JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「ライフハック」カテゴリの人気記事

note有料課金・有料オンラインサロンブームについてメディア運営のプロ・ブロガーの意見をまとめてみた

      2017/01/09


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

note

あなたは「note」というウェブサービスをご存知だろうか?

noteは2014年4月7日に誕生した「クリエイターとユーザーを繋ぐ新しいメディアプラットフォーム」

noteには文章やイラストを投稿できるウェブサイトで、一番の特徴はそれらを自由に販売できることだ。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

引用元:note

 

サービス公開当時に話題になり利用者が一気に増え、実はぼくも登録していた。

しかし、その後ブームは落ち着きあまり話題になることはなかったが、最近になって二度目のブームが起きている。

それは、はあちゅうさんやイケダハヤトさんなどの有名ブロガーが、noteで「有料課金コンテンツ」を利用し始めたからだ。

そこで今回は、noteの有料課金ブームについて軽くまとめてみた。

スポンサーリンク

 

 

 

 

有名ブロガーによって二回目のnoteブームが起きている

それでは二回目のnoteブームの火付け役の皆さんを紹介しよう。

1.3つの有料マガジンを運営するはあちゅうさん

noteを一番有効に活用しており、noteの有料課金ブームに火をつけたのは、ブロガーだけでなく作家やタレントとしても活躍中の「はあちゅう」さんだろう。

はあちゅうさんは、noteで以下の3つの有料マガジンを運営している。

・月刊はあちゅう

・はあちゅうラジオ

・はあちゅうの100円ショップ

 

 

 

2.有料のネットメディアが増えていく理由を解説したけんすうさん

そして、nanapiのけんすうさんが「有料のネットメディアが増えていく理由」について、noteで有料コンテンツとして解説を行った。

 

 

 

3.noteで有料課金を始めたイケダハヤトさん

すると、最近になってプロブロガーのイケダハヤトさんがnoteで有料コンテンツを公開し始めた。

 

そして、他人のnoteの有料コンテンツを公募して買い取り、面白ければブログで紹介し始めた。

まさに、noteブームの火に油を注いでいる!

 

 

ツイッターでもnoteの有料課金が話題に

有名人たちがブログやツイッターでnoteの有料課金について情報を発信するものだから、ツイッター上でもnoteについて話題になっている。

 

 

 

 

みんな、note好きだね。

note

 

 

noteの有料課金のポイントをお聞かせください

ここからは、noteの有料課金のポイントについて、有識者のお二人のお話を聞かせていただこう。

有識者とは、ウェブメディア灯台もと暮らしでnoteを活用している鳥井弘文さんと、noteブームの火に油を注いでいるイケダハヤトさん。

1.「ファンとの距離感」 by 鳥井さん

鳥井さんは、「有料課金ではコンテンツのクオリティではなく、ファンとの距離感が大切」という。

詳しくは、鳥井さんのブログ隠居系男子をお読みください。

 

有料課金モデルで高めるべきはコンテンツの「クオリティ」ではなく、「距離感」である

引用元:有料課金モデルで高めるべきは、コンテンツの「クオリティ」ではなく受け手側との「距離感」。 | 隠居系男子

 

 

 

2.「有用性も切り口」 by イケダハヤトさん

プロブロガーのイケダハヤトさんは、「有用性も切り口」という。  

詳しくはイケダハヤトさんのブログまだ東京で消耗してるの?をお読みください。

 

鳥居さんが書いているように「距離感」はキーワードでしょう。それはわかっているので、ぼくは「有用性」の方でも課金を模索していきたいと思っています。

引用元:まだブログ記事を「全部無料で公開」して消耗してるの?うちは有料販売に舵を切ります。 : まだ東京で消耗してるの?

 

感覚的に、月額固定の課金は「距離感」、単品販売の場合は「有用性」をフックにするのがいいのかな、と考えています。

引用元:まだブログ記事を「全部無料で公開」して消耗してるの?うちは有料販売に舵を切ります。 : まだ東京で消耗してるの?

 

ウェブメディア運営のプロであるお二人のお言葉は、勉強になりますね。

これからnoteで有料コンテンツを始めたい人は、ぜひ参考にして欲しい。 

 

 

 

 

実はnoteマガジン「宮﨑大輔の秘密」を500円で発行中です

とか言いつつ、実はぼくもブームに乗ってnoteのマガジン「宮﨑大輔の秘密」を月額500円で発行している(笑)

1.マガジン「宮﨑の秘密」の秘密

「宮﨑大輔の秘密」とは一体何か?

