JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフを紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

日本帰国まであと一ヶ月なので、配属先の同僚たちのお手伝いに専念しています。

      2015/07/06


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保護者会で説明

日本帰国まで一ヶ月の青年海外協力隊の活動状況

ついにぼくの青年海外協力隊生活も残すところ、あと一ヶ月になった。

昨年は山奥の無電化集落をメインに一人で活動してきたが、最近は配属先の同僚たちのお手伝いに徹している。

日本帰国が迫り新しい活動を始めることができないし、村人の力で継続してもらうために今まで通っていた集落には、最近はあえて行っていない。

その代り、同僚たちの補助として新しい活動を行っているので、最近の活動状況をご報告しよう。

 

スポンサーリンク

 

1.新しいコミュニティで学校菜園の開墾指導

最近は、新しい山奥の集落で学校菜園の開墾を指導している。

(1)車の荷台につかまって山奥の集落へ

山奥の集落へ、同僚が運転する車の荷台につかまって通っている。

この業務はぼくが本来担当している活動ではなく、希望して同行させてもらっているので座席は確保できず、車の荷台につかまって連れて行ってもらっている。

要請内容であった栄養改善プロジェクトの巡回指導でも、立場が低いボランティアは座席を使わせてもらえず、荷台につかまっていくことが多かった。

 

崖っぷちの未舗装の超でこぼこ道を走るので、必死に捕まっていないと崖下に振り落とされる危険性があり、命がけで巡回に同行している。

以前にも紹介したが、ぼくが青年海外協力隊の任期中に死ぬとしたら交通事故だと思う。

参考:青年海外協力隊の任期中にパナマで死ぬとしたら、死因は交通事故だろう。

崖っぷちの道

 

荷台につかまりながら命がけで、山道を走る車の動画を撮影してみたので、ご覧いただきたい。

最近アウトドア用防水ビデオカメラのGo Proがほしい。

 

川も車で渡るが、幸いにも最近は雨が降っていないので、水位がとても低くて安全に通過できる。

雨季のスコールの後に川を渡ろうとすると、車が流される危険性と鉄砲水に襲われる可能性があり、マジで怖い。

川を渡る車

 

川を渡る時はこんな景色だ。

 

車の荷台に乗って1時間ほどで、ぼくが今まで活動していない山奥の集落へ到着する。

この集落にはまだら模様の豚がいた。

まだら模様の豚

 

 

 

(2)小さな学校

集落の奥にある小さな学校で、学校菜園を開墾する予定だ。

ぼくが2年間2つの学校菜園プロジェクトを支援してきたので、その経験を同僚たちに還元するために、今回のプロジェクトに同行させてもらうことにした。

帰国間近だからと、同僚が記念撮影をしてくれた。

記念撮影

 

学校では10名ほどの子供が、一名の先生の指導のもと勉強していた。

この学校のソーラーパネルは故障していないので電気が使える。

すべての学校にソーラーパネルが設置されているが、故障している学校も多い。

小さな学校

 

学校の裏の広場を学校菜園にする予定だ。

この日は、測量をして開墾する準備をした。

学校菜園作りの視察

 

 

(3)中くらいの学校

小さな学校から少し村の中心地へ戻ると、中くらいの学校がある。

まずは所長が保護者会に、支援の内容を説明した。

保護者会で説明

 

それから学校の敷地内の一画に、畑を作るために目印を立てた。

まずは測量

 

地面はガッチガチに固いので、ツルハシで掘っていく。

パナマでは土が粘土質なので農作業にツルハシが欠かせない。

日本の農家はツルハシはなかなか使わないので、ぼくはツルハシの使い方が下手くそだ。

硬い地面をツルハシで掘る

 

パナマでは全員で一斉に農作業をすることは少ない。

常に半分の村人は休憩していて、交代で作業する。

そして、村人が勝手に家に帰るので、ドンドン作業する人数が減っていく。

学校菜園の開墾

 

半日がかりでなんとか畝の準備が終わった。

完成した学校菜園の畝

 

 

 

 

 

2.コーヒー畑の病気の調査

コーヒー畑に行き、病気の調査も行っている。

(1)枯れたコーヒーの木

カニャーサス郡内の高地では、コーヒーが栽培されている。

といっても、ゲイシャコーヒーが栽培されているパナマのボケテ高原のように大規模ではなく、山の中に数十本植えられているだけだ。

そのコーヒー畑で、最近木が枯れて問題になっている。

 

このように一部の新葉を残して、葉が枯れる木が多い。

枯れたコーヒーの木

 

すべての木が枯れている。

コーヒー畑が壊滅

 

完全に葉がなくなったコーヒーの木。

枯れたコーヒー畑

 

新葉も変形している。

葉がおかしいコーヒーの木

葉には病斑のようなものが現れている。

コーヒーの葉

 

ぼくはコーヒーが好きだし、コーヒー農園にも2回行った。

参考:中米パナマ・ボケテ高原のレリダコーヒー農園の生産・加工・輸入・テイスティング方法

他の同僚よりはコーヒー栽培のことも理解しているので、村人の力になりたいのだが一つ問題がある。

 

 

(2)酔っ払いたち

村人たちはみんな酔っぱらっていて、話にならないのだ。

彼らははちみつを溶かした液体を発酵させて発酵酒を作り、毎日朝から飲み続けている。

カニャーサス郡の山奥の集落に住む男性のほとんどは、常に酔っ払い状態なのだ。

伝統的なはちみつ酒

 

