JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

青年海外協力隊・野菜栽培隊員として農村で農業・家計調査を実施

      2015/07/23


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無電化の集落に一週間滞在して来た。今回は民家に宿泊させてもらった。学校の卒業式に参加したり、少し遠くの集落まで視察に出かけたり、ジンマシンが全身に出たりいろんなことがあった。

 

しかし活動の中心は、民家を訪問して農業と家計についての調査を行うことだった。15軒ほどの民家を訪ね、「また来たよ~」と挨拶をし調査の目的を説明し、あらかじめ用意していた15個ほどの質問をした。

スポンサーリンク

 

 

 

 

PC190263_911

 

もちろん回答によっては用意した質問以外のことも、突っ込んで質問した。聞き取り調査を重ねるうちに、質問の仕方が自然になっていったと思う。

 

質問が終わるとお礼を言い、折り鶴を一羽ずつプレゼントした。この折り紙は日本大使館から日本文化紹介用に頂いたものを使わせてもらった。

PC190303_910

どこの家でも「キレイ!」と子供に喜んでもらえて、嬉しかった。折り鶴を渡す時はツルではなく、「ハトみたいでしょ?」と言って渡した。ハトの方が彼らにとっては身近な鳥だからだ。

 

PC160119_912

配るための折り鶴を学校で折っていると、子供たちが興味津々といった表情で見つめてきた。今後は日本の文化紹介もぜひしたい。ちょうど学校は日本からの資金援助で建て替え工事をしているし、ぜひ日本のことを知ってもらいたい。

 

まだまだ多くの住民と子供たちが僕のことを、「チーノ!(中国人)」と呼ぶ。彼らにとって特に地球の裏側に位置しているアジアは謎の存在で、日本なんて言われても中国との違いがわからないことは理解できる。ほとんどの日本人が、中米の国の名前と文化の違いを答えられないのと同じだ。

 

でも、せっかく日本から僕が来たのだから、せっかく日本の税金で校舎を建てるのだから、日本と言う国の存在と文化を知ってもらいたいと思う。もし日本の文化が無理なら、長野県の文化だけでもいいから伝えたい。

 

 

Rock_Ptarmigan_(Lagopus_Muta)

 

 

長野県の県鳥である、折り雷鳥を作れるようになりたい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事