JIBURi.com

宮﨑大輔が青年海外協力隊・海外旅行・ライフハック・農業技術・ノマドライフ・一眼レフ撮影を紹介します

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

途上国の人々との話し方を読んで、ジャイカ青年海外協力隊として8カ月間メタファシリテーションを試みた。

      2015/12/25


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファシリテーションとの出逢い

僕が「ファシリテーション」という言葉を初めて知ったのは、大学院1年生のとき。

それは、「全国から農業に関心を持つ大学生が集まる合宿」に参加した時のことだった。

場所は「ジンギスカンパーティー(通称:ジンパ)」で有名な北海道大学で、各大学の農業系サークルに所属する大学生が集まり、北海道内の農場見学や研修施設でワークショップを行った。

046_1188

いろんなワークシートを使いながら、学生同士でグループを作り何度も議論を重ねた。このグループワークでは、常に「ファシリテーター(ファシリテーションする人)」が議事進行役になった。

036_1189

ファシリテーターのおかげで農業に関する議論が、時には深く潜り時には浅く広がり、心地良くて刺激的な時間だった。

このイベントでファシリテーションの存在を知り、その魅力に魅かれていった。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ファシリテーターの修行

北海道のイベント以降、僕はファシリテーションを学ぶために、積極的にワークショップに参加した。

環境問題に関心を持つ大学生のワークショップ、地域おこし協力隊主催のワークショップ、市主催の駅の無人化を話し合うワークショップなどなど。

駅ワークショップ2 002_1190

そのうちワークショップに参加するだけでは満足出来なくなり、自分でもワークショップを開催するようになった。

信州大学の学生を集め、マインドマップを使ったワークショップや、ワールドカフェ方式のワークショップを開催した。

030

今思い返してみると、僕が開催していたのは「自己啓発セミナー」の類のものだったので、大学職員から見たら相当怪しい奴だったと思う。

ファシリテーションの魅力に取りつかれワークショップを開催していくうちに、次第に「ファシリテーションの難しさ」を感じるようになった。

参加者の気づきを引き出し、行動を促す。

これこそがファシリテーションの神髄だが、残念ながらそれを達成できたと感じたことがなかった。

大学院生時代は、ファシリテーターとしての「挫折感」だけを感じていた。

 

 

途上国の人々との話し方

青年海外協力隊に参加することになり、僕はますますファシリテーションの技能を身につける必要性を感じていた。

それは、国際協力の現場で主流となっているロバート・チェンバースが提唱する「参加型開発」を実現するためだ。

 

しかし、僕は日本語でも満足にファシリテーションすることが出来ない。

では、スペイン語ならファシリテーション出来るだろうか、いや出来ない。

 

ということは、「パナマでワークショップを開催しても、参加者の気づきを引き出し、行動を促すことは不可能なのではないか?」と考えるようになっていた。

 

そんな時に、一冊の本と出会った。

「途上国の人々との話し方 -国際メタファシリテーションの手法-」

著者は和田信明さんと中田豊一さん。

この本を手に取ったのは、もちろん「ファシリテーション」という文字に心が魅かれたからだ。

 

そして、読んでみるとますます僕の心は、この本に魅かれていった。

ファシリテーションについて悩み苦しんでいた僕にとって、この本で提唱している「メタファシリテーション」という技法は、まるで救世主のように感じられた。

メタファシリテーションとは、「相手と一対一で、事実を問う質問をすることにより、相手の気づきを引き出すという会話術」のことだ。

 

 

メタファシリテーションの実践

青年海外協力隊としてパナマに派遣されてからしばらくは、プロジェクトで始めた学校菜園の共同作業日に巡回に行き、集まった村人に対して栽培指導を行っていた。

学校菜園に行くだけで、一度に10名から20名程度の村人と会話をすることができたが、村人と一対一でゆっくりと会話をする機会は作れなかった。

PC116666_1186

そこで、集落に宿泊し「滞在型の農村調査」をすることにした。

出来るだけ村人の家に泊まらせてもらい、日中は集落内の家庭を一軒一軒訪問し、とにかく村人と一対一で会話する機会を出来るだけ作った。

 

