JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

二年半の海外ノマド生活に飽きた私が次に目指す旅行3.0

   





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年から続けてきた海外ノマド生活を一旦終わりにして、新しい旅のスタイルを始める。

思い返してみると、2013年の青年海外協力隊から海外生活が始まった。

そして、協力隊の任期が終わってから、そのまま海外ノマド生活へ。

2017年には八ヶ月ほど東京に住んで海外渡航を自主規制したが、精神的に参ってしまった。

仕方がないのでヨーロッパに三ヶ月間行ったが、やはりノマド生活への飽きは感じる。

とにかく、家がほしいのだ。

そこでこれからは、家を持った上で毎月数週間の旅行や出張を続けようと思う。

自分にとって、これが「旅行3.0」と呼べる新しい旅のスタイルだ。

そこで今回は、旅行スタイルの変化についてまとめてみた。

スポンサーリンク

 

 

旅のスタイルの変化

まずはぼくの旅のスタイルの変化をご紹介したい。

1.0 海外に数年間住んでみたい(2013〜2015年の青年海外協力隊時代)

●パナマ:二年間

「海外に住んでみたい」という思いがあり、2013年からJICAの青年海外協力隊に参加した。

もちろん、途上国で国際協力の経験を積みたいという気持ちもあった。

そして、ぼくが派遣されたのは中米にあるパナマ共和国。

パナマの農牧省に勤め、電気も水道もない農村で二年間ボランティア活動をした。

知らない人もいるだろうが、協力隊に参加すると基本的に任国の外へ出ることはできない。

唯一例外になる年間20日間の休暇制度を利用して、日本とメキシコ、コスタリカには行った。

しかし、それ以外の日々は、ずっとパナマの国内で過ごした。

そのため、「他の国のことも知りたい」という思いが生まれた。

なぜかというと、その当時のぼくにとっては【海外=パナマ】だったからだ。

・パナマ以外の中南米の国へ行ってみたい

・中南米以外の地域へ行ってみたい

・数日間ではなく、数カ月間は滞在したい

このような願いが生まれていた。

 

2.0 海外を数ヶ月ごと旅しながら働きたい(2015〜2017年の海外ノマド時代)

●ベネズエラ:二ヶ月

●ボリビア:三ヶ月

●ケニア:六ヶ月

●中南米縦断:三ヶ月

●スペインとポルトガル一周:一ヶ月

●日本:八ヶ月(札幌、東京、長野、京都、福岡、鹿児島、屋久島、沖縄、宮古島)

●ヨーロッパ周遊:三ヶ月

青年海外協力隊の任期が終わってからは、二年半ほど世界中を数カ月ごと旅しながら働いた。

農業指導の仕事で滞在した国もあるし、写真撮影のために行った国もある。

中南米、アジア、アフリカ、ヨーロッパに数カ月ごと滞在できて、願いがかなえることができた。

ただし、拠点を持たずに大陸間移動を繰り返す日々は、体力的にも精神的にも辛かった。

写真撮影の荷物は重たいし、時差ボケの連続だからだ。

そして、刺激的だった海外ノマド生活にも、飽きは忘れずにやってきた。

次第に「定住」に憧れを抱くようになったのだ。

・家に住んでみたい

・海外旅行の日数を短くしたい

・普通の暮らしをしてみたい

こんな願望が浮かんできたので、次の旅のスタイルを模索し始めた。

参考:大陸間移動ノマドワーカーは日本のどこに住むべきか?

 

 

 

3.0 家に住んで、毎月数週間ずつ海外旅行したい(2018年からは拠点を持った上で旅を続ける)

●2月:インド一週間

●3月:ネパール一週間

●4月:キューバ、メキシコ、パナマ二週間

●5月:キューバ一週間

●6月:ハワイ一週間

そして、2018年からは家に住みながら、毎月数週間ずつ海外旅行をする予定だ。

とりあえず、2月から6月までは最低でも一週間は海外旅行の予定が入っている。

この予定以外にも国内出張と海外出張が入りそうなので、月の半分くらいは出かけているだろう。

しばらくは、この旅のスタイルを実行してみたい。

 

 

 

自分にあった旅のスタイルを見つけよう

旅行にはいろんなスタイルがある。

さまざまな旅行のスタイル

・団体ツアーに参加する

・プライベートツアーを組む

・週末に短期旅行を何回もする

・年に一回だけ豪華な旅をする

・高級リゾートホテルに泊まる

・バックパッカーで節約旅

・ローカルな体験を重視する

・エコツーリズム

・リモートワークしながら旅する

・大道芸で稼ぎながら旅を続ける

などなど。

なので、自分にあった旅のスタイルを探してみよう。

例えば長期滞在には長期滞在の良さが、ノマド生活にはノマド生活の良さがある。

そして、もちろんそれぞれのデメリットもある。

参考:海外ノマドワーカーのデメリット!五年間30カ国を旅しながら働いた男の末路

 

旅行スタイルは自分で決めよう

ぼくの場合には、旅行スタイルがこのように変化してきた。

●旅行1.0:二年間の長期滞在

●旅行2.0:数カ月ごとの海外ノマド生活

●旅行3.0:家に住みながら数週間ずつの旅行

これはリモートワークが可能などの世の中の変化も関わっているが、自分自身の変化も影響している。

もし、青年海外協力隊に参加していなかったら、今でも海外移住に憧れているだろう。

もし、海外ノマド生活を二年半もしなかったら、今でも海外ノマド生活に憧れているだろう。

どちらも自分で経験したからこそ、納得して新しい旅のスタイルを始められる。

なので、自分で自分の旅のスタイルを決めることが大切だと思う。

まだ自分の目指すスタイルがわからない人は、まずは【旅、生活、仕事】について考えてみよう。

・どんな旅がしたいか?

長期間がいい?

それとも短期間?

・どんな生活がしたいか?

贅沢な生活がしたい?

それとも質素な生活でもいい?

・どんな仕事がしたいか?

オフィスに通う仕事がしたい?

それともリモートワークがしたい?

参考:海外で働きたい人は三つの要素(スキル・語学・営業)を考えよう

 

さらに次の旅スタイルの選択肢

今は定住しながら旅を続けようと思っているが、そのうちやりたいことが変わるだろう。

あり得そうなのは、こんな選択肢。

・家を捨てて、再びノマド生活へ

・ワーホリビザでスペイン移住(2019年8月までなら可能)

・南米移住

・仕事で海外へ長期滞在

・日本の地方へ移住

これから先、どんな旅のスタイルに変化するか、自分でもまだわからない。

でも、旅のスタイルの変化は、旅をすることで起きる。

だからこそ、旅をしたい。

 

 

まとめ

海外ノマドの次の旅のスタイルとして、家を持って毎月数週間ずつ海外旅行をすることにした。

まずは来週から、インドとネパールへ行ってきます。

YouTubeを始めました!

海外ノマド生活の様子や役立つ情報を、YouTubeにアップしています。

ぜひチャンネル登録してください!

インドの粉かけ祭ホーリーに参加するとこうなる!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ





海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「海外旅行テクニックと観光情報」カテゴリの人気記事ランキング

SNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです!

FacebookやTwitterでご友人にシェアしてもらえると、ブログ更新の励みになります!

\\\\٩( ‘ω’ )و ////


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー8,000人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

【ブログに書けない情報はnoteで】

■ フリーランス向けマガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺や野菜ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

2017年11月〜2018年1月 現在は西ヨーロッパで撮影中です

世界中の写真をInstagramにアップしています。

→ @jiburicom



  同じカテゴリの記事