口いっぱいに広がり、これだけでも十分うまい。

 

薄めのトンカツ

 

しかし、せっかくみそカツ定食を頼んだのだから、たっぷりとみそだれを付けて食べよう。

もはやみそだれにどっぷりと浸してしまって構わない。

「そんなことをしたら、衣が柔らかくなってしまう!」と思うかもしれないが、安心して欲しい。

衣が香ばしく揚げられているので、ちょっと浸したぐらいでは衣が柔らかくならないのだ。

みそだれにたっぷりと浸すことも考慮され、トンカツはキツネ色になるまで香ばしく揚げられている。

 

みそだれにトンカツを浸す

 

みそだれにたっぷりと絡めたトンカツにかぶりつくと、甘めのみそだれの味と豚肉の味がマッチして最高だ!

すぐにご飯をかっ込むと、白米がいくらでも食べられる。

飯田名物の五平餅にも甘いみそだれを使うし、飯田市民はとにかく甘いみそだれが大好きだ。

 

みそだれをつけたトンカツ

 

信濃屋のみそカツ定食は、マジで美味すぎる!

飯田市に来る機会があれば、ぜひ信濃屋のみそカツ定食を食べてほしい。

 

 

 

まとめ

長野県飯田市の信濃屋のみそカツ定食を食べたら、懐かしさが込み上げてきた。

地元に帰ってきたことを実感した。

関連記事

飯田駅前の新京亭で懐かしい中華そばと名物の揚げ餃子を食べれば、昭和にタイムスリップできるよ

男前水餃子が絶品!飯田市の麺屋杏樹はお洒落な無化学調味料の豚骨ラーメン屋

長野県駒ヶ根市のランチはカフェグース(Cafe Goos)がおすすめ!美味しい量り売り珈琲もあるよ

長野県駒ヶ根市のラーメン屋は「がむしゃら」が一番おすすめ!駅前で本格的な豚骨ラーメンが楽しめます

長野駅のランチは長寿日本一を体感できる長野県長寿食堂がおすすめ!ヘルシーな野菜料理が楽しめるよ

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影サービスfotowa

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事