この男性は酔っぱらって何も話しているのか意味が分からないし、見つけた蛇にキスをしていた。

蛇にキスする酔っ払い

 

木の枝に擬態したヘビがいた。

細い蛇

 

この酔っ払いはぼくのメガネを奪い取って車の文字を読もうとした後に、「俺、文字が読めないんだった」とつぶやいていた。

ぼくの眼鏡をかける酔っ払い

 

 

これはこの集落に限った問題ではなく、すべての集落で起きていることだ。

2年間ぼくは酔っ払いに悩まされてきた。

農業指導をしようとしても村人は酔っ払っていて理性が働いていないし、「酒を飲め! オラ! 俺の酒が飲めないのか!」とからんでくる。

 

しかも、ぼくたちが職場に帰ろうとすると、「1ドルくれ! 金をくれ!」と金をせびり出す。

普通の同僚たちは支払わないが、獣医や所長クラスになると小銭を渡している。

彼らには彼らの暮らし方があるが、そのせいでぼくには支援できない。

 

 

 

 

3.展示圃場でマンゴーの種播き

山奥の集落で活動していると、正気な村人からマンゴーをもらった。

パナマにはいろんな種類のマンゴーがあるが、これは長細い種類だった。

長いマンゴー

 

完熟状態ならばバナナのように皮を剥いて食べられる。

味は美味しいが、繊維質がすごくて歯の間に繊維が挟まりまくる。

マンゴーのバナナ剥き

 

このマンゴーの種を集めてきて、展示圃場に播くことになった。

マンゴーの種

 

まずは土を耕して肥料と稲わらを少し混ぜて、苗床を用意した。

マンゴーの苗床

 

そこに種を植えて、あとは発芽を待つだけだ。

ちゃんと播種日などの情報を記した看板も設置した。

マンゴーの種播き

 

 

 

 

 

4.カリフラワーの袋栽培

カリフラワーの苗が大きくなったので、袋に定植した。

カリフラワーの種は野菜栽培が盛んなチリキ県で入手した。

パナマ人の同僚はカリフラワーという野菜を知らなかったが、スーパーには外国人やお金持ち向けに売っている。

 

苗はプラコップで育てた。

カリフラワーの苗

 

土、川の堆積物、有機肥料、稲わらを混ぜて培地を作った。

参考:メリット&失敗しないコツ!家庭菜園の袋栽培で誰でも簡単に新鮮で美味しい野菜を収穫する方法

袋栽培用の土

 

一袋に一株ずつ植えた。

カリフラワーの袋栽培

 

植えたらすぐにたっぷりと水を与える。

カリフラワーの袋栽培の様子

 

日差しが強いので、枯れないに日除けを設置した。

参考:熱帯農業のプロが教える!真夏に家庭菜園に植えた野菜の苗が枯れるのを防ぐ秘訣

葉で日除けを作る

 

事務所を訪問した村人が関心を持ってくれるように、一番目立つ場所に袋を設置した。

展示圃場の袋栽培

 

 

 

 

 

5.展示圃場のキュウリが収穫間近

展示圃場のキュウリが収穫間近になっている。

このキュウリは同僚が播いて、ぼくが稲わらマルチを設置したものだ。

展示圃場のキュウリ

 

大きなキュウリがなっている。

パナマのキュウリ系統は、今の日本の主流とは違う。

収穫間近のキュウリ

 

しかし、日本でも昔はこの太短い系統が主流だった。

参考:信州の伝統野菜は美味しく面白い!長野県下伊那郡天龍村の巨大な在来品種ていざなすの誕生秘話と阿南町の鈴ケ沢なすとの意外な関係

パナマでは皮を剥いて、種を取り除いて、果肉だけを食べる。

パナマのキュウリ品種は太い

 

 

 

 

 

6.放牧中の仔牛が再び襲撃

順調そうな展示圃場だが、放牧中の仔牛が再び襲撃して来た。

以前にも仔牛が展示圃場の畝を踏み荒してことがあったが、またしてもこいつらにやられた。

参考:展示圃場が盛り上がってきた!100個の空心菜苗プレゼント作戦&野菜の畑を襲う野良牛vs番犬パンキー

放牧中の牛

 

牛がトマトの畝を踏み荒したあと。

どうやら今回は昼間に正面入り口から侵入したらしい。

牛が展示圃場を襲撃

 

仔牛のせいで3本のトマトの苗が茎を折られて枯れてしまった。

こんなこともあろうかと予備の苗を用意してあったので、すぐに植え替えた。

折れたトマトの茎

 

 

 

 

 

まとめ

青年海外協力隊の任期終了まで一ヶ月になり、最近では同僚の巡回指導に同行したり、展示圃場で農作業をしている。

そろそろ最終調査のために、ボランティア活動をメインに行った集落へ、滞在調査に行く予定だ。

Amazonがお得な期間限定セール中!


  

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


DMM英会話の無料体験レッスンで英会話能力を鍛えよう

まだ英会話が苦手なの? 海外で働きたいなら英会話能力は必須!

DMM英会話なら「25分の無料体験レッスン」が2回も受けられるので、英会話レッスンをタダで試すことができます。

今、海外で働いている友人たちはDMM英会話で英会話能力を鍛えた人が多いですよ~。

公式サイトを見てみる→ DMM英会話

海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

スポンサーリンク








  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

職業

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

農業経歴

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン)
・週刊誌監修(女性セブン)
・書籍の監修多数

写真経歴

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物写真を撮影中

・Instagram

・ポートフォリオサイト

お問い合わせ先

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事