JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事

10万円以下で買えるコンパクトで写りが綺麗なカメラ

      2017/09/07


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンパクトで写りが綺麗なカメラがほしい、できれば10万円以内で」

これは最近のぼくの願望。

Nikonの一眼レフカメラを二台使っているが、もっとコンパクトなカメラがほしくなってきた。

・ミラーレスかコンデジ

・小さくて持ち運びしやすい

・写りがiPhone7よりも綺麗

・デザインがかっこいい

・値段が10万円以内

このような条件でカメラを探しているが、同じような条件でカメラを探している人ってけっこう多いと思う。

カメラ初心者で一台目のカメラがほしい人や、すでに一眼レフを持っていて二台目のサブ機がほしい人は、同じようなカメラがほしくなるんじゃないかな?

そこで今回は、ぼくが買いたいと思っているカメラの機能比較を紹介しよう。

【追記】FUJIFILMのX-T1を買いました。最後に詳しく紹介します。

スポンサーリンク

 

 

ぼくが欲しいカメラの条件

まずは、ぼくが欲しいカメラの条件を説明する。

同じような条件のカメラが欲しい人なら、参考になるだろう。

すでに持っている一眼レフカメラ

Nikon D750

ぼくはNikonのフルサイズ一眼レフカメラD750を使っている。

今、中古で買うとしたら14万5,280円くらい。

フルサイズというのは、カメラのセンサーサイズの大きさ。

購入したのは2015年で購入してからおよそ2年経ち、シャッター部分が故障してしまったので今は修理中。

 

Nikon D7200

サブ機として使っているが、NikonのAPS-CサイズのD7200。

今、中古で買うなら7万5,280円くらい。

普段はメインで使いたいレンズをD750に着けて、それ以外のレンズをD7200に着けて使っている。

 

コンパクトなカメラの用途

すでに二台のカメラを持っているので、今は三台目のカメラがほしい。

一般人の方なら「カメラは三台目もいらなくない?」と思うだろうし、カメラを始める前のぼくでもそう思っただろう(笑)

それでもどうして三台目のカメラがほしいかというと、二台の一眼レフは大きいので使いづらい場面があるからだ。

「だったら、iPhoneを使えばいいじゃん?」と思うかもしれないが、ぼくはiPhoneを持っていない。

HuaweiのスマホP8を使っているけど、画質は全然良くないのだ。

街中スナップ

最近は街中でスナップ撮影にハマっている。

日本や海外の街中の自然な姿を撮影したいけど、大きな一眼レフは目立ちすぎて浮いてしまう。

 

それに、中南米やアフリカでは一眼レフを知らない人に露出させることは危険すぎる。

そこで、見た目が安そうな小さめのカメラがほしい。

 

 

 

飲食店でのテーブル撮影

ぼくの個人的な決まりごとだが、レストランの中では一眼レフを使わないことにしている。

なぜかというと、大きな一眼レフでカシャカシャとシャッター音をさせて撮影すると、レストランの雰囲気を壊してしまうからだ。

なので、レストランの中では普段はスマホを使って撮影している。

ただし、バーベキューのようなワイワイ騒ぐ場所では、一眼レフを使って撮影している。

できれば、レストランでも美味しそうな食べ物を撮影したいので、使っても店の雰囲気を壊さないシャッター音が小さく目立たない小型のカメラがほしい。

 

必要な機能(コンパクトなカメラに求めていること)

三台目のカメラに求めているのは、以下の機能。

上着のポケットに入るコンパクトさ

まずは、カバンなしでも持ち運びたいので、上着のポケットに入るくらいのサイズが良い。

なので、一眼レフではなく、ミラーレスかコンデジがほしい。

iPhone7よりも画質が良い

iPhone7よりも画質が良いカメラがほしい。

なぜかというと、iPhone7のカメラの画質はとても良いから。

かっこいいデザイン

小型のカメラは常に持ち運びたいので、かっこいいデザインのカメラが欲しい。

レトロなデザインがベスト。

 

必要ない機能(コンパクトなカメラに求めていない機能)

逆にどんな機能を求めていないかというと、以下の通り。

動画撮影

YouTuberになる予定はないので、動画撮影機能は特に必要ない。

夜景撮影

夜景撮影は一眼レフで行うので必要ない。

星空撮影

星空撮影も一眼レフで行うので必要ない。

大きなボケ

ボケがほしいときには一眼レフで撮影するので、大きなボケも必要ない。

 

 

 

比較対象のiPhone 7

 

比較対象として、iPhone7のことを紹介しよう。

販売価格

新品7万8,000円

新品のiPhone7は8万円くらい。

中古5万6,980円

中古でも6万円くらいする。

 

画質

iPhone7のスペックはこんな感じ。

・1,200万画素(外側のレンズ)

・インカメラ700万画素(自撮り用)

※画素数は基本的には大きなほど綺麗だけど、それ以外の要素もあるので参考程度に。

 

「iPhoneの画質なんて大したことないでしょ〜!?」

と思っている人は、こちらの写真と動画を見て欲しい。

 

ストロボを使ったiPhone撮影術1。

 

