JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

南米チリのおすすめグルメ!サンチアゴの魚市場で美味しいシーフードスープとセビーチェが600円

      2017/03/03


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貝類がたくさんのスープ

南米チリ共和国の首都サンチアゴにある中央市場で、海鮮スープとセビーチェを食べてきた。

昨日、有名レストラン「ドンデ・アウグスト」でウニを食べて量には満足したが質には満足できなかったので、チリでシーフード料理に再チャレンジすることにしたのだ。

今回は中央市場にある別の海鮮レストラン「フランシスコ・ハビエール」に行き、海鮮スープとセビーチェを堪能してきた。

海鮮スープは魚介類がたっぷりと入っている割に格安で、セビーチェは白身魚だけだったがあっさりとした味で美味しかった。

もっと美味しい海鮮料理はあると思うが、このレストランは二品頼んで600円と格安だったので旅費を節約したいバックパッカーにはおすすめだ!

そこで今回は、サンチアゴの中央市場にある海鮮レストランフランシスコ・ハビエールを紹介しよう。

スポンサーリンク

 

 

 

南米チリ共和国のサンチアゴにある海鮮市場

南米チリ共和国の首都サンチアゴには、中央市場という魚介類を取り扱う市場があり海鮮レストランも多いので、観光スポットになっている。

1.首都サンチアゴの中央市場

中央市場はチリの首都サンチアゴのアルマス広場から、歩いて5分ほどで着く。

チリのサンチアゴの中央市場

 

子連れのチリ人や観光客も多いので、治安も良さそうだ。

 

2.シーフード料理レストランが立ち並ぶ

中央市場の中には魚介類を売るお店と海鮮レストランが並んでいる。

中でも一番有名なのは、ドンデ・アウグストというレストラン。

市場の三分の一くらいの面積をドンデ・アウグストが占めているので、入ればすぐに見つけられる。

サンチアゴのドン・アウグストの店

 

3.チリ産のウニ料理が有名

ドンデ・アウグストの名物料理は、生うに。

ハーフサイズで注文すれば一皿800円で二人前はある。

値段の割に量が多いし、まぁまぁ美味しかったが日本のウニとは全然別物だった。

チリ産の雲丹

 

「セビーチェ風のウニ丼」がどんな味だったのかは、こちらの記事を読んで欲しい。

参考:ウニが激安!チリ・サンチアゴの中央市場は800円で生ウニがお腹いっぱい食べられるよ

サンチアゴの魚市場で食べられるうに丼

 

 

 

格安海鮮レストランFrancisco Javier

セビーチェ風のうに丼を食べても海鮮料理に満足できなかったぼくは、二日連続で中央市場の海鮮料理を食べることにした。

あと二日で日本へ帰国するのでいくらでも海鮮料理が食べられるのだが、せっかくチリに来たのでチリ風のシーフード料理を食べておきたかったのだ。

中央市場にはたくさんのシーフード料理レストランがあるが、ぼくが選んだのはFrancisco Javier(フランシスコ・ハビエール)というお店。

サンチアゴの海鮮市場のレストラン

 

1.海鮮スープとセビーチェと白ワイン

今回もチリ産の白ワインから。

このレストランは白ワインが安くて、小ボトルが300円弱だった。

チリ産の白ワイン

 

注文した料理は、海鮮スープ(ソパ・デ・マリスコス)とセビーチェのハーフサイズ(海鮮マリネ)。

どちらも中南米の定番シーフード料理で、中南米の海沿いの地域ならばどこでも食べられる。

しかし、国によってけっこう違いがある。

セビーチェと海鮮スープ

 

チリでは白身魚のセビーチェが基本らしい。

白身魚のほぐし身の上にタマネギとパクチーが乗っていて、さらにレモンを絞って食べる。

あっさりしていて美味しくて、白ワインとの相性は抜群!

白身魚のセビーチェ

 

あっさりしていて美味しいけど、特別美味しくはない(笑)

パナマでは白身魚と一緒に海老やタコが入ったミックスセビーチェが基本だったので、なんだか物足りなく感じてしまう。

その代わり値段はハーフサイズで350円と安くて、量が多い。

大皿に出てきたので2,3人前はあった。

チリのさっぱりとしたセビーチェ

 

こちらが海鮮スープのスパ・デ・マリスコス。

海鮮スープは、石焼きビビンパで使うような「石鍋」で出てきたので驚いた!

もちとん熱々で、ぐつぐつと煮えたぎっている。

チリ・サンチアゴの海鮮スープ

 

熱々のスープを一口飲むと、口全体に魚介の旨みが広がって、最高に美味い。

中には貝類を中心に魚介類が入っていて、いいダシが出ている。

魚介類たっぷりのシーフードスープ

 

しかも、二人前はありそうなほどボリューム満点なのに、値段は240円と格安!

