JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

【海外のオタク事情】マンガ・アニメ・コスプレは海外でも人気!中米パナマのコスプレイベントで日本文化紹介

      2017/01/19


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で開催される日本文化紹介イベント

任地の近くの町で「日本のイベント」が開催されると聞き、日本文化紹介のお手伝いに行ってきた。

今回のイベントは町の大学に通う「日本の文化に興味がある大学生」が主催したらしく、会場は農牧省内にある大きな食堂だった。

今回のイベントにパナマの同じ県に住む協力隊員8名で、「日本文化紹介ブース」を出展した。

僕は事前準備には参加せず当日スタッフとしてのみ働いたので、イベントの詳細を全く知らずに参加した。

スポンサーリンク

 

 

青年海外協力隊による日本文化紹介ブース

ブースには日本大使館から頂いた日本紹介パンフレット、協力隊OBの書道作品、紙細工などを並べ、

DSC_0013_1361

着物の着付け体験・書道体験・折り紙体験コーナーも準備し、完璧な日本文化紹介ブースが完成した。

DSC_0148_1377

そして、日本文化に興味を持つパナマ人を待ち受けた。

 

ついに、日本文化紹介イベントが開幕!

イベントが始まり「早くパナマ人来ないかな~」とブースで待っていると、さっそくお客さんがやって来た。

 

 

 

DSC_0380_1399

えっ…

DSC_0260_1384

いやいや君ら、なに人やねん!

 

 

外国人コスプレーヤーたちが!

会場にはコスプレーヤーと呼ばれる人種がたくさんいて衝撃を受けた。

しかもアニメに詳しくない僕には何のキャラなのか、全く分からないのでリアクションが取りづらい。

 

しかし普通の格好をした青年がブースにやって来たので気持ちを切り替えて接客する。

青年 「遊びたいんだけど、どこで出来るの?」

宮﨑 「折り紙がいい?それとも書道にする?」

青年 「いや、俺が遊びたいのはプレステのウイイレ!」

彼はそう言い残すと、プレステ・任天堂64・Wiiなどが置いてあるゲームブースに走り去っていった。

 

日本のゲームに群がる外国人ゲーマー

 

DSC_0358_1394

DSC_0307_1391

DSC_0310_1401

スマブラとか、超懐かしいわ!

 

日本のアニメグッズがパナマ人に大人気!

「あれ、予想していたイベントと少し違う…」と思っていると、会場内に人だかりを発見した。

DSC_0098_1368

「一体、何を奪い合っているのだろう?」と手元を覗くと…

 

DSC_0124_1372

DSC_0083_1367

DSC_0290_1387

DSC_0121_1404

って、全部アニメグッズやないかい!

 

 

「静かなブースはないのかなぁ」と会場内を歩いていると、全然お客さんがいないブースを発見した。

DSC_0287_1386

ここもアニメを流してるだけやん…。

 

 

今回は日本のイベントではなく、「日本のアニメ・ゲーム好きによるオタクイベント」だった。

どうやら、僕らはオタクイベントに迷い込んでしまったらしい。

 

日本に住んでいた頃から「日本のオタク文化は世界で大人気!」というニュースをよく目にしていたが、本当だった。

それにしても、海外にオタク文化だけが日本の文化として伝えられては、外国人に大きな誤解を生んでしまうだろう。

 

 

アニメ以外の正統派日本文化紹介

「まともなブースはないのかなぁ」と探し回ると、ついにハイクオリティなブースを発見した!

 

美人書道家たちの指導による書道体験が出来て、

DSC_0052_1406

DSC_0244_1383

DSC_0279_1385

 

美人着付け師たちによる着物の着付け体験が出来て、

DSC_0134_1375

DSC_0367_1398

DSC_0196_1381

 

 

イケメン講師による折り紙体験まで出来る。

DSC_0336_1405

DSC_0077_1365

DSC_0061_1364

こんなハイクオリティのブースは誰が運営しているかというと、もちろん僕ら青年海外協力隊である。だって…

 

 

うちら日本人やで!

.

オタクイベントで日本人による日本文化紹介

オタクイベントだろうが何だろうが、日本のことで日本人が負けられない。

僕らはオタクイベントに、正統派日本文化で殴り込んだ。

ちなみにアニメグッズを販売していたのは全員日本人ではなく、パナマか中国人だった。

「日本のオタク文化の利益は、外国に取られている」とニュースで見たが、どうやらそれも本当らしい。

 

海外のオタクイベントに参加した感想

今回のイベント中、僕はキレイな女性の写真を撮ったり、友人に猫耳をつけて遊んでいただけだがとても楽しかった。

DSC_0103_1369

幸運なことにオタクイベントでは、「日本人男性」というだけで女性からツーショット写真をお願いされ、パナマ人オタク美女たちとおそらく50回以上撮影した。

これが僕の人生初のモテ期だった。

またオタクイベントがあればぜひ殴り込んで、二回目のモテ期を堪能したい。

オタク美女最高!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行ハック&観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事