ストロボを使ったiPhone撮影術2。

 

実はiPhoneでもめちゃくちゃ綺麗な写真を撮影できる。

下手したら古いコンデジよりも綺麗かも。

 

特徴

iPhone7はスマホ機能を持っているので、いつでも持ち運べて超便利。

iPhone7はある意味、世界最強のカメラだと思う。

 

こんな人におすすめ

・持ち物をとにかく減らしたい

・カメラ代を節約したい

・iPhoneの画質で十分満足している

・海外の治安が悪い場所でも写真を撮りたい(iPhoneの使用も危険だけど)

こんな人はiPhone7がおすすめ。

 

 

 

SONY α6000

次に紹介するのは、SONYのα6000。

α6000はミラーレスカメラ。

 

販売価格

新品67,923円

新品だと7万円くらい。

中古51,980円

中古だと5万円くらい。

 

画質

有効画素数は、約2,430万画素

センサーサイズは、APS-Cサイズ。

※センサーサイズは、【CXフォーマット<<マイクロフォーサーズ<<APS-Cサイズ<<フルサイズ】の順番で大きくなり、大きいほどボケが大きく暗い場所での撮影に強いといわれている。

 

特徴

0.06秒の高速AF。

約285gで軽い。

 

こんな人におすすめ

・コンパクトなカメラが好きな人

・SONYが好きな人

 

大型家電量販店で触ってみた感想

・想像していたよりもレンズが大きい

・本体は小さい

・液晶に映る写真のクオリティはいまいち(液晶の能力が低いかも)

・デザインが素敵

 

 

 

SONY α7ボディ

次もSONYで、α7。

フルサイズのミラーレスカメラとして有名。

 

販売価格

新品93,800円

新品だとおよそ9万円。

※レンズは別売り

中古77,280円

中古だとおよそ8万円。

※レンズは別売り

 

画質

センサーサイズは、フルサイズセンサー

有効画素数は、約2,430万画素。

フルサイズセンサーだと、APS−Cよりもボケが大きめだったり、暗い場所でも撮影に強いといわれている。

 

特徴

・瞳AF機能

高級レンズのツァイスレンズが使える

 

こんな人におすすめ

・フルサイズのカメラがほしい人

・SONYが好きな人

・ツァイスのレンズが使いたい人

・レンズと合わせたら10万円超えちゃってもいい人

 

大型家電量販店で触ってみた感想

・意外とずっしりと重く感じる(ボディだけで416g)

・フルサイズと思えないほど小さい

・ボディはとてもコンパクト

・ただし良いレンズは大きいので、結局大きすぎる

・αシリーズは種類が多いので他の機種もアリかも

・写りはとても綺麗

・バックモニターの映りも綺麗

 

 

 

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II

次は、OLYMPUSのOM-D E-M10 Mark II。

 

販売価格

新品64,480円

新品だと6万円くらい。

中古59,980円

中古でも6万円くらい。

 

画質

センサーサイズは、APS-Cよりも小さいマイクロフォーサーズ

有効画素数は1,605万画素。

 

特徴

・5軸手ぶれ補正

・Wi-Fi

・動画4K対応

・チルト液晶

・1秒間に最高8.5枚の高速連写

・およそ351gの軽量ボディ

 

こんな人におすすめ

・マイクロフォーサーズが好きな人

・OLYMPUSが好きな人

・連射撮影がしたい人

 

大型家電量販店で触ってみた感想

・期待以上にデザインがかっこいい

・ボディがとてもコンパクトで軽い

・写りが良い

 

 

 

 

FUJIFILM X100

お次は、FUJIFILMのX100。

 

販売価格

新品89,800円

新品はおよそ9万円。

中古42,980円

中古だとおよそ4万円。

 

画質

画素数は1,230万画素。

センサーサイズは、APS-Cサイズ

 

特徴

ボディとレンズが一体型のカメラ。

ミラーレスではなくコンパクトデジカメ。

レンズの焦点距離は、フルサイズ換算で35mmの単焦点レンズ

レンズの最小F値は2.0

 

こんな人におすすめ

・レトロなデザインが好きな人

・FUJIFILMが好きな人

・ズーム機能が使えなくても良い人

 

(X100Fを)触ってみた感想

※X100は売っていなかったが、最新機種のX100Fが売っていた

・デザインがレトロなフィルムカメラっぽい雰囲気で良い。

・意外とボディが大きくて、ズボンのポケットには入らない

・コンデジとは思えない大きさで、ミラーレスと同じくらいのサイズ

・写りは綺麗だけど、レンズの癖があるような気がする

 

 

 

RICOH GR

次は、RICOHのGR。

 

販売価格

新品62,400円

新品だと6万円くらい。

中古42,480円

中古だと4万円くらい。

 

画質

センサーサイズはAPS-Cサイズ

画素数は1,620万画素。

 

特徴

ボディとレンズが一体型。

ミラーレスではなくコンパクトデジカメ。

245g。

焦点距離はフルサイズ換算で、28mmの単焦点レンズ

コンデジなのに広角単焦点レンズという変わったカメラ。

GRはもはや一つのジャンルともいわれている。

 

