JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

厳選ライフハック記事BEST3

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事

僕が手ぬぐいリンゴジュースをプロデュースする本当の理由と母からの連絡

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterをフォローしてください

ぼくのツイッターアカウントは@JIBURlです。ぜひフォローをよろしくお願いします! ※現在フォローワー数7,400人

手ぬぐいリンゴジュース伊那谷ギフトを作った理由

【伊那谷ギフト】を作った3つの理由の中で、リンゴジュースを売ろうと決めた理由として、以下の3つをあげました。

1.伊那谷の農産物の魅力を伝えたい。

2.伊那谷の農業を盛り上げたい。

3.伊那谷に恩返しがしたい。

 

しかし、本当の理由は違います。

ごめんなさい。

スポンサーリンク

 

 

 

 

僕がリンゴジュースを売ることにした本当の理由

僕がリンゴジュースを売ろうと決めたのは、母に恩返しがしたいからです。

25年間育ててくれた母に、僕はまだ何も恩返しができていません。

それなのに、僕は母の反対を押し切り、夏から青年海外協力隊員として2年間地球の裏側に行く予定です。

これまでも、ずっと迷惑と心配ばかりかけてきました。

そして、これから2年間もずっと迷惑と心配をかけることになります。

母に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

そんな母が「原価ギリギリで売ってるのに、リンゴジュースが売れない」と悩んでいました。

以前から、母は近くの直売所にリンゴジュースを卸し、貴重な現金収入を得ていました。

しかし、たくさんの農園がリンゴジュースを出荷したことで「値下げ競争」が起こり、最近では「原価ギリギリの価格」で販売せざるを得なくなっていました。

そのため、リンゴジュースの製造、出荷などの手間賃を考えたら、はっきり言って利益はゼロです。

 

 

そこで、僕がリンゴジュースを「利益が残るように売る」ことで、母に恩返ししようと思いました。

それからは、「どうやったらリンゴジュースが売れるのか」をひたすら考え、多くの人にアドバイスを求めました。

 

そして、ようやく【伊那谷ギフト】が完成しました。

【伊那谷ギフト】はこだわりぬいて作ったため、原価は非常に高くなってしまいましたが、素晴らしい商品が出来たと思いました。

 

 

しかし、利益が残るように販売金額を考えると、どうしても高価になってしまいます。

そのため、【伊那谷ギフト】を紹介するたびに「こんな高いリンゴジュースが売れるか!」とたくさんの人から罵倒され続けています。

でも、わずかではありますが「これ欲しい!」と言って買って下さる方もいるので、くじけることなく販売をしていました。

なんといっても、母に恩返しするためにはリンゴジュースを利益が残る値段で売らなければいけません。

なので、「頑張って売ろう!」と思っていました。

 

 

 

突然の母からのメール

しかし、先ほど母からこんなメールが届きました。

「リンゴジュースをあんなに高い値段で売らないでください。これからも、利益はなくてもいいから」

 

母に恩返しをするためにリンゴジュースの販売を始めましたが、

また迷惑と心配をかけてしまっていたようです。

 

母が苦労して育てた農産物を、息子が付加価値を付けて高い値段で売ることを、母は ‘ 悪いこと ‘ と考えるそうです。

 

こんなに悲しいことはありません。

農業で利益を出すことは悪いことでしょうか。

農家はただのボランティアなのでしょうか。

悲しいです。

Amazonが期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


めったに使わないスーツケースを買いたくない人へ

「旅行用にスーツケースが必要だけど、めったに使わないから買うのはもったいない......」と思っている人は、アールワイでレンタルしよう!
往復送料無料&即日発送&無償保証の安心サービス付き → 【アールワイレンタル】

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事ランキング カテゴリー

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂きありがとうございます。SNSでシェアして頂けるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

JIBURi.comの最新情報をお届けします

TwitterでJIBURlをフォローしよう!

JIBURi.comの運営者・宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【 仕事内容 】
海外農業コンサルタント / フォトグラファー / ライター / ブログコンサル

●青年海外協力隊の任期終了後に、フリーランスとして世界中を旅しながら国際協力やビジネスをしている現代版ノマドワーカー
●環境汚染がすすむ世界一の絶景ウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを行うためにクラウドファンディングを行い一週間で100万円達成&現在はアドバイザーに就任。

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 「宮﨑大輔はどんな人?」と思う人は5つのインタビュー記事を読んでみたら?

→ 人生で報われた決断ランキングベスト10

→ 2016年に書いたブログ169記事から選んだ特に面白いベスト15記事

→ 宮﨑大輔のAmazonのほしいものリスト

【 農業経歴 】
長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる→信州大学大学院で農学修士号取得→青年海外協力隊の野菜栽培隊員として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援→フリーランスの農業コンサルタントとして日本、アジア、中南米、アフリカで、日系企業から依頼を受け4カ国で農業ビジネスのコンサルティングを行っている。

【 仕事のお問い合わせ先 】
農業コンサルタントの顧問契約&出張指導

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

ブログのコンサル

PR記事の作成

shigoto_9042


SNS・RSSで更新情報を受け取れます

目指せ1,000いいね。Facebookページにいいね!をお願いします。

follow us in feedly


Instagram

note_9254

youtube-logo

「長野県の観光&おすすめのお店」カテゴリの人気記事BEST10

  同じカテゴリの記事