 メタファシリテーションの難しさ

「この植物は何ですか?」

このような村人が簡単に答えられ、かつ事実を問う質問を投げかけて会話が始まるが、その会話を繋げていくことがなかなか出来ない。

PB260176_762

メタファシリテーションが目指す「事実を問う質問をすることで相手の気づきを引き出し、行動を促すこと」が、とても難しい技術だと途上国で実践してみて気がついた。

 

メタファシリテーションから得た物

村人の気づきを引き出し、行動を促すことは達成できていない。

しかし、メタファシリテーションの実践から得た物もある。

 

それは、「村人との距離が近くなったこと」「村人の人間関係に気づいたこと」である。

それはメタファシリテーションの実践のために、発生した以下のような理由からだろう。

1.集落に宿泊し、寝食を共にした。

2.一対一で会話する時間が持った。

3.村人から教わる姿勢で接した。

 

その結果、村人の共同作業に誘ってもらうことが出来たり、少しずつだが心を開いてもらえているように感じる。

 

また、共同作業で指導しているだけでは気づけなかった「村人の人間関係の問題」にも気づくことが出来た。

一見、仲良く暮らしているように村人たちも、実は仲が良い人とそうでない人がおり、村の中に3つほどの「住民グループ」が出来ていた。

 

relacion_1187

 

「途上国の人々との話し方」の再読

「途上国の人々の話し方」は日本で熟読したので、パナマには持って来なかった。

しかし、あることが原因でこの本をもう一度読みたくなり、2013年12月に日本から送ってもらった。

 

それは、駒ケ根訓練所でメタファシリテーションについて議論をしていた協力隊の同期が、「著者の和田信明さんと中田豊一さんと会って話をした」とfacebookに投稿をアップしていたからだ。

「著者のお二人と直接会って話が出来たなんて、超うらやましい!」と思った僕は居ても立っても居られなくなり、日本から本を取り寄せて再度読み返すことにした。

 

途上国の人々と話すようになってから、「途上国の人々との話し方」を読み返してみると、日本に居た頃とは本から吸収できる量と質が違う気がする。

つくづく、勉強と実践を同時に出来る環境にいることに感謝するばかりだ。

 

これからも、「途上国の人々との話し方」を読みながら、集落の村人と交流し、村人の気づきを引き出し行動を促すメタファシリテーションの実践を目指したい。

これから国際開発へ挑戦したい人は、絶対に読むべき本だ!

合わせて読むと役立つ関連コンテンツ


海外移住する10個の方法!英語が話せない仕事がない人でも外国に住む裏技

海外移住する10個の方法

「青年海外協力隊」カテゴリの人気記事ランキング

Amazonがお得な期間限定セール中!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最後までお読み頂き、ありがとうございます。ぜひSNSでシェアしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

いいね、ありがとうございます。

フォロワー7,500人のTwitterを見てください→

宮﨑大輔の紹介

一眼レフカメラを握る宮﨑大輔

宮﨑大輔 Daisuke Miyazaki

【職業】

■農業コンサルタント

■フォトグラファー

→ 詳しいプロフィールはこちら

→ 青年海外協力隊になりたいあなたへ

→ 人生で報われた決断ベスト10

→ 2016年に書いたベスト15記事

【最近始めたサービス】

出張撮影fotowa

■ note有料マガジン Freelance Diary

VALU

【農業経歴】

1988年 長野県飯田市のリンゴ農家に生まれる

2011年 信州大学在学中に、実家のリンゴジュースを東京のマルシェやネットで販売する

2013年 信州大学大学院で農学修士号取得

2013〜2015年 青年海外協力隊として中米パナマ共和国で2年間農業ビジネス支援

2015年〜 農業コンサルタントとして日本、アジア、アフリカで、苺ビジネスのコンサルティング中

・テレビ出演(TBSあさチャン
・週刊誌監修(女性セブン
・書籍の監修多数

【フォトグラファー経歴】

2013〜2015年 中央アメリカで写真撮影を始める

2015〜2017年 世界20カ国を旅しながら風景写真を撮影

2017年〜 日本で人物撮影、企業撮影、イベント撮影を行う

【お問い合わせ先】

農業コンサルタントの依頼

ライター執筆&寄稿

写真の撮影依頼&写真の利用

撮影モデル募集

ブログのコンサル

PR記事の作成

  同じカテゴリの記事