JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

「正義の反対は別の正義」ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。【青年海外協力隊からのメッセージ】

      2017/05/24


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P8030195_532

ボクはおとうさんと山奥の村で幸せに暮らしていました。

毎日畑で採れたトウモロコシとイモを食べて、川で魚を捕まえ、山で鹿を狩り、一日中一緒に過ごしていました。

 

しかしある日、村にボランティアというやつが来ました。

そのボランティアはニホンという海の向こうから来ました。

そして、ボランティアはボクたちにこう言いました。

「トウモロコシとイモばかり食べていたら栄養不足になる。これからはヤサイを育てて食べなさい」

 

 

その日からおとうさんはヤサイを育てるために、一日中畑で働かなければならなくなりました。

トウモロコシとイモは育てるために手間はかかりませんが、ヤサイは毎日世話をしなければいけません。

おとうさんと一緒に川で魚を捕まえる時間はなくなりました。

食事にはトウモロコシとイモの代わりに、ヤサイが出てくるようになりました。

ヤサイとは、葉っぱが何枚も重なった丸い草やとても苦い緑色の実でした。

ヤサイは初めて食べる味と触感で、また食べたいとは思いませんでした。

それに我慢してヤサイを食べても、トウモロコシとイモと違ってすぐにお腹が空いてしまいます。

 

 

またボランティアが来て、言いました。

「君たちは貧乏で何もモノを持っていない。次はヤサイを売ってお金を稼ぎなさい」

おとうさんはヤサイを売るために、毎日町と村を往復しなければならなくなりました。

しかも、今までは自分たちで食べる分だけのヤサイを育てていましたが、これからは売るためにもっとたくさんのヤサイを育てなくてはいけません。

おとうさんはヤサイを売ったお金でテレビを買いました。

しかし、おとうさんと一緒に山で鹿を狩る時間はなくなりました。

 

 

ある日、またボランティアが来て言いました。

「もっと幸せになりたかったら、もっと働いてもっとお金を稼ぎなさい」

おとうさんは一年中お金のことを考えるようになりました。

今は昔よりもたくさんモノが家にあります。

しかし、もうおとうさんにボクと一緒に遊ぶ時間はありません。

ボクのことを考える時間もありません。

おとうさんは朝早くから夜遅くまでお金を稼ぐために働いています。

 

 

その様子を見て、ボランティアが満足そうに言いました。

「この山奥の村も、ようやく幸せな暮らしに変わった」

ボクの大好きだったおとうさんはもういません。

ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました。

 

めでたし、めでたし?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

これは「しあわせ」をテーマにした新聞広告コンテストの最優秀賞のコピーを見て、思いついた話だ。

このコピーは、見方を変えると幸せの定義は変わることを表現している。

BWtuZFOIMAAHsdN

最優秀作品

ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました。

(上記リンクの受賞者のコメントより引用)

 

僕はこのコピーを見たときに、芥川龍之介の小説「桃太郎」が思い浮かんだ。この小説桃太郎は一般的な昔話桃太郎のパロディである。大まかな話の流れは同じなのだが、登場人物の特徴が全く異なる。

彼が書いた桃太郎に登場するのは「極悪非道の桃太郎」と「心優しい鬼」である。

 

彼が伝えたかったことは、正義と悪は表裏一体の関係にあり、見方を変えると正義と悪は入れ替わるということだろう。

桃太郎というTHE正義の味方は、見方を変えるとTHE極悪非道の悪魔に変わる。とすれば、同じくTHE正義の味方であるボランティアも、THE極悪非道の悪魔に変わる可能性がある。

上の物語に出てきたボランティアとは、僕のことである。 僕がやっていることは、満ち足りた幸せな暮らしをしている山奥の村人に「不幸な人生を送っている」という劣等感を植えつけ、彼らの食文化や伝統的な暮らしをぶっ壊すことではないか、と悩んでいる。

 

さらに言うと、国際協力とは「小さな親切、大きなお世話」だとも思っている。

国際協力活動を行うボランティアは「途上国の幸せのために」という正義を振りかざしているが、その活動は本当に途上国の幸せのためになる行為なのか。正義という言葉は、恐ろしく危険な凶器かもしれない。そんなことを、モヤモヤと悩んでいる。