こんな人におすすめ

・とにかく小さなカメラがほしい人

・ズーム機能はいらない人

 

 

 

SONY Cyber-shot DSC-RX100

次はSONYのCyber-shot DSC-RX100。

 

販売価格

新品39,396円

新品はおよそ4万円。

中古28,580円

中古だとおよそ3万円。

 

画質

センサーサイズは、マイクロフォーサーズよりも小さいCXフォーマット

画素数は2,020万画素。

 

特徴

ボディとレンズが一体型のカメラ。

ミラーレスではなくコンパクトデジカメ。

光学4倍ズーム

213g。

高画質なコンデジとして有名。

 

こんな人におすすめ

・とにかく小さなカメラがほしい人

・コンデジでズーム機能が使いたい人

 

大型家電量販店で触ってみた感想

・ズボンの前ポケットに入るくらい小さい

・ボケは小さい

・デザインはかっこいいけど、カメラ好きには物足りない

 

 

 

メイン機としても使える高性能なカメラがほしい人には、α7がおすすめ

まだ一台もカメラを持っていない人で、せっかくなら高性能なカメラがほしい人には、SONYのα7がおすすめ。

SONY α7

 

α7を使ってみてもっと高性能なカメラが欲しくなったら、上位機種のα7RM2(およそ30万円)α9(およそ50万円)を買えば良い。

これらのカメラは同じマウントなので、同じレンズを使うことができて便利だ。

ただし、レンズも購入すると合計金額は10万円を超えると思う。

 

 

 

二台目、三台目のカメラとして使いたい人には、この三台がおすすめ

すでに一眼レフを持っていて、二台目や三台目のカメラとして使いたい人には、SONYのα6000やOLYMPUSのOM-D E-M10 MarkⅡ、FUJIFILMのFinePix X100がおすすめ。

SONY α6000

 

SONYのα6000ならレンズ交換が楽しめるし、マウントアダプターを使えばSONYのいろんなレンズが使える。

α6000の機能に満足できない場合には、後続機種のα6300(二代目)α6500(三代目)も候補に入れてみよう。

 

OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ

 

OLYMPUSのOM-D E-M10 MarkⅡなら、マイクロフォーサーズならではの高速連写が使える。

もう少し性能が良いカメラが欲しい人は、上位機種のOM-D E-M5 Mark II(ボディとレンズのセットでおよそ12万円)OM-D E-M1 MarkII(ボディだけでおよそ20万円)を買おう。

 

FUJIFILM FinePix X100

 

FUJIFILMのFinePix X100はレンズ交換ができないので、新たなレンズ沼にハマる心配がない。

X100の機能に満足できない場合には、後続機種のX100S(二代目)X100T(三代目)X100F(四代目)も候補に入れてみよう。

 

 

 

 

とにかく小さなカメラがほしい人には、iPhone7がおすすめ

とにかく小さなカメラがほしい人には、iPhone7がおすすめ。

iPhone7

 

ここまでこの記事を読んでもカメラがほしくならなかった人は、iPhone7でも十分満足できるはず。

コンデジは小さくて持ち運びに便利だけど、さすがにスマホの携帯性には敵わないからね。

 

 

 

【追記】FUJIFILMのX-T1と35mmF1.4を中古で10万円で買いました

10万円以下で買えるカメラとレンズを散々迷った挙句、ついに買った!

・カメラ:FUJIFILMのミラーレスカメラX-T1

・レンズ:FUJIFILMの単焦点標準レンズXF35mmF1.4 R

どちらもマップカメラで中古品を購入して、税別でピッタリ10万円。

カメラのセンサーサイズは、APS-Cサイズ。

 

 

さっそく、このカメラとレンズを持ち歩いて写真を撮っている。

すごく写りが良いカメラとレンズなので、「もっと早く買えばよかった!」と後悔している(笑)

 

ぼくが買ったX-T1は古いカメラなので新品はもう販売していないけど、新型のX-T1は売られている。

【X-T1の新型】FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ

フルサイズ換算で53mmのこのレンズは、「神レンズ」と高評価されているレンズ。

 

新しいカメラの作例

新しいカメラでこんな写真を撮っている。

 

特に暗い場所での発色が綺麗に感じる。

 

特に赤い色が綺麗。

 

まだ買ったばかりなので、これから使い込んでいきたい。

みなさんも、ぜひ新しいカメラを!!

 

 

まとめ

今回は、コンパクトで持ち運びに便利な10万円以下で買えるカメラを紹介した。

ぼくはここで紹介したカメラをカメラ屋さんで操作してみて、気に入ったカメラを買う予定だ。

気になるカメラがあった人はカメラ屋さんで実際に使ってみて、操作性や重さ、デザインを比べてみて欲しい。

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


「一眼レフカメラ・写真撮影テクニック」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■トラベルフォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたい人へ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

■ フリーランス向け週刊マガジン Freelance Diary

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【トラベルフォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本や海外で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

世界中の写真をInstagramにアップしています。

ぜひフォローしてください!

→ @jiburicom



【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事