もっと高いレストランに行けば、海老やタコが入った本格的なソパ・デ・マリスコスもあるだろうが、これでも十分美味しかった。

石鍋だったので、最後まで熱々のスープを楽しめたのも嬉しかった。

貝類がたくさんのスープ

 

いただきました(長野県弁で「ごちそうさまでした」)。

二日連続で海鮮料理をお腹いっぱい食べて、幸せな気持ちになれた。

パンとガーリックバターもついていた。

海鮮レストランで完食

 

 

2.接客態度がフレンドリーでとても良い

シーフード料理レストラン「フランシスコ・ハビエール」に入った理由は、店員さんの態度がとても良かったからだ。

陽気なお兄さんが客引きと接客をしていて、とてもいい雰囲気だった。

料理を待っている間にもたまに話しかけてくれて、心地よい時間を過ごせた。

多少スペイン語が話せなくても、楽しい食事を楽しめると思う。

中央市場の海鮮食堂

 

 

3.安いのでバックパッカーにおすすめ

海鮮レストラン「フランシスコ・ハビエール」の魅力は、海鮮料理の価格が安いことだ。

人気レストランの「ドンデ・アウグスト」はシーフード料理の単品の値段が1600円くらいするが、フランシスコ・ハビエールは500円くらいである。

ぼくは海鮮スープとセビーチェを注文して600円だったし、白ワインを飲んでも900円弱だ(実際にはチップを払っているので、もう少し支払ったが)。

シーフード料理を食べたいけど食費も節約したいバックパッカーには、ぜひフランシスコ・ハビエールをおすすめする!

海鮮レストランの名刺

 

 

【追記】ホテルに泊まるときは予約サイト経由がお得で安心

中南米でホテルに泊まるなら、格安予約サイトを絶対に使いましょう!

「現地に着いてから歩いて安宿を探せばいいや~」と考えるバックパッカーの多くが、強盗被害に遭っているからです。

予約サイト経由を勧める3つの理由

1.直接予約したり飛び込みで泊まるよりも安いから

ホテルのホームページから予約したり予約せずに飛び込みで泊まるよりも、格安予約サイトを経由した方が安いから。

2.値下げキャンペーンを利用すればもっとお得

格安予約サイトでは値下げキャンペーンがあり、通常よりもさらに安い値段で泊まれるから。

3.現地払いを使えば支払いのリスクもなくて安心、クレジットカードのポイントが還元できる

宿泊代の支払いは現地払いならリスクがないし、クレジットカード払いならポイントが還元できるから。

おすすめしない予約サイトはBooking.com

昨年まではBooking.comを使っていたのですが、宿へのキャンセル料未払い問題無許可違法宿の掲載があったので、もうぼくは利用していません。

今は以下の3つのホテル格安予約サイトを使っています。

おすすめ1位 Expedia.com

エクスペディアは掲載されているホテルの数が多く、世界中どこの地域も取り扱っている。

日本だけでなく世界中どこを旅行する場合でも、世界最大のエクスペディアがおすすめ!

公式サイトを見てみる→ Expedia.com

おすすめ2位 Agoda.com

アゴダはホテルの掲載数が多いし、値下げキャンペーンが多くてお得。

アゴダは特にアジアのホテルに強いので、アジア圏への旅行ならアゴダがおすすめ。

公式サイトを見てみる→ Agoda.com

おすすめ3位 Hotels.com

ホテルズは10泊したら1泊無料になるスタンプラリー制度があるサイト。

ホテルズは掲載ホテルの数は多くないけどスタンプラリーできるので、会社の経費で泊まる人におすすめ。

公式サイトを見てみる→ Hotels.com


 

 

まとめ

チリの首都サンチアゴで海鮮料理を食べてきた。

今回はドンデ・アウグストではなく、フランシスコ・ハビエールというレストランに行き、海鮮スープとセビーチェを食べてきた。

どちらも値段の割に量が多くて美味しかったので、食費を節約したいバックパッカーにはおすすめだ!

サンチアゴに来たら、一度は立ち寄ってみよう。

関連記事

ウニが激安!チリ・サンチアゴの中央市場は800円で生ウニがお腹いっぱい食べられるよ

海外旅行の航空券代・ホテル代・食費を節約する方法と裏技をバックパッカー歴5年のぼくが伝授します!

モバイルバッテリーEC Technologyを海外旅行に持って行くとスマホをいつでも使えて安心・安全です

3ヶ月以上海外を旅行する人へ!半年間の海外旅行の保険代10万円を無料にする秘訣は三井住友VISAクラシックカード

完全ガイド!成田空港の早朝・深夜便に乗る方法。東京駅発シャトルバス→カプセルホテル9hours宿泊→無料連絡バス

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


一ヶ月以内の短期旅行なら海外用ポケットWi-Fiが便利

海外でもスマホでインターネットを常に使いたいですよね?

一ヶ月以内の海外旅行なら現地でSIMカードを買うよりも、日本から「イモトのWiFi」を持って行った方が絶対にお得で便利です。

安全な海外旅行のために海外用モバイルWi-Fiを持って行きましょう。

【特徴1】世界200以上の国と地域をカバー
【特徴2】全ての料金プランでお手頃な価格を実現
【特徴3】10秒で簡単接続
【特徴4】簡単レンタル・帰国時に空港で返却可能
【特徴5】高速大容量データ通信
【特徴6】365日・24時間の充実無料サポート

公式サイトを見てみる→ イモトのWiFi



海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事