JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

青年海外協力隊としてパナマに派遣されて一ヶ月、ペノノメという第二の故郷ができた。

      2016/05/28


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青年海外協力隊としてパナマに住んだ町ペノノメ

パナマに来て初めて住んだ町が、ペノノメだった。

ペノノメには、たくさんの思い出が残っている。

一緒に遊んでいる近所にするジェイソンに「ブラジルの人、聞こえますかー!?」のパナマバージョンを伝授した。

スポンサーリンク

 

 

 

 

彼はこう叫んでいる。

「日本の人、聞こえますかー!?」

DSC_0043_152

 

ジェイソンに「だるまさんが転んだ」を教えたら気に入ったらしく、二人で2時間も「だるまさんが転んだ」をやり続けた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「だにゃららま~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「まらんちゃ!」

 

近所のガキんちょとストリートサッカーをした。

いい奴らだった。

ちなみに太った子のあだ名は、「ゴルド(意味はデブ)」だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

任地の視察に行った後、帰りのバスがペノノメに着いた時に、自分の地元に帰った時のような安堵感を感じた。

 

まるで、ペノノメが第二の故郷になったように感じた。

遊びに帰ろう。

そして、任地の村を第三の故郷にしよう。

 

おしまい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事