マガジン宮﨑大輔の秘密とは、ブログに書いても誰の役にも立たないような超プライベートな話や、仲が良い友人と飲み会の二次会で話すような裏話・ブラックな話題を書き綴る場所である。

この世界のほとんどの人類にとってはどうでもいい内容だが「もしかして、ブログを読んでくれている人の中には知りたい人もいるのでは?」と思い、書き始めた。

有料にしている理由は、ぼくに興味がない人には読んでもらいたくないから、SNS上で拡散してほしくないから、秘密を共有できる友人がほしいから、有料コンテンツを作ってみたかったからだ。

 

 

 

 

2.ブラックな心の内側、超プライベートなことしか書きません

どんなことを書いているかというと、今のところ以下の3つの文章を公開している。

(1)家族との縁を切った話 ←ガチでブラックな話

(2)日本を出国する飛行機の中でぼくが号泣したのは、日本を捨てる決意をしたから。 ←昨年9月の話

(3)大学2年生から青年海外協力隊から帰国するまでの7年間交際していた女性にフラれて、今感じていること。  ←失恋話

 

タイトルを見てもらえばわかると思うが、マジで普通の人にはどうでもいいこと、ブラックな話題についてしか書いていない。

役に立つ情報はブログに書く予定だし、noteには本当に仲が良い友達にしか話さないことを公開している。

 

らふらく^^のタクスズキ曰く、noteの有料課金については「闇の一面を書く」という使い方もいいらしい。

でもさすがに月に500円も払って、ぼくの闇の一面を知りたがる人間はこの銀河系には一人もいないだろうと思っていたら、長野県長野市戸隠地域に一名いた。

ブログ「私的植物生活概論」を運営している地域おこし協力隊の栗原さんが定期購読していた。

これには、ぼくが一番驚いた!

 

というわけで今のところ、noteの宮﨑大輔の秘密を読むことができるのはこの銀河系中で「ぼく」と「栗原さん」の二人だけ。

noteのマガジンを通して、二人だけの秘密を共有しているようで、なんだか面白い。

これが距離感ってやつなんですかね。

 

【追記】月額じゃなかった!

らふらく^^さんの「質の高い2ちゃんねる!noteで「違和感を唱えていく会」を作りました。世の常識に一石を投じましょう」を読んで気が付いたのだが、noteの月額課金は特別な人だけでした(笑)

一回の購入でずっと見られます!

5-9.月額課金(定期購読)のマガジンはつくれますか?

定期購読マガジンの作成・販売は、現在は、弊社とご契約いただいたユーザー様のみに公開している機能です。有料メルマガやファンクラブ等の移行をご検討されている方は、note運営事務局( support@note.mu )までご一報ください。

引用元:よくある質問 note

 

 

 

まとめ

有名ブロガーのみなさんの活躍で、noteの有料課金がブームになっている。

鳥井さんとイケダハヤトさん曰く、有料コンテンツのポイントは「距離感」と「有用性」だそうだ。

ぼくもそのブームに乗って、「宮﨑大輔の秘密」を公開してみた。

ブログには決して書かない宮﨑大輔の闇の一面も知りたい人は、購読してみてほしい。

 

関連記事

月間15万PVのブログを運営するブロガーが800万PVのLIGブログでライターを始めた5つの理由

ウェブメディア灯台もと暮らしのイベントに参加して感じた違和感「メディアに世界は変えられるのか?」

Amazonのほしい物リストを公開したらGoPro+3を頂いた!栗原さんありがとうございます

青年海外協力隊から見た地域おこし協力隊「悩みは一緒、でも喜びは違う」

アクセス数が月間15万PVに増えた2015年のブログ運営振り返り&人気記事ランキングベスト15

このブログで一番売れている本は○○!本と電子書籍の売上ランキングベスト10を公開します

【今だけ】ホテルの宿泊料が2,000円引き!

朗報です、ホテル予約サイトBooking.comが特別セールを始めました!

今だけ、ホテルに宿泊すると2,000円分の特典がもらえます。

ぼくもさっそく沖縄旅行のホテルを一泊予約して、実質2,000円割引で宿泊できることになりました!

2,000円引きになるのは、この下のリンクからだけなので、ぜひお得に宿泊してください。

→ Booking.comの2,000円割引を受け取る

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「ライフハック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事