モヤモヤと悩んでいると、タンザニアに住んでいた先輩から、協力隊に参加する前にもらった言葉をふと思い出した「協力隊に参加すると国際協力の意義について悩むだろうが、そんな時は焦って答えを求めずに悩み続けたらいい。実は、俺もまだ答えが出せずに悩み続けている」

 

僕の悩みを予想しているとは、さすが先輩は偉大だなと思う。先輩とは数え切れないほど一緒にお酒を飲んで、数え切れないほど一緒にカラオケでAKB48を踊りながら歌い、数え切れないほど一緒に語り合ったから、僕のことを深く理解してくれていたのだろう。

おかげで最近は真剣に悩めることに「幸せ」も感じている。青年海外協力隊は国際協力について考える最高の舞台だろう。そして2年間真剣に悩みながら活動すれば、自然と次に進むべき道も見えてくる気がする。

 

***

 

ついにボクは決心し、おとうさんとボランティアに言いました。

「この村にボランティアは必要ない。これからはボクがこの村を守る!」

 

ようやくボランティアはニホンに帰りました。

 

めでたし、めでたし  …?

 

【追記】青年海外協力隊についてガチで詳しく解説しよう

青年海外協力隊について、経験者がガチで詳しく解説する記事を書いた。

青年海外協力隊に興味がある人には、ぜひ一度読んでほしい。

参考:JICA青年海外協力隊とは?ボランティア経験者がガチで徹底的に解説する

 

 青年海外協力隊の関連記事

続編|おとうさんを殺されたボクにとっての国際協力とは?

現役JICAボランティアが教える!青年海外協力隊のよくある7つの誤解「給料はない?実は204万円以上の国内手当がもらえる!」

世界一治安が悪い南米ベネズエラの少数民族の村で青年海外協力隊OBが国際協力プロジェクトを始めます

青年海外協力隊になりたい人が絶対に読むべき厳選記事

青年海外協力隊の人気No.1職種コミュニティ開発(村落開発普及員)は廃止にすべき!専門性とコミュニケーション能力の両立

ジャイカボランティア青年海外協力隊の実態10例!自殺・妊娠・辞退・任期短縮・就職難・病気・事故

本当は教えたくない!ジャイカ青年海外協力隊の試験に合格する裏技を暴露する。

 

本気で青年海外協力隊になりたい人が読むべき記事まとめ

本気で青年海外協力隊になりたい人のために参考になる記事をまとめた。

青年海外協力隊になりたい人は、必ずこの記事を全部読んでほしい!

→ 青年海外協力隊になりたい人が絶対に読むべき厳選記事

→ JICAボランティアの派遣前訓練の記事一覧

→  JICAボランティアの実態・給料の記事一覧

→ 青年海外協力隊の参考本の記事一覧

→ 青年海外協力隊の恋愛の記事一覧

 

青年海外協力隊から日本帰国後の再就職に不安がある人へ

青年海外協力隊の任期終了後に日本へ帰国してから、再就職できるか不安な人はこちらの記事を読んで欲しい。

→ 青年海外協力隊が帰国後再就職を成功させる方法!転職漫画エンゼルバンクを読んで転職サイトに登録しよう

→ 海外で働きたいなら必見!リクルートエージェントに登録したら海外の求人・転職情報が500件も見つかったよ

 

このブログに初めて訪問した方へ厳選10記事

このブログを始めて訪問した方は、こちらの厳選10記事を読んで下さい。

→ 初訪問の方に!JIBURi.comで最初に読んで欲しい10個の厳選記事

 

青年海外協力隊に興味がある人に読んでもらいたい本

JICAが青年海外協力隊OBと制作した映画。

青年海外協力隊OBの体験談集。

青年海外協力隊の体験記。

 

青年海外協力隊になる方法。

青年海外協力隊の体験記。

JICAが作成した青年海外協力隊の歴史。

青年海外協力隊になる方法と体験記。

 

「青年海外協力隊になりたいです!」と簡単に言う若者が多いが、青年海外協力隊の関連本を読まずに青年海外協力隊になりたいとか言わないでほしい。

本気で青年海外協力隊になりたいなら、協力隊OBの本を読んだりJICAが出した本を読むのは必須だ。

YouTubeを始めました!

海外旅行の様子や、旅に役立つ情報をYouTubeにアップしています。

海外の情報を受け取れるので、ぜひチャンネル登録してください!

 

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【有料コンテンツ】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事